安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

タグ:日常 ( 271 ) タグの人気記事

絵になる安曇野

朝の最低気温-2.6℃、最高気温15℃!

いやぁ~、やっとやってまいりましたよ、春が!(待ってました!^^;)

f0233414_229338.jpg

朝の内は、少し霞みがかったような景色でしたが、

f0233414_22103246.jpg

次第に晴れて、すっきりとしたお天気になりました^^v

f0233414_22111131.jpg

そうとなったら、やはりカメラもってお出掛けですかね^^;

このところご無沙汰していた池田町立美術館へ行ってきました。

f0233414_22135353.jpg

一番の撮影ポイントには、すでに先客がして、
ご覧の通り、雄大な風景をキャンパスに切り取って描いていました。

f0233414_22154669.jpg

お話を伺うと、お天気が良かった一昨日と今日でここまで仕上げたそうですが、

「遠くから来ているので、この絵がいつ仕上がるかは、わからないねー」
「ここに住んでいたら、お天気の良い日に来て描けるんだけど、ね」と、残念そうにおっしゃっていました。

f0233414_2226222.jpg

安曇野に住んで、あさってで丁度2年。

油絵は描けませんが、水彩画なら得意なので、
そのうち、スケッチブックと水彩絵具を持って、安曇野の美しい風景を描けたら最高ですね^^

f0233414_22271644.jpg

本日、NHKの夕方の番組「イブニング信州」の中の「撮るしん。」のコーナーで、
先日、HP「撮るしん。」にもUPされた「春の小川」が放映されました^^v
by azumino-macro | 2012-03-29 22:30 | 安曇野あれこれ

春の訪れ

今日の最低気温-4.5℃(まだマイナスなんですよねぇー^^;)
でも、最高気温は、11.9℃と、やっと平年並みになりました^^v

f0233414_21405852.jpg

春らしい雰囲気に包まれた北アルプス

昨日、冷たいみぞれが降ったなんて、嘘のよう^^;
暖かな一日となりました。

f0233414_2255684.jpg

スカイブルーとホワイトスノーの色合いが美しいですね^^

f0233414_2265282.jpg

あまりの良いお天気に誘われて、塩尻の方へ遊びに行ってみました。

f0233414_6322286.jpg

塩尻を走る「やまびこ自動車道」から見た北アルプス

f0233414_22122192.jpg

ここからだと、ちょこっと槍ケ岳の矛先が見えるんですよね^^

f0233414_22132498.jpg

もうそろそろ3月も終わり。

今年はいつまでも寒い日が続いており、春の訪れが遅いようですが、
ゆっくりとですが、安曇野も春へと近づいて行っているようです^^

f0233414_6461282.jpg

昨夜は、雲が多くて撮影できなかった「金星・月・木星」の天体ショー

今夜は、一列には並びませんでしたが^^;
星空にも、春の宵の雰囲気が漂っていますね^^
by azumino-macro | 2012-03-27 21:38 | 安曇野あれこれ

春の小川

今朝の最低気温-2.5℃とまだまだ寒い安曇野ですが、
お彼岸も過ぎたので、やはり春らしい雰囲気がそこここに感じられるようになりました^^

f0233414_21335465.jpg

風はまだ冷たいですが、降り注ぐ太陽の光は、暖かく、春らしい柔らかさが感じられます。

f0233414_21351548.jpg

いつも北アルプスを覆っていた雪雲も取れ、山々も春を感じているかのようですね^^

f0233414_21383750.jpg

大王わさび農場の中を流れる蓼川です。

水草の繁殖から、水がかなり綺麗だということが分かりますね^^

f0233414_21394468.jpg

川面に、おひさまの光が反射して、それはそれは綺麗でした^^
思わず、「春の小川」を歌いたくなるような、日本の原風景が、安曇野にはまだ残っています^^

f0233414_21433683.jpg

白鳥さん達も、まだ、かなり残っているようです^^

f0233414_2145262.jpg

だんだん、大きな集団で、飛び立つことが多くなってきました。

f0233414_21483515.jpg

こうしてまとまって、大きな集団となって、北へ帰っていくのだそうです。

f0233414_21501759.jpg

春の到来と引き換えに、コハクチョウとはお別れです。

f0233414_2152513.jpg

安曇野は、これから、陽光降り注ぐ美しい季節を迎えます。

サヨナラ、コハクチョウ。
また、今年の秋、寒くなるころ、安曇野へ戻って来てね^^
by azumino-macro | 2012-03-21 22:02 | 安曇野あれこれ
映画「地球交響曲」のプロデューサー龍村ゆかりさんが中心となって進めている
里山・古民家再生プロジェクト「瑠璃光庵」のお掃除をするため、
ボランティアとして参加してきました。

f0233414_2310414.jpg

築100年ほどの古民家は、どこもかしこも痛んでいて、
それを再生するにはかなりの手間と時間がかかりそうですが^^;

取り敢えず、2階の養蚕室にある養蚕関係の道具を別棟へ移動させることになりました。

f0233414_23145866.jpg

ここ長野県の山間の山村集落では、一昔前までは、
養蚕とタバコが、主な現金収入だったようで、

まずは養蚕が、そして今ではタバコまでもが衰退してしまい、
収入源にはならないため、若者層が仕事を都会へ求めて村を出て行ってしまい、
日本にある多くの山村が、老人ばかり住む限界集落となりつつある要因の一つとなっているようです。

f0233414_2318111.jpg

これは、養蚕に使う道具で、お蚕さんが、繭を作るときに使うものだそうで、
(小さな枠の中に幼虫が入って、サナギになるのだそうです)

f0233414_23194432.jpg

この枠板にはめて、天井から吊るしてして、お蚕さんの作った繭玉を取るのだそうです。

f0233414_23221624.jpg

ここは、別棟の新しい養蚕室。

周りの畑で育てた桑の葉を取ってきて、ここで蚕を育てるそうです。

f0233414_23242471.jpg

瑠璃光庵の周りには、今を盛りに咲く福寿草が見頃になっていました^^

f0233414_23252753.jpg

何でも、鹿は福寿草を食べないので、こうして至る所に残っているそうで^^;
そう言えば、福寿草って、名前に似合わず、毒草だそうで^^;
食用に出来ないと、植物図鑑に載っていました^^;

f0233414_23273319.jpg

瑠璃光庵の前には、こんな風景が広がっています。

翌日は、周りの竹林を切り開き、桑の苗を植えるそうで、
一歩ずつ、昔の日本にあった山村生活が現実に復活していくことになり、
これからの瑠璃光庵の変貌が、とても楽しみです^^

f0233414_23321140.jpg

日本を長年支えてきた里山文化を再生しようと立ち上がった「瑠璃光庵」プロジェクト。

一緒に、活動して頂ける方を只今、募集中です。
里山・古民家再生にご興味のある方、趣旨にご賛同頂ける方なら、どなたでもご参加して頂けます。

これから、桑の木植樹、真綿作り、竹炭作り、味噌作り、醤油作り・・・・などなど
いろいろなワークショップを計画中だそうなので、ますます楽しく人が集う場となりそうですね^^
by azumino-macro | 2012-03-20 23:42

講演会 翌日

講演会の翌日は、お楽しみ、大久保地和子先生とKIIX卒業生の仲間を
四賀村の福寿草群生地と安曇野にある今季の営業が始まったばかりのシャロムヒュッテへ
お連れすることにしました。

f0233414_2337414.jpg

生憎とお天気は曇天の空模様、今にも雨が降り出しそうな気配だったため、
福寿草は、この通り、花を閉じてしまっていました><;

f0233414_23454017.jpg

日光に当たると開花するようで、お天気のせいで、
満開の福寿草の黄色のカーペット状態をお見せできず、とても残念でした^^;

f0233414_23523885.jpg

その後、安曇野へお連れしましたが、やはりお天気のせいで、北アルプスは全く見えず><;
ランチを頂きに、マクロビオティックカフェ「シャロムヒュッテ」へ直行しました^^;

そして、これが酵素玄米のワンプレート

f0233414_23573475.jpg

玄米カレーセット
ひよこ豆のカレーが、とっても美味^^

f0233414_23553668.jpg

ピザ生地がモチモチしていて、とっても美味しいと評判のシャロムさんの石窯焼きピザ
これはチーズなしのピザですが、生地の美味しさが際立つ感じです。

f0233414_0058100.jpg

こちらは、海苔がのったお醤油味のちょっと変わったピザ

f0233414_023781.jpg

そして、甘酒のカプチーノ仕立て

昨日から、ご馳走攻めで、ちょっと食べ過ぎ、お腹が苦しいです^^;

sabouしがむすびやさんで、福寿草を見ながら、移動中の車の中で、
そして、シャロムヒュッテで、と、同じ思いを共有する仲間と共に
大変楽しい時間を過ごすことが出来ました^^v

今度は、是非、北アルプスが綺麗に見える日に、安曇野をご案内したいと思います^^

また、遊びに来て下さいね~^^
by azumino-macro | 2012-03-20 00:15 | 安曇野あれこれ

コハクチョウの北帰行

今季、安曇野に飛来したコハクチョウの数は、最高だった2月16日の1338羽から徐々に減り、
安曇野市HPの情報では、3月12日現在では、残っているのは750羽ほどだそうで^^;

このところ雪の日が多かったせいもあり、
すっかりコハクチョウの撮影から遠のいていたので、慌てて、撮影しに行くことにしました^^;

f0233414_22104681.jpg

御宝田遊水地には、一羽もいなかったので、まさかもうすでに北帰行してしまったかと焦りましたが^^;
北穂高の田んぼに行くと、コハクチョウの姿が!

f0233414_22131034.jpg

みんな、相変わらず元気ですね!^^
コハクチョウの変わらない元気で賑やかな様子を見たら、何だかホッとしました?^^;

f0233414_22145447.jpg

午後の餌やりの時間、コハクチョウ達がひと際声高く賑やかになる時間。

雪の日も、餌やりのおじさんは、こうしてコハクチョウにえさをあげて下さったのでしょうね。
安曇野に飛来するコハクチョウは、幸せですね^^

f0233414_22244623.jpg

お腹もいっぱいになると、今度は、御宝田遊水地の白鳥湖へ向けて、飛び立っていきます。

f0233414_2222289.jpg

毎日、毎日繰り返されているこの日課のようなコハクチョウの行動も、
もうそろそろ見られなくなるのかと思うと、毎年のこととは言え、ちょっぴり寂しいですね^^;

f0233414_22275984.jpg

北帰行のコハクチョウの群れを見ることはできませんでしたが、
30、40羽ほどが、北に向かって一斉に飛び立ち、V字型になって高度を上げて飛んでいくそうで、

シベリアの大地に辿り着くまで、休むため何か所かに立ち寄るそうですが、
どうやら大変な思いをして、帰っていくようです^^;

f0233414_22345570.jpg

この冬、カップルになったばかりのコハクチョウもいて、
人間にも通じる愛情表現が、何とも微笑ましいですね^^
(二羽が首を曲げてハート型を形作っているところに注目!^^b;)

f0233414_22294319.jpg

来季は、かわいい幼鳥を連れてファミリーとなって、
是非、また安曇野へ帰ってきて欲しいものです^^

f0233414_22413139.jpg

今日の最低気温、-6.6℃、最高気温4.7℃、両方とも、2月上旬並みだそうで@@;
この分だとコハクチョウも、もう少し、安曇野でゆっくり過ごしてくれるかもしれませんね?^^;

f0233414_22403398.jpg

今年こそ、北帰行の写真、撮れるといいな、と思っていますが・・・・?^^;

コハクチョウの行動に詳しいカメラマンの方のお話では、
何でも、飛び立つ前に相当練習飛行をするそうで^^;

f0233414_23455010.jpg

何がその日を決定するかは分からないそうですが、
早朝、或いは、夜間に、ある日、突然、一斉に飛び立つのだそうです。
 
そんなコハクチョウの一群を、一度は、見送ってみたいものです^^
by azumino-macro | 2012-03-13 22:45 | 安曇野あれこれ

3.11に

今日は、東日本大震災の一周年ですね。

3月11日の14時46分をどう過ごそうか、いろいろ考えた末、
前から一度やりたいと思っていたことをやることにしました^^;

f0233414_21431757.jpg

まず一つ目は、今月8日に開通した林道長峰線を使って長峰山山頂へ行くことにしました。
(先月、歩いて登ってから、この景色を見るのは、約1ヶ月ぶりです^^)

辛うじて北アルプスがボヤ~と見える程度で、
けっして良い眺めという訳ではありませんでしたが^^;

f0233414_21442336.jpg

目的は、ここで、最近やっと弾けるようになったライアーを演奏することだったので、
景色がイマイチなのは、目をつぶることにしましょう^^;

ライアーの練習を始めて半年、
たどたどしい演奏ながら、「春の小川」と「ふるさと」を弾きました。

東北の被災地の一日も早い復興を願いながら。

f0233414_21502324.jpg

林道が開通したので、また、お天気の良い北アルプスが綺麗に見える日には、
ここからの素晴らしい景色を楽しむことができますね^^

東北の被災地と同じく、信州も今年は雪が多く、春が待ち遠しいこの頃です。

f0233414_21543772.jpg

もう一つの目的地は、大町にある霊松寺。
霊松寺までの車道は、雪が深く、車は入っていくことができないため、
1.5kmを歩いて、30分かかって、やっと到着しました^^;(想定外?^^;)

f0233414_21575958.jpg

震災が発生した14時46分に合わせて、
日本にある多くのお寺が法要の鐘を撞くことになっていると聞いたので、やってきたのですが、

到着したのは、14時40分、ギリギリ間に合ったのはいいですが、
どうやら、誰もいませんねぇー?^^;

f0233414_222783.jpg

などと、思っていたら、後から、袈裟を着た霊松寺のご住職の方が雪を掻き分け登ってきて、
これから、震災の発生時間14時46分に合わせて鐘を衝くため、法事の途中でやって来た、
とおっしゃるではありませんか^^;

「いや~、思ったより雪が深くて、車は途中で置いてきましたよ。あなたも歩いて来られたのですか?」と
ちょっと驚かれたご様子^^;

そうこうしている内に、時計を見ると、もう46分です!@@:

「それじゃ、一緒に、撞きましょう。いやぁーよかった、一緒に撞く人がいて」と、
にっこりされるので、お言葉に甘えて、

f0233414_2265356.jpg

霊松寺のご住職とご一緒に、慰霊の鐘を交互に撞かせて頂くことに^^;
(思わぬ展開に、少々焦りましたが・・・・^^;)

ご住職が読経される中、心を込めて、力を込めて、思いきり鐘を衝きました。
初めての経験だったので、全身に響き渡る大きな音に、自分でもビックリ^^;

撞き終わった後、霊松寺の高台から遠くに見える北アルプスと大町の市街地を眺めていたら、
遠くの方で、別のお寺の鐘の音が聞こえました。

こうして、14時46分から数分間に渡り、
日本各地のお寺から発せられた慰霊の鐘楼の音は、厳かに鳴り響いたのでした。

f0233414_221136.jpg

やっと、一年が過ぎました。

もう、一年が経ってしまいました。

きっと、人の想いはそれぞれだとは思いますが、

私達の中で、確実に何かが変わってしまったというのは、間違いないようです。

震災後、2度目の春が、もうすぐやって来ようとしています。

(先日UPした「雪の棚田と北アルプス」の写真が、「撮るしん。」に掲載されました^^v)
by azumino-macro | 2012-03-11 22:21 | 安曇野あれこれ

届いた春の便り

本日、関東地方にある実家から宅急便で届いたのは、庭で採れたというフキノトウでした。

f0233414_20492537.jpg

春の山菜の代表格、フキノトウが出回ると、とうとう春が来たという実感が湧きますね^^

安曇野でフキノトウが採れるのは、もう少し先ですが、
このところの暖かさで、水も地面も木々も、冬の眠りから目覚めたかのようです。

もう少しの我慢、ですね、きっと^^;

f0233414_2052338.jpg

早速、天ぷらにして頂きました^^
(ご馳走さまでした~^^)

春一番の味は、ちょっぴりほろ苦かったです^^;

f0233414_20562496.jpg

そして、これは、穂高パソコンプラザさん「こっふぇる梅太郎安曇野出張所」に届いた
こっふぇるさんのパンです^^

f0233414_2124786.jpg

同封されていた、「こっふぇる梅太郎安曇野出張所」のご案内

前もって、穂高パソコンプラザさんに注文しておくと、週に2回の受取日にパンを受け取ることができます^^
配達料がかからないので、とっても便利で、お得ですね^^

f0233414_2116549.jpg

こっふぇる梅太郎さんの新しいお店「ハルハナ堂」さんのパンについては、こちらをご覧下さい。

久しぶりに、こっふぇるさんのラスクを頬張りながら、

娘曰く、「う~ん、久しぶり!この味!やっぱ、このラスク、サイコー!」
とニコニコ顔。

ヨカッタね、これからも、大好きなかぼちゃクロワッサンもラスクも、食べられることになって・・・^^

こっふぇるさん(ハルハナ堂さん)、そして穂高パソコンプラザさん、
このようなシステムにして下さって、我が家は、とっても助かっています^^

どうも、ありがとう!感謝です^^
by azumino-macro | 2012-03-08 21:14 | 日々のあれこれ

講演会の広報活動

昨日は、またもや上雪が降り、窓の外は真っ白な朝^^;
ところが、今日は一転して、気温が最高16.6℃まで上がり、ポカポカ陽気の一日となり@@;
この所のお天気の移り変わりは、予想以上に激しいです^^;

そんな破天荒なお天気も物ともせず^^;
3月17日に開催を予定している大久保地和子先生の講演会への参加者を募るため、
このところ、いろいろ場所に出向いては、ちらしを置いて頂くという広報活動をしています。

f0233414_21151551.jpg

今日は、岡谷市にある自然食品のお店Cambioに行ってきました^^;
(岡谷までは、ちょっと遠かったぁ~^^;)

f0233414_21165277.jpg

有機野菜や無農薬野菜、マクロビオティックの食材から自然化粧品まで
オーガニックに拘った商品が、店内いっぱいに並んでいました。

こういうお店が、松本では、おやおやさんだけ、
安曇野では、豊科サティの1Fにある「自然館」さんくらいで、ちょっと寂しいですね^^;

同じように、講演会への反応もイマイチ、盛り上がりに欠けるようでーー;;
今、必死で参加者を募るため、日々奔走しています^^;

長野各地の放射線量は低く、健康に影響が出るほどではない、と言われていますが、

実は、放射能で汚染された食材は、日本全国に流通し、内部被ばくのエリアを広げています。
加工されてしまえば、産地もわからない、というのが実情です。

(日本の暫定基準値は、放射性セシウムが飲料水で200ベクレルで、
 野菜・肉・魚などの食品が、500ベクレル/kg。
 チェルノブイリ事故でウクライナが1997年に改定した基準値は、
 飲料水が2ベクレル、 野菜は40ベクレル。)

つまり、放射能による被害は、これから全国に広がっていく可能性があると言えます。

まして、放射能が及ぼす子どもたちの健康への影響は、大人の10倍にもなる、ということなので、
放射能対策の食事の予備知識は、

これからの日本で子どもを育てていく上で、大変役立つ情報であると言えます。

放射能の健康への影響を危惧されている方、特に子育て中のお母さん、
そしてまた、これから子どもを産み育てたいと思っている方々、

どうぞ、ご参加をご検討下さいね^^

(この講演会は、「子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク」
 http://kodomozenkoku.com/ に参加登録している
 「放射能に打ち勝つ食事と手当を全国に広める会」
 http://mimisuma.net/meal-heal/ の活動として行われます)
by azumino-macro | 2012-03-06 21:38 | Macrobiotic

福寿草 in 四賀

昨年も見に行った旧四賀村(現在松本市)の福寿草群生地

もうそろそろ咲いている頃ではないかと思い、行ってみました^^

f0233414_21403596.jpg

予想通り、咲き始めていました^^v
先日降った雪が解けているところから、黄色い蕾を覗かせていました。

f0233414_2142156.jpg

この時期は、三寒四温、まだまだ寒い日が多いですが、時折、暖かい日もあったりと、
春の兆しを感じられる日もあり、

f0233414_21443528.jpg

植物は、敏感にその微かな季節の変化、春の訪れを感じ取っているようです。

f0233414_2146512.jpg

雪解けを待って春一番に咲くspring ephemeral(春の妖精)!

f0233414_21481932.jpg

地面すれすれに花を咲かせ、春の陽射しを浴びようと真っ直ぐに上を向いて花開いている様は、

春が来たことを全身で喜んでいるかのように見えますね^^

f0233414_21533118.jpg

暑さ寒さも彼岸まで、と言いますから^^;

本格的は春は、もうすぐそこまで来ているようです^^

四賀福寿草まつり
3月10日~3月24日 (3月10日は、オープニングパレードがあります)
by azumino-macro | 2012-03-04 21:55 | 信州あれこれ