安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

<   2011年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

夏の大峰高原 大カエデ

先日、大町市の中山高原のそば畑を撮影しに行った帰り道、
大峰高原の大カエデのことが気になり、立ち寄ってみることにしました。

f0233414_2312829.jpg

先回訪れたのは6月で、ちょうどカエデの花が咲いていて綺麗でしたが、
今回は8月の終わりということで、今までで一番緑が濃く、葉も生い茂っていて、
大カエデの名に相応しい姿でした^^

f0233414_2302614.jpg

昨年、紅葉の時期には、大勢の人で賑わっていましたが、
今の時期は、大カエデを見に訪れる人はほとんどいなく、大峰高原は静けさの中にありました。
(中山高原のそば畑とは、大違いですね^^;)

f0233414_23311927.jpg

夏の終わり、草叢で鳴いている虫の音が聞こえ、
沢山の赤とんぼだけが飛んでいる風景に、静かな秋の訪れを感じます^^

紅葉の時期には、艶やかな姿に変身する大カエデも、
今はじっと静かに、多くの人々が訪れる日を待っているかのようでした^^

紅葉した大カエデ、今年も楽しみですね!^^
by azumino-macro | 2011-08-31 21:44 | 信州あれこれ
今日は、すでに安曇野マクロビオティックキッチンの料理講習の
基礎コースを終了された方を対象に、
季節に応じた料理を学ぶ応用コースの第1回目の講習会を開催しました。

基礎コースを終了してからしばらく時間が経ってしまっていたので、
(プライベートな都合で、ご迷惑をお掛けしました^^;)
久しぶりにお会いするお顔もありましたが、

同じ釜の飯を食べた仲間(?)ということで、すぐに打ち解けて、
楽しい講習会となりました^^

今日は、8月の末、季節で言うと、晩夏に当たりますが、
まだまだ日中は、30℃を超える日が多いということもあり、

夏のエネルギーの特徴、暑い季節に適した調理法、食材などについて
短いお話をしてから、デモストに入りました。

今日のメニューは、特に暑い日限定、ということで、
食べ物に陰性なエネルギーを取り入れて、上手に暑さを凌げるように工夫してみました^^

f0233414_22251880.jpg

大豆のカポナータ
夏野菜がたっぷりと入った冷やして食べると美味しいイタリアの具だくさんスープです。

f0233414_22273412.jpg

長いもと丸麦と夏野菜のサラダ
体を冷やし過ぎないように、丸麦を入れ、梅酢を使ったカラフルなサラダ
長いものシャキシャキ感が、アクセントに

f0233414_2230837.jpg

とうもろこし玄米ご飯、チリソースかけ

とうもろこしを丸ごと1本、玄米と一緒に炊き、実だけをほぐして玄米と混ぜました。
とうもろこしの甘みがするご飯と、ピリ辛チリソースとの相性は抜群で、
食欲のない暑い日でも、食が進むこと請け合いです^^

f0233414_22371762.jpg

桃のスムージー
甘みは、甘酒を使いました。
シャーベット状(スムージー)なので、素早く食べないと、溶けてしまいますが、
暑い日には、特に美味しいマクロビオティックのデザートです^^

f0233414_22391682.jpg

お楽しみの試食タイムは、久しぶりの顔ぶれで、楽しい会話が弾みます^^

そして、皆さんに、笑顔で何度も、美味しい、と言って頂くことができました^^v

    『陰陽、一日、
     食養、三年、
     真生活、七年、
     マクロビオティックは、丸一生よ。』

とは、マクロビオティックの創始者、桜沢如一先生のお言葉ですが、

この応用コースで作るお料理の一つ一つが、
マクロビオティックライフを楽しく、美味しく、かつ、末長く続けるためのヒントになれば、幸いです^^
by azumino-macro | 2011-08-30 22:56 | マクロビオティック料理教室
先回見に行った時は、まだ時期が少し早く、蕎麦の花はまだ5、6分咲きだった中山高原へ、
性懲りもなく、また行ってきました!^^:

f0233414_2145164.jpg

予想通り、蕎麦の花は、ちょうど見頃になっていました^^v

その満開のそばの花を見ようと、大勢の観光客が訪れていました。
駐車場には、大型観光バスが2台も停まっていて@@;
車を停めるのも大変な混みようです^^;
(夏休みとはいえ、平日なんですけど・・・?^^;)

f0233414_2134431.jpg

一日、1,500人も訪れるそうで、「おひさま」効果は絶大ですね^^;
(こうなってくると、人が入らない写真を撮るのは、至難の業です^^;)

f0233414_2140024.jpg

1時間以上も待って、やっと何とか妥協の一枚を撮ったところで、退散することに^^;
昨年は、この景色、ほとんど独り占めしてたんですよね・・・・?^^;)

f0233414_21413627.jpg

中山高原より美麻方面に行く途中に、新行というお蕎麦屋さんが軒を並べる集落があります。
(山形村の唐沢そば集落に似ていますね)

今日は、その中で、「山品」というお蕎麦屋さんに行ってみました。

f0233414_2213784.jpg

お店の人に伺ったところ、中山高原のそば粉も使っているそうで、
ということは、この目の前のそばは、昨年中山高原で採れたそば粉で打った蕎麦?かもしれません^^
(昨年は、中山高原で「おひさま」の撮影が行われましたね^^)

f0233414_2245959.jpg

つなぎなしの十割そばをいただきました。
つなぎなしなのに、つるっとした食感の喉越しのよいお蕎麦でした^^

f0233414_2292139.jpg

その昔、「ソバを作ると村が栄える」と言われたそうですが、
そばの村新行地区の「山品」も、「おひさま」の影響か、お客さんでいっぱいでした^^;

11月頃が収穫期の秋蕎麦。
まだまだ続きそうな「おひさま」ブーム?の影響で、
今年は、今まで以上に、盛り上がりそうな信州のお蕎麦。
信州といったら、蕎麦!というイメージが更に定着しそうですね^^

蕎麦ファンとしては、今から、新蕎麦の季節が楽しみです^^
by azumino-macro | 2011-08-29 22:31 | そば三昧
NHKの連続ドラマ「おひさま」のロケ地として、
中山高原の蕎麦畑や、国営アルプスあづみの公園の敷地内の古い民家のロケセットなどは、
随分と有名になり、大勢の観光客が訪れているようですが、

澄んだ川の清流としてドラマの中で頻繁に登場している割には、
あまりロケ地として注目を浴びていない感のある、
明科にある自然体験交流センター「せせらぎ」の清流をご紹介します。

f0233414_23134745.jpg

自然体験交流センターせせらぎでは、近くにある御宝田遊水地の白鳥湖で、
カヌーやラフティング体験ができるように、
無料で道具を貸し出してくれるというサービスを提供してくれているそうですが、
このことは、市民にあまり知られていないようです。

f0233414_23201428.jpg

この川の水は、TVでは、もっと透明感のある水として写っていましたが、
今回上手く透明感を出せませんでした^^;
(実際には、きれいに透き通った水でした)

f0233414_23212032.jpg

少し前、ここが、和成と陽子が日向子を連れて行った川として使われていました。
また、先週の土曜日の放送で、陽子が川原を見つけ、長い会話をするシーンもここです。

f0233414_23302785.jpg

二つの流れが合流する三角地帯の左側の土手で撮影された場面が多く登場しています。

f0233414_23355765.jpg

この他にも、清流とくるなら、私のお勧めの場所は、何と言っても、この川です^^
水色の道祖神近くの小さな川ですが(名前は分かりません^^;)

引っ越してきたばかりの頃、初めてこの川に出合った時、
そのあまりに透明できれいな水の流れに、心から感動したのでした。

北アルプスから流れてくる水がいったん地下に潜り、再びこの辺りで湧き上がってくる伏流水だそうで、
その透明度は安曇野一ではないかと思えるほど透き通っていて、とても冷たいです。

f0233414_205970.jpg

その川で、偶然、カモさんファミリーが、泳いでいるのに遭遇^^;
(このカモさん達、北へ帰らないのでしょうか?こちらに定住しているのかな?)

f0233414_23404225.jpg

ドラマ「おひさま」もとうとう放送終了まで、あと1か月足らずとなりましたね。

今年の夏は、「おひさま」効果で、安曇野では、どこも観光客で大賑わいだったようです^^;
夏休みももうそろそろ終わりですが、まだまだ県外ナンバーの車を多く見かけます。

全国から安曇野に遊びに来て頂いた方々に、
ロケ地だけでなく、いろいろな場所で、安曇野の魅力を感じて頂けると嬉しいですね^^
by azumino-macro | 2011-08-28 23:01 | 安曇野あれこれ

常念岳と有明山と

今日は、早朝だけ北アルプスが姿を現してくれました^^
(早朝と言っても、6時頃ですが・・・^^;)

f0233414_030777.jpg

先日、登った常念岳。
こんなにすっきり見えるたのは、本当に久しぶりです^^;

昔、常念岳は、「まゆみ岳」と呼ばれていたそうで、その理由は、よく分かりませんが^^:

「まゆみ岳」が「常念岳」と呼ばれるようになったのは、
魏石鬼の窟に住んでいたと言われる八面大王の子分である常念坊の逸話の後のようで、

常念岳登山口へ通じる林道一ノ沢線の途中にある「まゆみ池」は、
その名の名残りなのだそうです。

f0233414_0304359.jpg

信濃富士、安曇富士、と呼ばれる有明山(ありあけやま、ありあけさん、どちらとも良いそうです)。
1846年、堀金扇町に生まれた倉田為吉という人が、山伏の修業をし、天明行者と称して、
明治の初めに、有明山山頂に有明山神社の奥社を安置し、有明山を開山しました。

その後、有明教を自立し、有明講社を結成し、弟子や信者の協力を得て、
有明山神社の里宮(ちひろ美術館前にあります)を建立したのだそうです。

(有明宮城にある有明山神社の里宮は、豊科寺所に生まれた岡村阜一が
御嶽山の御嶽教と同様に、有明山を信仰の山にしようと、1888年に増築したものだそうです。
それで、安曇野に同じ名前の神社が二つある訳なんですね)

f0233414_0312344.jpg

今日はシルエットだけではなく、朝日が当たって、山肌の細部まで見えます^^
さぞかし、山頂からの眺望は素晴らしいでしょうね^^;
(今度登る時は、こんな日がいいですね^^;)

f0233414_032787.jpg

少しずつですが、山がきれいに見える日(時間)が、増えてきたような気がします。
きっと、湿度が下がって、空気が澄んできているのでしょう。

辺りを見渡すと、稲穂が垂れ、ススキが穂を出し、赤とんぼが飛び交い、
萩の花が咲き始めています。

気づかない間に、そっと秋が安曇野に訪れているようです^^;
by azumino-macro | 2011-08-27 23:25 | 安曇野あれこれ

蒸気機関車D51と蓮の花

今日は、朝から雨が降ったり止んだりの変化の激しいお天気でした。

お昼頃から雲が上がりそうだったので、
昨年も見に行った池田町の蓮の花を見に行くことにしました。

f0233414_22563724.jpg

その途中、松川村で、こんなモノを見つけました!^^;

先日、明科公民館の前に展示されている蒸気機関車C56を見たばかりですが、
今度は、日本で最もポピュラーな蒸気機関車D51(デコイチ)を発見!

f0233414_22573923.jpg

鉄道ファン(てっちゃん)ではありませんが^^;
なぜか、最近、蒸気機関車にご縁があるようで・・・・?^^;

蒸気機関車の代名詞でもあったD51形は、廃車、除籍後
178両が全国各地で静態保存されることとなったそうで、これは、その1両ということになります。

f0233414_2345383.jpg

随分と前から、この場所にあったようですが、全く知りませんでした^^;
安曇野でも、まだまだ知らないコト、知らない場所、は沢山あるということですね^^;

f0233414_0181226.jpg

いつの間にか、雨はすっかり上がり、青空が広がってきました^^

f0233414_23143186.jpg

昨年、田んぼの中に、人知れず咲いている蓮の花を見つけて、
こんなところに?と驚いたのでしたが、

f0233414_23151365.jpg

今年は、更に近づいて撮影できるようにと、歩く道が整備されていたので、ちょっとビックリです^^;

f0233414_23383636.jpg

池田町にあるこの小さな蓮池には、初夏には、ホタルが飛び交うそうです^^

f0233414_23171361.jpg

いつ見ても、蓮の透明感あるピンク色の大輪の花は、見ごたえ十分ですね。

f0233414_2320838.jpg

午前中に降った雨のしずくが、蓮の葉の中央に集まって、まるで宝石のように輝いていました^^

f0233414_23305666.jpg

やっと少し青空が戻ってきた安曇野ですが、
日中の気温は、25℃と9月中旬の気温だそうで、
涼しいので、とても過ごしやすいですが、

稲の実り具合にこの時期の気温が大きく影響するようで、
農家ではありませんが、お米の出来具合がちょっと心配ですね。

この所、雨続きで、カラッとしたお天気の日が少ないので、
明日は、これぞ洗濯日和!というようなお天気になって欲しいものです^^;
by azumino-macro | 2011-08-26 23:51 | 安曇野あれこれ
この所、お天気が良くない日が続いていましたが、

久しぶりに今日は、昨日の天気予報で、おひさまマークが輝いていた通り!^^
朝から、雲は多めでしたが、良いお天気となり、
北アルプスも久しぶりにその雄姿を見せてくれました^^v

f0233414_22415257.jpg

7月に常念岳に登頂してから、あまりお天気が良くなかったことと、
夏休みの北アルプス登山の繁盛期を避けたため(山小屋の混み様は、ハンパではないようです^^;)
再び北アルプスのいづれかの山の頂に立ちたいと思ってはいるのですが、
すっかりご無沙汰してしまっている山登り^^;

f0233414_22482212.jpg

1か月余りも歩いていないと、すっかり体がなまってしまうようで、
2階に上がっていくだけでも、息切れがするようになってしまい、
これはマズイ!ということで、
リハビリのトレーニングとしてアクセスもコースもお手軽な美ヶ原へ行くことに^^;

今まで、石切り場コースダテ河原コース経由で王ヶ鼻へ登ったことがあるので、
今日は、王ヶ頭コースを行く予定でしたが、

あまりに北アルプスがきれいに見えるので、
以前に歩いた石切り場コースを歩いて、北アルプスの展望台として有名な
王ヶ鼻へ直登するコースを歩くことにしました^^;
(王ヶ頭からは、北アルプス全く見えないんですよね^^;)

f0233414_22582567.jpg

先回歩いた時は、7月ということで、サクラスミレやキバナノコマノツメ、レンゲツツジが綺麗でしたが、
今回は8月の終わりということで、夏の終わりから秋の初めに咲く花が咲き誇り、お花畑となっていました^^

フシグロセンノウ

f0233414_0262182.jpg

タカネナデシコ

f0233414_2334214.jpg

ハクサンフウロ

f0233414_2345085.jpg

マツムシソウ

f0233414_23313052.jpg

ハクサンシャジン?

f0233414_23323975.jpg

そして、里ではあまり見かけない蝶も、沢山飛んでいました^^

クジャクチョウ
(確かに、羽の模様が、クジャクのようですね)

f0233414_2334458.jpg

イチモンジチョウ

f0233414_23373611.jpg

キベリタテハ

f0233414_23402287.jpg

ヒョウモンチョウの一種ですが、正確な名前はよく分かりません^^;
(ヒョウモンチョウの見分けは、とても難しいようです^^;)

f0233414_23425996.jpg

ミヤマカラスアゲハ
まさしく、羽の色が、カラスの濡れ羽色?ですね^^;

この他にも、沢山の蝶が飛んでいましたが、
飛んでいる蝶を撮影するのは、私でなくとも、不可能でしょう^^;

f0233414_23463686.jpg

先回歩いた時は、梅雨時だったこともあり、視界はほとんどなく、
風景は、全く楽しめませんでしたが、今回は、この通り!^^

f0233414_2349561.jpg

雲は多目ながらも、何とか、北アルプスの稜線を確認することが出来ました!^^v
安曇野からは見ることが出来ない穂高連峰の山々から槍ヶ岳へかけての稜線の連なり^^

f0233414_0401249.jpg

10年以上も前に登った槍ヶ岳と今年初めて登頂した常念岳^^
久しぶりのご対面に、嬉しさで胸が一杯になります^^;
(久しぶり、と言っても、約1か月前に見ているのですが・・・?^^;)

f0233414_23565892.jpg

先回見られなくて残念だった風景を、今回は、心ゆくまで堪能しました^^v
(これで、リベンジ、果たしましたね^^v)

f0233414_034920.jpg

爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳

f0233414_06482.jpg

餓鬼岳と裏銀座コースの山々の間に見えるのは、薬師岳、立山、剣岳のようです?

f0233414_010992.jpg

いつもは前山としてその存在がわからなくなってしまっていた有明山ですが、
今日は、雲のお蔭で、しっかりとシルエットが浮き上がっていました^^

f0233414_0133511.jpg

北アルプスのこの稜線の連なりは、何度見ても、溜息が出るほど美しいですね^^

f0233414_0162796.jpg

久しぶりに歩いたので、明日は筋肉痛がひどそうですが、
今日は、頑張った甲斐がありました^^v

f0233414_020194.jpg

今日は夏らしい青空と高めの気温でしたが(松本32℃、穂高30.8℃)、
明日は、またお天気が崩れて、気温も低くなるそうでーー;

北アルプスが雲で見えない日が、またまた続くようですT T
by azumino-macro | 2011-08-24 22:21 | トレッキング
今日は、マクロビオティック料理教室の基礎コースの第2回目でした。

講義は、短い時間でしたが、久司道夫先生が作成された
マクロビオティック食事法ガイドラインについて、お話しました。

メニューは、

2回目ということで、今回は玄米は、土鍋(マスタークック)で炊きました。

f0233414_20552632.jpg

このカニ穴は、美味しく炊けた証拠です^^
先回食べた圧力鍋で炊いた玄米と、味と食感を食べ比べてもらいました。

f0233414_20573391.jpg

そして、クシ・マクロビオティックを代表するレシピ
甘い野菜のスープ

f0233414_2115279.jpg

このスープは、動物性の食品の摂取による硬化を和らげる効果があり、
体と筋肉をリラックスさせてくれます。
特に膵臓を和らげて、血糖値を安定させるのに効果があるので、
糖尿病の方、低血糖症の方には、特に有効です。

f0233414_2123389.jpg

食養レシピのひとつ、あずきかぼちゃ。
腎臓によい効果があると言われています。

f0233414_73188.jpg

玄米は、ごま油とお醤油で炒めた大根葉を入れて、青菜ご飯にしました。
(大根葉は、庭で無農薬で育てた大根の葉を使いました^^)

f0233414_22255354.jpg

デザートは、にんじんゼリー。
寒天とくず粉で固めました。

今日、使った調味料は、お塩をほんの少し、と、お醤油をほんの少し、です。
お塩は素材の味を引き出すために使います。(塩味をつけるためではありません)

作り方は、みなシンプルで簡単なものばかりですが、
大切なマクロビオティックの基本料理なので、繰り返し作って
これらを基本に、別のお料理へと発展させて欲しいと思います^^
by azumino-macro | 2011-08-23 21:28 | マクロビオティック料理教室
パンがなくなってしまったので、いつものように「こっふぇる梅太郎」さんへ
パンを買いに行ったところ、営業日の筈なのに、お店の戸が閉まっていて
よく見ると、貼り紙がしてあり、「22日、23日は夏休み」とありました((@@))!
定休日は、水、木曜日なので、今度お店が開くのは、金曜日になってしまいますT T

天然酵母のパン屋さんは、安曇野界隈には、そう多くありません。

いろいろ考えた末に、「安曇野の朝」というパン屋さんが、
確かアートヒルズの近くにあった筈?

f0233414_21443843.jpg

新しいお店ではないのですが、我が家からは、少し遠いということもあって、
今まで訪れたことはありませんでした。

f0233414_2148955.jpg

天然酵母で焼いたハード系のパンから、調理パン、お菓子のような甘いパン、
サンドウィッチ、と毎日60種類ものパンを並べているそうで、
パンは、イート・インでお店で食べることもできます^^

f0233414_21524635.jpg

お目当てのパンをゲットし、せっかくなので、お店のテラスで、
「季節の素材を生かした体にやさしいスープ」とメニューにあったので、
そのスープと一緒に頂こうと思いましたが、
残念ながら、スープは売れ切れになってしまったそうで^^;

次回のお楽しみ、ということに^^

f0233414_21585085.jpg

あいにくと小雨交じりのお天気でしたが、
テラス席からは、東に広がる安曇平を見渡すことができます^^

f0233414_220481.jpg

アートヒルズ近くという好立地条件に建つお洒落な外観の建物の見晴らしの良いテラス席で、
なだらかに下っていく安曇平の牧歌的な風景を眺めながら、

沢山の種類の焼き立てのパンの中から好みのパンをチョイスして、
旬の野菜をふんだんに使ったスープやコーヒー、紅茶などの飲み物と一緒に頂きながら、

「安曇野の朝」を味わうことができるなんて、何とも、素敵ですね^^

f0233414_2213104.jpg

午後からは、雨は小康状態になり、時々、日も差すお天気となりました。

気温は、昨日より上がりましたが、まだまだ1か月も先の気温だそうで@@;
何だか、このまま一気に秋に突入しそうな雰囲気になっている安曇野です^^;
(しかも、ここのところず~と、北アルプスの存在感、全くナシでして・・・ーー;)
by azumino-macro | 2011-08-22 22:29 | 安曇野あれこれ

りんごジュレ

今日も安曇野は、朝からどんより雲の肌寒い一日でした@@;
気温は、20℃までしか上がらず、10月中旬の気温だとか・・・?^^;

スーパーに買い物に行ったら、普段ならスイカや桃に目が行くところですが、
なぜか、今日は、秋の果物の代表と言ってもいい、りんごに手が伸びてしまいました!^^;

f0233414_23255376.jpg

このりんごは、今年採れた「つがる」に「ビスタベラ」を交配した「シナノレッド」という品種で、
安曇野では一番早く収穫されるりんごだそうで、
収穫期間がとても短く、今年は8月いっぱいとされているそうです?^^;
(夏が収穫期のりんご、なんてあるんですね^^;知らなかった~)

味は、酸味が強く、果汁が多いです。

f0233414_23301939.jpg

シナノレッド、生で食べるには、ちょっと酸っぱかったので><
ゼリー?いえいえ、今、流行のジュレにしてみました^^;

りんごとリンゴジュースで作った煮りんごをピューレ状にしたものをジュレの部分に入れ、
Graceful Sweets Schoolで初めてその存在を教えて頂いたルカンテンウルトラで固めた
食感の柔らかなりんごジュレです^^
(ルカンテンウルトラは、固まらない(?)カンテンで、ゼリーに似た食感を楽しめます^^b)

固まったジュレの上に、煮りんご(りんごのコンポート)をのせたら、出来上がり!^^;
冷たく冷やして食べると、と~てもグッド^^v
(他の果物でもできますね^^b)

まだまだ8月だというのに、りんごのデザートがこんなに美味しいなんて・・・・!?^^;

まだまだ小中学校では、夏休み中のところもあるというのに、
夏の行楽地は、このお天気では、あがったりでしょうねぇー^^;

冷えたスイカを食べて、暑さを凌いでいた数日前が、懐かしいこの頃です^^;

(スイカ丸1個買って、半分食べて、残りは冷蔵庫に入ったまんま^^;
一体いつになったら食べる気が起きるでしょうかねぇー?^^;)
by azumino-macro | 2011-08-21 23:55 | Macrobiotic