安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro
昨年もこの季節に八方尾根に咲く高山植物を見に行きましたが、
今年も、お花畑を目当てに、白馬八方尾根自然研究路を八方池まで歩いてきました^^

f0233414_5411651.jpg

生憎と雲が多く、北アルプスは見えませんでしたが、
予想通り、多くの高山植物のお花が見られ、楽しいウォーキングとなりました。

f0233414_5442529.jpg

今が盛りのニッコウキスゲ

f0233414_5455188.jpg

コース沿いに沢山咲いていたヤマブキショウマ

f0233414_549401.jpg

イワシモツケも沢山咲いていました

f0233414_551245.jpg

アズマウサギギク

f0233414_5522625.jpg

テガタチドリ

f0233414_5535144.jpg

チングルマ
ピンク色の花は、イワカガミ

f0233414_557130.jpg

ヨツバシオガマ

f0233414_5575496.jpg

ハクサンタイゲイ

f0233414_621051.jpg

タテヤマウツボグサ

f0233414_66479.jpg

トキソウ

f0233414_68971.jpg

ハッポウウスユキソウ

f0233414_6122561.jpg

タカネナデシコ
(ボケボケでスミマセン^^;)

f0233414_6151147.jpg

エゾシオガマ

f0233414_6174440.jpg

キンコウカ

f0233414_6201864.jpg

ハッポウタカネセンブリ

f0233414_7552085.jpg

ハッポウアザミ
花名にハッポウと付く花も結構あるんですね^^

f0233414_6212342.jpg

コバイケイソウ

f0233414_17311253.jpg

イワイチョウ(別名ミズイチョウ)

f0233414_6224867.jpg

ムシトリスミレ
名前にスミレと付いていますが、スミレの仲間ではなく、
葉から出る消化液で、葉に止まった虫を消化してしまう食虫植物だそうです^^;

f0233414_6252141.jpg

そして、お目当てだったハクサンコザクラ
雪田周辺に群落となって咲いていました^^v

f0233414_6273798.jpg

雪田?
そう、まだ、こんなに雪が残っていました!^^;

f0233414_6331792.jpg

八方池の周りにもまだ雪が残り、今年は残雪が多いようです。

f0233414_6381326.jpg

ミヤマツメクサ

f0233414_641472.jpg

クモマミミナグサ
白馬岳周辺と日光赤薙山に生えるミヤマミミナグサの変種

f0233414_8233042.jpg

ヒロハヘビノボラズ
何だか舌を噛みそうな名前ですね^^;

f0233414_7451835.jpg

花の時期ということもあって、八方池には多くの人が訪れていました。

f0233414_747882.jpg

美ヶ原にも少し咲いていたタカネバラ

f0233414_7493591.jpg

ミヤマムラサキ

f0233414_751117.jpg

イワギキョウ

f0233414_753489.jpg

北アルプスは全く見えませんでしたが、
多くの高山植物が咲き乱れるお花畑を堪能できました。

f0233414_759239.jpg

少しずつ咲く花は違ってきますが、まだまだこのお花畑は楽しめるようです^^

よく整備されて歩きやすい片道2時間ほどの行程なので、
猛暑の暑さを忘れさせてくれる標高2,000mに吹く涼しく爽やかな風に吹かれながら、
比較的手軽に、高原や高山に咲くお花畑を楽しむことができます^^

(この他にもいろいろ咲いていたのですが、UPしきれず、
 それでも今回は、高山植物の花図鑑のようになってしまいました^^;)
by azumino-macro | 2011-07-20 08:09 | トレッキング
連日最高気温35℃前後の暑い日が続いている安曇野ですが、
夏山トレーニングのために、先日登った美ヶ原へ再び行ってきました^^;

f0233414_2132711.jpg

今回は、三城牧場近くの登山口から美ヶ原の最高地点、
王ヶ頭(2,034m)を目指すダテ河原コースを歩きました。

熱中症にならないように、冷たい水を大量に持っていくことにし、
又もや、トレーニングのために、10kg近い重さのザックを背負うことにしました^^;

f0233414_21111130.jpg

暑い時期でしたが、それでも高山植物と言われる多くの花が咲いていました^^
個体数を減らしながらも、けなげに咲いているハクサンフウロ
(昔は、沢山咲いていたのですが、鹿の食害で激減してしまったそうです)

f0233414_2111561.jpg

ツマトリソウ

f0233414_21121782.jpg

ウスユキソウ 別名 エーデルワイス

f0233414_2113448.jpg

コウリンカ

f0233414_2114549.jpg

ヤマツツジも何とかまだ咲いていました。

f0233414_21234691.jpg

テガタチドリ

f0233414_21171337.jpg

大汗を掻きながら歩いていると、
山頂まであともう少しという所から、段々と涼しくなりました。
西側には、先日歩いた王ヶ鼻直登コースの石切り場コースがあります。

f0233414_21204723.jpg

気温が高すぎて、空が湿度でもやってしまい、北アルプスは、ほとんど見えません^^;
写真中央の山頂に少し雪が残って白く見えるのは、乗鞍岳です。

f0233414_21422735.jpg

王ヶ頭には、随分と沢山のアンテナが建っていますね^^;

f0233414_21441652.jpg

これは、高山植物のタカネバラ

この辺りまで来ると、高山でしか見ることができない高山植物がチラホラ咲いていて、
さすが、花の百名山に選ばれただけのことはあります。

f0233414_21445676.jpg

タカネナデシコ

f0233414_21491972.jpg

王ヶ頭より美しの塔のある美ヶ原高原方面の風景

f0233414_21551155.jpg

反対側には、北アルプスを望む王ヶ鼻方面の風景が広がります。

f0233414_21575736.jpg

遠くに八ヶ岳も見えます。

f0233414_21594223.jpg

先回登った時には、登山道で見たキバナノコマノツメが、
山頂の岩場にひっそりと咲いていました^^

f0233414_2222882.jpg

35℃近い中の山登りは、体力的にかなり辛いですが、
山頂からの360度のパノラマ風景を眺めながら
高原を吹き抜ける天然クーラーのような涼風に吹かれていると、
身も心も爽やかになり、それまでの登りの辛さも忘れてしまうから不思議ですね^^

f0233414_23453352.jpg

美ヶ原もすっかり夏。

これからの夏休み期間には、涼しさを求めてやって来る多くの観光客で
いつもは静かな美ヶ原も、賑やかになることでしょう。

今回も先回同様、山歩きで掻いた汗は、登山口の近くにある扉温泉で洗い流しました^^v

北アルプス登山のトレーニングとして、今までいろいろと登って来ましたが、
この暑さの中では、2,000m以下の山登りは、暑くて敵いませんね^^;

そろそろ、標高をもっと上げたい所です^^;
by azumino-macro | 2011-07-14 22:20 | トレッキング

紫陽花と蛍

今日は、朝から良いお天気で、気温がグングンと上がり、
昨日とほぼ同じ気温(34.9℃)となりました@@;

そして、今日、気象庁は、関東甲信、北陸、九州北部で梅雨明けしたと発表。
やはり、昨日からの異常な暑さは、本格的な夏そのものですね^^;

梅雨明けしてしまいましたが、少し前に撮った紫陽花とホタルの写真をUPしておきますね。
(一昨日までの天気予報では、今週いっぱいは雨マークがついていたので、ノンビリしてしまいました^^;)

f0233414_20262062.jpg

まだ梅雨明けする前、お蕎麦を食べに「そば処時遊庵あさかわ」へ

f0233414_20351276.jpg

あさかわには、中庭があり、紫陽花が、とてもきれいに咲いていました^^

f0233414_20332044.jpg

お蕎麦が出てくるまで、ちょっとお庭を一巡り

f0233414_20354441.jpg

梅雨を彩る鮮やかな色の紫陽花が、目を楽しませてくれます^^

f0233414_20364530.jpg

ピンク色の紫陽花、カワイイですね^^
我が家にも、こんな鮮やかな紫陽花が欲しいです。

f0233414_20492242.jpg

お洒落な盛り付けのあさかわのお蕎麦

f0233414_21204143.jpg

器もお店の雰囲気も(もちろんお庭も)、洗練された雰囲気のお蕎麦屋さんです。
観光客に人気なのも頷けます。

f0233414_21104899.jpg

お次はホタルですが、
池田町の花見(けみ)地区でホタル祭りが開催されていると聞いて、行ってきました^^

f0233414_214444.jpg

昨年は、辰野町のほたる童謡公園のホタルを見に行きましたが、
安曇野市のお隣の池田町でも、ホタルを見ることが出来るんですね^^

f0233414_217298.jpg

昨年と同様、ホタルを撮影するのは、とっても難しいですね^^;
一年経っても、全く、撮影テクに進歩なし・・・?^^;

梅雨明けしてしまいましたが、安曇野では紫陽花を
池田町ではホタルを、まだまだ楽しむことはできそうです^^
(池田町のホタル祭りは、今日までですが、ホタルは、まだまだ見られそうですよ^^)
by azumino-macro | 2011-07-09 21:46 | そば三昧
先日高ボッチ高原にレンゲツツジを見に行った時は、お天気が最悪だったので、
今回は、美ヶ原の武石村側にある白樺平のレンゲツツジを見に行ってみました。

f0233414_2357844.jpg

白樺平は、美ヶ原高原美術館より武石村側に少し行った所にあり、
その名の通り、白樺が一面に群生している森で、
その森の中で、レンゲツツジはこんな感じで咲いていました。

f0233414_00021.jpg

白樺の森の中にレンゲツツジが咲く風景は、とても美しく、ロマンチックで、
しばし、現実を忘れてしまいそうです?^^;

f0233414_0472030.jpg

でも、訪れるのが少し遅かったようで、見頃は過ぎている感じで、残念でした^^;

f0233414_012729.jpg

白樺とレンゲツツジの織りなす風景が、あまりに幻想的で素敵だったので、
来年は、是非、満開の頃を狙って、訪れたいと思います^^

f0233414_03938.jpg

その後、美ヶ原高原美術館の方へ行ってみると、「レンゲツツジ群生地」の看板があったので、
美ヶ原のレンゲツツジ?と思いながら、行ってみると、こんな素敵な風景が広がっていました^^

f0233414_03462.jpg

美ヶ原高原美術館も遠くから見ると、まるで、どこかのアミューズメントパークのような感じですね^^;

f0233414_045298.jpg

こちらの場所の方が、白樺平より標高が高いのか、レンゲツツジは今が満開で、丁度見頃でした^^

f0233414_064894.jpg

実は、美ヶ原でもレンゲツツジが見られるとは思っていなかったので、
今回ここを訪れたのは偶然だったのですが、
高原に咲くレンゲツツジを見ることが出来て、ラッキーでした^^v

f0233414_083639.jpg

この広がりは、やはり美ヶ原ですね。
視界が開けて、とても気持ちがいいです^^

f0233414_0102568.jpg

長野県には、レンゲツツジの名所が数ヵ所ありますが、
(高ボッチ高原、鉢伏山、車山、湯の丸高原など)
今回は、白樺の森の中のレンゲツツジと、高原に咲くレンゲツツジを堪能することが出来ました^^

f0233414_0124599.jpg

この雨季の季節に咲くレンゲツツジ。
梅雨の晴れ間に見たレンゲツツジの艶やかなオレンジ色に初夏を感じますね。

このオレンジ色の美しいレンゲツツジが咲き終わると、
涼風吹く高原にも、短い夏がやって来ることでしょう。
by azumino-macro | 2011-07-03 23:07
先日見に行った時は、まだ咲いていなかった明科の龍門渕公園の花菖蒲ですが、
そろそろ見頃になっている頃ではないかと思い、見に行ってみました。

f0233414_2293929.jpg

見頃は20日頃、とあった通り、かなり咲いていました。

f0233414_22275280.jpg

アヤメ科の花には、アヤメ・カキツバタ・花菖蒲・アイリス等があり、
この公園は、アヤメより花菖蒲の方が多いようです。
(アヤメもありましたが、もう咲き終わっていました)

f0233414_2158891.jpg

色とりどりの花菖蒲が、一斉に咲き誇っている風景は、
水辺に咲く花だけに、涼を感じさせてくれますね^^

f0233414_22411725.jpg

今日の安曇野は、朝から雨が降ったり止んだりのお天気で、
時々スコールのように降ったり、そうかと思うと、突然雨が止んで虹が出たり、
という変化が著しいお天気に一日中振り回されてしまいました@@;

f0233414_22164292.jpg

夕方、少しだけ顔を覗かせてくれた常念岳。
すっかり雪も融けて、穏やかな山容となっていますね。

今日は、いつもは湿度が低い安曇野もムシムシとした感じがしました。

蒸し暑い夏がもうそこまでやって来ているようです^^;
by azumino-macro | 2011-06-23 22:29
昨年もこの時期に、高ボッチ高原へレンゲツツジを見に行きましたが、
昨年は時期がまだ早かったようで、あまり良い写真は撮れませんでした^;

そこで、今年はリベンジということで、行ってみることにしました。

f0233414_2042587.jpg

開花の予感は見事に当たり、8分咲きという感じで、見ごろを迎えていました^^

ところが、お天気が誤算で^^;

f0233414_20452994.jpg

家を出た時は、安曇野は日も射す良いお天気だったのですが、
高ボッチに近づくにつれ、だんだんお天気が怪しくなり、黒い雲に覆われ、
高ボッチ高原に着いた時には、スコールのような大雨になってしまいました!((@@));

f0233414_20432979.jpg

雨合羽を着て、傘を差し、何とかレンゲツツジの写真は撮りましたが、散策は諦めることに^^;
(花の開花とお天気が、両方とも丁度良いというのは、難しいですね^^;)

f0233414_2119361.jpg

レンゲツツジが咲く季節は、梅雨時なので、仕方がないとは言え、
あまりにお天気が違うのには、少々面くらいます@@;

f0233414_2234292.jpg

お天気はともかく、高ボッチ高原のレンゲツツジは、今週末が見頃となりそうです^^;

f0233414_20504175.jpg

しばらくすると、お天気は回復方向に向かい、山を覆っていた雲が晴れてきました^^
(さっきまでの雨は何だったんでしょう?というほどの変わり様です^^;)

f0233414_22381074.jpg

そして見えてきたのが、この風景です。
松本平に広がる松本市とその奥の安曇野平に広がる安曇野市、

f0233414_2055380.jpg

そして、雲の間から顔を覗かせているのは、爺ヶ岳でしょうか?
真ん中の丘陵地帯は、展望台のあるアルプス公園のある城山から光城山、長峰山への連なりです。

f0233414_2122162.jpg

そして、常念岳も少しだけ姿を現しました^^
(雪もかなり融けて、違う山のようですね^^;)

f0233414_216346.jpg

遠くに白く見えるのは、立山でしょうか?

f0233414_2185824.jpg

帰り道、山から下りてくると、下界は良いお天気で、蒸し暑い位でした。

f0233414_21153734.jpg

強く射す西日の中に、雪も融け穏やかな夏山に変身した北アルプスがそびえていました。

夏は、もうそこまでやって来ているようです^^;
(そう言えば、明日は夏至ですね)
by azumino-macro | 2011-06-21 21:34
美ヶ原には、いつも車で行ってばかりでしたが、
梅雨の晴れ間を狙って、今回はトレーニングを兼ねて、登ってみることにしました。

f0233414_220184.jpg

歩いたのは、桜清水の石切り場から王ヶ鼻へ直登するコースで、
お天気が良い日なら、途中から北アルプスを望むことができる展望の道だそうなのですが、
今回は、梅雨時ということなので、展望は最初から諦めました^^;

f0233414_225234.jpg

その代わり、山道にはいろいろな花が咲いていて、花好きには楽しい山行となりました。
今まで何度もUPしている、ラショウモンカズラ

f0233414_2252852.jpg

ウシハコベ

f0233414_2275544.jpg

レンゲツツジは、群落を作っていましたが、蕾が多く、

f0233414_2256714.jpg

これからが見頃のようです。

f0233414_2283581.jpg

ズミ(コナシ)の花

f0233414_22131034.jpg

サクラスミレ
信州で見るのは初めてです^^
スミレの女王と言われるだけあって、大きくてよく目立ちます。

f0233414_22145347.jpg

キバナノコマノツメ
花名にスミレと付いていませんが、れっきとしたキスミレの仲間です。

f0233414_22203059.jpg

シロバナスミレ

f0233414_221761.jpg

ミツバツチグリ
(キジムシロに似ていますが、ミツバツチグリだと思われます)

f0233414_22222268.jpg

ここから王ヶ鼻(2,008m)までガレ場が続きます。

f0233414_22241069.jpg

薄い長方形に割れた岩が積み重なっていて、足場が悪い道が続きます。

f0233414_22261658.jpg

今にも崩れてきそうな大きな岩がゴロゴロとしています。

f0233414_22275642.jpg

水平に薄く割れ目が入っている地層は、火山の浸食地形だそうです。

f0233414_22283714.jpg

うっすらですが、松本市内が見えました。

f0233414_22305067.jpg

そして、多くの電波塔が建っている山頂の王ヶ頭(2,034m)方面。

f0233414_2232143.jpg

先回来た時にはなかった標識。
その向こうに並んでいるのは、石造りの御嶽教の神像。
神像が見つめる先には、御嶽山が見えるはずなのですが、今日は雲で見えず、残念!^^;

f0233414_233349.jpg

北アルプスも雲の中、梅雨時なので仕方ありませんね。
ほんの少しだけ、槍ヶ岳の先だけが雲の間から頭を出してくれました^^

f0233414_2365630.jpg

いつも車で通る「思い出の丘」や「美ヶ原自然保護センター」方面。

残念ながら、北アルプスは見えませんでしたが、
珍しいスミレや多くの花に出会うことができ、
美ヶ原の魅力を再確認することが出来ました^^

美ヶ原を歩いて登る楽しさを知ったので、今度は、別ルートで登ろうと思います^^
by azumino-macro | 2011-06-20 23:19 | トレッキング
今日は、お天気は晴れていましたが、朝のうちは雲が多く、
10時過ぎ頃から、雲が少し切れて、時折、大町以北の北アルプスが顔を覗かせてくれました^^

f0233414_028494.jpg

見えたのは、爺ヶ岳と周辺の山々(すみません。この辺りの山に詳しくないもので・・・^^;)のみで、
常念岳方面は、相変わらず雲の中でした^^;

f0233414_22455429.jpg

一部とは言え、久しぶりの北アルプスの姿に、思わず見とれてしまいますね^^;
(それにしても、随分と雪が融けてしまっていますね^^;)

f0233414_22483274.jpg

大峰高原の大カエデへ行く途中にある、カミツレ研究所のカミツレ(カモミール)が満開になって
見頃だと聞いたので、カミツレ祭りは終わってしまいましたが、行ってみることにしました。

f0233414_22523884.jpg

昨年は、池田町の夢農場へカモミールを見に行きましたが、カミツレ研究所は初めてです。

f0233414_225531.jpg

カモミールからオイルを抽出し、入浴剤などを作っているそうで、
このカモミール畑は、観光用というより農園なんですね。

f0233414_2315364.jpg

撮影している間、ず~と、リラックス効果のあると言われている
林檎に似たカモミールの甘い香りに包まれていました^^

f0233414_2371051.jpg

カモミール畑の中で、アロマの香りに包まれて、何だかとってもしあわせな気分に^^

f0233414_2385327.jpg

その後、ここまで来たのですから、
もう少し先にある大峰高原の大カエデまでは目と鼻の先・・・ということで
行ってみることに^^;

りっぱな観光用の看板が設置されていたことは、以前にも載せましたが、
なんでも、池田町が大カエデを見に来る観光客が年々増えてきたので、
昨年末に所有者より5年契約で借り受け、
大々的に池田町の観光名所としてPRに乗り出したのだそうです。

f0233414_23142941.jpg

それで、こんなに大きな駐車場も整備したのですね^^b
(駐車場代は、多分大丈夫でしょう。余計な心配でした^^;)

f0233414_2324495.jpg

大カエデは、新緑の衣に覆われていました。

f0233414_2322526.jpg

本当は、新芽の頃に来たかったのですが、今年は機会を逸してしまいましたね^^;
それでも、今日は、予想外の良いことが!

f0233414_23254463.jpg

それは、大カエデの花が咲いていたことです^^v

f0233414_23272795.jpg

カエデの花って、子供の頃に竹で作ったタケトンボ(タケコプター?)の形に似ていますね^^

f0233414_23303353.jpg

誰もいない大カエデの周辺で、ゆっくりと写真撮影できるのも、今の時期だからこそ?^^

f0233414_23335782.jpg

これから夏に向かって、さらに緑が濃くなり、秋になり紅葉が始まると、
池田町のPRもあって、きっと多くの人で賑わうことでしょうね。
(そうなると、撮影するのも大変になりそうですね^^;)

まぁ、それまでしばらくの間は、大カエデとゆっくりと対話できそうですが・・・^^

f0233414_0401845.jpg

明日も梅雨休みは続くようなので、すっきりとした青空になってくれると嬉しいですが・・・?^^;
by azumino-macro | 2011-06-14 22:38

我が家のバラと野菜達

去年買ったバラの一年苗が今年は蕾をいくつもつけてくれたので、開花がとても楽しみでした^^

f0233414_21285916.jpg

このピエール・ド・ロンサールは、大きなロゼット咲きの春一季咲きで、香りは微香ですが、
2006年に「薔薇の殿堂入り」を果たしているバラです。
(「バラの栄誉殿堂」とは、3年に一度開催される世界ばら会議で選ばれる、とても名誉ある賞です。)

f0233414_21393955.jpg

昨年は、苗を大きくするために、花は咲かせなかったので、
その分、今年は、大きな蕾をいくつもつけてくれました。

無農薬、無化学肥料でバラを育てるのは難しいそうですが、
今年は、今の所、特別なことはしていませんが、
綺麗に咲いてくれたので、一応、成功と言えます^^v

f0233414_21434330.jpg

これは、ロココ、やはりつる性で、大輪の花が咲きました。
名前の如く、クラシカルな雰囲気のバラです。

今、蕾でまだ咲いていないバラもありますが、咲いたらUPしたいと思います。

f0233414_21512568.jpg

今年は、また、雑草と石ころだらけだった庭を少し手入れして、一部を畑にして、
収穫を楽しめる野菜を植えました^^

野菜も、もちろん、無農薬、無化学肥料で育てています。
(これから、虫の季節になるので、このままで大丈夫なのか少々不安ですが・・・ーー;)

これは、出てきたばかりのバジルです。
(沢山収穫できたら、バジルソースにするつもりです^^)

f0233414_21521798.jpg

かぼちゃ

f0233414_21573052.jpg

ズッキーニ

f0233414_21582590.jpg

昨年、池田町の夢農場で無料摘み取りでもらってきたカモミールの種がこぼれたものが咲きました^^;

f0233414_2204374.jpg

ブルーベリーは、花が終わり、実がついていました^^

f0233414_2215764.jpg

そして、家庭菜園の定番、トマト

f0233414_2223379.jpg

これは、雑草ではありません^^;
トウモロコシです。まだまだこんなに小さいです。

f0233414_2235375.jpg

サツマイモ

f0233414_2241620.jpg

ダイコン

f0233414_2261991.jpg

そして、オクラ

その他にも、枝豆、モロッコインゲン、キュウリ、ニガウリなど、
いろいろ植えてみました。

これから実がついて大きくなり、収穫するのがとても楽しみです^^

f0233414_2295726.jpg

梅雨に入ってから、あまり雨が降らない日が続いていますが、
空は、この通り梅雨空で、雲は厚く、太陽も北アルプスも覆っていて
山並みが見えない日が続いています^^;

そろそろ、北アルプスが望める青空が待ち遠しいこの頃です。
by azumino-macro | 2011-06-13 22:16 | 日々のあれこれ
昨年もニリンソウの咲く頃に、上高地(神降地へ行ったのですが、
今年もニリンソウのお花畑を見に、行ってきました^^

昨年は、大正池から河童橋を過ぎ、明神池を回って、河童橋へ戻るコースを散策しました。

今年は、明神池より更に奥にある徳沢の周辺にニリンソウの群落があることを知り、
大正池から徳沢まで歩くには距離があり過ぎ大変そうなので、
河童橋を起点に明神池経由で徳沢へ至るコースを歩くことにしました。

f0233414_850546.jpg

梓川に架かる河童橋の向こうにそびえる穂高連峰。

f0233414_923999.jpg

残念ながら、明神岳(2,931m)以外の前穂高岳(3,090m)、奥穂高岳(3,190m)、
西穂高岳(2,701m)は、山頂が雲に覆われていました。

f0233414_8595620.jpg

振り返ると、焼岳(2,455m)にも雲がかかっています。
梅雨時なので、晴れていても雲が重いのは仕方がないことなのでしょう。

f0233414_95444.jpg

上高地の東側にそびえる六百山(2,449m)

f0233414_9124440.jpg

そして、霞沢岳(2,645m)

f0233414_9172684.jpg

河童橋より1時間ほど北へ歩いていくと、明神池の畔に穂高神社奥社が静かに鎮座しています。

f0233414_9152923.jpg

御祭神は穂高見命で、日本アルプスの総鎮守とされていて、
そばにそびえる明神岳はそのご神体だそうです。

f0233414_9273769.jpg

明神橋を渡り、徳沢方面へ向かいます。

f0233414_9322741.jpg

新緑の原生林の中を歩いていくと、

f0233414_935330.jpg

辺り一面、ニリンソウが群生していました!

f0233414_936477.jpg

明神池の辺りにもニリンソウは咲いていましたが、その比ではないほど密生しています^^;

f0233414_9452545.jpg

そして、梓川の対岸には、穂高神社奥宮のご神体、明神岳がまた、違った姿でそびえていました。
(明神岳は、穂高見命が舞い降りたとされる穂高岳の尊称だそうです)

f0233414_946407.jpg

左から、明神岳最南峰、第4峰、河童橋からは見ることができない明神岳主峰。
更に右が、主峰に続く、東崚の頭。

大岩の落石が多く、道も最近は見つけ難くなっていたりと、
山をやってる人でも、岩のガイドを頼んだほうが良い、という、
穂高連峰の中では、登るのが最も難しいとされる難関中の難関の山だそうで、
切り立った稜線を見るだけでも、登山の難易度が伝わってきますね^^;
(ロッククライミングの心得がないと、登れないということです^^;)

f0233414_1014598.jpg

ニリンソウのほかにも、ツバメオモト

f0233414_106545.jpg

コミヤマカタバミ

f0233414_10103542.jpg

シロバナエンレイソウ

f0233414_1011691.jpg

クルマバツクバネソウ

f0233414_1012447.jpg

ラショウモンカズラ

f0233414_101451.jpg

ルイヨウショウマ

f0233414_1023717.jpg

サンカヨウもぎりぎり咲いていました。

f0233414_1015412.jpg

エゾムラサキ

f0233414_10254986.jpg

岩場に咲いていたハクサンシャクナゲ

f0233414_1030121.jpg

ムシカリ

f0233414_13362792.jpg

上高地の代表花、小梨(エゾの小リンゴ)の花が、ほぼ見頃になっていました^^

峠を越えて、リンゴ栽培を試みるために、台木として持ってこられたそうです。
(小梨と言っても、リンゴの木なんですね^^;)

f0233414_10321340.jpg

この他にもいろいろな花が咲いていましたが、まぁ、この辺で止めておきましょう^^;
(この時期、上高地一帯がお花畑となっていて、咲いている花を全てUPできないほどです^^;)

f0233414_10354095.jpg

明神館から約1時間ほど平坦な道を歩いていくと、広く開けた広場に出ます。
そこが、徳沢です。

徳沢には、徳沢ロッジがあり、また、キャンプも出来るようになっていて、
蝶ヶ岳への登山者や、横尾経由で槍ヶ岳や穂高連峰へ向かう人々にはお馴染みの場所です。

f0233414_10392281.jpg

徳沢ロッジ周辺のニリンソウの群生は、それは見事でした!

f0233414_1124568.jpg

一面、ニリンソウで、真っ白になっています!^^;

f0233414_1041376.jpg

このお花畑の景色を見たいがために、ここまで苦労して歩いてきた訳ですから、
その甲斐があったというものです^^v

f0233414_1044261.jpg

こんなにニリンソウが密生して咲いているのを見るのは、生まれて初めてです^^

f0233414_11141947.jpg

ニリンソウが咲き乱れる6月の上高地。
凛々しく聳え立つ明神岳(穂高岳)の神々しい山容に改めて感動し、
梅雨の晴れ間に、素晴らしい風景を堪能することができました^^

来年も、是非この時期にニリンソウを見に、上高地を訪れたいと思います^^
by azumino-macro | 2011-06-09 20:53