安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

タグ:スローフード ( 47 ) タグの人気記事

パンがなくなってしまったので、いつものように「こっふぇる梅太郎」さんへ
パンを買いに行ったところ、営業日の筈なのに、お店の戸が閉まっていて
よく見ると、貼り紙がしてあり、「22日、23日は夏休み」とありました((@@))!
定休日は、水、木曜日なので、今度お店が開くのは、金曜日になってしまいますT T

天然酵母のパン屋さんは、安曇野界隈には、そう多くありません。

いろいろ考えた末に、「安曇野の朝」というパン屋さんが、
確かアートヒルズの近くにあった筈?

f0233414_21443843.jpg

新しいお店ではないのですが、我が家からは、少し遠いということもあって、
今まで訪れたことはありませんでした。

f0233414_2148955.jpg

天然酵母で焼いたハード系のパンから、調理パン、お菓子のような甘いパン、
サンドウィッチ、と毎日60種類ものパンを並べているそうで、
パンは、イート・インでお店で食べることもできます^^

f0233414_21524635.jpg

お目当てのパンをゲットし、せっかくなので、お店のテラスで、
「季節の素材を生かした体にやさしいスープ」とメニューにあったので、
そのスープと一緒に頂こうと思いましたが、
残念ながら、スープは売れ切れになってしまったそうで^^;

次回のお楽しみ、ということに^^

f0233414_21585085.jpg

あいにくと小雨交じりのお天気でしたが、
テラス席からは、東に広がる安曇平を見渡すことができます^^

f0233414_220481.jpg

アートヒルズ近くという好立地条件に建つお洒落な外観の建物の見晴らしの良いテラス席で、
なだらかに下っていく安曇平の牧歌的な風景を眺めながら、

沢山の種類の焼き立てのパンの中から好みのパンをチョイスして、
旬の野菜をふんだんに使ったスープやコーヒー、紅茶などの飲み物と一緒に頂きながら、

「安曇野の朝」を味わうことができるなんて、何とも、素敵ですね^^

f0233414_2213104.jpg

午後からは、雨は小康状態になり、時々、日も差すお天気となりました。

気温は、昨日より上がりましたが、まだまだ1か月も先の気温だそうで@@;
何だか、このまま一気に秋に突入しそうな雰囲気になっている安曇野です^^;
(しかも、ここのところず~と、北アルプスの存在感、全くナシでして・・・ーー;)
by azumino-macro | 2011-08-22 22:29 | 安曇野あれこれ

白骨温泉 煤香庵

最近、温泉らしい温泉(ここでいう温泉らしい温泉とは、乳白濁のお湯を指します^^;)に
入っていない、ということで、行ってきました白骨温泉^^

f0233414_2391935.jpg

春に行った時は、泡の湯へ立ち寄ったのですが、
今回は、日帰り温泉施設の「煤香庵」。
(今回は、もちろん、男女別のお風呂です^^;)

f0233414_2314582.jpg

長野県にいまだ残っている養蚕農家の家屋のような民芸調の昔風の建物。
古き日本の温泉情緒を感じますね^^

f0233414_2320155.jpg

温泉は、もちろん、源泉かけ流し、白骨、というくらいですから、
真っ白く濁っていて、硫黄臭がプンプンしました^^

f0233414_23233394.jpg

「煤香庵」は、温泉も楽しめますが、もうひとつのお楽しみがコレ。
「温泉粥」です。

f0233414_23262396.jpg

温泉水を使い、生米からじっくりと時間をかけて炊き上げた「お粥」で、
微かに硫黄の匂いのする、ミネラル味の優しいお粥でした^^
(美味しかった~!^^)

f0233414_2329616.jpg

帰り道、乗鞍岳スキー場まで下りてくると、乗鞍岳が姿を現していました。
乗鞍温泉まで約1時間、それから更に30分弱で白骨温泉に着きます。

乳白濁の温泉に浸かりたくなったら、安曇野から1時間半。
情緒溢れる昔ながらの雰囲気が漂う温泉でリラックス、
別世界でエネルギーをたっぷり充填できること請け合いです^^
by azumino-macro | 2011-08-19 23:42 | 温泉ライフ
最近ライアーのコンサートで訪れて以来、
何かと旧四賀村にある「Sabou しが むすびや」 さんへ足を運ぶことが多く、
今日は、むすびやさんのランチを頂くことにしました。

f0233414_22421742.jpg

場所は、四賀村にあるゴールデンキャッスルという結婚式場のすぐ近くなので、
分りにくいようで(^^;)、とっても分りやすいところにあります^^

f0233414_22424829.jpg

古民家特有の家の造りから、入り口が低いので、中に入るときは、頭上注意ですね^^;
(いつも頭をぶつけてしまう私^^;)

f0233414_234146.jpg

今日は、むすびやさんのおまかせご膳を頂きました。

まず、出てきたのは、桑の実の酵素ジュース

f0233414_2344549.jpg

きゅうりの山椒味噌添え

f0233414_2346332.jpg

酵素玄米と数々のおかずが、こんなに沢山^^;

f0233414_23472682.jpg

何よりも、この酵素玄米が、とっても美味しい!
酵素の働きで、消化が良くなっているそうで、よく噛んで食べると、
口の中に玄米の甘味が広がり、驚きの甘さに!
(おコメが持つ甘さをこんなに強く感じたことはありません)

f0233414_23504783.jpg

そして、もつひとつ驚いたのは、このお漬物が、メチャメチャ美味しかったこと!
何で漬けているのかお伺いしたところ、

f0233414_23561316.jpg

「玄米こうじ漬けの素」というものを使って漬けているそうで、
「玄米こうじ」なるものがあるなんて全く知らなかった私は、玄米こうじとの出会いに狂喜したのでした!^^

f0233414_001293.jpg

最後に、お知らせですが、
このフライヤーの通り、「むすびや夏祭り」が8月13日、14日に開催されるそうで、
四賀村の自然に囲まれたゆったりしたスペースで、オーガニックなお食事を頂くことが出来ます。

様々なブースも出店するそうなので、ワーク体験や展示品を楽しんだり、
ライブ演奏もあるそうで、楽しいお祭りとなりそうですね^^

そして更に、寝袋や毛布持参なら、無料で宿泊もさせてもらえる、というのですから、
むすびやさん、太っ腹ですね!^^

この夏祭りの会場に、私も少しですが、
マクロビオティックのスウィーツを並べさせてもらう予定です。

まだどんなスウィーツにするか決めていませんが、
Graceful Sweets Schoolで習ってきたばかりのスウィーツにしようか、などと
大胆不敵な(?)ことを考えています^^;

試作ができましたら、UPしようと思っていますので、
いつもように、気長にお待ち下さいね?^^;
by azumino-macro | 2011-07-29 22:40 | 日々のあれこれ

少し早めの土用干し

例年だと梅雨明けは、20日前後であることが多いので、
塩漬けにした梅は、通常、土用(今年は20日)になってから
天日干し(土用干し)にすることが多いのですが、

今年は、早々に梅雨明けしてしまったので、まだ土用になっていませんが、
梅の土用干し、開始です^^;

f0233414_2321457.jpg

しっかりと梅酢もあがっています^^v
(この梅酢は大切に保存して、お料理の際に調味料として使います)

f0233414_2322851.jpg

梅雨明け以来、連日35℃前後の暑い日が続いている安曇野@@;
おひさまの光が眩しいです^^
(本日、日本全国が梅雨明けしたそうで、これで本格的な夏到来ですね^^;)

f0233414_2327217.jpg

日よけ?いえいえ、虫よけのためのカバーです^^;

暑い暑いと思っていたら、日中の気温があまりに上昇したせいか、
夕方、突然黒い雲が出てきて、スコールのような雨が降りました^^;

せっかく天日干しした梅が台無しです><;

梅雨明けしたと言っても、まだまだお天気は不安定で、
太平洋高気圧が日本列島を覆う梅雨明け後の安定したお天気は、
もう少し先のようですね。

f0233414_23332612.jpg

突然の雨の後は、虹ですね^^
どこかに虹がかかっている筈・・・と探してみると、
東山から空に向かってぼんやりと虹が架かっているのが見えました^^
(はっきり写っていなくてスミマセン^^;)

f0233414_0998.jpg

雨の後の幻想的な夕焼けの風景

f0233414_0141594.jpg

まるで一枚の絵画を見ているような美しい雲の色彩。

自然は時として恐ろしいですが、
どんな芸術も真似できないほど素晴らしい表情を見せてくれることがありますね^^;

f0233414_2341636.jpg

梅雨明けはしましたが、まだお天気は少し不安定なようで、
空を見ていると、季節がダイナミックに変化していく様子がよくわかります。

明日も夕立に注意だそうで、
梅の土用干し、やはり少し早かったようです^^;

(7月8日にUPした写真が、撮っておきの信州PHOTOアルバム「撮るしん。」に掲載されました^^v)





 
by azumino-macro | 2011-07-11 23:10 | 日々のあれこれ

今年も梅仕事

今年も梅干し作りの季節がやって来ました!^^

f0233414_2236164.jpg

梅雨のこの時期ならでは、梅仕事^^

今年は、地和子先生のブログで紹介されていた方法で、漬けてみることにしました^^
まずは、梅をよく洗い、竹串などでヘタを取り除きます。

f0233414_22385885.jpg

そして、35度の焼酎に梅をくぐらせ、殺菌消毒をします。
(昨年は、梅に焼酎を霧吹きでかけたのですが、今回の方が作業が断然楽です^^)

f0233414_22381934.jpg

そして、先生のブログに「自分で漬けるときは最高の塩を使いましょう。」とありましたので、
先日のGraceful Sweets Schoolの Texture Courseでお塩の味見をした際に、
美味しいお塩だと思った「石垣」という自然塩を使うことにしました。

f0233414_2242580.jpg

梅の重さの約20%の塩で漬けこみます。
(20%以下だと、途中でカビが生えてきてしまうことが多いようです)

f0233414_22425993.jpg

そして、梅と同量の重しを乗せるのですが、
今回は、シンさんのアイディアをお借りして、
ビニール袋に水を入れたものを重しに使ってみました^^;

こうすると、梅酢が上がってきた後も、重しの重さを変えなくとも、
梅が押し潰され過ぎないので、具合がよいのだそうです^^v

f0233414_22452923.jpg

翌日に梅酢が上がってくれば、大丈夫^^v
このまま、梅雨明けまで待って、梅雨が明けたら、天日干しです。

f0233414_22463277.jpg

この時にできる梅酢が、我が家では、料理の際、調味料として大活躍!
一年のこの時期に梅仕事に精を出すのは、この梅酢が目的、とも言えます?^^;
(昨年作った梅酢は、もうこれだけになってしまいました!^^;)

梅酢は、梅のエキスがたっぷり含まれており、ほのかな梅の香りがします。

酢酸発酵していないので、一般の醸造酢と違い酢酸は含まれていませんが
クエン酸やリンゴ酸、ポリフェノールなど有機酸を豊富に含んでいます。

梅の漬け込み作業は終了したので、あとは、梅雨明けを待つばかり
梅の天日干しが出来るカラッと晴れたお天気が待ち遠しいですね^^
by azumino-macro | 2011-06-25 23:06 | スローフード
いつも看板の横を通る度に、気になっていた池田町にあるパン屋さん、bunga(ぶんが)

f0233414_23501789.jpg

しぜん酵母といい、石窯といい、こだわりのパン屋さん、のようで、
その「こだわり」について、ご主人にいろいろお話を伺うことが出来ました^^v

f0233414_0341270.jpg

なんでも、いろいろこだわっていたら、この石窯もご主人自ら、手造りしてしまったそうで@@;
楽しみながらパン作りをされているのが、gungaさんらしい、と言えそうですね^^;

f0233414_23563618.jpg

パンを焼く前に予め薪を燃やしておき、その後薪は外に出して、熱くなった窯の中に
成型したパンを入れ、余熱で一気に焼き上げるのだそうです。

全ての作業をマニュアルでやるので、日々変化があり、それがまた面白い、と
楽しそうにお話して下さいました^^

f0233414_23594677.jpg

パンは、強力粉と中力粉をブレンドして使っているそうで、
ハード系のものが多いですが、粉の味がしっかりして、
噛み締めるほどに小麦の甘みが感じられます。

f0233414_021583.jpg

bungaさんのこだわり

f0233414_023218.jpg

地産地消、マクロビオティックに通じるものがありますね^^

f0233414_085637.jpg

池田町から見える北アルプスの雄大な風景の中で、
ゆったりとした時間をかけて焼き上げるbungaさんのパンをゆっくりと噛みながら、
自然の恵みと味わいをじっくりと楽しんでみて下さいね。
by azumino-macro | 2011-06-17 23:46 | スローフード

自家製わさび漬け

先日、NHKの朝ドラ「おひさま」の続きのワイドショー番組「あさイチ」で、
NHK長野放送局のアナウンサーと俳優の山本太郎さんが
「おひさま」の舞台、安曇野を紹介する特集番組があり、

その中で、お二人が大王わさび農場で、「わさび漬け」を手作りする場面があって、
そのTVで紹介されたわさび漬け作りの工程を見ていたら、
思っていたよりずっと簡単そうだったので、
自分でも作ってみたくなり、早速、挑戦してみました^^

f0233414_21121764.jpg

材料は、もちろん、わさびいも、そして今が旬のわさびの茎。
(わさび菜を売っているのは、春のこの時期だけなので、
今がわさび漬けを仕込む適期なのかもしれませんね^^;)

f0233414_21105819.jpg

そして、酒粕。
わさび漬けの材料って、酒粕とわさびだけなんですね(知りませんでした~^^;)

要は、わさびの粕漬け、ということですね^^b

f0233414_2124567.jpg

これは、玄米を購入しているバジルクラブさんが届けてくれた「福源」の酒粕です。
(池田町の蔵元「福源」さんの日本酒には、オーガニック米で仕込んだ「安曇野」の他
「北アルプス」「百名山」などの銘酒があります。)

f0233414_2145220.jpg

フードプロセッサーで、滑らかにします。
酒粕は、ちょっと苦手でしたが、この酒粕は、匂いがきつくないので、食べやすいです。

f0233414_21254112.jpg

わさびいもを、細長く切ります。

f0233414_2126462.jpg

わさびの茎は、小口切りにし、少し叩いておきます。

f0233414_21434480.jpg

これらのわさびと茎を滑らかにした酒粕に混ぜれば、出来上がり!
超カンタン!レシピというほどのものでもありませんね^^;
(隠し味に、白醤油と自然塩を少々加えました)

f0233414_21274289.jpg

自家製わさび漬けの、鼻に抜けるようなツンとした辛味とわさびの香りは、
まぎれもなく、安曇野の春の味ですね^^

引っ越してくる前、安曇野に遊びに来た時に、お土産にわさび漬けを買って帰ったのですが、
まさか、そのわさび漬けを自分で作ろうとは、夢にも思っていませんでした^^;

お味の方は?
もちろん、酒粕も、わさびも安曇野産ということで、美味しくない筈はありません?^^

(5月9日にUPした水田水鏡の写真が、
 撮っておきの信州PHOTOアルバム「撮るしん」に載りました^^v)
by azumino-macro | 2011-05-14 21:53 | スローフード

おひさま御膳

NHKの朝ドラ「おひさま」の放送を記念して、
今安曇野では、安曇野の各飲食店の協力のもと、
安曇野の特産素材を盛り込んだ「おひさま御膳」という特別メニューを
期間限定で提供しています。

f0233414_22574770.jpg

おひさま御膳を頂けるお店は、この旗が目印です^^

「おひさま御膳」とは、一汁三菜を基本に、和洋中問わず、
主食、主菜、副菜、汁物、デザートのうち2つ以上を組み合わせ、
「そば」素材と地元特産素材を盛り込んだメニューだそうで、
安曇野市内の55店舗で食べることができます。

f0233414_230473.jpg

そして、各お店のそれぞれ特色ある「おひさま御膳」の詳細な内容が掲載された
便利な「おひさま御膳マップ」も作られました。
(おひさま御膳マップは、安曇野市内のコンビニなどに置いてあります)

f0233414_2362735.jpg

安曇野の特産品を使った工夫を凝らしたお料理で、期間限定というのですから、
マップを見ながら、一度は食べてみたい!ということになり・・・?^^;

特に気になるメニューのお店に行ってみることにしました^^

f0233414_23104162.jpg

これは、「かあさんのおむすびの店」として人気のある
「道の駅堀金物産センター」の「おひさま御膳」です。

メニューの内容は、とろろ十割そば(十割という所が凄いですね^^;)
黒豆ときびのごはん(黒豆は、安曇野ブランドの信濃黒という黒豆を使っています)
信州サーモンと地元野菜の天ぷら
(信州サーモンは、今安曇野が売り出しているニジマスとブラウントラウトを掛け合わせた川魚です)
漬物、サラダ、黒豆のゼリー

これで800円とは、嬉しいですね^^

安曇野の特産品としては、蕎麦、山芋、黒豆(信濃黒)、信州サーモン、などが使われています。

f0233414_23232355.jpg

そして、これは、「安曇野蝶ヶ岳温泉ほりでーゆ四季の郷」の「レストラン四季」の
「おひさま御膳」です。

メニューは、そばご飯(そばの実を炊き込んだご飯で、おにぎりになっていました)
そばコロッケ、そば寿司天ぷら、山菜天ぷら(フキノトウ、タラの芽 など)
信州サーモンのお刺身
わさび菜のお浸し、野沢菜
トマトのレモン煮、りんご蜜煮

f0233414_013455.jpg

そして、ひっつみ汁の小鍋仕立て

「ひっつみ汁」は、今年2月に開催された穂高あめ市の時に
B級グルメに参戦する郷土料理として紹介されていた「つみっこ汁」とそっくりで、
(両者は同じ?)平たいそばがきや大根などの野菜が入ったけんちん汁に似た汁物です。

f0233414_2333051.jpg

こちらも、盛り沢山な内容で、食べ切れないほど^^;

安曇野の特産品としては、
そば、山菜(フキノトウ、タラの芽、松本ねぎ)、信州サーモン、
わさび菜、りんご などが使われていました。

1,260円でこのお料理内容とこのボリュームなら、大満足ですね^^

「おひさま御膳」は期間限定だそうですが、
いつまでお店で食べることが出来るのかは不明です。

(少なくとも、「おひさま」放送中は、大丈夫だと思います^^)

安曇野の特産素材を使い、各お店が趣向を凝らした郷土色豊かなお料理を
是非、安曇野で味わってみて下さいね^^
by azumino-macro | 2011-05-12 22:46 | スローフード

蕗味噌

念願叶って、自分で摘んだふきのとうで蕗味噌を作ってみました。

f0233414_0354276.jpg

まずは、汚れているので、ついている土などを落とすために
水を何度も変えて、よく洗います。

そして、細かく刻み、ごま油でよく炒め、味噌と味醂少々で味付けます。

f0233414_038087.jpg

出来上がり!
とっても簡単。(去年より上手にできたかな?^^:)

ふきのとうのほろ苦い味は、安曇野の春の味。

このほろ苦さは、肝臓に刺激を与え、
肝臓が冬に溜め込んだ余計なものを排出するのを促す働きがあるとか。

春はデトックスの季節。
これからは、体に溜まった余分なものを排泄して軽やかになり、
春の上昇のエネルギーに乗って、アクティブに行動したいですね^^
by azumino-macro | 2011-04-11 23:34 | スローフード
1年ほど前に地和子先生が台湾で食べられた素食というお料理についての
いろいろ楽しいお話をお聞きしてからと言うもの、

この世に素食なるものがあることすら知らなかった私は^^;
それからというもの、一度でいいから素食を食べてみたいと
ず~とず~と、思っていたのでした^^b

素食は「そしょく」ではなく、「スーシー」と読みます^^
台湾の菜食主義料理で、元来は宗教的な理由で食べられていた精進料理だそうで、
中国語で「菜食」を指し、「質素な料理」という意味ではありません(念のため)^^;

f0233414_23301324.jpg

その本場台湾さながらの素食を食べられるということで、立川にある「健福」へ行って来ました^^
(立川と国立にあるそうですが、立川店が3月いっぱいで閉店になるということで、
今回急遽、その前に、食べに行くことにしたのでした^^;)

マクロビオティックを始めてから、こんな本格的な中華料理屋さんに入るのは、久しぶりです^^;

f0233414_23344882.jpg

中華料理と言っても、素食は、仏教で食べることが禁じられている
三厭(天厭:空を飛ぶ鳥・鶏など、地厭:地を這う牛・豚など、水厭:水中の魚介類)、
そして、五葷(ネギ、ニラ、ニンニク、ラッキョウ、アサツキ)を一切使わないそうで、

肉だけでなく動物由来の油、卵、乳製品も一切使わず、
出汁にも肉や魚介類を一切使っていない、という徹底振り!@@

日本の精進料理は素食から来ているようで、違いは、素食はあくまで中華料理で、
精進料理は、日本料理、ということでしょうか?^^;

マクロビアンには、動物性なしということで、嬉しい限りのお料理ですが、
お砂糖は、三温糖を使っている所が、マクロビオティックとちょっと違いますね^^;

f0233414_022313.jpg

前置きが、長くなりましたが(いつも長くてスミマセン^^;)
今回は初めてということで、コース料理を頼み、
少量ずつ、いろいろなお料理を食べてみることにしました^^

まず出てきたのが、前菜(焼き豚風大豆タンパク、いかもどきと春雨のサラダ、カシューナッツ)
この焼き豚風の大豆タンパクは、本物のお肉そっくりの味と食感で、ビックリ!@@;
言われなければ、絶対にわからないほど、お肉そっくりでした!
(どーやって、そっくりの味と食感を作り出しているのか、驚くばかりです!^^;)

f0233414_23472925.jpg

ヤマイモと大豆鶏肉風のうま煮
これも鶏肉だんごにそっくりの大豆タンパクです^^;

f0233414_2349811.jpg

揚物の盛り合わせ(チキンナゲット風と鳥の唐揚げ風)
その二つも、言われなければ、絶対にお肉、でしょう!^^;

f0233414_23511195.jpg

ゆば鰻風の蒸し料理
この鰻もどきは、本物そっくり!
絶対にわかりません。というより、本物の鰻より美味しいかも?!^^;

f0233414_23533432.jpg

もやしと椎茸とセロリの炒め煮

f0233414_23551640.jpg

アスパラガスのクリーム煮

f0233414_23555322.jpg

山百合の蕾となつめの炒め物
山百合の蕾は、高級食材だそうで、初めて食べるお味でした^^

f0233414_034311.jpg

焼き麺の野菜あんかけ

f0233414_01291.jpg

薬膳:漢方スープ鍋
スープのベースは植物性なので、とても飲み易く、美味しいスープでした^^

f0233414_0244951.jpg

デザートは杏仁豆腐

動物性は使っていなくても、どのお料理も味も見た目も本格的中華で、驚きの連続でした!^^;
久しぶりに中華料理をお腹一杯食べました^^(イエ、食べ過ぎました~!^^;)

台湾には、ベジタリアンが人口の約1割もいるそうで、インドに次ぐ第2位だそうですが、
この素食は、今密かなブームになっていて、素食専門のレストランも沢山あるそうです^^

そして、お料理の種類もハンパでないほどあるそうで、食べきれないそうです!^^
(中でも、ベジタリアン仕様のハーゲンダッツのアイスクリームがあると聞いたのですが、
 一体どんなお味なんでしょうねぇ~?^^;)

今回素食を食べてみて、ますます、台湾へ行ってみたくなってしまいました!^^;
(素食食べ歩きツアー、いいですねぇ~^^)
by azumino-macro | 2011-02-28 23:23 | スローフード