安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

タグ:信州 ( 179 ) タグの人気記事

10月66、7、8日と松本城公園で恒例のそば祭りが開催され、
今年も行ってきました^^

f0233414_22572167.jpg

お天気は曇り空でしたが、会場は、沢山の人で賑わっていました^^
(さすが信州!そば好きは多いようですね^^)

f0233414_21241460.jpg

国宝松本城とはるか遠くにそびえる北アルプス
信州松本ならではの、素晴らしい景色ですね!

f0233414_21254052.jpg

まずは、昨年食べて美味しかった「江戸流手打ち蕎麦 鵜の会」

そして、お次は、今年初めてのトライで「NEXCO中日本グループ」

f0233414_21265594.jpg

鵜の会では、名人がデモストで蕎麦打ちを披露してくれていました。
正確に、細くお蕎麦を切っていく技術に感嘆です!^^

f0233414_2354089.jpg

江戸前は、二八だそうで、二八の美味しいお蕎麦でした^^

f0233414_21275764.jpg

こちらの蕎麦は、「NEXCO中日本グループ」のかけ蕎麦。
NEXCOとは、高速道路公団のことで、蕎麦好きの社員が
今日は、お蕎麦屋さんに変身して、お店を切り盛りしてくれました^^

f0233414_21301347.jpg

そして、3軒目は、とうじそばで有名な奈川のお蕎麦です。

f0233414_2394587.jpg

お~お~、大きな投じ籠で、やってくれていますね^^

f0233414_2131326.jpg

そろそろ温かいとうじそばが恋しくなってくる季節ですね^^;

寒い土地柄の信州ならではの智慧がつまったとうじそば。

f0233414_2316550.jpg

このごろ、めっきり涼しくなり、秋も本番。
冬支度への準備を始める頃となりました。

例年なら、北アルプスが綺麗に見えてくる頃なのですが、
今年は、雲で覆われていることが多く、写真撮影にははずれの年のようです^^;
by azumino-macro | 2012-10-07 23:16 | そば三昧
最近、やたらと温泉巡りをして、
まったり湯ったりタイムを愉しんでいます^^

その中でも、ご紹介したい温泉
浅間温泉 目の湯 中町

f0233414_21164883.jpg

目の湯旅館は、15時~21時の間は日帰り温泉も利用が可能ということで、行ってみました^^

古いけれど、どっしりとした堂々とした佇まいですね。

f0233414_21232154.jpg

「目の湯」という旅館名の由来は、
単純アルカリ性(ホウ酸分を含んでいる)で目に良いと言われているからだそうで^^;

果たして、どんなお湯でしょう?

f0233414_2126774.jpg

内湯は、こんな感じでした。
源泉かけ流し100%。

純粋な温泉ですね^^

f0233414_21265596.jpg

露天風呂は、丸い木桶のお風呂で、
街中の露天風呂なので、あまり解放感はありませんでしたが、
それでも、街中でこれだけ静かなのは、不思議なくらいでした。

木桶の湯船も、なかなか良いですね。
(露天風呂というと、岩風呂が多いので)

f0233414_2131220.jpg

そして、お次は、塩尻市にある崖の湯温泉 薬師平 茜宿

f0233414_21341968.jpg

お風呂の前に、お食事処で、お蕎麦を頂きました^^

f0233414_21345383.jpg

このお蕎麦が、なかなか美味しかったです^^

f0233414_21354859.jpg

内湯は、こんな感じでした。

f0233414_21363797.jpg

そして、これが外湯の露天風呂

f0233414_21381459.jpg

この日は、雨上がりの曇り空だったため、景色は見えませんでしたが、
晴れていたら、塩尻の市街地や北アルプスが望める展望風呂のようです。

f0233414_21421428.jpg

ゆっくりと静かに注ぎ込む温泉のお湯の音を聞きながら、
周りの風景を目で愉しみ、ぬるめのお湯にゆったりと浸っていると、
自然と身も心もほぐれて、リラックスしますね^^

今年は、残暑が厳しかったけれど、
ようやく秋らしい季節感を感じられるようになってきました。

秋の温泉も、これまた楽しみですね^^



by azumino-macro | 2012-09-22 21:46 | 温泉ライフ
以前から行ってみたかった乗鞍高原のそば処いがやに行きお蕎麦を食べ、
白骨温泉の白船荘で温泉に浸かってきました^^

f0233414_20435361.jpg

乗鞍岳もよく見えて素晴らしい景色です。

f0233414_20483743.jpg

地元のおばちゃん達が打つ蕎麦が美味しいと評判のお店。
以前から一度食べに来たかった蕎麦屋さんです。

f0233414_20514150.jpg

野沢菜漬けと蕎麦団子

f0233414_20551288.jpg

モロッコインゲンの胡麻和え、ブドウの葉の押し寿司と煮物

f0233414_2143498.jpg

ブドウの葉の押し寿司の中身は、鱒寿司になっていました。

f0233414_21125973.jpg

乗鞍高原でとれたそば粉10割で打った十割蕎麦。

f0233414_21143370.jpg

乗鞍高原は、もうすでに秋がやって来ていました^^

f0233414_21175945.jpg

お蕎麦の後は、白骨温泉まで足を伸ばして、乳白濁のお湯に浸かってきました^^v

f0233414_21555042.jpg

内湯は、こんな感じでした。

f0233414_21565671.jpg

そして、長い長い通路と階段を裸で(^^;)で歩いて行くと、
ひっそりと佇む露天風呂に行き着きました。

f0233414_220083.jpg

お湯は真っ白、源泉かけ流し。
湯の花が固まって、石筍のようになっていますね^^;

f0233414_224368.jpg

山の斜面に作られた小さな露天風呂。
木漏れ日を浴びながら入る乳白濁のお湯は、最高の癒しタイムですね^^

f0233414_2265276.jpg

夏の終わりに見たキベリタテハ。
(何故か、タイヤに止まっていたんですよね^^;)

大好きな蝶を追っていたら、夏も終わり、秋になってしまいました。

安曇野は、まだまだ日中は暑いですが、夜は虫の大合唱です^^;
by azumino-macro | 2012-09-09 22:09 | 信州あれこれ

爺ケ岳登山

夏山登山、今年も何とか行ってきました^^v

目指すは、爺ケ岳。

今回は、体力的、日程的に、鹿島槍ヶ岳までの縦走は無理だとの判断で、
爺ケ岳のみの登頂としました。

f0233414_18383311.jpg

朝から、姿を見せてくれた爺ケ岳(左)と鹿島槍ヶ岳(右)
お天気はまずまずのようです^^

f0233414_18495829.jpg

途中見下ろすと、遥か眼下に、黒部ダムや立山への中継地、扇沢の駅が見えます。

f0233414_18521129.jpg

今夜泊まる「種池山荘」。爺ケ岳の稜線上にあります。

f0233414_1854197.jpg

蓮華岳(左)と針の木岳(右)

f0233414_1859112.jpg

そして、これが爺ケ岳の南峰山頂です。
(ピークが三つあり、最も高い中央峰の標高は2,670m)

f0233414_1921838.jpg

種池山荘にザックを置き、身軽になって、山頂を目指します。
途中、振り返ると、立山(左)、剣岳(右)が見えました^^

f0233414_19175416.jpg

お隣の鹿島槍ヶ岳も、何とか見ることができました^^

f0233414_19105685.jpg

目も覚めるような素晴らしい景色!

f0233414_19114545.jpg

爺ケ岳は、立山、剣岳の展望が良く、後ろ立山連峰、と言われる所以ですね^^
(後ろ立山とは、京都御所側から見た名称のようです^^;)

f0233414_19141384.jpg

山の天気は変わり易いと言われています。
この絶景も、この後すぐに雲に覆われ、全く見えなくなってしまいました^^;

f0233414_1916920.jpg

トレーニング不足でしたが、何とか登頂することができました^^v
(南峰で、ギブアップでした^^;)

f0233414_19271665.jpg

翌日は、曇天で、ご来光は拝めませんでしたが、
短い時間でしたが、山頂より絶景を眺めることができ、
夏山の魅力を満喫することが出来ました^^v

今度来るときは、鹿島槍ヶ岳への縦走路を歩きたいと思います^^
by azumino-macro | 2012-08-18 19:23 | トレッキング
北アルプス夏山登山のためのトレーニングとして
八方尾根トレッキングコースを今回は、丸山ケルンまで歩きました。

f0233414_22142557.jpg

第一ケルン、第二ケルン、と順調に過ぎる頃、

f0233414_22152797.jpg

北アルプスを覆っていた雲が上がり始め、白馬三山がその雄姿を現してくれました。

f0233414_2217517.jpg

いつも愉快な顔(?)の八方ケルンも過ぎ、しばらく行くと

f0233414_22184184.jpg

八方池が見えてきました。

f0233414_22202798.jpg

左から、白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳。

f0233414_22275073.jpg

このコースは、今まで何度も来たことがありますが、
これほど、周囲の景色がはっきりと見えたことはありません。
(しばし、感激です!^^v)

f0233414_2228595.jpg

そして、八方池も過ぎ、

f0233414_22295357.jpg

丸山ケルンを目指します。

f0233414_22304369.jpg

途中、大きな雪渓があり、
辺りは、ヒンヤリとした空気が流れていて、その涼しさに生き返りました!^^;

f0233414_22375161.jpg

左手には、鹿島槍ヶ岳と五竜岳が、少しだけ姿を見せてくれました^^

f0233414_22384592.jpg

やっとのことで、丸山ケルンに到着!^^v

f0233414_2240196.jpg

北アルプスの山々が、目の前に迫り、その迫力は圧巻です^^;

f0233414_224301.jpg

帰りには、鹿島槍ヶ岳も五竜岳も、姿を見せてくれました!

f0233414_22443326.jpg

リフトの時間もあって、八方池の周りには、もうすでに人影もなく、
静かな湖面に水を湛えている姿を写真に収めることが出来ました^^

今回は運よく、雲が上がってくれたので、
八方尾根の魅力を満喫できる素晴らしい一日となりました^^v
by azumino-macro | 2012-08-12 22:50 | トレッキング
第1回聖山音楽祭が7月28日、29日の両日開催されました。

オープニングセレモニーは、旧大岡村にある樋知(ひじり)大神社の境内にあるお種池で行われました。

f0233414_2054939.jpg

聖山の山すそには、数多くの泉が湧き出しています。
そのひとつ、樋知(ひじり)大神社の境内にあるお種池には次のような伝説があります。 

f0233414_2061132.jpg

越後から熊野へ向かう修行僧は、聖山の麓で一泊したさい、
夢に現われた熊野権現から聖山で修行するようお告げを受けました。
僧は、お告げに従い山にこもって修行に励んでいました。

f0233414_2084292.jpg

ある日、山を下りた僧は、旱(ひでり)のため水不足に苦しんでいる村人の窮状を知り、
日夜を問わず必死に祈りました。
祈りはやがて天に届き、僧の手に授けられた水玉からあふれ出した水から、お種池ができました。

f0233414_2010569.jpg

村人を救ったこの僧はのちに、「学道さま」と呼ばれるようになりました。
旱が続くと村人は、お種池の中にある祠のまわりを歩いて雨乞いの祈りをしました。
雨乞いは明治初期まで行われたそうです。

f0233414_20111916.jpg

スワルマンダル演奏者のチャーリーみやもとさんの幻想的な演奏と
青柳ひづるさんの舞踏。
二人の織りなす幻想の世界が、わたし達を、古の世界へと誘います。

f0233414_20144390.jpg

その後、場所を移動して、聖山山頂付近にあるブナの木にて

f0233414_2018841.jpg

まずは、ヘルマンハープの演奏から

f0233414_2020086.jpg

ヘルマンハープは、このような特殊な楽譜を楽器に挟み、書かれた音符の通りに
両手の指で弾いて、音を出します。
楽譜の読めない初心者でも、簡単に弾くことが出来る美しい音色の楽器です。

f0233414_2024954.jpg

次に演奏されたのは、ギター演奏者であり、ギター製作者である白柳淳さん。

f0233414_20263724.jpg

そして、ラストは、ルミエール・ドゥ・ソレイユの合唱
音楽祭のテーマ音楽でもある「母なる木のうた」も歌われました。

この音楽祭の模様は、Youtubeで配信中です。
野外で行われたオープニングセレモニーは、必見ですよ^^

聖山音楽祭2012オープニングセレモニー「命の泉

聖山音楽祭2012野外コンサート 母なる木に捧ぐ ヘルマンハープ演奏

聖山音楽祭2012野外コンサート 母なる木に捧ぐ 合唱
by azumino-macro | 2012-08-07 20:37 | 信州あれこれ
明日28日(土)と29日(日)の2日間、
当ブログで何回かご紹介したことのある旧大岡村(現在長野市)で
実行委員と事務局の仕事を引き受けていた「聖山音楽祭2012」が開催されます。

f0233414_8441511.jpg


f0233414_8441434.jpg


f0233414_8475251.jpg


f0233414_8474188.jpg

樹齢300年以上と推定されている「ブナの木」に捧げる「母なる木の歌」がきっかけとなって
開催されることになった音楽祭。

作曲家でいらっしゃる林晶彦さん、ギタリストの白柳淳さん、
スワルマンダール演奏家のチャーリー宮本さん、
と多方面で活躍されている方々をお招きしての、音楽祭の第一回目です。

一人でも多くの方に楽しんで頂きたいと、プログラムは、盛りだくさんです^^

チケットは、当日でも購入できます。
是非、風光明媚な大岡の風景と、音楽のコラボレーションをお楽しみ下さい^^

聖山音楽祭2012のHP
by azumino-macro | 2012-07-27 08:54 | 信州あれこれ
このレンゲツツジの咲く季節に、昨年も訪れた
美ヶ原にある白樺平に、満開のレンゲツツジを見に行って来ました。

f0233414_23305350.jpg

白樺の林の中に広がる、レンゲツツジの群落

f0233414_2332348.jpg

幻想的で神秘的な風景が、そこに佇む者を、幽玄な世界へと誘います。

f0233414_23363492.jpg

毎年見に来ても、飽きない美しい風景が、そこにはあります。

f0233414_23423755.jpg

美ヶ原高原美術館傍のレンゲツツジも見に行ってみました。

f0233414_23452869.jpg

こちらは、少し標高が高いこともあって、8分咲きというところでした。

f0233414_23504216.jpg

振り返ると、遥か遠くに、北アルプスが稜線を連ねていました。

f0233414_23492176.jpg

槍ケ岳もお目見えです^^v

頂きの雪も少なくなり、夏山へと変身している最中のようです。

今年は、トレーニング怠っているので^^
北アルプスは、遥か遠い存在です^^;
by azumino-macro | 2012-07-02 22:57 | 信州あれこれ

霧ヶ峰八島が原湿原

あまりの陽気なお天気に誘われて、

f0233414_0273351.jpg

霧ヶ峰高原にある八島が原湿原に高原の空気を吸いに出掛けてきました^^

f0233414_033324.jpg

ところどころに、地塘が点在している風景は、神秘的な美しさを湛えていますね。

f0233414_039737.jpg

池溏(ちとう)は、湿原の泥炭層にできる池沼で、
高層湿原 が形成される過程において、堆積した泥炭層の隙間が水で涵養された部分だそうです^^;

f0233414_0405259.jpg

湿地帯を流れる川の清流も清々しさが漂っています。

f0233414_0431527.jpg

レンゲツツジも咲いていました^^

f0233414_0524781.jpg

木々の葉っぱが青々としていて、とっても美しいですね^^
緑の小路を歩いていると、心が弾んできます^^

f0233414_0435239.jpg

日中は、28℃近くまで気温が上がったため、
高原の空気は、涼しくて気持ちが良かったです。

梅雨を通り過ぎて、夏がやって来たかのような雰囲気の一日でした^^
by azumino-macro | 2012-06-26 23:49 | 信州あれこれ

中山高原、菜の花畑

ブログ更新、遅れています^^;

今頃、という感なきにしもあらずですが、
今年も中山高原の菜の花を見に行ってきました。

f0233414_2285941.jpg

昨年は、鹿に食べられ全滅したそうですが、
今年は、一部、咲いていたので、少しほっとしました^^

f0233414_2292416.jpg

それでも、二年前のように、一面菜の花畑とは、ならず・・・・^^;
二年前にUPしたあの美しい中山高原の菜の花畑の風景が、とても懐かしく、
もう一度是非、見たいものですね^^;

f0233414_22172924.jpg

今年も、幻の池は、ちゃんと出現していたので、それだけでも、ほっとしました。

f0233414_22273281.jpg

来年は、菜の花畑が、元のように再生しているといいですね。
絶景を期待して、楽しみに待つことにいたしましょう^^

f0233414_22195331.jpg

中山高原近くで見た田植えの風景

f0233414_22212220.jpg

こんな美しい風景の中で、農作業ができるなんて、
なんてシアワセなのでしょう!

信州の美しい大自然に抱かれて、
日々を生きることができる幸せを実感できた一日でした^^v

(写真のUPが遅くてスミマセン!少しずつ遅れを取り戻していきますね^^;)

by azumino-macro | 2012-05-31 22:25 | 信州あれこれ