安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

<   2011年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

今日は、雲は多目でしたが、日差しがあったので、
安曇野市内の紅葉の様子を見に行くことにしました。

まずは、近い所から^^;

f0233414_21104275.jpg

碌山美術館

f0233414_21114095.jpg

緑の蔦に覆われた美術館も素敵ですが、
紅く紅葉した蔦の葉がチャペルのような洋館を一層美しく引き立てていますね^^

f0233414_22592568.jpg

国営アルプスあづみの公園近くの大庄屋山口家

f0233414_2305759.jpg

正面のモミジとイチョウがきれいに色付いていました^^
(実は、中に入ったことが一度もない、という・・・・^^;スミマセン!)

f0233414_21193377.jpg

次は、有明山神社

f0233414_21222574.jpg

入り口にあるイチョウが黄色く色付いて見頃となっていました^^

f0233414_21235410.jpg

そして、安曇野の紅葉といったら、一、二を争う(と思う)鐘の鳴る丘集会所

f0233414_2136279.jpg

モミジが真っ赤に色付いていて、ちょうど見頃になっていました^^

f0233414_21282618.jpg

今年は、天候の影響なのか(はたまた、放射能の影響か?)茶枯れしている木が多く見られるので、
こうして、例年通り、きれいに紅葉してくれているのを見ると、何故だかホッとしますね^^

f0233414_21315820.jpg

お隣にある松尾寺の紅葉の見頃は、まだこれからのようです。
(ほとんど同じ場所にあるにも拘らず、紅葉の進み具合に違いがあるのが不思議ですね^^;)

f0233414_21374011.jpg

紅いモミジと

f0233414_21435257.jpg

紅い実(モチノキのようです^^;)

冬になる前に、植物が深く長い眠りに就く前に、一際明るく美しく輝く季節、秋。

f0233414_21502872.jpg

その後、ちょうど近くまで来たので、シャロムさんでランチをすることに^^
(今年になってから一度も訪れる機会がなかったので、久しぶりです^^;)

f0233414_2153485.jpg

店内は、平日だというのにお客さんでいっぱいでした^^;

シャロムさんだから、なのか?
マクロビオティックが以前より市民権を得てきている結果なのか・・・・?^^;

ま、どちらにしろ、マクロビオティックのお食事を抵抗なく楽しんで下さる人口が
少しずつでも増えてきているということは、個人的にはとても嬉しいです^^

f0233414_2203680.jpg

お昼を食べた後は、お次はどこの紅葉を見ようかと、アートヒルズの横を通り過ぎた時、
突然目の前に、大きな虹がかかっていました!@@

f0233414_224858.jpg

どうやら、池田町(松川村?)の方で雨が降ったようです^^:
山麓線から東山の中山山地にかかる大きな虹!

f0233414_2241517.jpg

アーチの真ん中付近は、色が薄くなっていましたが、
こんなに太い虹を見たのは、生まれて初めてです^^;
(今年は、虹を見るチャンスに恵まれているようで、ラッキーな年なのかもしれません?^^v)

f0233414_22161451.jpg

やがて、虹はゆっくりと消えていき、
最後は、彩雲のようになって、そして跡形もなく消えました。

f0233414_22172037.jpg

RAINBOW  MIRAGE!

f0233414_2222203.jpg

こんなに大きくて美しい虹を見てしまったので、
この感動の余韻を胸に、今日の紅葉狩りは終了することにしました^^;

(実は、この後、大王わさび農場へ行ったのですが、
 色付き始めたばかりで、見頃になっていませんでした^^;)

まだまだ市内の紅葉はこれからが本番という感じですね^^
全部網羅しようと思うと、体がいくつあっても足りませ~ん!^^;

(桜の季節も桜前線を追って忙しかったですが^^;
 紅葉の季節も紅葉前線を追うとなると、
 もうどこから見たら良いのか、わからなくなってしまいますね^^;)
by azumino-macro | 2011-10-31 22:28 | 安曇野あれこれ

信州の紅葉 奥裾花渓谷

小川村大洞高原から北アルプスの絶景を楽しんだ後、
鬼女とされる「紅葉伝説」が残る鬼無里を通り、
日本百景にもなっている奥裾花渓谷へ紅葉を見に行きました。

f0233414_21531174.jpg

信濃信州新線を鬼無里へ抜けていく途中で、真正面に特異な山容の戸隠山が現れました。

鬼無里とは、鬼女とされる「紅葉伝説」が残る歴史的に興味深い山村地域で、
この辺りは、戸隠山の岩戸伝説といい、現在でも、古代ロマンが色濃く残っている数少ない地域です。

f0233414_2214776.jpg

奥裾花渓谷は、犀川の支流でもある裾花川の上流にある渓谷で、入り口に奥裾花ダムがあり、
ダムにかかる奥裾花大橋を渡ると、その先は、

裾花川により、周辺の侵食に弱い泥岩や砂岩、凝灰岩からなる地質が侵食され、
特異な地形や奇岩などが形成された渓谷が続いています。

その渓谷に沿って道路が走り、ぐるりと一周できる一方通行の周遊コースが設けられています。

f0233414_22122014.jpg

紅葉は、見頃をちょっと過ぎた感じでしたが、まだまだ楽しめそうでした^^

f0233414_22161618.jpg

車で一周できるようになっていましたが、
美しい紅葉の景色を楽しみたかったので、少し歩くことにしました^^

f0233414_22213115.jpg

裾花川の対岸は断崖絶壁がそびえていて、地層が露出していて、
地質学的には、とても面白い地形をしているようです^^;

f0233414_22234371.jpg

奇岩、千畳岩。
横80m、高さ150mという珍しい一枚岩だそうです^^;

f0233414_22271924.jpg

ゆっくり歩きながら、美しく紅葉した渓谷美を楽しんだのは、いいのですが、

f0233414_22295164.jpg

高い所ばかり見上げていたので、少々、首が痛くなりました^^;

f0233414_22304236.jpg


f0233414_2234591.jpg


f0233414_22364330.jpg


f0233414_22374415.jpg


f0233414_22412788.jpg

裾花川が流れてくる方向に、日本百名山の高妻山(2,352m)が見えてきました。

f0233414_22441979.jpg

この先2kmほど進むと、水芭蕉の群生地として有名な奥裾花自然園がありますが、
奥裾花自然園内の紅葉は完全に終わっているとのことだったので、
引き返すことにしました。

f0233414_22465753.jpg

一方通行になっている復路の途中、振り返ると、
隠れた名山とされる堂津岳(1,926m)が迫って見えました。

f0233414_2322925.jpg

一周してまたダムにかかる橋に戻り、奥裾花渓谷の紅葉巡りは終わりです。

次は是非、奥裾花自然園の水芭蕉が咲く頃に訪れたいですね^^
by azumino-macro | 2011-10-30 23:08 | 信州あれこれ
(今日は、奥裾花渓谷の紅葉の様子をUPする予定でしたが、後日にUPいたします^^;)

目覚めた時、あまりの寒さに震えながら、カーテンを開け、窓の外を見ると、
常念岳の辺りが赤く染まっていました^^

f0233414_2141792.jpg

今年北アルプスが朝焼けでピンク色に染まったのは、今朝が初めてではありませんが、
これが、今季私が初めて見たモルゲンロートです^^

f0233414_2144871.jpg

とうとう、安曇野に、寒い季節にのみ見られるモルゲンロート(朝焼け)の季節がやって来ました!^^;

f0233414_21132399.jpg

今朝の最低気温2.2℃@@!
今季の最低気温だそうで、まだ暖房を入れていない我が家は寒い!^^;

f0233414_2161827.jpg

かじかむ指でシャッターを押しながら、
レンズの向こうの朝焼けでピンク色に染まる北アルプスを眺めていたら、
もうそんな季節になってしまったのか、とちょっと焦りました^^;

f0233414_21151828.jpg

そして、夕方には、これまで見たこともないような美しい巻雲が^^

f0233414_2118208.jpg

ほうきで掃いたような美しいすじ雲^^
(この形は、毛状雲と言うそうです)

f0233414_22522859.jpg

茜色に染まったすじ雲は、夕暮れの北アルプスの風景を、一層美しいものにしてくれますね^^

f0233414_2120593.jpg

これは、白鳥の形に似ていますね?^^;

f0233414_22495062.jpg

まるで、空では天使がコーラスをしているかのよう?^^;

f0233414_2147485.jpg

ダイナミックな天と地と山々が奏でる交響曲が聞こえてくるような、そんな錯覚さえ覚えます^^:

f0233414_0413373.jpg

見の前で繰り広げられる大自然のガイア・シンフォニー(地球交響曲)!

f0233414_21195234.jpg

この瞬間に立ち会えたことを心から感謝したくなる、そんな時間がゆっくりと流れていきます^^

f0233414_2127154.jpg

そして、今日の最後の締めくくりは、
印象派の画家も顔負けのドラマチックな夕焼けで、幕が下りました^^

f0233414_2224293.jpg

気温が低いので、空が澄んできて、きれいな風景が見られるようになってきた安曇野。
日、一日と寒さに向かっていますが、安曇野の美しい風景はこれからが本番です^^

それにしても、常念岳の初冠雪は、まだ、でしょうかねぇー?^^;
by azumino-macro | 2011-10-28 22:05 | 安曇野あれこれ
今朝の最低気温は、2.7℃!@@;
起きた時、どーりで寒い筈ですね^^;

f0233414_20241729.jpg

朝方よく冷え込んだ日は、北アルプスがきれいに見える、というのはまさに本当にようですね^^;
くっきりとはいきませんでしたが、北アルプスの稜線がきれいに見えていました^^

f0233414_20271721.jpg

よく見ると、鹿島槍ヶ岳より北に延びる稜線が白くなっていました。
3,000m級の山の山頂付近は、森林限界を超えているため、ほとんど木がないので、
これは霧氷ではなく、雪が積もったということなのでしょう。

f0233414_20401054.jpg

今日は、先日通った北アルプスパノラマロードを通り、
小川村経由で鬼無里の奥裾花渓谷の紅葉を見に行ってみることにしました^^;

f0233414_20394045.jpg

先日も撮った同じ風景ですが、わずかですが山に雪がついていて、
また、前山の紅葉も進んでいるようで、ぐっと違った雰囲気になっていますね^^

雪で白くなった北アルプスを間近で見るのは、今年初めてなので、嬉しかったです^^
(白くなったと言っても、ほんの少しですが・・・・^^;)

f0233414_2173573.jpg

日本海に近い白馬三山は、さらに白くなっていました^^

f0233414_2192936.jpg

先日撮った写真に比べると、心持ち、被写体がしまって見えます^^;
やはり北アルプスには白い雪が似合うようです^^

f0233414_2114316.jpg

小川村にある大洞(おおどう)高原からの眺め。

f0233414_21451583.jpg

標高約1, 000mの大洞高原には、「星と緑のロマントピア」というレジャーエリアがあり、
60cm反射望遠鏡をもつ「小川天文台」と「プラネタリウム館」が建っていました。

f0233414_2117289.jpg

また、小川村には、雄大な北アルプスの山並みを村内各所で眺めることができるため、
その景観は、「信州の自然百選(景観選)」や「信州サンセットポイント百選」に選ばれているそうです^^

f0233414_21223062.jpg

あまりの素晴らしい風景に、圧倒されてしまいますね^^;

f0233414_21242913.jpg

もっと山が雪で覆われて白くなった頃に再訪したい北アルプスの展望台^^
何処までも真っ直ぐに続く北アルプスの稜線に沿って走っている北アルプスパノラマロード

f0233414_21401839.jpg

今日は、信濃信州新線を通って北アルプスの絶景を楽しみながら鬼無里へ抜け、
以前から一度行きたいと思っていたその先の奥裾花渓谷へと足を延ばしました^^

(鬼無里、奥裾花渓谷の紅葉は、明日UPします^^)
by azumino-macro | 2011-10-27 21:56 | 信州あれこれ
今朝の最低気温6.7℃と平年並みとは言え、このところ暖かい日が続いたので、
目覚めた時は、めっきりと冷え込んだ感じがしました。

雲が多くてはっきりとは確認できませんでしたが、
雲間から覗いた山肌には、薄っすらと白いものがついています。
今月初めに続いて、どうやら、北アルプスは、冠雪したようです。

f0233414_21282558.jpg

今日は、池田町にある長福寺の大イチョウが黄色く色付いて見頃になっていると聞いて、
今年初めて見に行ってみることにしました。

f0233414_2035346.jpg

長福寺の大イチョウは、直径1メートル、高さ30メートルもある大樹で、
到着した時には、すでに何人かのカメラマンの方がいて、
その中には、NHKのカメラマンの方もいて、TV用カメラで撮影していました^^;
(近いうちに、この大イチョウがTVで放送されるかもしれませんね^^;)

f0233414_20422631.jpg

イチョウは、樹齢90年になるそうで、噂の通り、りっぱな大イチョウで見事でした^^
隣のカエデも樹齢100年になるそうで、今年は紅葉のピーク時がずれてしまったようで、
赤と黄色の2色の紅葉とはいかなかったようです^^;

f0233414_20462969.jpg

今年は、暖かかったり、寒かったりと、気候が一定でないので、
紅葉も例年通り、とはいかないようです^^;

f0233414_20525050.jpg

長福寺の大イチョウを見た後、せっかく近くまで来たので、
先日見に行った大峰高原にある大カエデのことが気になり、見に行くことにしました^^;

f0233414_2103585.jpg

先日訪れた時に、葉の一部が茶枯れしていたので、驚いたのですが、
今日は、その茶枯れした部分は、更に広がっていました!((@@))

f0233414_20564340.jpg

昨年の紅葉時の大カエデに比べると、明らかに、何か異変が大カエデに起きているようです。

f0233414_215225.jpg

もうとても、見ていられないほど、大カエデが弱っているのが分かります。
それでも、ひっきりなしに観光客は訪れ、中には、立ち入り禁止区域内に踏み込む人も。

f0233414_2162646.jpg

痛んだ箇所には、応急手当がなされているようですが、
ここまで来ると、樹木医に診てもらい、本格的な治療を受ける必要があるのかもしれません。

f0233414_2181247.jpg

春から夏にかけて幾度となく大カエデの様子を写真に収めてきたので、
今まで見たことのない痛々しい瀕死の大カエデの枯れた葉っぱを見て、
わたしのせいではありませんが、わたしのせいでもあるのだと思ったら、
胸が苦しくなり、涙が出てきました。

f0233414_2121187.jpg

紅葉のシーズンが終わり、静かになった高原で、
ゆっくりと流れる時間が大カエデの傷を癒してくれることを願います。

そして、来年は元気になって、
残念にも今年は見ることができない七色に美しく紅葉した姿を、是非とも見せて欲しいものですね。

f0233414_2131546.jpg

夕方近く、白馬方面の北アルプスが姿を現しました。
やはり、白く輝いています^^

f0233414_21354971.jpg

初冠雪した時、野沢温泉にいたので、見ることができなかったので、
今年初めて見る白く輝く北アルプスの雄姿です^^

f0233414_2137451.jpg

生憎と常念岳には雲がかかり、確認することができませんでしたが、
明朝も冷え込むとのことなので、常念岳の初冠雪した姿を拝めるのもそろそろとなりそうですね^^

f0233414_2144123.jpg

雪を被った北アルプスの稜線が連なる風景は素晴らしいですが、
それは同時に、極寒の季節の到来の兆しでもあるので、
安曇野で迎える2年目の冬に向け、急いで心と体の準備をいたしましょう^^;
(そして、薪ストーブの準備も!^^;出番は間近のようです?^^;)
by azumino-macro | 2011-10-26 21:54 | 安曇野あれこれ
今日は、マクロビオティック料理教室の基礎コースの第6回目の日でした。

今日の講義は、先回お話した「陰陽」を更に内容を深め、
「野菜の陰陽」について、お話しました。

「陰」と「陽」のエネルギーの特徴を踏まえて、野菜の陰陽を見分け、調理する際に役立てます。

今日のメニューは、

f0233414_20561637.jpg

黒米入り玄米ご飯
黒米が入ることで、玄米がお赤飯のような色になり、食感もモチモチしたおこわの様になりました^^

f0233414_2058115.jpg

豆腐の野菜葛あんかけ

葛粉をまぶしたお豆腐を、多目の油で焼き付け、野菜たっぷりの葛あんをかけました。
お醤油のみの味付けですが、とても甘いです。
また、葛粉は、体を温めますので、これからの季節にはピッタリの食材です^^

f0233414_2057916.jpg

かぼちゃミレット
ミレット(雑穀)は、今日は、粟を使いました。

少量の塩でかぼちゃの甘みを引き出したこのお料理は、
膵臓に良い効果があるとされ、弱った膵臓を労わってくれます。

f0233414_214128.jpg

けんちん汁
今日、学んだ「野菜の陰陽」を調理に応用して、多くの野菜を重ね煮にし、野菜の旨味を引き出します。

f0233414_217146.jpg

マクロビオティックでは、「料理」とは、文字を分解すると、
「料」は、「米」を「升で計ること」、「理」は、「ことわり」「宇宙の法則」のことを指し、

「宇宙の法則」=「無双原理」と考えているので、
「料理」とは、「陰陽のバランスをとること」、「無双原理」そのもの、と考えています。
 

これからは、日を追って寒くなり、エネルギーが停滞する季節「冬」へと向かいますが、
食事における陰陽のバランスを上手くとることで、

寒暖の差にも体調を崩さないような体作りをしたいものですね^^
by azumino-macro | 2011-10-25 21:23 | マクロビオティック料理教室
この所、紅葉が見頃になっている高所の観光スポットへ出掛けることが多かったのですが^^:

今日は、地元安曇野にある国営アルプスあづみの公園前を通り過ぎ、
蝶ヶ岳登山時に利用する林道烏川線(三俣登山口)沿いの紅葉の様子を見て来ました。

f0233414_21251464.jpg

朝から雲が多いお天気でしたが、雲の間から少しだけ常念岳の山頂が頭を覗かせていました。

f0233414_21221489.jpg

大水沢の滝の周りも紅葉していました^^

f0233414_21275466.jpg

紅葉樹林帯で覆われた鍋冠山(2,194m)の紅葉は、所々、赤や黄色が混じって、とても綺麗ですね^^

f0233414_21313388.jpg

赤く紅葉するのは、主に、ツタウルシ、ナナカマド、モミジ(カエデ)、などですが、
特に、モミジ(カエデ)の紅葉した赤い色は、ひときわ目立つ存在ですね^^

f0233414_213423.jpg

葉が紅葉するメカニズムを調べてみると、
葉の赤色は色素「アントシアン」に由来しているそうで、

このアントシアンは春から夏にかけては、葉の中にはなく、
秋に葉に蓄積したブドウ糖や蔗糖と、紫外線の影響で発生するのだそうです^^;

f0233414_21395752.jpg

そして、ブナやミズナラ、カラマツなどの「黄葉」は、
葉の中の色素「カロテノイド」によるものだそうで、

若葉の頃から葉に含まれているカロテノイド色素系のキサントフィル類は、
春から夏にかけては葉緑素の影響で目では確認できないそうですが、

秋に葉の葉緑素が分解することにより、目につくようになるのだそうです。

f0233414_21435354.jpg

長野県は、寒冷地ということで、やはり、ブナ、ミズナラ、カラマツなどの黄葉する木が多いですね。

f0233414_21461223.jpg

前山の浅川山も上の方は、すっかり黄葉していました。

f0233414_21545918.jpg

まゆみ池の近くに、マユミの木があり、赤い実がなっていました。

(まゆみ池の「まゆみ」は、常念岳が常念岳と呼ばれる前に「まゆみ岳」と呼ばれていた名残りで、
 「まゆみ」とは、神社の祭事の際に使用する「馬ゆみ」(?)のことを指すそうで、
 常念岳で多く作っていたことから、「まゆみ岳」と呼ばれていた、と
 安曇野検定の講座で教えて頂きました^^)

山は、すっかり秋色一色ですね^^

安曇野市内でも、紅葉した葉っぱが、市内を彩り始めました。
紅葉は、遠くまで行かなくても、身近な所で楽しめるというのが、嬉しいですね^^
by azumino-macro | 2011-10-24 22:15 | 安曇野あれこれ

新村のコスモス畑

我が家のコスモスはすでに花期が終わってしまいましたが、
新村のコスモス畑は、今が見頃だそうで、見に行ってみることにしました。
(tenten-3さん、情報ありがとうございます^^)

f0233414_21592536.jpg

今日は、生憎と風が強く、花を撮影するには最悪の条件でしたが、
コスモスは、とても綺麗に咲いていました^^;

f0233414_221261.jpg

コスモスが秋風に揺れている様子は、何とも可憐な感じで良いのですが、
それにしても、今日の風は、強すぎました^^;

f0233414_2235374.jpg

花言葉は、 「乙女の真心」「乙女の愛情」

f0233414_22102518.jpg

新村より、ふと東の方を見やると、山の山頂近くに見覚えのある形をした突起が見えました^^;

以前に「思い出の丘」に通じる「美ヶ原林道」から見えた「烏帽子岩」のようです。
麓から確認できたのは、これが初めてです^^;
(それにしても、面白い形をしているので、遠目にも目立ちますね^^;)

f0233414_22141297.jpg

今日の最高気温、25.1℃と小春日和の秋の休日となった安曇野^^;

暖かったせいか、コスモスもノビノビと咲いているように見えますね^^
昨年は、常念岳が初冠雪したのは、10月28日でしたが、

今年は、この調子では、いつになることやら?
白くなった頂きの北アルプスを拝める日は、まだまだ先のようです^^;
by azumino-macro | 2011-10-23 22:23
いつも車で走り慣れている道を外れて、
ちょっとした冒険心で車を走らせていて、
思いがけない景色に出会ったりすることがあります。

又は、当りをつけて、この道を走ったら、
こんな風景に出会えるのではないか、と思って運転していて、
その結果、予想を遥かに超えた素晴らしい風景に出会えることもあります。
(その反対のケースもありますが・・・^^;)

昨年は、県道12号丸子信州新線が正しくそれで、
密かに、「北アルプスパノラマロード」と名付けたのでした^^;

f0233414_2324386.jpg

数日良いお天気が続いた昨日、そろそろ崩れる兆しが見えたので、
北アルプスが綺麗に見えている内に、新しいマイビューポイントを探しに出掛けることにしました^^;

f0233414_23272456.jpg

安曇野から見える常念山脈の山々は、ボンヤリとしていたので、
澄んだ青空が覗いていた大町より北方面へ向かうことに^^

爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳が、きれいに見えていました^^

f0233414_23332174.jpg

北葛岳と蓮華岳。
前山もどうやら紅葉が始まっているようで、まだ見頃ではありませんが、微かに色付いています。

f0233414_23413929.jpg

左から、北葛岳、蓮華岳、鳴沢岳、岩小屋沢岳、爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳。

f0233414_23444574.jpg

美しく紅葉する前山の向こうにそびえるは、鹿島槍ヶ岳と五竜岳。

f0233414_23493935.jpg

大町より以北の北アルプスは、安曇野から見る北アルプスとは違って、荒々しい印象を受けますね^^;

f0233414_23512592.jpg

今回出会った目も覚めるような北アルプスの絶景です^^
前山の紅葉がもっと見頃になると、もっと素晴らしい景色となることでしょうね^^

f0233414_0254693.jpg

晩秋の空は、どこまでも澄んでいて、遠く日本海へ続く北アルプスを遠望することが出来ます^^

f0233414_035536.jpg

思いがけず見つけた北アルプスパノラマロード^^v

もっと紅葉がきれいになった頃に、再訪することにいたしましょう^^
(山が雪で白くなっていたら、サイコー!なんですが・・・?^^;)
by azumino-macro | 2011-10-22 23:27 | 信州あれこれ
小谷村にある鎌池まで紅葉狩りに足を延ばしたのは、完全に予定外だったため、
お昼には、白馬辺りでお蕎麦でもと思っていたのが、
目的地を変更したため、お昼は小谷で食べることになってしまいました。

小谷村について事前に何も調べていなかったため、
どこにお蕎麦屋さんがあるか、皆目分からず、ウロウロするしかない、と思っていたら^^;

南小谷駅のすぐ近くに、「おたり名産館」という建物を見つけ、
そこに「手打ちそば」の旗が立っていたので、とりあえず入ることにしました^^;

f0233414_21351249.jpg

名産館のスタッフ全員が、地元の女性達(しかもかなり年配のおばちゃん達)で、
店内は、田舎らしいアットホームな雰囲気でゆったりでき、また、おばちゃん達の接客も非常に丁寧で、
これでお蕎麦も美味しければ、リピート間違いなし、というなかなかのお店でした^^;

f0233414_21421162.jpg

お蕎麦は、石臼で蕎麦殻を混ぜて挽いたいわゆる「田舎そば」。

新蕎麦だったためか、味も香りも良く、歯応えといい、のど越しといい、
おばちゃんが打った蕎麦とは思えないほど(ご免なさい!^^;)、レベルの高いお蕎麦でした^^;

普通盛りで650円、大盛りなら850円、というのも
安曇野のお蕎麦の値段に慣れてしまっているせいか^^;お安く感じられて、嬉しいですね^^

f0233414_21491150.jpg

野菜の天ぷらも、このボリュームで500円。
中には名前の分からない葉っぱもありましたが・・・^^;

f0233414_21541332.jpg

帰りに、せっかく遠くまで来たので、温泉に入っていくことにしました。
これまた、ほとんど事前に調べていなかったので^^;
行き当たりばったりに入ったのが、鎌池の近くにあった「雨飾荘

f0233414_21564236.jpg

実は、この雨飾荘の近くに、村営の無料の開放的な露店風呂があるのですが、
男女混浴なのかどうかよく分からなかったので^^;
男女別になっている「雨飾荘」のお風呂に入ることにしました^^;
(混浴風呂というと、今年の春に知らないで入った白骨温泉泡の湯を思い出します^^;)

f0233414_2272473.jpg

泉質は ナトリウム・炭酸水素塩泉で、源泉掛け流しです。
お湯はぬるめ、入っているとお肌がツルツルとしてくる美肌の湯です^^

f0233414_22274629.jpg

紅葉、新蕎麦、温泉、と、日本の秋は、お楽しみがいっぱいで、ホント嬉しいですね^^

紅葉前線は、一日で20m下りるそうなので、今は、1,000m以上の場所が紅葉ですが、
あっという間に里に下りて来て、安曇野が秋色一色に染まる日ももうすぐです^^
by azumino-macro | 2011-10-21 22:40 | そば三昧