安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro
穂高神社の入り口にあって、6年間営業された天然酵母のパン屋さん「こっふぇる梅太郎」さんが、
昨年の12月中旬にお店を閉店されて、故郷(辰野町)に帰られてからというもの、

蓑輪町に新しく開店するお店についてのお知らせを、今か今かと楽しみに待っていた所、
こんな素敵なお葉書を頂きました^^

f0233414_22223650.jpg

「ハルハナ堂」!
愛犬ハルちゃんとハナちゃんの名前をそのままお店の名前にしたんですね^^;

今度は南アルプスが見え、「ながたの湯」に近く、昨年秋に訪れた「赤そばの里」も近いんですね^^

お葉書には、オープンは2月4日とありましたが、
こっふぇるさんのブログによると、諸事情あって、8日に変更になったようですが、

ともかく、開店間近ということは間違いないようです^^v

オープン後には、お約束通り、「穂高パソコンプラザ」さんにてパンを購入できるようになるそうで、
そちらも、今か今かと、待っております^^

写真に写っているお店、とっても素敵ですね^^
(お仲間に協力して頂いて、出来上がったお店だそうです^^)

「ハルハナ堂」必ず伺いたいと思います^^

(「こっふぇる梅太郎」さんと本名のようにお呼びしていましたが、
これからは、「ハルハナ堂」さんとお呼びするべきなんでしょうねー^^;)
by azumino-macro | 2012-02-01 22:33 | スローフード
今朝の最低気温-5.8℃、日中も1.1℃とほとんど気温は上がらず、
陽射しはあっても、寒い一日でした。

とは言え、久しぶりに青空が覗く晴れのお天気に、
この所冬眠状態が続いていただけに、気持ちは⤴(単純?^^;)

f0233414_21364580.jpg

8時頃、窓の外を見ると、何やら、キラキラ光っているものが宙に舞っていました。

f0233414_2103713.jpg

ダイヤモンドダスト(細氷)でしょうか?
(細氷とは、大気中の水蒸気が昇華してできた、ごく小さな氷晶(氷の結晶)が降ること)

f0233414_2123664.jpg

降ってくる氷の細かい粒に、太陽の光が反射して、本当に、ダイヤモンドの輝きのようでした^^

f0233414_2315811.jpg

スキー場などでは、少しばかり見たことがありましたが、
今日のダイヤモンドダストは、大規模で、安曇野の広範囲で見られたのではないかと思います。

f0233414_211105.jpg

雪も融けて道も大丈夫のようだったので(雪道でスリップした時以来、雪道の運転は極力しないことに^^;)
以前から一度行ってみたいと思っていた松川村、ちひろ美術館の近くにある「いぐパン」へ。

f0233414_21141863.jpg

「いぐパン」?
面白い店名だなぁーと思っていたら、オーナーの井口ご夫妻がパンを焼いていらっしゃるので、
「いぐパン」なのだそうで・・・・・^^;

f0233414_21183290.jpg

本来なら、28種類ものパンが並んでいるそうですが、
遅くに行ったので、パンはほとんど売れ切れ状態^^;
その代りに、2月よりオープンするイートインスペースを見せて頂きました^^

f0233414_21203542.jpg

シンプルで落ち着いた佇まいで、ゆっくりとパンを噛みしめながら頂けそうですね^^
只今、カフェメニューを検討中だそうで、そちらも、楽しみですね^^

f0233414_2123259.jpg

やっと手に入れた、「いぐパン」^^;

こっふぇる梅太郎」さんが閉店してからというもの、
天然酵母のパン屋さんが近くになくなってしまったので、
もうすでに1ヶ月近く、美味しいパンを食べていません^^;

こっふぇるさんより、新しいお店の開店のお知らせが届くのを首を長くして待っているところですが^^;
(特に娘が、パン切れ状態に我慢できないようで、一日も早い開店を願っています^^;)、
まだまだ開店準備に時間をかけていらっしゃるということなのでしょう^^;

「いぐパン」さんの天然酵母のパンも美味しそうですが、
なにせ、少しばかり我が家からは遠い・・・(車で30分弱^^;)

それでも、28種類のパンが並んでいるお店の様子も覗いてみたいので、
また、後日、再訪したいと思います^^

(NHKのHP「撮るしん。」に、先日登った京ヶ倉で撮った写真が掲載されました^^v)
by azumino-macro | 2012-01-24 21:39 | スローフード

カフェ 風のいろ

雲に覆われていた後立山連峰の山々が、少しだけ見え始めた日の午後に、
昨年の6月にお隣の池田町にオープンした「カフェ風のいろ」さんに行ってきました。

f0233414_2138764.jpg

大峰高原に通じる道よりもう一本大町寄りの道を入ってしばらく行くと、
北アルプスを見下ろすことが出来る東に広がる見晴らしの良い高台に建っていました。

f0233414_21412049.jpg

お店の正面はこんな感じで、北アルプスを真正面から眺めることが出来ます^^

f0233414_21434824.jpg

この日は、運よく、雲の合間から爺ヶ岳や鹿島槍ヶ岳を見ることが出来ました^^

f0233414_21451889.jpg

カフェのお庭に天文ドームがある、ちょっと変わった(?)カフェです。
時々、星空ウォッチングなどのイベントを開催して、天体望遠鏡を覗く機会を設けて下さっているようです。
(次回の「冬の星空ウォッチング」は1月21日(土)に開催予定のようです。
 詳しくは、こちらから)

f0233414_21512540.jpg

ランチは、パスタ3種類の中から選び、これにサラダとパン、飲み物(珈琲or紅茶)が付きます。

ランチ以外では、焼き菓子が何種類かあります。

f0233414_21551940.jpg

窓の外に広がる北アルプスを眺めながら、お茶をゆっくりと飲んでいたら、
素敵なギターの柔らかい暖かな音色に包まれました。

f0233414_21565025.jpg

オーナーご夫妻にお話しを伺ったところ、
上田市在住のクラシックギター製作者で演奏もされる白柳淳さんのオリジナルのメロディーだそうで、

何でも白柳さんは、見た作品に感銘を受けると、インスピレーションが湧いて曲を作るのだそうで、
流れていたギターの曲も、CDのカバーに使われている絵を見て感銘を受けて作った曲だというお話でした。

f0233414_22252091.jpg

そのカバーの絵を見た時に、アレ?どこかで見たような絵のタッチ?と思ったら、

f0233414_22261027.jpg

その絵は、秋に「縁縁」さんで個展をされていた松下英友さんの絵でした^^

f0233414_22274799.jpg

パステルで描かれたその細密画の風景は、安曇野のどこかの風景なのですが、
私達が心の中に描いている安曇野の風景であり、

いつまでも変わることのない永遠の安曇野の風景なのではないかと思い、
松下さんが描く安曇野の大ファンになっていた私は、この出会いに不思議なご縁を感じたのでした^^

f0233414_2235424.jpg

私も大好きな松下さんの絵にインスピレーションを得て、
こんな素敵な音楽を作られた白柳さんて、どんな方なんだろう?と思っていたら、

2月25日(土)13・30~カフェ風のいろさんでミニコンサートがあると教えて頂きました^^

松下さんの絵と同じように、透明感のある美しいクラシックギターの音色は、
安曇野の澄んだ空気にぴったりと合って、さらに美しく響くことでしょう^^

ゆったりと安曇野時間が流れる中、

「カフェ風のいろ」で、美味しい珈琲を飲みながら、
是非、白柳さんのギターの透明な音色をお聞きになってみて下さいね^^
by azumino-macro | 2012-01-19 22:41 | 安曇野あれこれ

LoTus Cafe at ひつじ屋

穂高駅前にあるレンタサイクルの「ひつじ屋」さんの1月5日から31日までの冬季休業中に、
チャーリー宮本&ミヤモトタミコさんの『ロータスカフェ』が期間限定でオープンするというので、
アジア家庭料理を食べに行ってきました^^

f0233414_2342385.jpg

確か「LoTus Cafe」さんは、以前、池田町にお店があり、
熱心なファンの方々に惜しまれながら、数年前に閉店されたのでした。

一度行ってみたいと思いながらも、引っ越してきた時には、
すでに遅しで・・・・・^^;

f0233414_2382027.jpg

ランチに、アーユルヴェーダのランチとあったので、それを頂きました^^

f0233414_23104781.jpg

アーユヴェーダのカレーは日替わりだそうで、あまり辛くないので、お子さんでも食べられそうです^^

アーユルヴェーダ(aayurveda)は、インドの伝統的医学で、
その名はサンスクリット語の「アーユス(aayus 生気、生命)」と
「ヴェーダ(veda 知識|学)」から成る複合語だそうで、

そういえば、お店の中には、

f0233414_23142796.jpg

こんなコーナーもあり、お香の香りもして、インドの雰囲気がほんのり漂っていました^^;

f0233414_23163260.jpg

こちらは、パ・ジョン(ネギのチヂミ)
ネギの香りが香ばしく、チヂミのタレもとっても美味しかったです^^v

f0233414_23195926.jpg

そして、飲み物のメニューにも、少しばかり変わったものがあったので、頂いてみることに^^

f0233414_2321553.jpg

タミコさん命名の「Moon Power Tea」
月のエネルギーのハーブとリンゴジュースのブレンドが何とも絶妙に美味しい^^

f0233414_23231362.jpg

そして、カレーを食べて、この時期としては、かなり陰性を取り入れてしまったので、
アーユルヴェーダのお茶で、「カゼ予防」を頂きました^^v

f0233414_23254259.jpg

タミコさんにアーユルヴェーダについてお話を伺ったり、
チャーリー宮本さんに、インドの楽器、スワルマンダル(Swarmandar)を演奏して頂いたりと、
とても楽しい時間を過ごすことが出来ました^^

このスワマンダールは、先日ご紹介したヒーリングライアーのタオライアーに似た楽器で、
ライアーは、このインドの楽器からヒントを得て作られたのではないかと、思えるほどです。

一歩外へ出れば、最高気温1.1℃という真冬日のような安曇野でしたが@@;

アジアンテイストのお食事と音楽で、
すっかり心は、アジア大陸を旅してきたような気分になったのでした^^(安上がり?^^;)
by azumino-macro | 2012-01-16 23:35 | スローフード

初雪 in 軽井沢

安曇野の最低気温-1.8℃、最高気温も5.8℃と寒い一日となった昨日、
茨城県取手市にある地和子先生の教室でマクロビオティックのおせち料理を習いに行く途中、
欲しい物があったので、軽井沢に立ち寄りました。

f0233414_22233354.jpg

昨年、初めて地和子先生や先生の生徒さん達と一緒に訪ねた日本聖公会・ショー記念礼拝堂(旧軽井沢)。
軽井沢で最古の教会だそうで、これからクリスマスを迎えるに相応しい神聖な雰囲気に包まれていました。

f0233414_22271279.jpg

この日、軽井沢は、最低気温-3.7℃、最高気温でも1.5℃だったそうで@@;
どーりで寒い筈ですね^^;
凍えそうになりながら、お目当てのものを探して旧軽井沢銀座商店街を歩いていると、
お腹も空いてきて、心まで寒々しくなっていた所、「黒うどん」なる看板が目に留まりました。

何でも、「山長」さんの黒うどんは、地粉と玄米(?^^;)で打ったうどんだそうで、
玄米入りうどん、は今まで聞いたことも見たこともなかったので、即、入ってみることに^^;

f0233414_22332393.jpg

鍋焼きうどん、醤油味を注文してみました。
(後で知ったことですが、味噌味の方が、このお店のお勧めだったようです^^;)

入っている野菜は、ほとんど全てお店のご主人が、無農薬、無化学肥料で作ったお野菜だそうで、
野菜も出汁も、もちろんうどんも、全てこだわりの鍋焼きうどんでした^^

f0233414_2237330.jpg

黒うどんは、玄米の色と同じ薄茶で、ほうとううどんに似て太くもちもちとした食感で、
煮込むほどに出汁が滲み込んで、今まで食べたことがないほど美味しかったです^^
(スミマセン、食べるのに夢中で、写真がボケボケで・・・^^;)

f0233414_224458.jpg

温かくて美味しいうどんを食べて、心も體もホカホカとなって外に出ると、
今にも降り出しそうな鉛色の空から、ふわりふわりと白いものが舞い降りてきました。

降り出した雪を見て、お店から外に出てきた店員さんが、
「今日は雪になるね。初雪だぁ」と空を見上げて何故だか嬉しそうでした^^;

f0233414_224759100.jpg

すっかりクリスマス色にデコレーションされた軽井沢の街中に降る初雪は、
それはそれは、とてもロマンティックで、この時季にピッタリ^^

f0233414_22493849.jpg

そういえば、昨日から12月でしたね。
12月1日に初雪を見たお蔭で、一気にクリスマスムードが高まってきました^^;(やっと?^^;)

f0233414_22531166.jpg

これは、軽井沢ではなく、東京で見かけたクリスマスツリー

f0233414_22541586.jpg

都会のクリスマスデコレーションは、クリスマス商戦と密接に関係していることもあってか、
華やかで大がかりなものが多いですね。

安曇野にいると、周りのクリスマス色はあまり濃くないので
都会のクリスマス時季の喧騒と商魂逞しいクリスマス商戦に彩られたデコレーションが
少々懐かしい気もするこの頃です^^

安曇野で迎える2回目のクリスマス。
今年は、どんなクリスマスになるのかな?^^;
(安曇野で、ホワイトクリスマス、期待したいですね^^)
by azumino-macro | 2011-12-02 23:14 | 信州あれこれ
小谷村にある鎌池まで紅葉狩りに足を延ばしたのは、完全に予定外だったため、
お昼には、白馬辺りでお蕎麦でもと思っていたのが、
目的地を変更したため、お昼は小谷で食べることになってしまいました。

小谷村について事前に何も調べていなかったため、
どこにお蕎麦屋さんがあるか、皆目分からず、ウロウロするしかない、と思っていたら^^;

南小谷駅のすぐ近くに、「おたり名産館」という建物を見つけ、
そこに「手打ちそば」の旗が立っていたので、とりあえず入ることにしました^^;

f0233414_21351249.jpg

名産館のスタッフ全員が、地元の女性達(しかもかなり年配のおばちゃん達)で、
店内は、田舎らしいアットホームな雰囲気でゆったりでき、また、おばちゃん達の接客も非常に丁寧で、
これでお蕎麦も美味しければ、リピート間違いなし、というなかなかのお店でした^^;

f0233414_21421162.jpg

お蕎麦は、石臼で蕎麦殻を混ぜて挽いたいわゆる「田舎そば」。

新蕎麦だったためか、味も香りも良く、歯応えといい、のど越しといい、
おばちゃんが打った蕎麦とは思えないほど(ご免なさい!^^;)、レベルの高いお蕎麦でした^^;

普通盛りで650円、大盛りなら850円、というのも
安曇野のお蕎麦の値段に慣れてしまっているせいか^^;お安く感じられて、嬉しいですね^^

f0233414_21491150.jpg

野菜の天ぷらも、このボリュームで500円。
中には名前の分からない葉っぱもありましたが・・・^^;

f0233414_21541332.jpg

帰りに、せっかく遠くまで来たので、温泉に入っていくことにしました。
これまた、ほとんど事前に調べていなかったので^^;
行き当たりばったりに入ったのが、鎌池の近くにあった「雨飾荘

f0233414_21564236.jpg

実は、この雨飾荘の近くに、村営の無料の開放的な露店風呂があるのですが、
男女混浴なのかどうかよく分からなかったので^^;
男女別になっている「雨飾荘」のお風呂に入ることにしました^^;
(混浴風呂というと、今年の春に知らないで入った白骨温泉泡の湯を思い出します^^;)

f0233414_2272473.jpg

泉質は ナトリウム・炭酸水素塩泉で、源泉掛け流しです。
お湯はぬるめ、入っているとお肌がツルツルとしてくる美肌の湯です^^

f0233414_22274629.jpg

紅葉、新蕎麦、温泉、と、日本の秋は、お楽しみがいっぱいで、ホント嬉しいですね^^

紅葉前線は、一日で20m下りるそうなので、今は、1,000m以上の場所が紅葉ですが、
あっという間に里に下りて来て、安曇野が秋色一色に染まる日ももうすぐです^^
by azumino-macro | 2011-10-21 22:40 | そば三昧
今日は、久しぶりにゆっくりゆったり過ごしたいと思い、山麓線の方へ行って、(観光客気分?^^;)
カフェ・ギャラリー縁縁で開催されている「松下英友 パステル画展」を見て来ました。

f0233414_20432517.jpg

いろいろなお店や宿泊施設などが並んでいる山麓線で一番賑やかなこの場所へ
一年半ほど前に移転したというカフェ・ギャラリー縁縁さん。

f0233414_20565666.jpg

今日は、安曇野市生まれ、松本市在住のパステル画家の松下英友さんの個展が開かれていました。

f0233414_21482.jpg

カフェでは、飲み物や軽食、ケーキを頂きながら、
壁に飾られた作品をゆっくりと鑑賞することができます^^

f0233414_20583144.jpg

飾られていたのは、パステルで描かれた安曇野や信州の風景の細密画で、

昔、ボタニカルアート(植物の細密画)を描いていたことがあるので、
一枚一枚のパステル画の息を呑むほどの緻密さに目が釘付けになってしまいました^^;
(額の表面にアクリル板を使っているので、光が反射してしまい、絵が分かり難く申し訳ありません^^;)

f0233414_21235540.jpg

その中で、見たことがあるような風景が描かれている一枚のパステル画が目に留まりました。

これは、枝を切られる前の安曇野の桜の名所、堀金の扇町桜堤の桜を描いた一枚で、
満開の桜と北アルプス、そして満月が描かれていました。

この絵を描いた松下さんにお伺いしたところ、桜堤でこの風景をスケッチをした後、
まもなくして、桜の枝は切られてしまったそうで、この絵に描かれている風景は、
桜堤で咲く満開の桜の最後の姿なのではないかと思い、

もう二度と、安曇野でこの桜と北アルプスのコラボの景色を見ることができないのは、
本当に残念だと言う他ありません。

失われてしまった風景を描いているこの絵は、今ではとても貴重な一枚と言えますね。

f0233414_222485.jpg

カフェの外に出て、ふと気が付くと、カフェの入り口のかえでが真っ赤に色付いていました。

f0233414_21582116.jpg

北アルプスの前山も紅葉が始まったようで、所々木々も色付いています。

今は、1,500m辺りの紅葉が綺麗だそうで、
紅葉前線は、足早に下りてきて、安曇野にもとうとう紅葉の季節が廻って来たようです^^

これからしばらくは、安曇野の美しく色付いた紅葉の風景をあちこちで見ることができるので、
今からとっても楽しみですね^^
by azumino-macro | 2011-10-15 22:33 | 安曇野あれこれ

薬師豆腐 茶房まめ屋

野沢温泉からの帰り道、途中、小布施にあるお豆腐料理のお店
薬師豆腐 茶房まめ屋」でお豆腐料理を頂きました^^

何故、薬師豆腐というのかというと、
浄光寺という国の重要文化財に指定されている薬師堂(室町初期1408年建立)があるお寺の隣に
お店が建っているからのようで、

まめ屋のお豆腐は、大豆をまるごと使っておからも出ないお豆富だそうで、
何でも、お店のご主人が大豆を粉砕する技術を考案したのだとか。

f0233414_22324582.jpg

これだけ聞いただけでも、どんなお豆腐なのか、お味見したくなりますね^^;

f0233414_22581548.jpg

これが、その大豆を丸ごと使っているお豆腐です。黒い方は、胡麻が入った胡麻豆腐。

大豆の甘みが強く、とっても美味しいお豆腐です^^
(今まで食べたお豆腐の中で一番かも?^^;)

f0233414_2312180.jpg

一応コースになっているようで、まめ屋御膳を頂きました。
揚げ豆腐入りサラダ

f0233414_233039.jpg

枝豆入り豆腐しんじょう

f0233414_2345641.jpg

湯葉春巻き

f0233414_2361893.jpg

豆腐ステーキ 豆乳ソース

f0233414_2373069.jpg

五平餅、味噌汁、漬物

f0233414_2383645.jpg

デザートは、豆乳プリンと豆乳アイス

どのお料理も丁寧に作られていて、味も盛り付けも申し分のないお豆腐料理の一品一品に
大満足しながら頂いたのでした^^

f0233414_23152433.jpg

野沢温泉から須坂、小布施と長野盆地(善光寺平)をゆっくりと車を走らせていると、
どことなく安曇野ののどかな雰囲気と似ている風景が広がっているのが、何とも信州らしい、
というのが、初めて北信地域に足を踏み入れた感想です^^

安曇野を流れる犀川が長野市で千曲川に合流し、
信濃川となって日本海へ流れ込んでいることは周知のことですが、
いつかこの信濃川に沿って、旅をしてみたいと、
車窓の風景を眺めながら、思ったのでした^^
by azumino-macro | 2011-10-06 23:34 | スローフード
クシ・マクロビオティックスの創始者、久司道夫先生の講演会が
東京、神保町の日本教育会館で行われました。

講演の前に、久しぶりにクシ・ガーデンに行き、
マクロビオティックのランチプレートを頂きました^^

f0233414_2237225.jpg

大豆タンパクのプルコギ風というお惣菜が、とても美味しかったです^^

f0233414_22382152.jpg

講演会では、「日本から世界へ、世界から日本へ」という題目で、
途中15分の休憩を挟んで、2時間半、久司先生お得意のユーモアを交えながら
マクロビオティックや現代の私達を取り巻く諸問題について、
内容の濃いお話をお聞きすることが出来ました。

特に心に残ったことは、
福島第一原発の事故後の、私達の心の在り方について、大きな指針を示して下さったことです。

起こったことについて、またこれからどんなことが起こるか、についてあれこれ悲観することがないように。
心の震災に陥ることがないように、との久司先生のお言葉は、心に響きました。

人間としての生存、意識、自由を確保するために、
マクロビオティックによって、判断力を高め、その時、その時の危機を切り抜けていくこと。

そして、放射能汚染などの緊急時に於けるマクロビオティック食事法のガイドラインを
新たに示して下さったことは、これからの時代を生きていく上で、大変有意義だったと思います。

f0233414_2252478.jpg

講演会の後は、久しぶりにお会いした地和子先生や先生の生徒さん達と一緒に、
インストラクター仲間のKさんが働いている「おむすび茶屋めだかの学校」へ行きました。

f0233414_2258813.jpg

神田神保町にある「おむすび茶屋」のお米は自然耕米、
すべての食材が農薬・化学肥料不使用。
誰がどのように作ったかわかる顔の見える素材を使っているそうで、
元気が出るおむすびとお惣菜とお味噌汁のセットを頂くことができます。
(もちろん、テイクアウトも出来ます)

f0233414_2305988.jpg

今日は定休日だというのに、私達のために朝早くから準備をして、
お店を開けてくれたKさんに感謝です!^^

f0233414_2344686.jpg

玄米がとても美味しかった!^^
Kさんの気がいっぱい入ったおにぎり。

お昼時は、近所のOLさん達で大人気だそうで、納得です^^
おにぎり一つで、こんなに人を元気に幸せにできるって、素晴らしいことですね!^^

久しぶりにお会いする地和子先生やKIIXの仲間とマクロビオティックスについて楽しく語らいながら、
朝からマクロビオティック漬けになった一日は、あっという間に過ぎて行ったのでした^^;

f0233414_23125039.jpg

最後に、久司先生の新しい本が出版されました。

「10代からのマクロビオティックス」

男女問わず、初心者向けに、マクロビオティックスを易しく分かりやすく解説した一冊です。

高校生の娘に是非読んでもらいたいと思い、購入しました。
マクロビオティックって???という方には、最適な入門書だと思います。

このような時代だからこそ、是非一人でも多くの若い人達に、読んで頂きたい一冊です^^
by azumino-macro | 2011-10-01 23:26 | Macrobiotic
安曇野マクロビオティック・キッチンですでに基礎コースを終了されて
今は、季節の応用コースを受講してくれている生徒さんの内のお二人が
(このお二人と私は、安曇野に移住してきた時期が近く、不思議なご縁を感じています^^;)

初めて安曇野で他の11人の女性と手作りグッズの2days shopを開くというので、
会場であるCafe Angelさんへ行ってきました^^

f0233414_2227525.jpg

2days shopの名は、「r147-2f」
「r」は、ルート、つまり国道、「r147」は国道147号線のことだそうで、
「2f」は、2 floor 2階のことだそうで、

これだけだと、よくわかりませんが^^;

f0233414_22292879.jpg

会場である「Cafe Angel」さんが、国道147号線沿いのある建物の2階にあるから、だそうで^^;
言われてみて、やっと納得したのでした^^;

f0233414_22314925.jpg

店内に入ると、ぎっしりと13人の手仕事の作品が集まっていました^^

f0233414_22344766.jpg

アクセサリーあり、

f0233414_22362457.jpg

かわいいフェルトの小物あり、(羊さんがカワイイ!)

f0233414_223823.jpg

手作りパンや

f0233414_22381858.jpg

手作りジャム

f0233414_22395715.jpg

ヘアーバンド

f0233414_22404693.jpg

ユニークなストラップから小さな置物

f0233414_22412975.jpg

木工細工の小物 など
13人の個性的で手作りの感性豊かな作品が揃っていました^^

f0233414_224514100.jpg

子育てしながら、忙しい毎日の中で時間を作り、
一つ一つ丁寧に手作りされた作品の持つ温かな温もりが、じ~んと伝わってきて、
13人の若い作家さん達のしなやかな感性が、眩しいくらいに光って見えました^^

f0233414_0144740.jpg

安曇野でこういうイベントやショップが増えてくれると、
「安曇野スタイル」のように、また新たな安曇野の魅力の発信源となるかもしれませんね^^

(Kさん、Nさん、お疲れ様~ 素敵な作品ありがとう!^^)
by azumino-macro | 2011-09-19 23:06 | 日々のあれこれ