安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro
いつも看板の横を通る度に、気になっていた池田町にあるパン屋さん、bunga(ぶんが)

f0233414_23501789.jpg

しぜん酵母といい、石窯といい、こだわりのパン屋さん、のようで、
その「こだわり」について、ご主人にいろいろお話を伺うことが出来ました^^v

f0233414_0341270.jpg

なんでも、いろいろこだわっていたら、この石窯もご主人自ら、手造りしてしまったそうで@@;
楽しみながらパン作りをされているのが、gungaさんらしい、と言えそうですね^^;

f0233414_23563618.jpg

パンを焼く前に予め薪を燃やしておき、その後薪は外に出して、熱くなった窯の中に
成型したパンを入れ、余熱で一気に焼き上げるのだそうです。

全ての作業をマニュアルでやるので、日々変化があり、それがまた面白い、と
楽しそうにお話して下さいました^^

f0233414_23594677.jpg

パンは、強力粉と中力粉をブレンドして使っているそうで、
ハード系のものが多いですが、粉の味がしっかりして、
噛み締めるほどに小麦の甘みが感じられます。

f0233414_021583.jpg

bungaさんのこだわり

f0233414_023218.jpg

地産地消、マクロビオティックに通じるものがありますね^^

f0233414_085637.jpg

池田町から見える北アルプスの雄大な風景の中で、
ゆったりとした時間をかけて焼き上げるbungaさんのパンをゆっくりと噛みながら、
自然の恵みと味わいをじっくりと楽しんでみて下さいね。
by azumino-macro | 2011-06-17 23:46 | スローフード
昨日、今日と松本市のあがたの森公園で、クラフトフェアまつもと2011が開催されました。

前もって天気予報で、台風2号の影響で梅雨前線が刺激されて
日曜日は、全国的に大雨になるということは知ってはいましたが、

土曜日は、午前中に少しおぐらやま農場に顔を出し、
午後には、あづみの農業塾の「さつまいもの植え付け」の実習があり、
そちらに参加したので、涙を呑んでクラフトフェアは諦めたのでした^^;
(さつまいもの植え付け作業に関しては、後日UPいたします^^)

もちろん、今日は、朝から雨、どしゃ降りに近い状態@@;

昨年も行きたいと思いながらも都合が悪く、行くことができなかったこともあり、
雨天決行だそうで、雨が小雨になることを願って、行ってみることに^^;

f0233414_21255325.jpg

ひえぇ~!!
途中で見た松本市内を流れている、普段は穏やかで水量も少ない女鳥羽川の濁流のすごさにびっくり!@@;
(台風が接近しているのですから、当たり前ですかね?^^;)

果たして、会場のあがたの森公園は大丈夫でしょうか?^^;

f0233414_23391639.jpg

そんな心配は無用でした!
雨のせいで人が少なくて、せっかくのイベントが台無し、どころか、
この大雨の中、沢山の来場者で会場は賑わっていました!^^;

f0233414_21474237.jpg

雨合羽は着ていたものの、駐車場から徒歩で会場に到着した時には、
かなりのずぶ濡れ状態で、内心、気分はかなり凹気味^^;

f0233414_21481984.jpg

同じ様な状態だったにも拘らず、雨にぬれることなどお構いなしに
熱心に会場を見て回っている来場者の方々は、
本当に心からこのクラフトフェアまつもとを楽しみにしていたのでしょうね^^;

f0233414_21485624.jpg

せっかくこんな思いまでして来たのですから、気を取り直して、
ひとつひとつ、ゆっくりと(という訳にもいきませんが・・・^^;)見ていきましょう^^

f0233414_21492425.jpg

出展には、陶磁器あり

f0233414_2149591.jpg

ガラスあり

f0233414_21505952.jpg

小物から

f0233414_2152931.jpg

食器

f0233414_21524665.jpg

木製食器もありました。

f0233414_21533934.jpg

雨の中の展示にも拘らず、展示の仕方に、作家さん達の意欲が伝わってきますね^^

f0233414_21542446.jpg

ユニークな作品を見ながら、

f0233414_21561558.jpg

その作家さんの個性や感性を感じる瞬間、

f0233414_2204629.jpg

こんなお天気でしたが、来てよかったと思えますね^^

f0233414_2221292.jpg

全国から出展しに集まった作家さんは、280人以上にものぼり@@;

f0233414_223157.jpg

クラフトフェアまつもとは、今年で27回目を迎えるそうで、

f0233414_2234315.jpg

年々、盛況になっているようです^^

f0233414_2242336.jpg

「創作のエネルギーは世界を変える」

f0233414_2245514.jpg

ここでしか出会えないひとつひとつの作品を

f0233414_2255037.jpg

ゆっくりと、じっくりと見て、気に入ったものを購入する。

f0233414_2262494.jpg

作家さんから作品について、直接お話しを伺えることで、

f0233414_229997.jpg

作品に対する理解も深まりますね^^

f0233414_22102423.jpg

お腹が空いたなぁーと思ったら、天然酵母のパンのお店もありました^^
「きんぴら工房」さんは、塩尻市から

f0233414_2211635.jpg

「きなじ」さんは、飯綱町からの出店です。

f0233414_22115741.jpg

蚕の繭から、生糸を紡ぐ実演もありました。

f0233414_22121621.jpg

そーいえば、一瞬でしたが、そんな場面がありましたね^^

f0233414_2213192.jpg

よ~く目を凝らして見ないと、見えないほどの細さでした。
(最初は、生糸が見えず、何をやっているのかわかりませんでした^^;)

f0233414_11345457.jpg

繭玉を熱湯で茹でながら、繊維になる糸を機械にひっかけて、紡いでいきます。

f0233414_11364210.jpg

紡ぎ終わった繭玉は、これです^^;
昔は、養蚕農家は、「お蚕様」と言って、蚕を非常に大切にしたそうです。

この1個の繭から800m~1,200mもの絹が採れるそうで、びっくりですね!@@;

f0233414_2145213.jpg

雨の降りはますます激しくなってきて、会場は泥海状態でしたが、
次々やって来る来場者は、雨の事などお構いなしに作品を楽しんでいました。

所々、こんな水たまりができていて、出展されている作家さん達もこの雨の中、
大変だったことでしょう^^;
(作品を見ようとお店に近づきたくても、近づけませんし、作品も濡れてしまっていましたし・・^^;)

f0233414_2334411.jpg

雨であろうが、台風が来ようが、作品を展示しれくれた作家さんの熱意にも頭が下がりますが、
雨に濡れながらも作品を見て、触って、楽しんだ来場者も負けず劣らず熱心ですね^^;(私も?^^;)

雨靴でなかったので、足元からびしょ濡れになってしまい、体は冷たくなってしまいましたが、
数々の素敵な作品に出会えて、心は、とってもホットになりました^^v

来年は、良いお天気であって欲しいですね^^
by azumino-macro | 2011-05-29 20:58 | 信州あれこれ

そば工房 林檎舎

今日は、お天気予報では、終日雨の予定でしたが、
雨は日中は降らず、夕方から降り始めました。

梅雨入りした安曇野は、終日どんよりした厚い雲が垂れ込め
北アルプスは全く見えませんでした。

こういうお天気が続くとブログネタに困りますね^^;

という訳ではありませんが^^;
先週、白馬へ遊びに行った時に立ち寄ったお蕎麦屋さんについてUPしておこうと思います。

(最近、お蕎麦屋さんのUPがありませんが、相変わらずお蕎麦屋さん巡りは続いていまして^^;
 「信州安曇野そばまっぷ」に掲載されているお蕎麦屋さん58店の内3/4は制覇しました!^^v)

f0233414_2338035.jpg

立ち寄ったお蕎麦屋さんは、白馬界隈では美味しいと評判の「そば工房 林檎舎」。

白馬八方尾根スキー場の旅館街、ゴンドラ乗り場近くにお店はあります。
(写真中央に見えているのは、スキー場、左下に見えるのは、ジャンプ台です)

f0233414_23432962.jpg

林檎舎は、蕎麦打ち体験や宿泊もできるユニークなお蕎麦屋さんです。

白馬方面は、安曇野に比べるとお蕎麦屋さんの数は少ないですが、
信州全域が蕎麦処ですから、「そば工房 林檎舎」の蕎麦にも期待して、暖簾をくぐりましょう!^^

f0233414_23503894.jpg

メニューには、手打ち蕎麦以外にも、そばがき、揚げそばがき、蕎麦豆腐など、
蕎麦料理も豊富に並んでいました。

お通しで出された揚げ蕎麦。
パリパリとスナック代わりに食べられますね^^
おつまみに最高です^^

f0233414_23552456.jpg

珍しかったので、蕎麦豆腐を頼んでみました。
ほんのり蕎麦の味がするお豆腐(やっぱり?)でした^^;

f0233414_23584143.jpg

頼んだのは、辛味大根のおろし汁のおしぼり汁と普通のそば汁、
そしてくるみだれの3種類のつけ汁がついた「そば三昧」(あれ?カテゴリー名と同じですね^^;)

f0233414_041578.jpg

お蕎麦は、細めですが、しっかりと歯ごたえがあり、蕎麦の香りもして
これで大盛りだそうですが、あっという間に平らげてしまいました!

林檎舎のHPによると、今公開されている北アルプスが舞台の映画「岳」に出演の
小栗旬さんや長澤まさみさんも食べに来られたそうで@@、
どうせなら、もう少し前に来ればヨカッタ~^^;
(個人的には、小栗旬さんの実物には会ってみたいですねぇー?^^;)

f0233414_0115964.jpg

白馬大雪渓に源を発する松川と五竜岳、唐松岳、白馬鑓ヶ岳の雄大な景色

梅雨入りしてしまったことで、しばらくこのような絶景は見られなくなりますが、
北アルプスが見られなくて寂しくなったら、「岳」を観て、
しばし銀幕の北アルプスで我慢することにいたしましょう?^^;
by azumino-macro | 2011-05-28 23:15 | そば三昧
最近立ち寄ったお店で、とてもお洒落で好印象だった
イタリアンレストランのトラットリア プルチーノ
(昨年の10月にオープンしたそうです)

f0233414_22472962.jpg

近くに大きなスーパーがあるにも拘らず、お店の周辺は静かな田園風景が広がり、
店内からは、西に大きく開いた窓から真正面に常念岳を見ることができます。

f0233414_22513245.jpg

すでに多くの女性客で賑わっていたため、店内の写真は撮れませんでした^^;
洗練されたインテリアのセンスも抜群ですね^^

f0233414_22514270.jpg

何気ない時計も、とてもお洒落で、お店の雰囲気とぴったりです。
女性客に人気の理由が、わかろうというものです^^;

f0233414_22584688.jpg

ランチメニューは、パスタランチとピザランチがあり、数種類の中から、選びます。

最初に運ばれてきたサラダ。
まずは、この赤いお皿に目を奪われました^^;
綺麗に盛り付けられたサラダのグリーンと赤いお皿の色合いがイタリアンカラーを連想させます。

f0233414_232259.jpg

そして、自家製のフォカッチャが付きます。

f0233414_2341250.jpg

アンチョビとキャベツのパパロンチーノを頼みました。

f0233414_2311370.jpg

食後は、紅茶かコーヒーまたは、その他の飲み物が付きます。

ティーカップもスプーンもとってもお洒落ですね^^
女性には嬉しい小さな焼き菓子付き。

f0233414_23143994.jpg

そして、何より気に入ったのは、このシュガーポットとミルクポット!
こんなにかわいいシュガーポットとミルクポットで提供されたのは、初めてです^^

f0233414_2316484.jpg

一見外観は、何のお店?というような雰囲気でしたが、
店内は、とても洗練された雰囲気のレストランでした。

安曇野に、こんな素敵なレストランがまたひとつ増えてくれて、嬉しいですね^^

お洒落で落ち着いた店内から北アルプスの美しい景色を眺めながら、
美味しいイタリアンを頂くことができるなんて、安曇野ならではのお楽しみです^^

場所は、ベイシア近く、メガネの弐萬圓堂の裏になります。水曜日定休。
by azumino-macro | 2011-05-17 22:32 | 安曇野あれこれ

おひさま御膳

NHKの朝ドラ「おひさま」の放送を記念して、
今安曇野では、安曇野の各飲食店の協力のもと、
安曇野の特産素材を盛り込んだ「おひさま御膳」という特別メニューを
期間限定で提供しています。

f0233414_22574770.jpg

おひさま御膳を頂けるお店は、この旗が目印です^^

「おひさま御膳」とは、一汁三菜を基本に、和洋中問わず、
主食、主菜、副菜、汁物、デザートのうち2つ以上を組み合わせ、
「そば」素材と地元特産素材を盛り込んだメニューだそうで、
安曇野市内の55店舗で食べることができます。

f0233414_230473.jpg

そして、各お店のそれぞれ特色ある「おひさま御膳」の詳細な内容が掲載された
便利な「おひさま御膳マップ」も作られました。
(おひさま御膳マップは、安曇野市内のコンビニなどに置いてあります)

f0233414_2362735.jpg

安曇野の特産品を使った工夫を凝らしたお料理で、期間限定というのですから、
マップを見ながら、一度は食べてみたい!ということになり・・・?^^;

特に気になるメニューのお店に行ってみることにしました^^

f0233414_23104162.jpg

これは、「かあさんのおむすびの店」として人気のある
「道の駅堀金物産センター」の「おひさま御膳」です。

メニューの内容は、とろろ十割そば(十割という所が凄いですね^^;)
黒豆ときびのごはん(黒豆は、安曇野ブランドの信濃黒という黒豆を使っています)
信州サーモンと地元野菜の天ぷら
(信州サーモンは、今安曇野が売り出しているニジマスとブラウントラウトを掛け合わせた川魚です)
漬物、サラダ、黒豆のゼリー

これで800円とは、嬉しいですね^^

安曇野の特産品としては、蕎麦、山芋、黒豆(信濃黒)、信州サーモン、などが使われています。

f0233414_23232355.jpg

そして、これは、「安曇野蝶ヶ岳温泉ほりでーゆ四季の郷」の「レストラン四季」の
「おひさま御膳」です。

メニューは、そばご飯(そばの実を炊き込んだご飯で、おにぎりになっていました)
そばコロッケ、そば寿司天ぷら、山菜天ぷら(フキノトウ、タラの芽 など)
信州サーモンのお刺身
わさび菜のお浸し、野沢菜
トマトのレモン煮、りんご蜜煮

f0233414_013455.jpg

そして、ひっつみ汁の小鍋仕立て

「ひっつみ汁」は、今年2月に開催された穂高あめ市の時に
B級グルメに参戦する郷土料理として紹介されていた「つみっこ汁」とそっくりで、
(両者は同じ?)平たいそばがきや大根などの野菜が入ったけんちん汁に似た汁物です。

f0233414_2333051.jpg

こちらも、盛り沢山な内容で、食べ切れないほど^^;

安曇野の特産品としては、
そば、山菜(フキノトウ、タラの芽、松本ねぎ)、信州サーモン、
わさび菜、りんご などが使われていました。

1,260円でこのお料理内容とこのボリュームなら、大満足ですね^^

「おひさま御膳」は期間限定だそうですが、
いつまでお店で食べることが出来るのかは不明です。

(少なくとも、「おひさま」放送中は、大丈夫だと思います^^)

安曇野の特産素材を使い、各お店が趣向を凝らした郷土色豊かなお料理を
是非、安曇野で味わってみて下さいね^^
by azumino-macro | 2011-05-12 22:46 | スローフード
冬期休業していたギャラリーシュタイネさんが、
今年初めての企画展を今月の15日から開催しているというので、
久しぶりに訪ねてきました。

f0233414_20541525.jpg

松原幸子さんのglass works 「本棚と引出し」
どんな作品が展示されているのか、入り口からワクワクしますね^^

f0233414_20542971.jpg

約4か月ぶりに訪ねるギャラリーシュタイネさんですが、
ハテ??どこかが何かが、変わった?

f0233414_2055788.jpg

一体どこが変わったかというと・・・・。

f0233414_2123619.jpg


f0233414_213291.jpg


f0233414_213161.jpg


f0233414_2133171.jpg


f0233414_2134735.jpg


f0233414_214198.jpg


f0233414_2141665.jpg


f0233414_2143650.jpg

気が付くと、いままで使われていなかった小部屋が展示スペースになり、
展示室が一部屋増えていました。

f0233414_2145676.jpg

そして、さらに・・・・・。

f0233414_21133943.jpg

ギャラリー内で、お茶ができるようになりました!

以前にウッドデッキだったスペースが、
コーヒーと紅茶を頂くことができるティールームとして生まれ変わっていました^^
(どんなスペースに生まれ変わったかは、ご自身の目で確かめてみて下さいね)

f0233414_210440.jpg

ティーとコーヒーのそれぞれの銘柄は、その時の展示会の内容や雰囲気に合わせて、
オーナーご夫妻がチョイスされたものをご用意して下さるそうで、
毎回違うということでした。

今回のティーのフレイバーは、ティーなのに、
アイリッシュコーヒー(コーヒー、ウイスキー、砂糖、生クリームカカオ)
のような独特の香りと味がしました。

個性的で素敵なセンスに溢れた作品を鑑賞した後、
大きなガラス窓の向こうに広がる安曇野の森を眺めながら、
お洒落で落ち着いたカフェでの一休みもまた
心安らぐ安曇野の楽しみ方の一つとなりそうですね^^
by azumino-macro | 2011-04-24 21:48 | 安曇野あれこれ

唐沢そば集落 水舎

今日の安曇野の最低気温ー2.4℃、最高気温6.8℃、
これは、平年並みの気温だそうですが、一日曇天の
夕方には時折雪がぱらつく、何だかなぁーというお天気でした^^;
(北アルプスは、すっかり雪雲の中に身を潜めてしまっています^^;)

そう言えば、最近、「蕎麦」の話題をUPしていませんでしたが、
「蕎麦屋巡り」は、性懲りもなく続いていまして^^;

今日は、以前にもご紹介したことのある山形村の「唐沢そば集落」にある
数あるお蕎麦屋さんの内のひとつ、「水舎」をご紹介します^^

f0233414_2351813.jpg

地図によると、唐沢集落の一番奥にある蕎麦屋ということでしたが、
一番奥にあったのは、民宿の「弁天荘」で、周囲には蕎麦屋らしきお店は他になく、

一瞬道を間違えたかと思いましたが、この弁天荘にかかっている暖簾をよく見ると、
小さく「水舎」とあり、一見わかりにくいですが、ここが、目的の蕎麦処「水舎」でした^^;

f0233414_2358653.jpg

店内は、宿泊もできるということで、大広間のような座敷でお蕎麦を頂きます。

f0233414_025611.jpg

蕎麦を盛るのに、戸隠蕎麦で有名な戸隠村では、
根曲がり竹で作ったざるを食器として用いたため、「ざるそば」と言われたそうですが、

ここ唐沢では、身近な食器であった皿を用いて、「皿そば」として提供していたそうで、
今でもその名残りがあります。

全国的に、根曲がり竹のざるを使わなくても、「ざるそば」と言いますが、
蕎麦の雑学として、とても興味深い話ですね^^

f0233414_032974.jpg

お蕎麦は、地元産の玄蕎麦を用い、毎日石臼にて挽いているという一切つなぎなしの、
挽きぐるみ蕎麦粉100%の生粉(きこ)打ち蕎麦だそうで、
さすが、こだわりの蕎麦だけあって、ほんのり甘い蕎麦の味がしました^^

f0233414_1284949.jpg

唐沢集落は、松本市の西側の高台にあるので、松本平方面がよく見えます。

今月末から始まるNHKの朝の連ドラ「おひさま」では、
松本のお蕎麦屋さんが舞台となっているそうですが、

蕎麦好きとしては、お蕎麦の話題がどれほどドラマに盛り込まれているのか、
今からとっても楽しみです^^
by azumino-macro | 2011-03-09 23:38 | そば三昧
今週のお天気は、先週とうって変わって、昨日も今日も雨^^;

そんなお天気の中、以前から気になっていた三郷小倉にある古民家を利用して、
農業体験などのユニークなコンセプトで運営されている宿泊施設「安曇野地球宿」において、
2月14日(月)~3月6日(日)の期間限定で、カフェ「てんとうむし食堂」が
オープンしているというので、行って来ました^^

f0233414_23563024.jpg

建物は、大正時代の農家を、宿主の増田さんとお友達が改装したものだそうで、
宿というより、普通の農家に上がって、お食事をいただく感じ、ですかね^^

f0233414_065519.jpg

中に入ると、いきなり、熱唱する男性が!@@;

歌っていたのは、池田町出身のシンガーソングライターの清水靖彦さんで、
お料理を待っている間に、オリジナルソングをご披露して下さっていたのだそうで^^;
このように、みなさん、お客と言うより、この空間をいろいろな人とのコミュニケーションの場として
自由に使って楽しんでいらっしゃる方が多いようでした^^

f0233414_074977.jpg

頼んだのは、メインが野菜つくねの野菜定食
マクロビオティックではありませんが、すべて野菜料理なので嬉しいです^^

f0233414_0111992.jpg

ご飯は、玄米の入った雑穀米でした。

運ばれてきたお料理をコタツの中に入って頂くのも、アットホームな感じで楽しいですね^^

f0233414_03537100.jpg

この地球宿を中心に、集まってくる人々がコミュニティーを創り上げているんでしょうね^^
初めて訪れた人でも、コタツを囲んで、自然と会話が始まる、という不思議な空間。

普段は宿泊所ですが、宿泊しない人でも、参加できるイベントも開催されるようなので、
またふらっと立ち寄ってみたいと思いました^^

f0233414_0362917.jpg

外に出ると、みぞれ交じりの雨が降っていました。
ピンク色のネコヤナギ、とってもカワイイですね^^初めて見ました。

このところ、暖かい日が続いていましたが、
そのまま春になると思ったら、考えが甘かったようで^^;
今日は、本格的な雪ではありませんが、氷雨でした。

この時季、三寒四温とはよく言ったもの。
寒かったり、暖かかったり・・・お天気に左右される毎日ですね。
明日は晴れるといいな~^^;
by azumino-macro | 2011-03-01 23:43 | 安曇野あれこれ
1年ほど前に地和子先生が台湾で食べられた素食というお料理についての
いろいろ楽しいお話をお聞きしてからと言うもの、

この世に素食なるものがあることすら知らなかった私は^^;
それからというもの、一度でいいから素食を食べてみたいと
ず~とず~と、思っていたのでした^^b

素食は「そしょく」ではなく、「スーシー」と読みます^^
台湾の菜食主義料理で、元来は宗教的な理由で食べられていた精進料理だそうで、
中国語で「菜食」を指し、「質素な料理」という意味ではありません(念のため)^^;

f0233414_23301324.jpg

その本場台湾さながらの素食を食べられるということで、立川にある「健福」へ行って来ました^^
(立川と国立にあるそうですが、立川店が3月いっぱいで閉店になるということで、
今回急遽、その前に、食べに行くことにしたのでした^^;)

マクロビオティックを始めてから、こんな本格的な中華料理屋さんに入るのは、久しぶりです^^;

f0233414_23344882.jpg

中華料理と言っても、素食は、仏教で食べることが禁じられている
三厭(天厭:空を飛ぶ鳥・鶏など、地厭:地を這う牛・豚など、水厭:水中の魚介類)、
そして、五葷(ネギ、ニラ、ニンニク、ラッキョウ、アサツキ)を一切使わないそうで、

肉だけでなく動物由来の油、卵、乳製品も一切使わず、
出汁にも肉や魚介類を一切使っていない、という徹底振り!@@

日本の精進料理は素食から来ているようで、違いは、素食はあくまで中華料理で、
精進料理は、日本料理、ということでしょうか?^^;

マクロビアンには、動物性なしということで、嬉しい限りのお料理ですが、
お砂糖は、三温糖を使っている所が、マクロビオティックとちょっと違いますね^^;

f0233414_022313.jpg

前置きが、長くなりましたが(いつも長くてスミマセン^^;)
今回は初めてということで、コース料理を頼み、
少量ずつ、いろいろなお料理を食べてみることにしました^^

まず出てきたのが、前菜(焼き豚風大豆タンパク、いかもどきと春雨のサラダ、カシューナッツ)
この焼き豚風の大豆タンパクは、本物のお肉そっくりの味と食感で、ビックリ!@@;
言われなければ、絶対にわからないほど、お肉そっくりでした!
(どーやって、そっくりの味と食感を作り出しているのか、驚くばかりです!^^;)

f0233414_23472925.jpg

ヤマイモと大豆鶏肉風のうま煮
これも鶏肉だんごにそっくりの大豆タンパクです^^;

f0233414_2349811.jpg

揚物の盛り合わせ(チキンナゲット風と鳥の唐揚げ風)
その二つも、言われなければ、絶対にお肉、でしょう!^^;

f0233414_23511195.jpg

ゆば鰻風の蒸し料理
この鰻もどきは、本物そっくり!
絶対にわかりません。というより、本物の鰻より美味しいかも?!^^;

f0233414_23533432.jpg

もやしと椎茸とセロリの炒め煮

f0233414_23551640.jpg

アスパラガスのクリーム煮

f0233414_23555322.jpg

山百合の蕾となつめの炒め物
山百合の蕾は、高級食材だそうで、初めて食べるお味でした^^

f0233414_034311.jpg

焼き麺の野菜あんかけ

f0233414_01291.jpg

薬膳:漢方スープ鍋
スープのベースは植物性なので、とても飲み易く、美味しいスープでした^^

f0233414_0244951.jpg

デザートは杏仁豆腐

動物性は使っていなくても、どのお料理も味も見た目も本格的中華で、驚きの連続でした!^^;
久しぶりに中華料理をお腹一杯食べました^^(イエ、食べ過ぎました~!^^;)

台湾には、ベジタリアンが人口の約1割もいるそうで、インドに次ぐ第2位だそうですが、
この素食は、今密かなブームになっていて、素食専門のレストランも沢山あるそうです^^

そして、お料理の種類もハンパでないほどあるそうで、食べきれないそうです!^^
(中でも、ベジタリアン仕様のハーゲンダッツのアイスクリームがあると聞いたのですが、
 一体どんなお味なんでしょうねぇ~?^^;)

今回素食を食べてみて、ますます、台湾へ行ってみたくなってしまいました!^^;
(素食食べ歩きツアー、いいですねぇ~^^)
by azumino-macro | 2011-02-28 23:23 | スローフード

冬の中山高原

久しぶりに晴れて青空となった先週の金曜日、
春には一面の菜の花で黄色く染まり、晩夏にはそばの花で一面真っ白だった
中山高原の冬景色を見に、公道には雪がついていなかったので、行ってみることに^^

f0233414_21403050.jpg

元はスキー場だった所だけあって、この通り、雪で真っ白です^^

f0233414_21504451.jpg

菜の花畑蕎麦畑も綺麗でしたが、雪景色もいいですね^^
広い草原なので、クロスカントリーやスノーシューの跡が沢山ついていました^^

f0233414_21583845.jpg

こんな何気ない風景も、まるで一枚の絵葉書を見ているかのようです^^

f0233414_2229369.jpg

雪で真っ白になった北アルプスも、極寒の季節の厳しさを物語っています。

f0233414_21511859.jpg

撮影中、体が冷え切ってこごえそうになったので、すぐ近くにある
美麻珈琲」でお茶を頂こうと立ち寄ることに^^

f0233414_21535353.jpg

唐松林の中にひっそりと建っている外国の山小屋風の建物が、美麻珈琲さんです^^

ここでは、毎日良質な豆だけをハンドピッキングで選別し、オーダーを受けてから、
煎って、挽いて、いれて下さるという文字通りの「いれたて」の珈琲を頂くことができます^^

苦味や酸味などの癖がないまろやかな味なので(ブラックでもほのかな甘みがあります^^)、
珈琲が苦手でほとんど飲まない私でも、飲んで美味しいと感じる珈琲です^^

f0233414_215429100.jpg

が、残念ながら、1月末までお店は休業だそうで@@;
楽しみにしていた温かい珈琲はいただくことができませんでした!^^;

残念でしたが、この辺では、お店が冬季休業で長期間お休みなのはよくあることなので、
またの機会に訪れることにいたしましょう^^
by azumino-macro | 2011-01-30 23:15 | 信州あれこれ