安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

タグ:ビューポイント ( 92 ) タグの人気記事

乗鞍高原で滝巡りをしていた時に転んで痛めた右膝の打撲の後遺症で、
右足が紫色に変色したまま、なかなか痛みが取れないので、
湯治治療を兼ねて、野沢温泉に行ってきました^^;

行く前に、野沢温泉についていろいろ調べていたら、温泉とスキー場以外にも、
「日本の夕陽百選」に選ばれているサンセット・ポイントがあると紹介されていたので、
どんな素晴らしい夕陽なのか、期待して見に行ってみることにしました^^

f0233414_2051325.jpg

地図には載っていないそのサンセット・ポイントは、野沢温泉スキー場のゲレンデへ登っていく
道の途中にありました。

f0233414_1192390.jpg

どうやら、日没には間に合ったようです。
雲が多く妙高山にかかっていましたが、夕陽は拝めそうです^^;

f0233414_11182985.jpg

正面に、妙高山、黒姫山、高妻山、と北信三山が見渡せ、
遠くに夕陽に輝きながら蛇行して流れている千曲川と、野沢温泉の街並みを見下ろすことのできる展望台。
(「千曲川」は、日本で一番長い川「信濃川」の長野県側の呼称です)
そして、遥か遠くには、北アルプスも遠望できる素晴らしいロケーションです^^

f0233414_21174983.jpg

見ると、雲の間から覗いている妙高山の山頂に、白く輝くものがついていました。
どうやら、朝の寒さ(穂高5.6℃、野沢温泉6.9℃)で初冠雪となったようです@@;
(この日、全国的に初冠雪した山が多かったようで、ニュースにもなっていましたね^^;)

f0233414_21182353.jpg

遠くにシルエットのみ確認できる北アルプスも、きっと初冠雪したことでしょう^^;
(少し雲がついていますが、槍ヶ岳の矛先が確認できますね^^)

f0233414_11315719.jpg

さすが、日本の夕陽百選に選ばられるだけあって、素晴らしい夕陽です^^
(写真でその素晴らしさをお伝えできないのが、残念です^^;)

f0233414_6374945.jpg

この日は、カメラのシャッターを押す指も悴むほど空気は冷え切っていて、
秋を通り越して、冬の寒さに匹敵するほど寒気が下りたようで、

スキーシーズンの準備が始まっている野沢温泉のスキー場のゲレンデから眺める夕陽は、
澄んだ空をオレンジ色に染めながらゆっくりと沈んでいきました。
寒さに震えながらも、日没まで、百選に選ばれたサンセット風景を楽しんだのでした^^

今日の穂高の最低気温は、2.6℃だったそうで@@; 温かい温泉の話題は、明日にでも!^^;

(3日の夕方のNHK「イブニング信州」の中の「撮るしん。」コーナーで、
 「朝霧と北アルプスと安曇野と」の写真が紹介されたそうで、
 生憎とその時間帯は、この夕陽を眺めていた頃なので、TVを見ることができませんでした^^;
 このコーナーでマイフォトを紹介して頂くのは、通算3回目となりますが、
 そう滅多にあることではないので、後で知り、ガックリです^^;)
by azumino-macro | 2011-10-04 21:49 | 信州あれこれ
長峰山山頂で朝霧が晴れるまで頑張っていたので^^;
時計は10時を回ってしまっていました!@@;

予想していたよりも霧が晴れるのに時間がかかり、
長峰山にすっかり長居してしまいました^^;

f0233414_21224615.jpg

あまりに遠望が利くので、時間が許すなら、
先日雲が多くて北アルプスを眺めることができなかった鉢伏山へ行きたい所ですが、

往復の時間を考えると、ギリギリ穂高神社の御船祭りの御船のぶつかり合いに間に合うかどうか、
と微妙です^^;

f0233414_21232658.jpg

それでも、この日を逃すと、また当分、北アルプスがすっきりと見える日はやってこないような気がして、
鉢伏山へ車を飛ばすことにしました^^;

f0233414_2124875.jpg

写真は、鉢伏山へ行く途中の高ボッチ高原から撮った景色です。
高ボッチ高原から鉢伏山スカイラインを通って鉢伏山まで、車で20分ほどあります。

何となく、嫌な予感がして、まだ北アルプスがきれいに見えている内に写真を撮っておきました^^;

f0233414_2127834.jpg

この時までは、穂高連峰も槍ヶ岳も常念岳も、まだきれいに見えていたのですが・・・・^^;

f0233414_21283386.jpg

なだらかな山容の鉢伏山山頂。

f0233414_21303667.jpg

美ヶ原も今日は、良く見えていますね^^

f0233414_2133780.jpg

振り返ると・・・・@@!
予感的中! 大きな雲が視界を遮っていました!@@;

f0233414_21361346.jpg

あ~、少しばかり遅かったようです^^;

f0233414_21373838.jpg

諏訪湖とその向こうにそびえる南アルプスはきれいに見えていましたが・・・・^^;

f0233414_21455232.jpg

とにかく、ここまで来たので、お昼を食べながら、
雲が流れて行ってくれるのを待つことにしました^^;

f0233414_21433776.jpg

ジッと待つこと1時間^^;
もうそろそろ安曇野へ戻らないと御船祭りのハイライトに間に合わなくなる可能性が・・・と思っていたら、
ギリギリのところで、雲が移動してくれて、何とか北アルプスの姿を確認することができました^^v

f0233414_21532182.jpg

最高の景色、とまではいきませんでしたが、
それでも先回よりは大分パノラマビューを楽しむことができました^^

f0233414_21544326.jpg

里よりも一足早く秋を迎えた高原のススキは、もうすでに枯れ始めていました。
草原の葉っぱも、色付き始め、紅葉の季節ももう間近のようです。

秋の澄んだ青空にそびえる北アルプスを眺めるなら、
武石峰の思い出の丘、美ヶ原の王ヶ鼻、そして高ボッチ高原の鉢伏山

車で近くまで行くことができる手軽な北アルプスの展望台として、
これからの季節、ますます足繁く通うことになりそうです^^;
by azumino-macro | 2011-09-29 22:07 | 信州あれこれ
この所、最低気温が10℃以下の日が続いて朝晩めっきりと冷え込むようになりました。

そんな時期に見られるのが、安曇野の風物詩、朝霧です。
秋のよく冷え込んだお天気の良い日に、
地表の水分が放射冷却で冷やされ霧となって安曇野一帯を覆います。

一説によると、湧水地であることと、河川が多いことで、霧が出やすいのだそうです。

昨日は、今年になって2回目の朝霧が立ち込めていたので、急いでカメラを持って長峰山へ行きました。
(今日も、短い時間でしたが、朝霧が出ていました)

f0233414_22435449.jpg

山頂に到着した時は、まだ霧が濃く、こんな感じでした。
予想通り、霧の上に北アルプスがそびえていました。

f0233414_2213896.jpg

昨年、初めて長峰山山頂から、朝霧の上に浮かぶ北アルプスの風景を見た時に、
ひどく感動したことを思い出しました。

f0233414_221929.jpg

やがて時間が経つにつれ、霧はだんだんと下降し、
太陽の光に温められると水蒸気となって消えていきます。

f0233414_2221117.jpg

しばらくすると、霧の中から、うっすらと安曇野の田園風景が見えてきました。

f0233414_22232051.jpg

松本平から大町、白馬方面へかけて北アルプスと東山との間の平地一面にかかる霧。
ついこの間まで暑い暑いと呻いていたら、時は巡り、気付くと朝霧の季節になってしまっていました^^;

f0233414_22263998.jpg

これからは、北アルプスがすっきりと見え、遠望の利く日が多くなってきますね^^
それはそれで、写真撮影にはベストシーズンの到来とも言えますが^^;

f0233414_22392883.jpg

確かな秋の到来は、近づいてくる、美しくもあり、厳しくもある安曇野の
極寒の季節のプロローグとも言えます。

そうは言っても、北アルプスの初冠雪までにはまだまだ時間があるので、
これから始まる紅葉の秋の安曇野の美しい風景を、しばらくは楽しむことにいたしましょう^^
by azumino-macro | 2011-09-28 22:47 | 安曇野あれこれ

安曇野に秋の訪れ

明日からは、季語は仲秋、二十四節気では、白露、となる今日、
今朝の最低気温は、11.2℃と10月下旬の気温にまで下がって、肌寒かった安曇野。

もしや、こんな日は、北アルプスが・・・と窓の外を見たのですが、
残念ながら、その時は、濃い朝靄がかかっていて、辺りは真っ白で、何も見えませんでした^^;

でも、確か昨年のデータ(?)では、靄が晴れた後は、空が澄み渡り、北アルプスが綺麗に見えましたっけ^^

f0233414_2111691.jpg

と、予想通り、8時過ぎに、靄は消え、すっきりとした青空に北アルプスの全容が現れてくれました^^v
こんなにすっきりと晴れ渡った日は、本当に久しぶりなので、
とにかく2、3枚でもカメラに収めたいと思い、いつもの撮影ポイントへ^^;

f0233414_23552181.jpg

実は、今日は、安曇野マクロビオティック・キッチンの基礎コースの第3回目の日ということで、
開始時間までにいろいろ準備をしなければならないので、こんなことをしている場合ではないのですが^^;

こんなに素晴らしい景色を目の前にしてしまうと、滅多にない撮影日和を棒に振るなんて、
やはり、出来ませんね~^^;

f0233414_21265563.jpg

夏場は、霞んでしまい、最近はっきりと見ることが出来なかった爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳方面の山々も
今日は、はっきりと見ることが出来ました^^

f0233414_2126165.jpg

山は、夏山ですが、見ると、空は台風前とは違い、秋の澄んだ空になっています。
どうやら台風が、安曇野に秋を運んでくれたようです^^
(稲穂も頭を垂れていて、収穫のシーズンももう間近ですね)

f0233414_2325486.jpg

お料理教室のため、朝はほんの少し撮影しただけでしたが、
教室が終了した後、外を見てみると、驚いたことに、
朝見た青空に北アルプスという風景が、そのままの姿で広がっていました!^^;
(一日中、雲が出ないですっきりと晴れていたなんて、信じられません!)

f0233414_2144167.jpg

何だか、とっても嬉しくなってしまって、(恋人にず~と待ってもらっていたような気分に?^^;)
今度は時間を気にすることなく、ノンビリと撮影に出かけることにしました^^

f0233414_22485498.jpg

今から出かけて行って、北アルプスをざぁーと見渡すことが出来るビューポイント、といったら・・・・

f0233414_21471130.jpg

やはり、長峰山山頂ですね^^

f0233414_21494831.jpg

長峰山もすっかり秋の装いでした。

f0233414_21511994.jpg

そして、こんなショットも撮ってみました^^;

夏の暑い時、時々、ここで、木陰の下で涼みながら、ライアーの練習をしていたのですが、
今日は、日差しを浴びても、直射日光で眩暈がすることはありません^^;

ライアーの練習もスムーズに?^^;

f0233414_21563574.jpg

そうこうしている内に、夕日が沈みかけたので、慌ててパチリ^^;
(一瞬を逃すところでした!)

f0233414_2201117.jpg

すっかり秋の気配高まる安曇野。

これからは、少しずつ空気が澄んで、遠くからでも北アルプスを眺めることができる日が多くなるので、
待ち焦がれていた安曇野らしい風景を、再び楽しめるようになると思うと、ワクワクしますね^^

f0233414_23123311.jpg

それにしても、今年の夏は、すっきりしないお天気が多かったですね^^;
梅雨明けが早かった分、長かったような?その後、急に涼しくなってしまったので、短かったような?

(同居の夏男は、夏が終わってしまう~と嘆いていましたがーー;
私は、暑いの苦手なんで、ちょっとほっとしています?^^;)

(お料理教室については、後日UPいたします^^;)
by azumino-macro | 2011-09-07 22:25 | 安曇野あれこれ
台風が過ぎた後、台風一過とはなりませんでしたが、
今日は、久しぶりに青空となり、おひさまの明るい光が射す良いお天気となりました。

松本に用事があったついでに、今まで何度か足を運びながら、
イマイチ場所が分からず、なかなか訪れることが出来なかった
松本市城山にある「Gallery & CAFE 憩の森」へ行ってみました。

f0233414_2135623.jpg

Gallery & CAFE 憩の森は、城山公園に隣接したギャラリーを併設しているカフェで、
前から一度訪れてみたかったお店です^^
(今日は、何とか迷わずに辿り着くことが出来ました^^v)

f0233414_21163928.jpg

一歩中に足を踏み入れると、そこには、
カフェの雰囲気にピッタリの、大好きなスパニッシュギターのBGMが流れていて、
思わず「素敵!」と小声で呟いたほど、落ち着いた佇まいのほっとする空間が広がっていました^^

f0233414_21221027.jpg

ギャラリースペースで9日より開催予定の「日々のうつわ展」(9日~30日)が、
何故か、今日すでに展示されていました。(ラッキ~♪ですね~^^)

f0233414_21231188.jpg

どれもこれも素敵なフォルムの器で、ついついいつもの悪い癖が・・・・?^^;
(いえ、いえ、ここは、ガマン、ガマン^^;)

f0233414_21234064.jpg

ちょっぴり早く、展示されている作品をご紹介しますね^^

f0233414_21243729.jpg


f0233414_2125265.jpg


f0233414_21253456.jpg


f0233414_21304558.jpg

大きなガラス窓の向こうには、松本市で最初に造られた(明治時代に造られたそうです)
城山公園の緑の林が広がります。

f0233414_21334576.jpg

ランチに、酵素玄米を使った定食があったので、それを頂くことに^^
(この雰囲気の中で、玄米ランチを頂くことが出来るなんて、なんてシアワセ!^^)

f0233414_21353940.jpg

食後は、いつもは飲まない珈琲にトライ^^;
(メニューに薄い、普通、濃い、とあり、薄い(アメリカン?ってこと?^^;)珈琲なら飲めそうだったので^^;)

珈琲カップが何とも、お洒落で粋で素敵ですね^^

f0233414_21383564.jpg

食事の後は、ガラス窓から眺めた城山公園をちょっと散歩してみました^^

f0233414_2140138.jpg

この夏、蝶の美しさにとり憑かれ、蝶を見ると、ついつい追いかけて
シャッターチャンスを狙うようになっていて、今日は、クロアゲハに遭遇。

1枚写真を撮ったところで逃げられてしまったので、もっときれいな写真を撮ろうと
城山公園の中を、蝶の後を見失わないように追いかけて歩いていくと、

蝶は、いつの間にか消えて、目の前にりっぱな展望台が現れました@@?
(まるで蝶が導いてくれたかのよう?^^;)

f0233414_21475028.jpg

城山公園に展望台?ありましたっけ?^^;(知らなかったのは、私だけ?^^;)

高所恐怖症ですが、ここまで来たのなら、登ってみない理由はありませんね^^;

f0233414_21541326.jpg

生憎と、今日は雲が多く、北アルプスはご覧の通りでしたが、
近くにある「アルプス公園」、「いのちと平和の森」に並ぶ北アルプスの展望台のようです。

f0233414_2285166.jpg

松本市内方面の風景
中央に見える小高い丘は、先日地震の被害が大きかった中山霊園。

f0233414_229391.jpg

そして、東側に見えるは、美ヶ原や思い出の丘のある武石峰

f0233414_22112851.jpg

さらに左手には、何度か登った戸谷峰や三才山峠が見えます。

f0233414_2252119.jpg

何日ぶりかで見た青空は、もうすでに夏空ではなく、初秋の雰囲気を漂わせていました。

秋になると、空気が澄んで、遠望が利くようになるので、
きっとここからも素晴らしい北アルプスと安曇野平の風景を堪能できることでしょう^^

城山公園にこんな素敵な展望台があるとは、露も知らず・・・^^;
(教えてくれたクロアゲハに感謝です?^^;)

今度は、北アルプスがすっきりと見える秋晴れの日に、是非とも訪れたいですね^^
by azumino-macro | 2011-09-06 22:29 | 信州あれこれ
この所、お天気が良くない日が続いていましたが、

久しぶりに今日は、昨日の天気予報で、おひさまマークが輝いていた通り!^^
朝から、雲は多めでしたが、良いお天気となり、
北アルプスも久しぶりにその雄姿を見せてくれました^^v

f0233414_22415257.jpg

7月に常念岳に登頂してから、あまりお天気が良くなかったことと、
夏休みの北アルプス登山の繁盛期を避けたため(山小屋の混み様は、ハンパではないようです^^;)
再び北アルプスのいづれかの山の頂に立ちたいと思ってはいるのですが、
すっかりご無沙汰してしまっている山登り^^;

f0233414_22482212.jpg

1か月余りも歩いていないと、すっかり体がなまってしまうようで、
2階に上がっていくだけでも、息切れがするようになってしまい、
これはマズイ!ということで、
リハビリのトレーニングとしてアクセスもコースもお手軽な美ヶ原へ行くことに^^;

今まで、石切り場コースダテ河原コース経由で王ヶ鼻へ登ったことがあるので、
今日は、王ヶ頭コースを行く予定でしたが、

あまりに北アルプスがきれいに見えるので、
以前に歩いた石切り場コースを歩いて、北アルプスの展望台として有名な
王ヶ鼻へ直登するコースを歩くことにしました^^;
(王ヶ頭からは、北アルプス全く見えないんですよね^^;)

f0233414_22582567.jpg

先回歩いた時は、7月ということで、サクラスミレやキバナノコマノツメ、レンゲツツジが綺麗でしたが、
今回は8月の終わりということで、夏の終わりから秋の初めに咲く花が咲き誇り、お花畑となっていました^^

フシグロセンノウ

f0233414_0262182.jpg

タカネナデシコ

f0233414_2334214.jpg

ハクサンフウロ

f0233414_2345085.jpg

マツムシソウ

f0233414_23313052.jpg

ハクサンシャジン?

f0233414_23323975.jpg

そして、里ではあまり見かけない蝶も、沢山飛んでいました^^

クジャクチョウ
(確かに、羽の模様が、クジャクのようですね)

f0233414_2334458.jpg

イチモンジチョウ

f0233414_23373611.jpg

キベリタテハ

f0233414_23402287.jpg

ヒョウモンチョウの一種ですが、正確な名前はよく分かりません^^;
(ヒョウモンチョウの見分けは、とても難しいようです^^;)

f0233414_23425996.jpg

ミヤマカラスアゲハ
まさしく、羽の色が、カラスの濡れ羽色?ですね^^;

この他にも、沢山の蝶が飛んでいましたが、
飛んでいる蝶を撮影するのは、私でなくとも、不可能でしょう^^;

f0233414_23463686.jpg

先回歩いた時は、梅雨時だったこともあり、視界はほとんどなく、
風景は、全く楽しめませんでしたが、今回は、この通り!^^

f0233414_2349561.jpg

雲は多目ながらも、何とか、北アルプスの稜線を確認することが出来ました!^^v
安曇野からは見ることが出来ない穂高連峰の山々から槍ヶ岳へかけての稜線の連なり^^

f0233414_0401249.jpg

10年以上も前に登った槍ヶ岳と今年初めて登頂した常念岳^^
久しぶりのご対面に、嬉しさで胸が一杯になります^^;
(久しぶり、と言っても、約1か月前に見ているのですが・・・?^^;)

f0233414_23565892.jpg

先回見られなくて残念だった風景を、今回は、心ゆくまで堪能しました^^v
(これで、リベンジ、果たしましたね^^v)

f0233414_034920.jpg

爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳

f0233414_06482.jpg

餓鬼岳と裏銀座コースの山々の間に見えるのは、薬師岳、立山、剣岳のようです?

f0233414_010992.jpg

いつもは前山としてその存在がわからなくなってしまっていた有明山ですが、
今日は、雲のお蔭で、しっかりとシルエットが浮き上がっていました^^

f0233414_0133511.jpg

北アルプスのこの稜線の連なりは、何度見ても、溜息が出るほど美しいですね^^

f0233414_0162796.jpg

久しぶりに歩いたので、明日は筋肉痛がひどそうですが、
今日は、頑張った甲斐がありました^^v

f0233414_020194.jpg

今日は夏らしい青空と高めの気温でしたが(松本32℃、穂高30.8℃)、
明日は、またお天気が崩れて、気温も低くなるそうでーー;

北アルプスが雲で見えない日が、またまた続くようですT T
by azumino-macro | 2011-08-24 22:21 | トレッキング

常念岳登山 後編

常念乗越からは、常念岳山頂と、

f0233414_2146725.jpg

お隣の横通岳と東天井岳とを、はっきりと見ることが出来ました^^v

f0233414_20592537.jpg

が、残念ながら、常念小屋の後方に見える筈の穂高連峰(左側)と槍ヶ岳(右側)が
ちょうど雲に隠れて見えませんでした;;
(見えているのは、表銀座縦走コースの西岳、赤岩岳の稜線です。
 その向こう側に、少しだけ、穂高連峰の雪のついた山肌が見えています)

常念乗越から見える槍穂高が迫るようにそびえる様は、
さぞかし迫力のある風景だったことでしょう^^;

f0233414_21102298.jpg

西側は残念でしたが、東側は、この通り、雲海の上に広がる風景を堪能することが出来ました^^v

f0233414_21153941.jpg

このすっきりとした山容は、上田市にある四阿山でしょうか?

f0233414_21171877.jpg

浅間山。
その隣に見える筈の八ヶ岳は、残念ながら、雲の中で見えませんでした。

f0233414_21265498.jpg

岩と石だらけの山小屋周辺にも、足首の高さほどの小さな高山植物が咲いていました^^
高山のがん礫地に生えるイワツメクサ

f0233414_21282065.jpg

何回かご紹介したことのあるキスミレの仲間、キバナノコマノツメ
白い花は、ホソバコゴメグサ

f0233414_21311930.jpg

高山植物の女王、コマクサ

f0233414_21353375.jpg

夜明け前に出発し、山頂を目指します。
星も月も出ていて、雲が切れているようだったので、
山頂からのご来光と素晴らしいパノラマ風景を期待して登り始めました^^

f0233414_21553940.jpg

まだ薄暗い中、岩がゴロゴロしている山道を赤い印を頼りに登って行きます。
常念岳山頂は、岩が積み重なっているだけなので、
岩の上で滑らないように全神経を集中しながら進まなくてはならず、結構疲れます。

f0233414_2153325.jpg

気が付かない内に夜が明け、明るくなっていましたが、あっという間に霧が出てしまい、
視界が悪く、ほとんど何も見えない状態になってしまいました!@@;

f0233414_21593720.jpg

常念岳山頂は、思ったより狭く、2、3人がやっと立つことが出来るほどのスペースに、
小さな祠が祀ってありました。

今回の無事の登頂はもちろん、ここまで登って来られるほどに健康を回復できたことも、
手を合わせて、心から感謝しました^^

f0233414_22457100.jpg

長い間、日常生活もままならない健康状態だったため、
北アルプス復帰が実現するまでの道のりはかなり遠かったので、
常念岳の山頂に立った、正にこの瞬間の感激は、ひとしおでした^^

f0233414_2211685.jpg

蝶ヶ岳への縦走路。
多くの登山者が、北アルプスを縦走して歩くようですが、
今回は、まだまだ再挑戦第一弾ということで、常念岳のみの往復にしました。

今度ここに来るときには、この道を通って、蝶ヶ岳へも足を延ばしたいですね^^

f0233414_22155898.jpg

晴れていれば、360度のパノラマを満喫できるそうですが、
生憎と、ガスっていて、山頂からは何も見えず、
がっかりして下山したのですが、その下山途中、振り返ると、
一瞬、雲が切れて、おひさまと青空と常念岳が顔を出してくれました^^v
(その後また直ぐにガスってしまい、下山後から今日に至るまで、
いまだに常念岳は雲の中なので、山頂を垣間見られただけでも良しとしましょう!^^;)

f0233414_22193619.jpg

結局、今回期待していたパノラマ風景は、
次回へのお楽しみということになってしまいました^^;

できれば、次回は縦走に挑戦したいと思っているので(無謀との声も?^^;)
それまでに、もう少し体力をつけなければ、と大いに反省したのでした!^^;

(下山後は、筋肉痛がひどく、これは完全にトレーニング不足の証拠ですね^^;)
by azumino-macro | 2011-07-24 22:43 | トレッキング
今日の最高気温は、30℃ちょっとということで、比較的過ごしやすかった安曇野。

f0233414_21592535.jpg

朝から、青空という訳にはいきませんでしたが、爽やかな夏山の風景が広がりました^^

f0233414_20495953.jpg

久しぶりに訪れた北アルプスの全貌を眺めることができる数少ない撮影日和。

f0233414_2053084.jpg

三連休は、どこも混雑しているので出掛けないつもりでしたが、
今日のこのチャンスを逃したら、またいつこのような風景を拝めるかわかりません^^;

そこで急遽、お気に入りのビューポイント、美ヶ原の「思い出の丘」へ行くことに^^
(もちろん、今回は、時間がないので、車です^^;)

f0233414_211043.jpg

明日からお天気は下り坂ということで、青空ではありませんでしたが、
南北に広がる青い山々の連なりに思わず溜息が出ます^^

f0233414_21122663.jpg

まさに、青い山脈ですね^^
爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳。

f0233414_21154667.jpg

北信の山々も見えます。
(すみません^^;詳しい山の名前はよくわかりません・・・^^;)

f0233414_21194341.jpg

左から餓鬼岳、船窪岳、北葛岳、蓮華岳

f0233414_22165980.jpg

左から穂高連峰、南岳、槍ヶ岳、
前列の稜線は、蝶ヶ岳、常念岳(ほぼ、槍ヶ岳に重なってしまっていますね^^;)、横通岳、大天井岳
眼下に広がるは、松本平に広がる松本市と山形村

f0233414_2131320.jpg

東側には、佐久市の街並みと浅間山が広がります。

f0233414_21353140.jpg

御嶽山
王ヶ鼻に御嶽山の方向を向いた石造群が建っていましたね。

f0233414_21401373.jpg

乗鞍岳

f0233414_2142082.jpg

穂高連峰

f0233414_21433270.jpg

南岳と槍ヶ岳
前列は、常念岳

f0233414_2146826.jpg

青空ではありませんでしたが、また、稜線に雪はついていませんが、
夏場にこれだけの透明度で北アルプスの稜線の広がりを堪能できるのは、
そうあることではありません。

f0233414_2150108.jpg

明日からは、台風の影響で安曇野でもまとまった雨が降るようで、
その影響からか、午後からは、雲に覆われてしまい、
この青い山脈の景色を楽しめたのは午前中だけでした^^;

今度また、このような景色を見ることができる日まで、
しばらくの間、我慢ですね^^;
by azumino-macro | 2011-07-18 22:00 | 信州あれこれ
連日最高気温35℃前後の暑い日が続いている安曇野ですが、
夏山トレーニングのために、先日登った美ヶ原へ再び行ってきました^^;

f0233414_2132711.jpg

今回は、三城牧場近くの登山口から美ヶ原の最高地点、
王ヶ頭(2,034m)を目指すダテ河原コースを歩きました。

熱中症にならないように、冷たい水を大量に持っていくことにし、
又もや、トレーニングのために、10kg近い重さのザックを背負うことにしました^^;

f0233414_21111130.jpg

暑い時期でしたが、それでも高山植物と言われる多くの花が咲いていました^^
個体数を減らしながらも、けなげに咲いているハクサンフウロ
(昔は、沢山咲いていたのですが、鹿の食害で激減してしまったそうです)

f0233414_2111561.jpg

ツマトリソウ

f0233414_21121782.jpg

ウスユキソウ 別名 エーデルワイス

f0233414_2113448.jpg

コウリンカ

f0233414_2114549.jpg

ヤマツツジも何とかまだ咲いていました。

f0233414_21234691.jpg

テガタチドリ

f0233414_21171337.jpg

大汗を掻きながら歩いていると、
山頂まであともう少しという所から、段々と涼しくなりました。
西側には、先日歩いた王ヶ鼻直登コースの石切り場コースがあります。

f0233414_21204723.jpg

気温が高すぎて、空が湿度でもやってしまい、北アルプスは、ほとんど見えません^^;
写真中央の山頂に少し雪が残って白く見えるのは、乗鞍岳です。

f0233414_21422735.jpg

王ヶ頭には、随分と沢山のアンテナが建っていますね^^;

f0233414_21441652.jpg

これは、高山植物のタカネバラ

この辺りまで来ると、高山でしか見ることができない高山植物がチラホラ咲いていて、
さすが、花の百名山に選ばれただけのことはあります。

f0233414_21445676.jpg

タカネナデシコ

f0233414_21491972.jpg

王ヶ頭より美しの塔のある美ヶ原高原方面の風景

f0233414_21551155.jpg

反対側には、北アルプスを望む王ヶ鼻方面の風景が広がります。

f0233414_21575736.jpg

遠くに八ヶ岳も見えます。

f0233414_21594223.jpg

先回登った時には、登山道で見たキバナノコマノツメが、
山頂の岩場にひっそりと咲いていました^^

f0233414_2222882.jpg

35℃近い中の山登りは、体力的にかなり辛いですが、
山頂からの360度のパノラマ風景を眺めながら
高原を吹き抜ける天然クーラーのような涼風に吹かれていると、
身も心も爽やかになり、それまでの登りの辛さも忘れてしまうから不思議ですね^^

f0233414_23453352.jpg

美ヶ原もすっかり夏。

これからの夏休み期間には、涼しさを求めてやって来る多くの観光客で
いつもは静かな美ヶ原も、賑やかになることでしょう。

今回も先回同様、山歩きで掻いた汗は、登山口の近くにある扉温泉で洗い流しました^^v

北アルプス登山のトレーニングとして、今までいろいろと登って来ましたが、
この暑さの中では、2,000m以下の山登りは、暑くて敵いませんね^^;

そろそろ、標高をもっと上げたい所です^^;
by azumino-macro | 2011-07-14 22:20 | トレッキング

金太郎伝説の大姥山へ

梅雨明けしたら北アルプスへと思っていたのが、
準備が全然整わない内に、
平年より12日、昨年より8日早く梅雨明けしてしまったので、
予定が大幅に狂ってしまいましたが^^;

少しでもトレーニングになればと思い、
暑い中、金太郎伝説が残る大町市八坂にある大姥山へ行ってきました。
自遊人さんのブログで紹介されていて知った低いながらも隠れた名山です^^;)

f0233414_21591310.jpg

本来なら、登山口まで車で行くことができる筈なのですが、
運悪く、国道19号から入っていこうとすると、通行止めの看板が!^^;

f0233414_223284.jpg

大姥神社本宮まで車で行き、山頂まで鎖場が続く道を1時間ほど登れば登頂、
というスケジュールだったのですが、
大姥神社前宮から荷物を担いで林道を歩いていく羽目に!@@;

しかも、トレーニングのため、ザックを10kg程度まで重くしてきたので、
今日は、しょっぱなからアンラッキーですねーー;;

f0233414_229586.jpg

国道19号沿いにある大姥神社前宮にお参りしました。

f0233414_22113177.jpg

大姥神社の由来と金太郎伝説について書かれている看板がありました。
これによると、どうも、金太郎は、本当に実在していた人物のようで^^;

金太郎は、有明山(の魏石鬼の岩屋)に住んでいた八面大王
(坂上田村麿に退治され、現在の大王わさび農場に胴体を葬られたと伝えられています)と
大姥山に住んでいた大姥との間に生まれた子で^^;

山頂近くには、大姥と金太郎が住んでいたという洞穴があるそうです。

f0233414_22165190.jpg

金太郎、と言えば、鉞(まさかり)ですね^^;
大姥神社前宮には、りっぱなまさかりが奉られていました。

f0233414_22204975.jpg

大姥神社本宮まで重い荷物を背負って歩いたので、
ここまででかなりのエネルギーを消費してしまった感じです^^;

f0233414_22265787.jpg

大姥神社本宮からは、いきなり急な登りになり、
話に聞いていた通り、鎖場の連続で@@;
どう登ったらよいのかわからないほどの難所が数ヵ所あり、
低山ながら北アルプスの山道より険しい道が山頂まで続いていました。

f0233414_22421069.jpg

おまけに、背中の荷物が重く、脚力がないので登りに相当時間がかかってしまい、
北アルプス登山が、急に遠のいたように感じました^^;

f0233414_22441615.jpg

お花の時期ではありませんでしたが、イチヤクソウがひっそりと咲いていました。
足元に咲く可憐な花は、登りの辛さを和らげてくれますね^^

f0233414_22465877.jpg

ようやく眼下に犀川と遠方に北アルプスが視界に入って来ました。
が、雲が多く、あまりはっきりと見えませんでした^^;

f0233414_22494823.jpg

遠くに、以前に登った京ヶ倉が見えますね。

f0233414_22524049.jpg

東の方角には、聖山が見えます。

f0233414_22544897.jpg

山頂には、金太郎のおやつ?、いえいえ、キイチゴが沢山実っていました^^
あまりに美味しそうだったので、思わず、手で摘まんで口に入れ、
デザートとして頂きましたが、甘酸っぱくて美味しかったです^^

f0233414_232268.jpg

下山時に、大姥と金太郎が住んでいたという洞穴へ立ち寄りました。
中には、大姥神社奥宮が祀られています。

f0233414_2342628.jpg

金太郎がつけたという洞穴天井に残っている足跡^^;

f0233414_23191931.jpg

往復2時間ほどの行程を大幅に超過してしまい、
ヘトヘトになりながらも、何とか下山出来ました^^;

夏の猛暑の中での低山ウォークは、暑くてかないませんが、
今日は、良いトレーニングになりました。

今回は、金時の小路を歩きましたが、
次回は、大姥の散歩道を歩いてみたいですね^^

それにしても、こんな体力で、北アルプス大丈夫なのか、少々、不安に・・・?^^;
by azumino-macro | 2011-07-10 21:43 | トレッキング