安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

タグ:信州 ( 179 ) タグの人気記事

そば打ち 楽座


浅間温泉街にありながら閑静な住宅地に隠れ建つお蕎麦屋さん「楽座」。

「楽座」とは珍しい名前ですが、日本の近世(16世紀から18世紀ごろまで)において
織田信長、豊臣秀吉や各地の戦国大名により、城下町などの支配地の市場で行われた経済政策のことで、
「楽」とは規制が緩和されて自由な状態となった意味で、英語では、freeを意味するのだそうな。

また、「座(ざ)」とは、平安時代から戦国時代まで存在した主に商工業者や芸能者による同業者組合のことで、朝廷や貴族・寺社などに金銭などを払う代わりに営業や販売の独占権などの特権を認められました。
代表的なものとしては、京都においては後の西陣の源流となった大舎人の織手座や、祇園社の綿座・錦座、
北野社の麹座、山城大山崎の油座、摂津今宮の魚座、鎌倉の材木座、博多の油座などがあります。

「楽座」とは、ちょっと洒落た店名ですね^^

f0233414_22345912.jpg

中に入ると、お昼時にも拘らず、お客さんは一人だけ。(お天気が悪かったからでしょうか^^;?)
メニューは、ざるそばと天ざる(天ぷらそば)くらいで、少ないところや、
店主一人で店を切り盛りしているところなどは、以前にご紹介した「はや田」によく似ています^^;
(ここの店主もひょっとして、「こだわり派」?^^;)

お蕎麦が茹で上がる間、各テーブルに置いてある「楽座通信」なる店主作成のミニ新聞?のような小冊子が
目に留まったので、読んでみる事に。

f0233414_22352820.jpg

なかなか意味深いことが書かれています。
「楽座通信」は、店主がお客がいない暇な時間にワープロ(!)でポツポツ作成しているそうで、
この、タオ、老子の唱えた道教の陰陽の考えは、その後マクロビオティックの陰陽論のもとになりました。

店主のプロフィールによると、出版社で蕎麦の本を担当したことがきっかけで、そば打ちになったそうで、
それまでの人生において、このタオの言葉と重なる部分があったのかもしれません^^;

また、「そば屋はこだわっていないのに、客がそば屋にこだわっている」と書いてあったのには、
思わず苦笑^^;

そう言えば、店内にはBGMでオペラが流れていました!
先日ご紹介した安曇野のちょっとこだわりのお蕎麦屋さん「大梅」にもジャズが流れていたし、
最近こういうタイプのお蕎麦屋さんに行くことが多いような・・・?^^;(たまたまでしょうかねぇー?)

f0233414_22355431.jpg

お蕎麦は、信州産と北海道産の一番粉だけで打つ二八で、つるっとしたのど越し。
何より嬉しいのは、そばつゆが辛めで、きりっとしまっていること。(砂糖が入っていないのは素晴らしい!)
天ぷらも、薄衣でサクッとあがっていて油っこくありません^^

f0233414_22362336.jpg

帰りがけに、「そばつゆが珍しく辛口ですね」と告げると、
嬉しそうに「お客に迎合すると甘口になってしまうんですよねー」と一言。
なるほどねぇー。(やっぱり、こだわり派?^^;)

店主の独り言を書き留めたかのような「楽座通信」の続きを読みに、またお蕎麦食べに来ましょうかねぇ?^^
(私、お店にはこだわりませんが、そばつゆには少々こだわりが・・・・?^^;)
by azumino-macro | 2010-07-15 23:24 | そば三昧

松本に用事があったので、そのついでに松本市の奥座敷と呼ばれる浅間温泉に立ち寄ってみました。
奥座敷と言っても、現在はほとんど市内に位置し、歴史ある温泉として全国的に有名な浅間温泉。

市営浅間温泉会館ホットプラザ浅間という新しい施設があるというので、探したのですが、なかなか見つからず、
その上、温泉街の車道は思ったより狭く、また坂道が多いので、困っていたところ、
「枇杷の湯」という看板が目に飛び込んできました。

枇杷の湯は浅間温泉でも一番古い温泉施設ということしか知らなかったので、どうしようか迷いましたが、
結局は、枇杷の湯に入ってみることに^^;

f0233414_23353568.jpg

車を駐車場に停めて、入り口を示す矢印の方向に歩いていくと、何やら、武家屋敷風の風情ある建物が見えてきました。

f0233414_2336937.jpg

ここに書かれた内容によると、開湯は約1000年前で、
江戸時代には歴代松本藩主の御殿湯(浅間御殿=温泉別荘?)が置かれ、
湯守によって厳重に管理された、ということのようです?^^;

f0233414_23364846.jpg

枇杷の湯って、藩主御用達の温泉だったんですねぇー!? (知りませんでした・・・^^;)
昔は、老舗温泉旅館だったそうで、どーりで、格式高く、由緒正しい雰囲気が館内全体に漂っているはずです^^;

f0233414_23513786.jpg

お風呂は、内風呂と外風呂があります。

f0233414_2352524.jpg

外風呂は、さわらを使った湯船で、木の香りと感触がとてもいいです^^

f0233414_23534592.jpg

温泉施設全体が、当時の面影を偲ばせる造りになっていて、今まで利用したことがある温泉施設の中でも
こんな格調高い日帰り温泉施設は初めてです^^;

f0233414_23562279.jpg

松本藩主が植樹したという松は樹齢400年だそうで、見事な枝ぶりでした!

f0233414_23573279.jpg

その他に、もう一つ、本館から少し離れたところに露天風呂があります。

f0233414_23574827.jpg

この野趣溢れる露天風呂が、昔の藩主がお入りになられたお湯のようです。
庭園風の景色を眺めながら入浴というのも、なかなか風情があり、
特に、周りの木々が紅葉を迎える季節は、最高の気分を味わうことができそうですね^^

実は、正直に言うと、最初は、古い=汚い、新しい=キレイ、という図式が、
私の頭にあったことは確かなのです^^;
今回、その勝手な憶測が見事に外れたワケで、思い込みによる先入観を深く反省したのでした^^;

f0233414_21151483.jpg

そして、枇杷の湯の歴史を知ることで、浅間温泉が奥座敷と呼ばれる所以を知り、
400年もの長い間続いてきた浅間御殿の途切れることのない温泉のいで湯に
城下町松本の脈々と今に続く歴史を垣間見たのでした。
by azumino-macro | 2010-07-08 00:26 | 温泉ライフ

辰野町にほたる狩りを愉しめる場所があると聞いたので、ほたる祭りは終わっていましたが、
行ってみることにしました。

安曇野市、松本市、塩尻市と抜け、辰野町まで約1時間半。
辰野町は、南北に連なる山に挟まれた農村ののどかな風景が続く丘陵地にあります。

f0233414_8385110.jpg

目的の場所は、その名も、ほたる童謡公園といい、
ゲンジボタルが乱舞する6月下旬にほたる祭りも開催され、町をあげてホタルの保護活動を行っています。

f0233414_8402017.jpg

こういう所にホタルって生息しているんですね^^
辺りが真っ暗になるまで待ちます。

風が強く吹いていたり、雨が降ったりすると、ホタルの数が減少するそうで、
その日は、急な夕立があったので、果たして光ってくれるかどうかちょっと心配ですーー;

f0233414_8463868.jpg

夏至直後ということもあって、辺りが真っ暗になるのは、午後8時過ぎ。
その頃になると、あっという間に人人人で公園内は、お花見の時のような賑わいです^^;
よ~く目を凝らして見て下さいね!^^ (ゴミが写っているのではありませんよ~^^;)

f0233414_8465235.jpg

光り出しました!
一匹光り出したかと思ったら、次々と光り出し、あっという間に乱舞し始めました!
公園内では、「あっ!光った!」とあちこちで人々の歓声が!

f0233414_8475979.jpg

公園内は、フラッシュを使っての撮影は禁止されているので、
わずかなホタルの放つ光を頼りにシャッターを押すしかありません。
なので、写っているんだか、いないんだか、よくわからないまま撮影することに・・・・^^;
(なにせ、辺りは、ほとんど真っ暗な状態で、液晶画面を確認することが出来ないんですよね・・・^^;)

f0233414_11225330.jpg

その場で目で見るホタルの光は、ハッキリとしているのですが、
カメラが捉えようとすると、急に光るのを止めてしまい、
何十枚と撮ったはずなのに、まともに写っていたのは、ほんの数枚という有様^^;

f0233414_8492711.jpg

渾身の一枚!
(これだけ撮るのに、どのくらい時間を費やしたかわかりません・・・^^;)

しばしホタルの小さな光の乱舞を愉しんでいると、
「俺の小さい頃は、こんな風景はザラにあった。そんな珍しいことじゃなかったのになぁー」
と隣で呟く中年の男性の声が何故かとても印象的でした。

昔は当たり前だったホタルが飛び交う自然を、今では、厳重な保護下でしか維持できないという現実。
このような時代に、この小さなホタルの灯火を絶やさないようにと、
公園への入場の際、ほたる保護基金として300円が徴収され、ホタルの保護活動に当てられています。

この日の、ホタルの発生数は、5000匹!
ピーク時(先週)は、1万匹を超えていたそうで、その時は本当に見事な光景だったことでしょうね。

来年も、再来年も、こうしてみんなで絶滅の危機に瀕しているホタルを楽しめるように、
この自然環境を守り続けて欲しいというのは、きっと私だけではなく、みんなの願いであり、
また私達、ひとりひとりが考えなければいけない問題なのだと思いました。
by azumino-macro | 2010-06-30 23:54 | 信州あれこれ

今日は、朝から良いお天気で、梅雨の晴れ間となり、
長野県内は日中の気温が30℃を超える暑さとなりました^^;
明日から来週にかけてまた梅雨空に戻り、お天気がぐずつく日が続くようなので、
今日は、とても貴重な一日です。

この貴重な晴れの日を有効に過ごそうと、
塩尻市にある高ボッチ高原に咲き始めたばかりのレンゲツツジを見に行ってきました。

高ボッチの「ボッチ」は、日本各地で伝承される巨人のダイダラボッチの「ボッチ」で、
高ボッチ高原は、ダイダラボッチが腰を下ろして一休みした場所なのだそうです^^;

f0233414_21515348.jpg

なるほど。
ダイダラボッチもきっと、ここに腰掛け、眼下に広がる諏訪湖を見下ろしたことでしょう?^^;

f0233414_22313322.jpg

この暑さで、空が白く霞んでしまい、イマイチはっきりと写っていませんが、
遠くに南アルプスの雄姿(甲斐駒ケ岳、北岳、千丈岳)をうっすらと見ることができました^^
(懐かしい~、昔登りましたね~^^)

f0233414_22343174.jpg

また、八ヶ岳連峰の山々も稜線を連ねています。(こちらも何回か行きましたね~)

f0233414_229423.jpg

その他、中央アルプスの木曽駒ケ岳、
乗鞍岳から穂高、そして安曇野から見える北アルプスの秀峰が連なります。
(写真にボンヤリとしか写らなかったので、UPしません。スミマセン^^;)

視界を遮る物がない360度のパノラマビュー!
その上、高原の涼風に吹かれて、気分爽快です!^^

f0233414_2228083.jpg

もちろん、レンゲツツジも、咲いていました!
その数、約三十万本といわれている高ボッチ高原のレンゲツツジですが、
残念ながら、まだ蕾のものが多く、今週末から来週にかけてが見頃のようです^^;

満開のレンゲツツジは、きっとオレンジ色のカーペットとなって、高原を彩ることでしょう^^

f0233414_22454512.jpg

今日は、下界の暑さとは無縁の高原の爽やかな風に吹かれて、
夏休みを先取りしたような気分を味わうことができました^^

梅雨明けの後に始まる夏休みには、高山植物が咲き乱れるお花畑を鑑賞しようと、
多くの観光客が涼風を求めてこの高ボッチ高原を訪れることでしょう^^
by azumino-macro | 2010-06-17 22:58 | 信州あれこれ

上高地は神降地


白馬の温泉で露天風呂に浸かりながら他の観光客と旅の情報交換をしていた時に、
「6月の始め、上高地の明神橋のあたり一面にニリンソウが咲いてそれはきれいだった」という話を聞きました。

今年はニリンソウが咲く時期(低山では、4月の始め)は引越で忙しかったので、
とても見に行く余裕はなかったのですが、(平地でも湿地帯なら咲いている所があります)
でもよく考えると、上高地ならまだ間に合うということですね^^

調べてみると、上高地へのマイカーの乗り入れ規制のため、
自家用車は釜トンネルまでしか行くことが出来ないそうなので、電車とバスを乗り継いで行くことに。
朝早く出発すれば、何とか日帰りできそうです^^

松本電鉄で新島々駅までノンビリと、その後、バスに乗り換え約1時間、
車がやっとすれ違える細い山道を奥へ奥へと進みます。
急に視界が開け、いきなり目に飛び込んできたのは、静かなグリーンの水面の向こうに堂々とそびえる穂高連峰でした。

f0233414_2259086.jpg

大正池でバスを降り、自然研究路を歩きながら、河童橋、明神池へ。
左手より、西穂高、奥穂高、前穂高、そして一番右手が明神岳。

f0233414_23203654.jpg

振り返ると、焼岳も見えます。

f0233414_2325258.jpg

大正池は、評判通りの神秘的な美しい所でした。

f0233414_23255690.jpg

田代池のあたりは、見事な新緑です。

f0233414_23285489.jpg

手前を流れる梓川はあまりに有名ですね。
(この梓川は松本市への方へと流れていき、松本市と安曇野市の境を流れる犀川に合流します)

f0233414_2331837.jpg

そして、目的のニリンソウですが、話の通り、咲いていました!

f0233414_045016.jpg

この花を見ると、spring ephemeral を感じます^^
spring ephemeralとは、春一番に咲き、花が終わった後は、葉も茎も跡形もなくなってしまう花を言います。
(但し、地下茎は残っていて、次の春、同じ所からまた芽を出します)
短い春を象徴しているかのような可憐な花が多いです^^

f0233414_23325638.jpg

その他にも、ワスレナグサ

f0233414_23332467.jpg

サンカヨウ

f0233414_23334689.jpg

オオカメノキ(ムシカリ)

f0233414_2334855.jpg

シロバナエンレイソウ

f0233414_2343424.jpg

イワカガミ

f0233414_23451871.jpg

自宅から約2時間。思ったより近かった上高地。
上高地は神降地。
ここは、安曇野の雰囲気とは全く違っていて、荘厳で神秘的なサンクチュアリ
人が住まうところではなく、神が住まうところ。
その美しい風景にはどこか人を寄せ付けない厳しさがありますが、
またそれが人々を魅了するのでしょうね^^

(「かみこうち」の名称は本来「神垣内」と漢字表記したそうですが、その後「上高地」が一般的となりました。
「神垣内」とは、穂高神社の祭神、穂高見命(ほたかみのみこと)が穂高岳に降臨し、
明神池と明神池の畔にある穂高神社奥社で祀られていることに由来しているそうです。)
by azumino-macro | 2010-06-10 22:36 | 信州あれこれ

白馬紀行余談

(昨日のふーみんの里白馬夢農場の記事にUPしなかった余談です)

夢農場に着いたのはお昼近く、「手打ち蕎麦」と書かれた旗が立っていたので、
手打ち蕎麦を食べてみることに。

今までの経験から、大概こういう場所での「手打ち蕎麦」は手打ち蕎麦でないことが多いので、
半分以上期待しないで注文すると、今打っているところなので、しばらくお待ち下さいと言われ、
フト見ると、

f0233414_21435177.jpg

ちゃあんと、おばちゃんが(失礼!)お蕎麦を打っているではありませんか!

看板通りの手打ち蕎麦!
素晴らしい景色を眺めながら、待つこと30分。
打ちたて、茹でたてのお蕎麦が登場。

f0233414_21442129.jpg

おばちゃんの打ったお蕎麦は予想以上で、さすが!そば処信州の実力を見た感じです。

そして、その後、山から下りて向かったのは、「みみずくの湯」という温泉でした^^
白馬には、源泉が違う温泉が数箇所あり、意外に知られていませんが、なかなかの温泉地なのです。

f0233414_223618.jpg

しかも、源泉かけ流し!
多くの温泉がろ過循環させている中で、かけ流しの温泉は非常に希少です^^

加水なし、加熱なし、ろ過循環なしの生粋の温泉です^^
(こんな写真しか撮れませんでした。スミマセン・・・)

f0233414_2235392.jpg

露天風呂からは、夢農場から見たのと同じ白馬三山の雄大な景色を楽しむことが出来ます^^

素晴らしい景色を眺めながら入るお風呂は最高ですね^^
開放的な気分になって、お湯に浸かりながら、地元の方といつの間にか温泉談義。

山が好き、自然が好き、温泉が好きという共通事項があるので、
見知らぬ者同士でも、いつの間にか、会話が弾みます。
白馬の観光情報もたくさん教えていただいたので、次回参考にさせていただくことに^^

最後、帰りに寄った道の駅で、かわいい山野草を見つけました^^

f0233414_22154284.jpg

ピンクの小さいかわいい花は、トキワハナガタ。カシミールやチベットの西部原産だそうです。
ブルーの小さな花は、忘れな草。
そして、チシマオダマキとサクラソウです。

たくさん買ったので、おじさん、忘れな草を一鉢おまけにつけてくれました^^

自宅から、車で約1時間半。
遠いようで思ったより近かった白馬。

雄大な自然と温かな人々。
スキー以外でもこんなに楽しめるとは!

次回来るときは、どこに行きましょうかねぇー?、やっぱり温泉?それとも?

(白馬方面への道は、平坦なので、私でも運転できるんですよね^^
 ただし、今回行った夢農場への山道は、もう二度と通る勇気はありませんが・・・^^;)
by azumino-macro | 2010-06-03 22:38 | 信州あれこれ

菜の花満開!白馬夢農場


先月UPした中山高原の菜の花畑と北アルプスというマッチングがあまりに素晴らしかったので、
二匹目のドジョウ狙いで、今日はもう少し足を伸ばして、
今菜の花が満開だという白馬村にある”ふーみんの里白馬夢農場”へ。
雪が多い地方なので、菜の花の開花時期が1ヶ月位遅いようです。

朝出発した時は、北アルプスは雲の中。
晴れて青空が出ていても、雪渓の雪解けによって発生する水蒸気のため、山には雲がかかり易く、
特に朝方は山が見えない日が多いという、このパターンにも、最近大分慣れてきました!^^;

f0233414_942719.jpg

北アルプスパノラマロードから大糸線と平行して走る千国街道の国道148号線を北上し、
仁科三湖としてと呼ばれる、木崎湖、中綱湖、青木湖を抜け、冬季長野オリンピックの会場ともなった白馬村へ。
(大糸線は、単線なんですね^^昔よくこれに乗って、沿線のスキー場に遊びに来ましたっけ^^)

f0233414_045881.jpg

すれ違えないくらい細い山道を車で行くこと数キロ。
前もって知っていたら来なかったのに!と思いながら、やっと到着。
(細い山道と高速道路は、苦手なんですよね・・・^^;)

ふーみん(風民)の里白馬夢農場は、白馬みねかたスキー場のリフトの終点付近にありました!
こんなに苦労してきたのですから、山が雲に隠れて見えなかったとしたら、本当にガッカリです。
果たして?

f0233414_2355481.jpg

ちょうど、山にかかっていた雲が上がろうとしていたところでした!(ラッキー♪)

f0233414_235913100.jpg

バックに雲が多いのが残念ですが、この季節にこれだけ山が見えるだけでもよしとしましょう^^

北アルプスの北部の山々がとても近くに迫って見えて、
中山高原の菜の花畑の風景とは、また違った美しさです^^

f0233414_0112739.jpg

どっしりと大きな山は、白馬三山と呼ばれる白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳。
その向こうには、小蓮華岳、白馬乗鞍岳。

白い雲と黄色の菜の花と北アルプス、この美しい風景に、時が経つのも忘れてしまうほどです^^

それにしても、今日の雲といい、昨日の雲といい、今週見る雲は、どれもこれも夏雲のようですね!、
入梅はもうそろそろかもしれません。
(入梅すると、こういう景色はしばらく見られないので、楽しむのは今のうちですね・・・;;)

f0233414_0175914.jpg

帰路の途中、山にかかる雄大な雲が織りなす不思議な光景に出会いました!

f0233414_0182240.jpg

薄明光線という現象だそうで、さながら、天へ登る階段のようです^^
(「天使の梯子」とか「天使の階段」と呼ばれることもあるようです)

こうして見ると、山を撮影する時には雲は邪魔者扱いされがちですが、
雲が造る風景もなかなか趣があって、時には感動を与えてくれますね^^
by azumino-macro | 2010-06-02 23:14 | 信州あれこれ

御柱祭!

今年は、諏訪大社で行われる七年に一度の御柱祭の年です。
今日は、諏訪大社の上社本宮で建御柱が行われました。

30℃近い暑さの中で、お祭りの盛り上がりは最高潮に!

f0233414_21123573.jpg

御柱祭とは、諏訪大社の社殿の四隅にあるモミの大木を建て替えるお祭りです。

f0233414_2113971.jpg

諏訪大社は上社と下社に分かれ、諏訪市に上社本宮、茅野市に上社前宮があり、
下諏訪町に下社春宮と下社秋宮があります。

f0233414_21141132.jpg

祭神として、上社は建御名方神(タケミナカタノカミ)、
下社は八坂刀売神(ヤサカトメノカミ)を祀りしています。

f0233414_21152742.jpg

祭りでは、長さ約17m、直径1m余り、重さ10トンを超える巨木を山から切り出し(山出し)

f0233414_21171710.jpg

人力のみで各神社までの道中を曳き(里曳き)、

f0233414_211758100.jpg

最後に社殿を囲むように四隅に建てます。(建御柱)

f0233414_21183053.jpg

約1時間かけてゆっくりと御神木は、天に向かって垂直に立てられ、「神」となりました。
(御柱は、記紀神話以前から諏訪地方で信仰されてきたミシャグジ神の依り代と謂われています)

来週末は、下社で同じように、御柱祭が行われます。

そして、次の御柱祭は、6年後の2016年です!
楽しみですね~^^
by azumino-macro | 2010-05-04 21:38 | 信州あれこれ

快晴のGW!

今日は、朝からピーカン天気!
GWの初日は素晴らしいお天気に恵まれました^^

雲ひとつない青空に北アルプスの白い稜線がくっきりと浮かび、
青と白のコントラストに思わずため息が漏れます。

f0233414_2232096.jpg

こんな日は、家で大人しくというわけにはいきませんね^^;

まだ満開の桜が見られるというので、
安曇野よりお隣の松川村を抜けて、大町市へお花見に。

f0233414_23122820.jpg

安曇野よりパノラマロードを日本海の方角にしばらく走ると
後立山連峰と呼ばれている蓮華岳より北に連なる山々がお出迎えしてくれます。

f0233414_23473697.jpg

大町から白馬にかけて連なる山々は、
安曇野から見る北アルプスの山々とはまた違って荒々しい印象です。

f0233414_23134547.jpg

大町市の東側に位置する鷹狩山の中腹にある山岳博物館の周りの桜は、
今がちょうど身頃です^^
満開の桜の後ろにそびえるのは、蓮華岳です。

f0233414_23125263.jpg

絵葉書にあるような景色が目の前に広がります。

f0233414_23131544.jpg

こちらは、赤沢岳、鳴沢岳、岩小屋沢岳の連なり。

f0233414_2314979.jpg

そして、爺ケ岳と鹿島槍ヶ岳、2500mi以上の険しい尾根が続きます。

f0233414_22155780.jpg

槍ヶ岳周辺に源を発する高瀬川の水は、北アルプスに積もった雪解け水で、
とても冷たそうです。

f0233414_2316112.jpg

鹿島槍スキー場にある黒沢高原には、雪解けの跡に水芭蕉がひっそりと咲いていました。

f0233414_23163623.jpg

キクザキイチゲも可憐な花を咲かせていて、今がまさしくspring ephemeral!
約1ヶ月ほど遅れて、この辺りにも、やっと春が訪れたようです。

f0233414_2317961.jpg

GW、みなさんは、どんな風景に出会いましたか?

GWはまだまだ続きます^^
明日も良いお天気でありますように!
by azumino-macro | 2010-05-01 22:20 | 信州あれこれ