安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

タグ:ビューポイント ( 92 ) タグの人気記事

今日は、朝から快晴、待ちに待った絶好の撮影日和です^^

f0233414_2038911.jpg

どこに撮影に行こうか、いろいろ迷った挙句、
取り敢えず、いつもの撮影ポイントに向かいました^^;

f0233414_20395451.jpg

今までの雪雲続きのお天気で鬱積していた鬱々とした気分が、
一掃されるような素晴らしい景色ですね^^

f0233414_2046441.jpg

R19を運転しながら、どこかいいビューポイントはないだろうか、と横目でチラチラ見ていたら^^;

f0233414_20494925.jpg

「平瀬城跡入り口」という看板が目に入りました。

平瀬城?
確か、先日受けた「安曇野検定」の講習会で、
「平瀬城」の話が出てきたことを思い出しました。

f0233414_2051548.jpg

戦国時代、平瀬城は、小笠原家臣であった平瀬氏の居城で、
平瀬城は、武田信玄の侵攻で多くの家臣が投降した後も、
他の家臣らと共に、頑強に抵抗を続けた際の拠点となったお城です。

f0233414_20593994.jpg

戦国時代のお城は、見晴らしの良い山の上に建てられることが多く、
見張り櫓の役割も兼ねていたようなので、

きっと見晴らしが利く展望台になっているのではないか、と思い、
行ってみることにしました^^;

(ちなみに、現在、安曇野の絶景ビューポイントとなっている光城山や長峰山には、
同じく戦国時代に、武田信玄との合戦の末、落城した山城がありました)

f0233414_20583378.jpg

細い山道を20分ほど登っていくと、平坦な空き地があり、
そこからの眺望は、予想通り、素晴らしいものでした^^v
(多分、ここが平瀬城があった場所、でしょう^^;)

f0233414_21581179.jpg

近くにある展望台「いのちと平和の森」や「一千舎展望台」からの景色とほぼ同じ感じですが、
こちらの方が、邪魔な木立が少ないので、撮影向きのような気がします^^

f0233414_2185276.jpg

久しぶりに、上から見下ろすショットで撮影することが出来ました^^v

f0233414_21232855.jpg

季節の初めは、積雪量が少なかった常念岳ですが、
今ではすっかり雪化粧して真っ白ですね^^;

f0233414_2128414.jpg

平瀬城跡。
久々にめぐり会ったビューポイントですが、

標高が低いので、今は冬で下草もなく比較的簡単に登れましたが、
暑い季節は、草が繁茂して、登山道は快適とは言えないかもしれませんね^^;

この季節、長峰山や光城山への林道が冬期閉鎖になっているので、
登りがちょっとキツイですが、お勧めのビューポイントです^^
by azumino-macro | 2012-02-19 21:33 | 安曇野あれこれ

快晴の安曇野と中山高原

朝起きてみると、朝焼け(モルゲンロート)で赤く染まった北アルプスの上に
きれいに月がかかっていました^^

f0233414_2064145.jpg

今日は、どうやら、撮影日和のようですね^^;

f0233414_20235062.jpg

窓の外に広がる久しぶりのすっきりとした北アルプスの姿に
すっかり不意打ちをくらってしまった感無きにしも非ずでしたが、
とにかく、撮影に出掛けることにしました^^;

f0233414_2021421.jpg

後立山連峰も、この通り、真っ白になってそびえていました^^

f0233414_20224690.jpg

雲一つない、快晴の青空!

f0233414_20213538.jpg

本当に久しぶりに北アルプスがすっきりと見えました^^v

f0233414_21251032.jpg

と言っても、常念岳は、この後、すぐに雲に隠れてしまい、
午前中は、ず~と雲の中でしたが・・・・^^;

f0233414_20245229.jpg

でも、今日は、後立山連峰の山々を撮影するには、最高の日和ですね^^

f0233414_20344140.jpg

午前中は用事があったため、撮影は、朝の時間帯だけだったので、
午後再び、撮影に出掛けることに^^

f0233414_20512722.jpg

目指すは、菜の花畑そば畑の写真を撮った中山高原^^
今日は、雪景色を期待して行ってきました^^

f0233414_2113078.jpg

午後という時間帯もあってか、人っ子一人いない貸し切り状態で、
この風景を独り占めという贅沢な時間を過ごすことが出来ました^^v
(そばの花が満開だった頃、おひさま効果で、大勢の観光客で賑わっていたのが嘘のようです^^;)

f0233414_2162180.jpg

雪で真っ白な高原は、視界が開けて、とても気持ちがいいです^^

f0233414_21103116.jpg

午前中に撮影できたら、最高だったのですが、ちょっと残念^^;
(山の撮影は、午前中というのが、常識ですね^^;)

f0233414_2137571.jpg

後で知ったことですが、今日の中山高原のある大町市の最低気温は、-15.3℃!@@;
そして、最高気温は、-2.1℃!((@@))

こんな真冬日の寒さの中で、撮影していたとは、露も知らず・・・・^^;
(高原の端まで雪を掻き分け歩いていた時は、汗ばむくらい暑かったです?^^;)

でも、どんなに寒くても、こんなに美しい風景を見ることができるのなら、
我慢し甲斐があるというものですね^^
by azumino-macro | 2012-01-12 21:44 | 安曇野あれこれ
先週の金曜日に、安曇野の平地にも雪が降ってから、毎日翌日の天気予報をチェックし、
北アルプスがきれいに見える日に、北アルプスを撮影するために、
美ヶ原に登ろうと考えていました。

ところが、土曜日から昨日の火曜日までふられっぱなしで、お天気は良いのですが、
雲が多くて、これでは、せっかく登っても写真にならないので、諦めていました^^;

f0233414_2249440.jpg

今朝はどうだろうと窓の外を見ると、モルゲンロートに染まる常念岳の上空に上弦の月がかかっていました。

f0233414_21314142.jpg

絶好の撮影日和!
久しぶりに北アルプスがすっきりと見えていました^^v

待ってました!とばかり、先日の降雪で山頂辺りが白くなった美ヶ原へ急ぎます^^;
(林道美ヶ原線とビーナスラインが冬期閉鎖になった関係で、現在では美ヶ原へは、足で歩いて登るか、
 王ヶ頭にあるホテルに宿泊し、その送迎バスに乗るしか手がありません^^;)

f0233414_21344076.jpg

ビーナスラインは、冬季閉鎖になっていますが、
その手前のよもぎこば林道は、三城牧場まで通行できるということなので、
桜清水まで行き、これまで数回歩いて登り慣れている石切り場コースを登ることにしました。

冬期閉鎖中の桜清水のキャンプ場周辺には、
先日の雪が、ほとんど融けずに残っていて、かなり冷や汗を掻きましたが、何とか無事、到着^^;

f0233414_2140137.jpg

山道は、日が当たらない北斜面の道は、まだ雪が残っていましたが、
南斜面の道は、大丈夫だったので、持って行ったアイゼンはつけずに歩きました。
(用心のために持っていきましたが、12月では、まだアイゼンは必要なさそうですね^^:)

f0233414_21455923.jpg

人間以外にも、いろいろな動物が徘徊しているようで、大小さまざまな足跡が雪の上に残っていました。
(こんなに小動物がいるんですね^^;大きな足跡はなかったので、熊さんは歩いていないようです^^;)

f0233414_2150483.jpg

期待していた北アルプスですが、安曇野から見えていた北アルプスには雲はかかっていませんでしたが、
登山口までの時間と登頂にかかった時間を合計して、2時間半が過ぎていたため^^;

山頂から見た時は、すでに遅しで==;
穂高連峰と槍ヶ岳の一番いい所に雲がついてしまっていました!><;

f0233414_2157768.jpg

王ヶ鼻からの眺望で、一番楽しみにしているのが、
安曇野からは見ることができない穂高連峰と槍ヶ岳なだけに、ガックリですTT

f0233414_2204268.jpg

でも、常念岳より以北の北アルプス、後立山連峰の山々は、この通り、素晴らしい眺めでした!^^v

f0233414_2261068.jpg

雪がついて白くなり、ますます美しく輝く爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳、五竜岳
(後立山連峰の山々の美しさは、日本でも屈指の美しさだと思います^^)

f0233414_2214851.jpg

今日は、日中の松本は、12℃まで気温が上がったようですが、
2,000m近い山頂は、風が強く吹き飛ばされそうで、とっても寒かったです。
(もちろん、かなり着込んでいきました。手袋なんて、2枚重ねです^^;)

そんな時、持参した「ホット甘酒」が、予想以上に、体を温めてくれ、
優しい甘さで、疲れを取ってくれました^^v

f0233414_2215059.jpg

今回は、いつものおにぎりとは別に、体を温めてくれるこんなものもお昼ご飯に持参しました^^;

f0233414_22165142.jpg

あまりの強風に、ガスバーナーの火が消えそうになるのを何とかもたせて、
やっとできた即席麺(マクロビオティック仕様の即席麺です^^;)

寒い季節のトレッキングには、冷え切った体を温めてくれる温かい食べ物が、最高のご馳走ですね^^;

f0233414_22244178.jpg

振り返ると、王ヶ頭、その向こうに浅間山と八ヶ岳が、ぼんやりと見えました。
南アルプス、乗鞍岳は、全く見えず!><;

もっとすっきりとしたパノラマ風景を期待していたのですが、どうやら今日は空振りのようです^^;

f0233414_22275458.jpg

100%満足のいく景色ではありませんでしたが、
それでも、この北アルプスの連なりを見たのは久しぶりなので(先日の思い出の以来?)
今日のところは、雪の登山道を何とか歩いて登った甲斐はあったと言えそうです?^^;

f0233414_2233358.jpg

ただ、下山後、安曇野へ戻る途中、気が付くと、穂高連峰、槍ヶ岳についていた雲が消えて(?)、
槍ケ岳の矛先が、常念岳の肩越しに見えていました@@?

槍ケ岳を見に行ったようなものなのに^^;
山頂ではその姿を確認することができず、ガッカリしたのでしたが、
下山後、空は雲一つなく、すっきりと晴れていたのには、ビックリです@@?
(1時間余りの間に、あの雲が跡形もなく消えていたので、きつねにつままれたような気分に?^^;)

f0233414_23205390.jpg

今度、美ヶ原に登る時までには、更に雪が深くなると予想されるので、
冬山登山の装備と覚悟で登ることになりそうですが、

北アルプスの美しい冬山の稜線の連なりを楽しみに、リベンジを誓ったのでした^^;
by azumino-macro | 2011-12-14 22:49 | トレッキング

京ヶ倉再び

今年は、勇んでいた割には、結局は、常念岳登山のみで終わってしまった北アルプス登山^^;

来年度は、他の山にも挑戦できるようにと、
寒い冬の間に、トレーニングを怠らないことを固く決心して、
朝焼けが綺麗だった日曜日、行ってきました京ヶ倉^^
(また~?という声が、どこからか聞こえてきそうですが・・・・^^;)

自宅から車で約1時間という手軽さと、990mという低山の割には、
北アルプス顔負けの鎖場や梯子、岩登りまである変化に富んだトレッキングコースと、
山頂近くからの展望が素晴らしいとあって、安曇野界隈の里山の中では、人気が高い京ヶ倉。

f0233414_22285645.jpg

今までにも何回かご紹介している京ヶ倉から眼下に広がる蛇行して流れる犀川と山清路、
そして、その向こうにそびえる北アルプスの風景。

今回は、青空であったら完璧だったその素晴らしい眺望をどうぞご覧下さい^^

f0233414_22323840.jpg

手前の低い山脈は、七色大カエデがある中山高原の峰々。
その向こうにそびえる北アルプスは、もう真っ白に雪化粧していました。

f0233414_22425943.jpg

こんなに蛇行して流れる河も、珍しいのでは?と思えるほど、
犀川の流れが造り出す景観には、目を見張るものがあります。

f0233414_22373286.jpg

犀川の曲がりくねった川面を上から眺められるのは、
多分、この京ヶ倉だけではないでしょうか?

f0233414_22432945.jpg

何度かのトライで、やっと犀川と北アルプスというダイナミックな組み合わせの風景を堪能することができました^^v

f0233414_22562418.jpg

今度は、もっと欲を出して、青空の下で白く輝く北アルプスと犀川の写真を撮りに、
再訪したいと思います^^

(登り、1時間半程度なので、トレーニングというほどの運動量ではありませんが、
 その眺望の素晴らしさは、他の山を圧倒しているので、ついつい足が向いてしまいますね^^;)
by azumino-macro | 2011-11-30 22:58 | トレッキング
林道美ヶ原線の冬期閉鎖が今週の金曜日に迫っている中で、
先日思ったような写真が撮れず、悔いを残したままの思い出の丘から、
真っ白に全冠雪した美しい北アルプスの写真を撮りたいと思いながらも、
なかなかお天気が良くならず、今日を含めてアト2日しかチャンスがないという今朝、

朝の4時過ぎに何とか起きて、窓の外を見ると、夜空には星が輝いていました。

どうやら、空は晴れているようです。

昨日の天気予報では、午前中は晴れ、午後から崩れるということだったので、
夜明け前に出掛けて、北アルプスが雲に覆われてしまう前に
全冠雪した北アルプスを撮影できるかもしれないというラストチャンスに賭けてみることにしました^^;

f0233414_20584992.jpg

車のフロントガラスは凍っていたので、林道も凍結しているかもしれない、と思うとドキドキしましたが、
それほどの酷い凍結状態ではなかったので、ホッとしました。
(ところどころ、先日降った雪が残る程度で、前日雨でなかったのが幸いでした^^;)

松本市の街の明かりもはっきりと見えていたので、どうやら霧は出ていないようですが、
北アルプスは、どうでしょうか・・・?

f0233414_2143567.jpg

夜明け前のブルーアワーと言われる薄明り(Twilight)に、白い稜線が浮かぶように見えました!
(来てヨカッタ!無駄骨ではありませんでした!^^v)

f0233414_217268.jpg

どうしても見たかったこの一直線に続く白い北アルプスの稜線の連なり!
雲がかかっていない北アルプス劇場、オールスター勢揃いは久しぶりなので、感動です!

f0233414_2118325.jpg

音と光のない静寂の中、蒼い空に静かに浮かぶ北アルプスを、
まるで夢を見ているかのような気持ちで眺めながら、
今日のこの幸運を、天に感謝したのは言うまでもありません^^;

f0233414_21202686.jpg

ところが、すでに思い出の丘には、これまで見たこともない程多くの車が駐車していて@@;
予想以上に多くのカメラマンがそれぞれのポジションで決定的瞬間を待ち構えていました^^;

f0233414_21223823.jpg

皆さん、考えることは同じようで^^;
林道美ヶ原線が冬期閉鎖になる前に、全冠雪した北アルプスの写真を撮りたいと、
夜明け前から集まって来ていたのでした^^;

f0233414_2124377.jpg

今日は休日ということもあるのでしょうが、
時間帯が時間帯だけに、これほど多くの人がやって来ようとは思いも寄らず・・・^^;

f0233414_21272048.jpg

それでも、山頂を吹き抜ける強い風の音以外の音は聞こえず、
凍りつくような寒さの中、じっと一人一人撮影に没頭されていたのは、流石ですね^^;
(安曇野の今朝の最低気温は、-0.5℃だったそうですが、標高2,000m近くの思い出の丘では、
 その標高差からして、さらに5、6℃低かったのではないか、と思います^^;)

f0233414_21305635.jpg

余りの寒さに足元を見ると、霜柱が!==;
吹きつける風があまりに強く冷たいので、防寒具で身を固めていても寒さで体が震えます。
強風に吹き飛ばされないように気を付けながら、決定的瞬間を待ちます。

f0233414_21371656.jpg

ようやく朝日が東の山の稜線から昇ってきました。
浅間山のシルエットがオレンジ色の空に浮かびます。


f0233414_12502311.jpg

今まで見たこともないような朝焼けの幻想的な風景が広がります。

f0233414_21415526.jpg

東の空の朝焼けはピークに。
ここまで美しい朝焼けもあまりお目にかかったことがありませんね^^;(夜型人間なもので^^;)

f0233414_12542470.jpg

穂高連峰と常念山脈だけでしたが、朝焼けでピンク色に染まり、雄大なモルゲンロートを見ることができました^^v

f0233414_21512642.jpg

おはよう、北アルプス

f0233414_2153443.jpg

いつも素晴らしい感動をありがとう^^

f0233414_2156441.jpg

ようやく、太陽が姿を現し、

f0233414_21594346.jpg

辺りを、美しいオレンジ色に染めながら、

f0233414_2213632.jpg

この美ヶ原を黄金色に照らし、
寒さで凍える私達を暖かい光で包んでくれたのでした^^

f0233414_2215625.jpg

おひさまの登場で、北アルプスは、完全に目覚め、

f0233414_224812.jpg

北信の山々(戸隠山、雨飾山、高妻山、飯縄山、妙高山)も目覚め、

f0233414_22182784.jpg

南アルプス(甲斐駒ケ岳、北岳、仙丈ケ岳)も、ようやく目覚めたかのよう?

f0233414_22195980.jpg

乗鞍岳ももちろん、お目覚めです^^
(御嶽山は、残念ながら、雲に覆われていて見えませんでした^^;)

f0233414_22145959.jpg

林道美ヶ原線が冬期閉鎖になる前に、
この北アルプス劇場のオールスターが揃って全冠雪した美しい風景を見ることができて、
今日の今日は、本当に幸せです^^

f0233414_22153889.jpg

これで、GW直前まで、思い出の丘からの景色はしばらく拝めないことになってしまうので、
今期最後にこのような素晴らしい風景をカメラに収めることができたことは、幸運でした^^

f0233414_2216144.jpg

早起きは三文の徳?
確かに、今日は、夜型人間としては頑張って早起きした甲斐がありましたね^^v

f0233414_12365313.jpg

これから安曇野はますます寒くなり、本格的な冬を迎えますが、
このような美しい風景と共に暮らせる幸せを思うと、我慢し甲斐があるというものです?^^;

f0233414_22401883.jpg

来年の春に、また会えるのを楽しみに^^
しばらくの間、さようなら
by azumino-macro | 2011-11-23 22:51 | 信州あれこれ
イギリス人宣教師であり、日本各地の山に登り『日本アルプスの登山と探検』などを著し、
日本アルプスなどの山及び当時の日本の風習を世界中に紹介した登山家ウォルター・ウェストンが
1891年に上田から保福寺峠を越えた時に、峠から見た北アルプスを賞賛したという
その記念すべき保福寺峠から見た北アルプスの風景をこの目で確かめたくて

始めて保福寺峠を訪れたのは、昨年の秋でした。

f0233414_21292761.jpg

その時、目にした素晴らしい風景は、きっと、
当時のウェストンが目にしたであろう風景と、それほど変わらない姿で時を経て、そこにありました。

その時見た風景は、忘れられないほど素晴らしかったにも拘らず、
その時撮った写真をブログにUPすることなく、今日に至ってしまいました^^;
(昨年撮影した写真の中でも、ベスト数枚に入るほどの美しい風景でしたが、何故かUPしませんでした^^;)

f0233414_21301948.jpg

丁度一年前に見た保福寺峠からの素晴らしい風景が忘れられなくて、
北アルプスが比較的きれいに見える日を選んで行ってみることにしました。

f0233414_21363644.jpg

途中、通過した旧四賀村から見た北アルプス。
常念岳が真正面に見えていましたが、空の様子がすでに怪しくなってきていますね^^;

f0233414_2139251.jpg

こちらのお寺は、峠の名前にもなっている「保福寺」

f0233414_21405276.jpg

保福寺山門横にあった道祖神。
何だか、とっても幸せそうなお顔の男女双体像ですね^^ 
(こんな感じになりたいものですね^^;)

f0233414_21452634.jpg

保福寺峠へ至る林道(下奈良本豊科線)の入り口から見た北アルプス。
期待していたお天気でしたが、快晴には程遠く、
どうも今日は昨年の様な絶景にはお目にかかれないようです^^;

この林道下奈良本豊科線は、昔の五畿七道の一つの東山道(とうさんどう)で、
本州の内陸部を近江国(滋賀県)から陸奥国(青森、山形)を貫く幹線道(街道)でしたが、

松本城主が参勤交代のため江戸に上がる際に歩いた当時の街道の面影は
今は、ほとんど残っていないのが残念です。

f0233414_21492013.jpg

昨年同じ場所から見た北アルプスの風景がこれです。
お天気と、北アルプスに雪がついているかどうかで、こんなにも印象が違うのですね^^;

f0233414_21525765.jpg

常念岳と槍ヶ岳。
昨年の11月11日に、保福寺峠を訪れた時には、北アルプスは、すでにこんなに冠雪していたのでした^^;

f0233414_21561479.jpg

ウェストンが見たであろうこの風景は、
やはり彼がその著書の中で絶賛するに相応しい感動を秘めていますね^^

f0233414_2244068.jpg

松本市(旧四賀村)と青木村との境にある保福寺峠の最高地点に、
ウェストンの足跡を伺うことのできる場所がありました。

f0233414_2265453.jpg

そこには、「ウォルター・ウェストン日本アルプス絶賛の地」と彫られた記念碑がひっそりと建っていました。

f0233414_22102586.jpg

東側の青木村から山道を登ってきて、
この峠に辿り着いて初めて北アルプスを目にしたウェストンの気持ちを想像しながら、

遠く空に浮かぶようにそびえる壮大な北アルプスの風景を眺めていると、
いつの時代でも見る人に感動を与える北アルプスの美しい風景に改めて胸を打たれます。

f0233414_2213738.jpg

ウェストンが初めて目にし、感動した(であろう)日本アルプスの風景。
(今年の写真では、その感動を想像できないと思われるので、昨年の写真をご覧下さい^^;)

f0233414_2214578.jpg

今年は、空がすっきりとしない日が多く、全く写真にならない日が多のが、本当に残念です。

この林道は、もうそろそろ冬季閉鎖になってしまうため、
今年は、保福寺峠からのベストショットは、撮れないまま諦めるしかありませんが、

また来春、林道が開通したら、ウェストンが絶賛したという風景を見に、再訪したいと思います^^;
by azumino-macro | 2011-11-14 22:31 | 信州あれこれ
昨年、林道美ヶ原線を通って武石峰の山頂、思い出の丘に初めて行ったのは、11月13日でした。
(ブログは便利ですね。記憶が曖昧でも、きちんと正確に記録しておけるので・・・^^;)

f0233414_20265420.jpg

今年は、5月10日に行ったきりで(確か^^;)、もうそろそろ林道が冬期閉鎖になる筈なので、
その前に、初めて訪れた日より丁度1年、忘れがたい感動を覚えた思い出の丘に行ってきました。

(この林道美ヶ原線は、毎年6月に開催される松本市主催の自転車レース大会
 ツール・ド・美ヶ原のコースにもなっている道です)

f0233414_20293194.jpg

安曇野市内から見上げた空は、靄が濃く、東山も西の北アルプスも見えませんでしたが、
この濃霧は、午後になって晴れてくるとのことだったので、
きっと、北アルプスが見えてくる筈、と期待して、出掛けることにしました^^;
(そういえば、昨年も、同様のパターンでしたね^^;)

f0233414_20312583.jpg

烏帽子岩、近くから見たいと思っていながら、
今年もとうとうそばまで行かずに終わってしまいそうです^^;

f0233414_20423936.jpg

一年前、この思い出の丘から見た北アルプスは、雪で真っ白になっていたのですが、
今年は、まだこの通り、全く雪がついていません^^;

f0233414_20455584.jpg

雲が多いですが、何とか、穂高連峰と槍ヶ岳の姿を認めることができました^^

f0233414_20503246.jpg

昨年、初めて思い出の丘から見た北アルプスの風景のあまりの美しさに、
溢れる感動で何故か涙腺が緩み、上手く思ったように写真を撮ることができなかったことを思い出しました^^;

f0233414_20572612.jpg

今年は、同じ失敗を繰り返さないように撮影しようと、しばらく雲が切れるのを待っている間、
この1年間のことがいろいろと思い出され、1年前の感動も甦ってきました。

f0233414_21905.jpg

そういえば、一年前、思い出の丘で、自分がまるで鳥になったように感じましたっけ。
(高所恐怖症ですが・・・・^^;)

眼下に広がる松本平と北アルプスの山並みを贅沢なほど楽しめる場所^^
しかも、ほとんど歩かず(労せず)、展望台に立てる、数少ない場所です^^;

f0233414_2115171.jpg

今日は、雲が多く、見納めの風景とするには、少々物足らない風景だったので、
林道美ヶ原線が冬期閉鎖になる前に、もう一度時間があれば、訪れたいと思います^^

その時は、もちろん、北アルプスが白い雪を被っていることを願って!^^;
(もう、いい加減、そろそろ、ですよねぇ?^^;)
by azumino-macro | 2011-11-12 22:22 | 信州あれこれ
昨日のお天気予報では、快晴とのことだったので、
このところの運動不足解消のため(^^;)と、紅葉と登山道からの北アルプスの眺望を楽しみに
以前にも登ったことがある生坂村にある京ヶ倉へ行ってきました。

f0233414_053512.jpg

里山の紅葉は、今が見頃のようで、とても綺麗でした。

f0233414_08234.jpg

今までに、2回登っている京ヶ倉ですが、紅葉の季節は初めてです。
登山道の途中で見かけたモミジの紅葉のグラデュエーションが素晴らしいですね^^

f0233414_0143725.jpg

また、本来なら春先に咲くヒカゲツツジが、何故か咲いていました^^;
この春見に来たヒカゲツツジですが、今回秋にも拘らず、咲いていたのには、ビックリです@@
このところ暖かい日が続いたので、季節を間違えたのかもしれませんね^^;)

f0233414_0152868.jpg

あの尖った山が、京ヶ倉のピークで、いくつものロープと梯子とを経て辿り着く稜線からの眺めは、
北アルプスを一望することができ、眼下に犀川が蛇行しながら流れている景色は、
他ではなかなか見ることができない、絶景と言えます。

f0233414_0195946.jpg

とは言え、今日は生憎と快晴とまではいかず雲が多いお天気で、
北アルプスは、ほとんど雲の中で、時々頭が見え隠れする程度で、
思ったような写真は撮れませんでした^^;

f0233414_0244687.jpg

泉小太郎が母である犀龍と共に切り開いたとされる山清路を蛇行しながら流れる犀川。

f0233414_036365.jpg

反対側は、坂北村方面の山々。

f0233414_038276.jpg

北アルプスが見えていれば、最高のロケーションなのですが、
今年は、こんな感じのお天気の日が多いように感じます^^;

3度目のトライでも、思ったような写真が撮れず残念でしたが、
山が雪で白くなった頃に、今度こそ絶景の写真を撮りに再訪したいと思います^^;
(それにしても、初冠雪まだ、でしょうかねぇー?^^;)
by azumino-macro | 2011-11-09 23:51 | トレッキング
今朝の最低気温は、2.7℃!@@;
起きた時、どーりで寒い筈ですね^^;

f0233414_20241729.jpg

朝方よく冷え込んだ日は、北アルプスがきれいに見える、というのはまさに本当にようですね^^;
くっきりとはいきませんでしたが、北アルプスの稜線がきれいに見えていました^^

f0233414_20271721.jpg

よく見ると、鹿島槍ヶ岳より北に延びる稜線が白くなっていました。
3,000m級の山の山頂付近は、森林限界を超えているため、ほとんど木がないので、
これは霧氷ではなく、雪が積もったということなのでしょう。

f0233414_20401054.jpg

今日は、先日通った北アルプスパノラマロードを通り、
小川村経由で鬼無里の奥裾花渓谷の紅葉を見に行ってみることにしました^^;

f0233414_20394045.jpg

先日も撮った同じ風景ですが、わずかですが山に雪がついていて、
また、前山の紅葉も進んでいるようで、ぐっと違った雰囲気になっていますね^^

雪で白くなった北アルプスを間近で見るのは、今年初めてなので、嬉しかったです^^
(白くなったと言っても、ほんの少しですが・・・・^^;)

f0233414_2173573.jpg

日本海に近い白馬三山は、さらに白くなっていました^^

f0233414_2192936.jpg

先日撮った写真に比べると、心持ち、被写体がしまって見えます^^;
やはり北アルプスには白い雪が似合うようです^^

f0233414_2114316.jpg

小川村にある大洞(おおどう)高原からの眺め。

f0233414_21451583.jpg

標高約1, 000mの大洞高原には、「星と緑のロマントピア」というレジャーエリアがあり、
60cm反射望遠鏡をもつ「小川天文台」と「プラネタリウム館」が建っていました。

f0233414_2117289.jpg

また、小川村には、雄大な北アルプスの山並みを村内各所で眺めることができるため、
その景観は、「信州の自然百選(景観選)」や「信州サンセットポイント百選」に選ばれているそうです^^

f0233414_21223062.jpg

あまりの素晴らしい風景に、圧倒されてしまいますね^^;

f0233414_21242913.jpg

もっと山が雪で覆われて白くなった頃に再訪したい北アルプスの展望台^^
何処までも真っ直ぐに続く北アルプスの稜線に沿って走っている北アルプスパノラマロード

f0233414_21401839.jpg

今日は、信濃信州新線を通って北アルプスの絶景を楽しみながら鬼無里へ抜け、
以前から一度行きたいと思っていたその先の奥裾花渓谷へと足を延ばしました^^

(鬼無里、奥裾花渓谷の紅葉は、明日UPします^^)
by azumino-macro | 2011-10-27 21:56 | 信州あれこれ
いつも車で走り慣れている道を外れて、
ちょっとした冒険心で車を走らせていて、
思いがけない景色に出会ったりすることがあります。

又は、当りをつけて、この道を走ったら、
こんな風景に出会えるのではないか、と思って運転していて、
その結果、予想を遥かに超えた素晴らしい風景に出会えることもあります。
(その反対のケースもありますが・・・^^;)

昨年は、県道12号丸子信州新線が正しくそれで、
密かに、「北アルプスパノラマロード」と名付けたのでした^^;

f0233414_2324386.jpg

数日良いお天気が続いた昨日、そろそろ崩れる兆しが見えたので、
北アルプスが綺麗に見えている内に、新しいマイビューポイントを探しに出掛けることにしました^^;

f0233414_23272456.jpg

安曇野から見える常念山脈の山々は、ボンヤリとしていたので、
澄んだ青空が覗いていた大町より北方面へ向かうことに^^

爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳が、きれいに見えていました^^

f0233414_23332174.jpg

北葛岳と蓮華岳。
前山もどうやら紅葉が始まっているようで、まだ見頃ではありませんが、微かに色付いています。

f0233414_23413929.jpg

左から、北葛岳、蓮華岳、鳴沢岳、岩小屋沢岳、爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳。

f0233414_23444574.jpg

美しく紅葉する前山の向こうにそびえるは、鹿島槍ヶ岳と五竜岳。

f0233414_23493935.jpg

大町より以北の北アルプスは、安曇野から見る北アルプスとは違って、荒々しい印象を受けますね^^;

f0233414_23512592.jpg

今回出会った目も覚めるような北アルプスの絶景です^^
前山の紅葉がもっと見頃になると、もっと素晴らしい景色となることでしょうね^^

f0233414_0254693.jpg

晩秋の空は、どこまでも澄んでいて、遠く日本海へ続く北アルプスを遠望することが出来ます^^

f0233414_035536.jpg

思いがけず見つけた北アルプスパノラマロード^^v

もっと紅葉がきれいになった頃に、再訪することにいたしましょう^^
(山が雪で白くなっていたら、サイコー!なんですが・・・?^^;)
by azumino-macro | 2011-10-22 23:27 | 信州あれこれ