安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

タグ:お祭り・イベント ( 96 ) タグの人気記事

大久保地和子先生講演会

3月17日(土)に、茨城県取手市より大久保地和子先生をお招きしまして、
「放射能対策の食事」というテーマのもと、講演会を開催しました。

f0233414_22334559.jpg

場所は、いつもお世話になっている「sabouしがむすびや」さん

f0233414_22403585.jpg

むすびやさんの持つ落ち着いた雰囲気の中で、

大久保先生の放射能対策を中心にした貴重なお話を伺うことが出来、
みなさん、熱心にメモを取りながら、またしきりに頷きながら、
大変有意義なお話を伺うことが出来、このような場を共有できたことがとても嬉しかったです。

遠い所から駆けつけて下さった方もいて、大変有り難く、この場をお借りしまして御礼申し上げます。

f0233414_22443573.jpg

写真を撮り忘れてしまったので、講演会の写真はありませんが、
何故か、食事の写真だけは、ばっちりと撮りました^^;

むすびやさんのランチの写真です。

f0233414_22505760.jpg

これは、特別に、佐久市でマクロビオティックのお菓子&天然酵母パンの工房を開いている
yukiiro」さんに作って頂いた「豆乳かぼちゃプリン」です。

上のソースは、よもぎソース、カワイイ星形クッキーは、ほのかに苺の味がしました^^

美味しくて、あっという間に食べてしまいました^^;
yukiiroさん、美味しいデザートありがとうございました!

f0233414_22552312.jpg

そして、講演会が終わり、インストラクター仲間6人で、午後18時より開始の「歓迎会」のため
むすびやさんの厨房をお借りして、マクロビオティックの御夕飯を作りました。

どれもマクロビオティックの基本食ばかりですが、
それでも、これだけ揃うと、ちょっとしたパーティーの雰囲気ですね^^

f0233414_22574988.jpg

夕飯の用意に時間がかかってしまった関係で、大幅に開始時間が遅くなり、
多くの方に、ご迷惑をお掛けしてしまいましたが、(本当に申し訳ありません^^:)

ミニライアーコンサートの始まり、始まり、です^^

長野市よりお越し頂きました「春の小川」さんと「ほっしゃどん」さんの魂に語りかけるような
ライアーの透き通った音色に、みなさん、目を閉じ、じっと聞き入っていました^^

f0233414_2331131.jpg

そして、ライアー製作者であり奏者でもあるワームウッド8さんの独創的な調べ。

(本当は、一番最初に私が前座で演奏したのですが、
拙い演奏で、大変ご迷惑をお掛けしてしまいました^^;
 練習を始めて半年余り、人前で演奏するにはまだまだの段階ですが、
 これをきっかけに、もう少し練習に精進しようと心を新たにした次第です^^;)

f0233414_23144631.jpg

美しいライアーの響きにうっとりした後は、お楽しみの夕食会!

f0233414_23133541.jpg

参加者全員で、先生の歓迎会+お誕生日会をお祝い致しました^^

f0233414_23211312.jpg

数か月前から準備していた大久保地和子先生の講演会ですが、
準備不足から、多くの方々にご迷惑をお掛けしてしまい、
反省すべき点が多々ありましたこと、心からお詫び申し上げます。

取り敢えず、参加者の皆さんには、大変楽しく有意義であった旨の感想を頂きまして、
主催者としては、ほっとしている所です。

場所を提供して下さったむすびやさん、スタッフのみんさん、
そして講演会にご参加頂きましたみなさん、
応援に駆け付けてくれたマクロビオティックの友人たち。

f0233414_23311051.jpg

これら多くの方々の支えがあって、初めて主催させて頂きました講演会を無事終了できましたこと、
心より御礼申し上げます。

ありがとうございました!
by azumino-macro | 2012-03-18 23:32 | Macrobiotic

講演会の広報活動

昨日は、またもや上雪が降り、窓の外は真っ白な朝^^;
ところが、今日は一転して、気温が最高16.6℃まで上がり、ポカポカ陽気の一日となり@@;
この所のお天気の移り変わりは、予想以上に激しいです^^;

そんな破天荒なお天気も物ともせず^^;
3月17日に開催を予定している大久保地和子先生の講演会への参加者を募るため、
このところ、いろいろ場所に出向いては、ちらしを置いて頂くという広報活動をしています。

f0233414_21151551.jpg

今日は、岡谷市にある自然食品のお店Cambioに行ってきました^^;
(岡谷までは、ちょっと遠かったぁ~^^;)

f0233414_21165277.jpg

有機野菜や無農薬野菜、マクロビオティックの食材から自然化粧品まで
オーガニックに拘った商品が、店内いっぱいに並んでいました。

こういうお店が、松本では、おやおやさんだけ、
安曇野では、豊科サティの1Fにある「自然館」さんくらいで、ちょっと寂しいですね^^;

同じように、講演会への反応もイマイチ、盛り上がりに欠けるようでーー;;
今、必死で参加者を募るため、日々奔走しています^^;

長野各地の放射線量は低く、健康に影響が出るほどではない、と言われていますが、

実は、放射能で汚染された食材は、日本全国に流通し、内部被ばくのエリアを広げています。
加工されてしまえば、産地もわからない、というのが実情です。

(日本の暫定基準値は、放射性セシウムが飲料水で200ベクレルで、
 野菜・肉・魚などの食品が、500ベクレル/kg。
 チェルノブイリ事故でウクライナが1997年に改定した基準値は、
 飲料水が2ベクレル、 野菜は40ベクレル。)

つまり、放射能による被害は、これから全国に広がっていく可能性があると言えます。

まして、放射能が及ぼす子どもたちの健康への影響は、大人の10倍にもなる、ということなので、
放射能対策の食事の予備知識は、

これからの日本で子どもを育てていく上で、大変役立つ情報であると言えます。

放射能の健康への影響を危惧されている方、特に子育て中のお母さん、
そしてまた、これから子どもを産み育てたいと思っている方々、

どうぞ、ご参加をご検討下さいね^^

(この講演会は、「子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク」
 http://kodomozenkoku.com/ に参加登録している
 「放射能に打ち勝つ食事と手当を全国に広める会」
 http://mimisuma.net/meal-heal/ の活動として行われます)
by azumino-macro | 2012-03-06 21:38 | Macrobiotic
3月3日のおひなまつりに、おそば ふじもり さんで開催されたフリマに参加しました。

f0233414_9133533.jpg

自分の作品を展示販売する人、要らなくなったものをリサイクルしようと展示する人、
古本、古着、古布、陶器、雑貨、食材、アクセサリー

いろいろなお店がおそば ふじもり さんのフロアーいっぱいに並びます。

f0233414_9184075.jpg

この日、私も焼き菓子と急遽ふじもりさんから依頼があった玄米稲荷寿司を販売しました^^

f0233414_920158.jpg

アーモンドビスコッティー

f0233414_9205058.jpg

クグロフ

f0233414_9211353.jpg

オートミールクッキー

f0233414_9215225.jpg

そして玄米稲荷寿司

全て、マクロビオティック仕様、卵、乳製品、砂糖は使わず、
出来る限り有機のものを使い作りました。

f0233414_9242375.jpg

これは、玄米キッシュ

以前、雑穀レストラン「つぶつぶカフェ」でお仕事をされていたふじもりさんの奥様が
心を込めて作られた絶品の味です^^(おいしかった~^^ご馳走さまでした!)

f0233414_9283571.jpg

塩尻市にある天然酵母のパン屋さん「きんぴら工房」さんも駆けつけて下さり、
お蔭で塩尻まで行かずとも、おいしいパンをゲットできました^^v

持参した焼き菓子も玄米稲荷寿司も、ほぼ完売し、
いろいろな方々にもお会いしてお話することができ、
初めてのフリマへの出店は、とても楽しい体験となりました^^

これからも、機会がありましたら、フリマ参加したいと思います^^

(場所を提供して下さり、終始笑顔で快く対応して下さったふじもりさんご夫婦に感謝申し上げます。
 朝日村に新しいお店を開店されるそうで、それもとっても楽しみですね^^)
by azumino-macro | 2012-03-03 23:10 | Macrobiotic

安曇野検定 合格!

本日、1月末に受験した「安曇野検定」の結果通知が届きました。

自己採点していたので、「合格」したことはわかっていましたが^^
やはり、合格証を手にすると、感慨もひとしおですね^^

f0233414_2133038.jpg

受験者数は、118名。
そのうち、合格者は、19名!

合格率16%^^;

思ったより、合格率低かったようで・・・・^^;

確かに、こんなことまで知らないと、
「安曇野通」とは言えないのかしらん?というような
かなりマニアックな問題もあったりして^^;

100問中70問以上の正答は、結構高いハードルと言えるかもしれません?^^;

f0233414_21837100.jpg

封筒に同封されていたのは、認定カードと認定バッジでした。

この認定カードを提示すると、
市営の美術館、博物館などを利用する際に、観覧料が3年間無料になるそうで、
以前から行ってみたいけれど、お金を払うのはなぁーと思っていた施設ばかりなので^^;

これから、これをいい機会に、足を運ぼうと思います^^

そして、平成24年度も「安曇野検定」は実施されるそうで、
(今年度の試験日はまだ決まっていないようですが)

今年のテーマは、「自然・科学編」だそうで@@;
ということは、「歴史・文化・伝統編」に合格した人でも、
今年新たにチャレンジする事ができるということのようです^^;

そして、耳寄りな情報として、「リベンジコース」が設けられるそうで、
第一回のテーマ「歴史・文化・伝統編」をも受験することができるそうです^^

ダブル受験できるシステムなのかどうかは、わかりませんが、
「リベンジコース」とは、面白い試みですね^^;

「自然・科学編」を受験しようか、どうか悩むところですが、
(合格するために、勉強、結構大変だったもので・・・・^^;)

更に安曇野について学んでいく中で、初めて知るいろいろな新しい発見があることも事実なので、

日々失われていく記憶力と闘いながら、
再びチャレンジするのも、これまた面白いかもしれませんね?^^;

(それにしても、認定バッジは、何に使うのでしょうか?
 洋服や帽子に付ける人って、少ないと思うのですが…?税金の無駄遣い?^^;)
by azumino-macro | 2012-02-29 21:47 | 安曇野あれこれ
昨日、冬将軍にさよなら、したばかりだというのに(個人的にではありますが^^;)、
朝起きたら、外は白銀の世界になっていたので、ちょっと面喰いました((@@));

f0233414_239452.jpg

冬将軍再来、とまでは行かずとも、春の雪(上雪)が降ったのでした^^;
(春の雪なので、すぐに融けてしまいます)

f0233414_231132100.jpg

再び、モノトーンの世界になってしまった安曇野^^;

そんな中、池田町にあるカフェ「風のいろ」さんで、
待ちに待った白柳淳さんのギターコンサートが、ありました。

f0233414_23135665.jpg

コンサートでは、25本目の制作になる自作ギターで、
一曲、一曲、その曲にまつわるエピソードを交えて、オリジナルの曲を披露して下さいました。

f0233414_2318781.jpg

透明なギターの音色が、カフェ全体に広がり、その音色に身を任せると、
イメージが膨らんできて、静かな穏やかな気持ちになります。

作曲のインスピレーションを受け、
白柳さんのCDのジャケットにも使われた松下英友さんの原画を
白柳さんがお持ち下さり、カフェに飾って下さっていたのが、松下ファンとしては、
なんとも嬉しかったです^^

f0233414_23252398.jpg

その後、三浦ご夫妻が「夢の続きを」という素敵な紙芝居を上演して下さったのが印象的でした。

f0233414_233506.jpg

季節が冬に戻ってしまったかのような寒い一日でしたが、

ギターコンサートと、紙芝居、のお陰で、
そしてこのために集まった多くの人々の熱い想いにより、

今日は、とてもホットで暖かい一日となったのでした^^
by azumino-macro | 2012-02-25 23:40 | 安曇野あれこれ
昨年の暮れに出版されご好評を頂いている
放射能にまけない!簡単マクロビオティックレシピ88」の出版記念講演会を

著者の大久保地和子先生を長野県にお迎えして、開催することになりました。

日にちは、今日より丁度1ヶ月後の、3月17日(土)11:00~15:00(ランチタイム含む)
会場は、旧四賀村にある「Sabou しが むすびや」さんです。

講演会終了後は、むすびやさんのランチ(酵素玄米+野菜料理)を頂きながら、

日頃感じている食への疑問やマクロビオティックへのご質問などをお受けし、
クシ財団認定マクロビオティックティーチャーでいらっしゃる大久保先生と楽しく会話する時間を設けました。

長野県では、大久保先生から直接お話しを伺える数少ないチャンスですので、
この好機をどうぞ、お見逃さずに!

みなさまのご参加を心よりお待ちしております^^

会費:3,500円(むすびやランチ代含む)

また、当日、会場にて、
「放射能にまけない!簡単マクロビオティックレシピ88」(消費税込み1,680円)の販売も行います。

f0233414_2153762.jpg


そして、さらに、第2弾として、同日の18時より「大久保先生の歓迎会」を開催します。

ミニライアーコンサートもあり、マクロビオティック料理を味わって頂きながら、
楽しい会にしたいと、考えております^^

会費は、2,500円です(マクロビオティック料理+飲み物代)

こちらも、ご参加はご自由ですので、ご希望の方は、お申し込み先より、お申込み下さい。

みなさまのご参加を、心よりお待ち申し上げております^^
by azumino-macro | 2012-02-17 22:03 | Macrobiotic
私のライアーを制作して下さったワームウッド8さんがステンドグラス作家の山口さんと、
ギャラリー明科「陶心」で2月2日~27日の間、
「太古の音・未来の光」という2人展を開催しているというので、行ってきました。

f0233414_20573974.jpg

場所は、明科駅近く、「陶心」というだけあって、陶器が中心のギャラリーのようです。

f0233414_2151650.jpg

一階には、安曇野で活躍されている作家さん達の陶器が、数多く常設展示販売されていました。

f0233414_216480.jpg

安曇野界隈では、こんなにも多くの陶芸家の方達が活躍されているんですね^^;
(ここに展示されている方々以外にも、もっといらっしゃることと思いますが・・・・^^;)

f0233414_21122652.jpg

よくよく見ると、松川村の昇窯「やまも」さんの作品も並んでいました^^
(いつ、どこで見ても、やまもさんの作品は、味がありますね^^)

f0233414_20583859.jpg

2階に行くと、ワームウッド8さんの新作のライアーが展示されていました。

f0233414_2116285.jpg

「ルナ・ライアー」と名付けられたライアーは、真丸のライアーで、
満月をイメージしてデザインされたそうです^^

f0233414_2118857.jpg

これは、イルカ型のライアーですね^^;

自分の好きな形に注文できるそうで、
世界に一つしかない自分だけのライアーを作って頂くことができるなんて、素敵ですね^^

f0233414_21204484.jpg

そして、我が家にやって来た新しい「ライアー」^^;

実は、以前に作って頂いたライアーの音の出の調子が悪く、
いろいろ調節して頂いたのですが、思うようにいかなかったため、
ワームウッド8さんの取り計らいで、新しいライアーと交換して頂くことになったのでした。

購入後も、きめ細かいフォローをして頂いているので、購入者としてとても安心です^^

今は、このライアーで、「ふるさと」と「春の小川」を特訓中です。

春までには、何とか演奏できるように頑張りたいと思います^^
by azumino-macro | 2012-02-15 23:57
今日は、日中の最高気温4.9℃でしたが、
暖かな陽射しのお陰で、少しですが、春が感じられる穏やかな一日となりました。

f0233414_21105536.jpg

今日は、午前中は、常念山脈がきれいに見えました^^

f0233414_21125162.jpg

やっと願いが叶って^^常念岳の美しい雪化粧した姿を写真に収めることが出来ました^^v

f0233414_21135361.jpg

こんな日には、スノーシューかスキーを楽しみたいですね^^;

f0233414_21152989.jpg

と思いながらも、今日は、お料理教室の生徒さんとそのお仲間が出展している
昨日今日と2日限りの雑貨展示販売のイベントを覗きに行くことに^^;

f0233414_21285572.jpg

昨年秋にも開催された「カフェエンゼル」さんでの雑貨+カフェ「r147-2f」の第2弾。

f0233414_21302517.jpg

今回も、力作が並んでいました^^

f0233414_21311173.jpg

お洒落なカップや、かわいい小物^^

f0233414_21323331.jpg

個性溢れるセンスの良い作品が集まったミニ安曇野スタイルの雰囲気がなんとも素敵ですね^^

f0233414_21334488.jpg

ひとつひとつとても丁寧に作られていて、ついつい欲しくなってしまいます^^;(悪い癖^^;)

f0233414_2135423.jpg

一人では、なかなか思い切って作品展を開催できませんが、
みんなで力を合わせれば、素敵なイベントを開催できる、というお手本のような作品展でした^^

f0233414_21505659.jpg

午後には、お約束通り(?)、雲に覆われてしまった常念岳^^;

それでも日中の陽射しに少しずつ、春の兆しが感じられます。
ゆっくりとですが、季節は、日一日と春へと近づいて行っているようです^^
by azumino-macro | 2012-02-12 21:46 | 安曇野あれこれ
今日は、茨城県取手市にある地和子マクロビオティック・クッキングスクールで開催された
放射能にまけない!簡単マクロビオティックレシピ88」の出版記念パーティーに出席してきました。

f0233414_229262.jpg

久しぶりにKIIX卒業生やインストラクター仲間と会って楽しく会話し、
インストラクター仲間の有志が作ってくれたマクロビオティックのお料理を堪能しました^^

f0233414_2292617.jpg

どんこのあわびもどきのお寿司

f0233414_22101372.jpg

玄米稲荷寿司

f0233414_22112560.jpg

小豆と赤米入り玄米ご飯

f0233414_22104114.jpg

豆腐ステーキのきのこあんかけ

f0233414_2213262.jpg

根菜の煮しめ

f0233414_22134474.jpg

あらめと蓮根の煮物

f0233414_2214179.jpg

テンペのマリネ

f0233414_22144569.jpg

大豆グルテンの唐揚げ

f0233414_22152813.jpg

粟のミートソース風パスタ

f0233414_22164220.jpg

菜の花の辛し和え

f0233414_22182122.jpg

季節の野菜の温サラダ
梅酢と甘酒のドレッシング・醤油生姜ドレッシング・豆腐マヨネーズ

f0233414_22194826.jpg

りんごとドライフルーツのコンポート

f0233414_22204321.jpg

甘酒のゼリー・苺ソース

f0233414_22583489.jpg

つくば市にある「紫峰の森クリニック」の院長でいらっしゃり、中医学、アーユルベェーダ、マクロビオティック、
そして最近では、シュタイナーの唱えたアントロポゾフィーをも診療に取り入れていらっしゃる
田中康雄先生から、お祝いの言葉を頂きました。

その中で、田中先生は、放射能対策へのヒントとして、
アールユベェーダの観点では、ターメリックが有効であるとおっしゃっていました。
(放射能は、光に関係していて、光は目に入り、目と経絡で繋がっている肝臓に悪影響を与えるそうです。
 ターメリック(ウコン)は、肝臓に良い作用があるとされています)

f0233414_22585063.jpg

そして、大久保地和子先生のお話の中で、
放射能に負けない体を作るマクロビオティックの食事は、
未来に繋がる「未来食」とおっしゃっていたのが、とても印象的でした。

f0233414_22592019.jpg

そして最後は、ギターとヴァイオリンの合奏という「DAWN PEOPLE」のお二人の素晴らしい演奏で、
出版記念パーティーを締めくくって頂きました^^

今日は、美味しいお料理、大変ためになるマクロビオティックのお話と、
そして透明なギターとヴァイオリンの音色を、

五感(味覚、聴覚、視覚、臭覚、触覚)全てで、楽しむことができ、楽しい一日でした^^

次の出版記念イベントとして、
いよいよ長野県に地和子先生をお呼びして、出版記念講演会を開催する運びとなりました。

詳細は、後日ブログにてUPいたします。

楽しいイベントにしたいと考えていますので、どうぞ宜しくお願い致します^^
by azumino-macro | 2012-02-11 22:50 | Macrobiotic
昨年、旧四賀村の「Sabou しが むすびや」さんで開催されたライアー奏者の池末みゆきさんと
映画「地球交響曲(ガイア・シンフォニー)」のプロデューサーである龍村ゆかりさんのコラボトークショーで、

龍村さんが、四賀村の雰囲気を大変気に入り、「ここに住みたい!」とトークショーの中で
感激されてお話されていたことが、実際に現実となり、

今年になって、むすびやさんの近くにある今は空家になっている古民家を再生して、
「環境循環型」(パーマカルチャー)エコライフの社会を目指すプロジェクトが
龍村ゆかりさんを中心に、始まることになりました。

ご縁があり、そのプロジェクトにどういう訳か、参加させて頂くことになり、
今日開かれたミーティングに参加してきました。

f0233414_20564841.jpg

「瑠璃光庵」と名付けられた築40年の古い古民家を、
多くの人の知恵と協力で、どのような形で再生していくのか、

「環境循環型」社会の実証実験場として、
昔の日本にはあった生活や知恵を大切にしながら、未来へ繋がるエコライフを目指して、

気持ちを同じくする人々が、一つの古民家再生という目標に向かって動き出そうとしています。

(「瑠璃光庵」という素敵なネーミングは、
龍村ご夫妻のドキュメンタリー映画「地球交響曲」のメインテーマ「瑠璃色の地球」から来ているのでしょうね^^b)

f0233414_2182355.jpg

養蚕農家だった家屋の2階は、養蚕場となっていて、
かなりのリフォームが必要のようですが、

龍村ゆかりさんは、ここで、養蚕にもチャレンジしたいそうで、
繭玉から絹糸を紡いで、国産絹の復活も夢見ていらっしゃるとのことでした。

f0233414_21121826.jpg

現場視察の後は、近くの「Sabou しが むすびや」さんにてランチです^^
(こちらは、すでにリフォーム住みの古民家です^^;)

f0233414_21143469.jpg

ランチの後は、いよいよ古民家再生に向けての具体的な意見交換をし、
建築などの専門家の方々からのリフォームに向けてのアイディアが次々と出されました。

f0233414_21172369.jpg

みなさんのお話を聴きながら、今や歯止めが利かなくなってしまった感のある
環境破壊型社会の悪循環を断ち切るため、
多くの人から出される自然回帰へのアィディアを取り入れながら、

これから、この「瑠璃光庵」がどんな変貌を遂げていくのか、とても楽しみです^^

そして、身近な所からエコロジー社会を実現していくために、
「瑠璃光庵」の事例がご参考になることを期待して、

私がどういう形で係わることになるかはまだ未定ですが、
出来る範囲で、随時、ご紹介していきたいと思います。

(龍村さんのお話では、9月にこの「瑠璃光庵」で池末先生のライアーコンサートを開催したいそうで、
 春になって暖かくなったら、本格的に古民家再生へ向けて、
 プロジェクトは動き出すことになるそうですので、お楽しみに^^)
by azumino-macro | 2012-02-09 21:34