安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro
今年も豊科近代美術館のバラ園の薔薇が咲きだしたというので、
見に行ってきました。

f0233414_2275218.jpg

いつもながら、建物の雰囲気と薔薇がピッタリとマッチしていますね。

f0233414_2282993.jpg

今年もつるバラが見事です^^

f0233414_2292091.jpg

毎年、これだけの薔薇を咲かせるのは、相当な手入れが必要でしょう。

f0233414_22104080.jpg

多くの人を魅了するローズガーデン

f0233414_22122549.jpg

今年も多くの人で賑わっていました^^

f0233414_22125687.jpg

半剣弁高芯咲き

f0233414_22134540.jpg

ロゼット咲き

f0233414_22142429.jpg

半八重咲き

f0233414_2215782.jpg

剣弁高芯咲き

f0233414_22162220.jpg

カップ咲き
花の形にもいろいろありますね^^

f0233414_2217956.jpg

本来は、野に咲く花が好きですが、薔薇だけは特別^^;

f0233414_22181629.jpg

バラ特有の香りには、抗菌作用、消炎作用、抗鬱作用、鎮痛作用などがあるそうで、
この香りに包まれるだけで、しあわせ~という女性は多い筈^^;

f0233414_22191664.jpg

我が庭にも何本か薔薇がありますが、これほど美しく咲かせるのは至難の業^^;

f0233414_224379.jpg

やっぱり、薔薇はバラ園に見に行くにかぎりますね^^;

豊科近代美術館のバラ園は、観覧無料。
バラ祭りは、もう終わってしまいましたが、
今は、7~8分咲きといったところで、週末辺りが見頃のようです。
by azumino-macro | 2011-06-07 22:57

栗尾山満願寺つつじ公園

松尾寺に行った後、満願寺のつつじも見頃なのではないかと思い、
見に行ってみることにしました。

f0233414_20542994.jpg

参道の手前にある「微妙橋」(「お経橋」)

f0233414_2182220.jpg

日本三霊橋のひとつだそうで(満願寺微妙橋、高野山無妙橋、越中立山無明橋)
安曇野市の有形文化財に指定されています。

f0233414_2104942.jpg

この橋の下を流れる川は、古書によると、「三途の川」とされていて、
この橋は、さしずめ「三途の川を渡る橋」?^^;

f0233414_212506.jpg

橋の下を流れる川が「三途の川」だとすると、
この川を渡った向こうは、「あの世」ということになりますが・・・?^^;

f0233414_217178.jpg

山道の参道を登っていくと、仁王門があります。
石段は全部で、170段あるそうで、極楽浄土へ行くのもなかなか大変です?^^;

f0233414_21295741.jpg

石段を上りつめた極楽浄土には、栗尾観音と聖天堂がありました。

f0233414_21232396.jpg

そして、本堂。
725年頃に建立というのですから、古刹というにふさわしい存在感です。

f0233414_223461.jpg

本堂には、亡くなった後の四十九日の苦しみを現す、「地獄極楽変相之図」が飾られています。
三途の川、ありますねぇー^^;

f0233414_224720.jpg

現世で犯した罪により、様様な罰を受けます。
(昔小さい頃に聞かせられていた地獄の話を連想させますね^^;)

f0233414_2245445.jpg

閻魔大王の裁判所では、閻魔帳に罪状が全て書かれていて、犯した罪により、行先が決められます。
罪人は、地獄へ連れて行かれ、嘘をつくと、舌を抜かれます^^;
(絵を見るだけでも、犯罪防止に大いに役立ちそうですね^^;)

f0233414_2264863.jpg

六道能化の地蔵尊
六道の巷に現れて、衆生を教化し救う地蔵菩薩
六道(りくどう、ろくどう)とは、仏教において迷いあるものが輪廻するという、
6種類の迷いある世界のこと。( 天道、 人間道、 修羅道、 畜生道、 餓鬼道、 地獄道) 

f0233414_22203619.jpg

そう言えば、参道の入り口、微妙橋の袂に、六地蔵が祀られていました。

f0233414_22102729.jpg

そして、仏教が描く「極楽浄土」

f0233414_21331013.jpg

満願寺の境内(極楽浄土?)には、花が咲き乱れていました^^

ニリンソウ。

f0233414_2135875.jpg

アツモリソウ

f0233414_21363933.jpg

シャガ

f0233414_21375191.jpg

シラネアオイ

f0233414_21383081.jpg

リュウキンカ

f0233414_2143749.jpg

そして、つつじ公園というほどですから、つつじも見事です^^

f0233414_21571684.jpg

色とりどりの花が咲き乱れる極楽浄土のような庭園にかかる蓮華池

f0233414_21411697.jpg

「信濃高野」と呼ばれる真言宗の寺、満願寺。
昔、こんな山奥にまで参拝者が参詣しに来たのかと思うとちょっと驚きますが、

蝦夷征伐に行く坂上田村麿が当時有明山山麓に住んでいた鬼の八面大王を退治した際に、
(八面大王鬼説には、諸説ありますが)
その祟りを鎮めるためにお寺を作り観音様を安置して祈ったと言われている古刹で、
安曇野のパワースポットと言えますね^^

満願寺のつつじは、まだまだ蕾の方が多かったので、見頃はこれからのようです^^
by azumino-macro | 2011-05-23 22:56

松尾寺の藤と牡丹

松尾寺の藤と牡丹の花が見頃だと聞いて、見に行ってきました。

f0233414_23543237.jpg

松尾寺は、安曇野市にある4つの国の重要文化財の内の一つです。

f0233414_093857.jpg

この重要文化材の寄棟造銅板葺きの本堂の薬師堂は、室町時代末のものだそうです。

f0233414_23593167.jpg

本堂に負けない位、藤の花も

f0233414_00157.jpg

牡丹の花も見事ですね。

f0233414_005850.jpg

藤の木の幹が太くてりっぱです。
庭園全体のお手入れが、よく行き届いていますね^^;

f0233414_021887.jpg

これだけの庭園を無料で解放してくれているのは有難いことですね^^

f0233414_03379.jpg

写真を撮っていたら、藤棚の下を悠々と歩いている猫に遭遇

f0233414_04536.jpg

この猫、人目も憚らず、木陰にいきなり横になって、お昼寝を始めました^^;

う~ん、この猫、昔読んだ絵本の「百万回生きた猫」の
主人公のオスネコにそっくりなんですけどぉ~^^;
(このちょっと珍しい体格が大きくて毛がフサフサしている猫ちゃん、
 メインクーンという種のようです)

f0233414_07383.jpg

松尾寺の藤も牡丹も、まだまだ楽しめそうです^^

f0233414_084383.jpg

境内にひっそりと咲いていたチゴユリ
(観賞用の園芸種の花もきれいですが、野に咲く小さな花、いいですね^^;)

安曇野では、今が花の盛り。
春の訪れが遅いこともあり、この時期は、次から次へといろいろな花が見頃になるので、
それはそれで、また忙しいです?^^;
by azumino-macro | 2011-05-22 23:51

春の京ヶ倉

昨年の9月24日に登った京ヶ倉に再び、春の景色を求めて登ってきました。

f0233414_22195450.jpg

出発した時は、まずまずのお天気で、北アルプスも比較的きれいに見えていたので、
京ヶ倉(990m)の山頂からの景色を楽しみに、出発しました^^

f0233414_22214094.jpg

先回登った時とは季節が違い、5月ということで、新緑が目に眩しいですね。

f0233414_22252136.jpg

今回の山行のお目当ては、この季節、山を彩るいろいろな種類のツツジを見ること。

明るいオレンジ色のヤマツツジはもちろんのこと、

f0233414_22323085.jpg

鮮やかなピンク色のトウゴクミツバツツジが目を引きます^^

f0233414_2241567.jpg

そして、一番のお目当ては、薄黄色のヒカゲツツジ。
ヒカゲツツジは、長野県で初めて見たツツジです。

f0233414_22484126.jpg

京ヶ倉は、ヒカゲツツジの群落があることで有名で、
ヒカゲツツジの季節には、多くの人が訪れるそうです。

が、山道に咲き終わった花が沢山落ちていたので、先週あたりが見頃だったようです^^;
(残念ですが、また、来年、GWの頃に挑戦するといたしましょう^^;)

f0233414_22503430.jpg

驚いたことには、イワカガミが咲いていました!
わずか10cm丈ほどですが、その可憐な姿は、遠くからでも目立ちます。
急登で苦しい思いをしている時にふと目にすると、たとえ小さな花でも慰められますね^^

f0233414_22531678.jpg

その他、ホタルカズラや

f0233414_22544742.jpg

オトコヨウゾメも咲いていました^^
(花は、小さいですが、とても良い匂いがします)

f0233414_2361748.jpg

そして、登りに時間がかかってしまったせいで(写真を撮りながらだったもので^^;)
山頂に着くころには、北アルプスもぼんやりとしてきてしまいました!@@;

f0233414_23562586.jpg

犀川は、その昔、安曇野から松本平にかけては湖だった(と言われています)時代に、

湖の主の犀龍(さいりゅう、頭に角がある龍)と山向こうの池(諏訪湖?)の
白龍王(はくりゅうおう=諏訪大神?)との間に泉小太郎(いずみこたろう)が生まれ、
湖の水をなくして人々の住める豊かな郷土を作りたいという小太郎の願いを叶えるため、

f0233414_23263942.jpg

母親の犀龍が小太郎を背中に乗せ、白龍王とともに山清路(さんせいじ)の岩を打ち破って
湖の水を日本海へ流し、この地を豊かな平野にした、という伝説があります。
(山清路とは、まさにこの京ヶ倉のある辺り一帯の地域ですね^^)

f0233414_23244683.jpg

そんなロマンに想いを馳せながら、犀川の蛇行した流れの向こうに、
北アルプスがそびえる雄大な景色をかろうじて見ることができ、
登りはきつかったですが(梯子やロープなどが数ヵ所設置されています)、
花と眺望に恵まれた京ヶ倉の魅力を満喫した一日となりました^^
by azumino-macro | 2011-05-16 22:14 | トレッキング

白馬村さくら紀行

長野県の桜の開花は、南は、天竜村、飯田市に始まり、
地図上では、白馬村、小谷村辺りが最北となり、
最も遅い開花ということになります。

今年は、松本市より南の桜は見に行くことが出来ませんでしたが、
大町市の桜に次いで、白馬村の桜を観に行くことにしました。

f0233414_21391329.jpg

白馬方面の北アルプスは雲で霞んでいましたが、
桜の開花状況と北アルプスの眺望とを一致させるのは、なかなか大変です^^;

景色はイマイチでしたが、タイミングを外すと、桜は終わってしまうので、
出かけることにしました^^;

f0233414_21435133.jpg

白馬へ行く途中、先日「塩の道ウォーキング」で歩いた青木湖の
有名な撮影スポットに立ち寄りました^^

f0233414_21455482.jpg

3日前に歩いた時は、まだほとんど桜は開花しておらず、残念でしたが、
今日は、7分咲き程度になっていました。

この美しい春の青木湖の写真を撮ろうと、
多くのカメラマンが押し寄せていたのは言うまでもありません^^;

f0233414_21495491.jpg

そして、お次は、貞麟寺の枝垂れ桜

「エドヒガン」の枝変わり種で、樹齢は300年以上と言われ、
旧国指定の天然記念物だったそうで(今は、幹が折れかかっていて痛々しいです)
幹囲5m以上もあり、見るからに老木で、歴史を感じさせます。

f0233414_2159764.jpg

残念ながら、花はかなり散ってしまっていて、見頃はもう少し前だったようですね^^;

満開の姿はさぞかし見事だったのではないかと思いますが、
こればかりは、なかなかピンポイントで訪れるのは難しいです^^;

f0233414_222676.jpg

次は、こちらも、かなり散ってしまっていた長谷寺の枝垂れ桜。

長谷寺は千国街道沿いにあり、1391年に開かれたのが始まりとされる名刹です。

f0233414_2264935.jpg

葉桜になってしまっていて、とても残念です^^;
次回は、満開時に訪れてみたいです。

f0233414_22164694.jpg

そして、最後に訪れたのが、白馬村の観光スポットとして有名な
「大出の吊橋」です。

どうやら、ここの桜は、まだまだ見頃のようです^^v

f0233414_22565028.jpg

多くの人々を魅了する大出の吊橋の春の風景
空が晴れて北アルプスが見えると、最高の景色なのですが、
今日は生憎と北アルプスは雲の中でした^^;

それでも今日は、この桜風景を写真に収めようと、
三脚を片手に持った大勢のカメラマンの方々や
キャンパスを前に椅子に座り、目の前の風景を描き写している方々が大勢いました。

f0233414_2221148.jpg

白馬村の桜が散ってしまうと、高所に咲く桜を除いて、
長野県のお花見はほぼ終了となります。

桜前線が飯田市から白馬村に到達するまで、約1か月。
県内を移動するだけでも、随分と長い間、桜を楽しむことが出来るんですね^^

来年は、長野県南部の桜も見に行ってみたいです^^
by azumino-macro | 2011-05-08 22:59

居谷里湿原の水芭蕉

このところず~と桜ばかりUPしてきましたが、
この時期咲く花は、桜ばかりではありません。

先日ご紹介したコブシ(タムシバ)も綺麗ですし、
今の時期は何と言っても、湿原の白い妖精、水芭蕉もかわいいですね^^

大町市にある居谷里湿原の水芭蕉が見頃になっていると聞いたので、
行ってみることにしました。

(お花のシーズンなので、花の話題が続きます^^;)

f0233414_2362056.jpg

湿原から湧き出している水は、大町の水道として使用されていて、
「女清水」といわれ、飲むと女の子が授かる?といわれてきたそうです^^;
(「男清水」は、男の子が授かるそうで?、「わちがい」さんの敷地内に湧き出ています)

f0233414_2392170.jpg

居谷里湿原は環境省が指定する日本の重要湿地500選に選定されていて、
標高約800m、幅130m、長さ1500m、周囲約2kmの広い湿原です。

f0233414_23105595.jpg

水芭蕉と言えば、尾瀬の湿原が有名ですが、
尾瀬の水芭蕉を見るには、山越えするため湿原に辿り着くまで相当時間がかかります。

f0233414_23142440.jpg

居谷里湿原は、規模は小さいので、
水芭蕉を見るのに、湿原まで0分で、1時間もあれば一周できます^^;

f0233414_23151886.jpg

それでも、十分、水芭蕉咲く湿原の風景を楽しむことができます^^

f0233414_23114660.jpg

水芭蕉の他にも、

f0233414_23123130.jpg

ザゼンソウも咲いています。

f0233414_23131941.jpg

そして、何回もご紹介しているキクザキイチゲ

f0233414_2316759.jpg

雪解けを待って、やっと訪れた遅い春を喜んでいるかのように咲いている可憐な花たち^^

居谷里湿原の水芭蕉は、まだまだ楽しめそうです^^
by azumino-macro | 2011-05-07 23:32
安曇野市の桜は高所を除いて、ほとんど終わってしまいましたが、
雪の多い大町方面の桜は、まだ楽しめるようで、

紅葉した七色大カエデを見に何度も足を運んだ大町市と池田町の境にある大峰高原へ
今回は、桜を見に行ってきました^^

f0233414_23105078.jpg

以前には、ただの板に手書きで「大カエデ→」という案内板しかなかったのですが、
冬の間に、こんなりっぱな(?)案内板が設置されていました^^;

しかも、新しい駐車場まで整備されていて、ある意味不気味です?^^;
(大カエデの紅葉の最盛期には、駐車場代をとられることにならないと良いですが・・?)

f0233414_2314482.jpg

大カエデが目的で訪れた時は、こんな桜の大樹があるとは気が付きませんでした^^;
(大カエデは、奥の方に写っています)

f0233414_2318767.jpg

親切な方から教えて頂いた定点撮影の位置から撮った大カエデ。
(そう言えば、ポスターに使われている大カエデはこんな感じでしたね^^;)
まだ、芽吹く前のようで、若葉はまだのようです。

f0233414_2324632.jpg

桜は、今が満開で、週末は、まだまだ見頃です。
大峰高原は、大カエデだけでなく、桜も楽しめますよ^^

f0233414_2325388.jpg

大峰高原に咲いていたタチツボスミレ。
タチツボスミレは珍しくありませんが、こんなに群落になっているのは稀です^^

f0233414_2330398.jpg

大峰高原から大町方面へ抜ける途中、北アルプスの写真を撮りに
鷹狩山展望台に立ち寄りました。

f0233414_23311871.jpg

五月晴れとはいきませんでしたが、先日の黄砂の時のことを思えば、
これでも有難いですね^^

f0233414_23321668.jpg

そして、今日の二番目のお目当ての桜は、
大町市の東山観光道路沿いに植えられた桜並木です。

f0233414_23324047.jpg

ここは、初めて訪れたのですが、桜の樹がかなりの老木で、りっぱなので驚きました。

f0233414_2351453.jpg

もちろん、北アルプスをバックに桜を楽しむこともできます^^

f0233414_23522897.jpg

光城山が、常念岳とのコラボでしたが、
こちらは、爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳とのコラボですね^^

f0233414_23525827.jpg

こちらの桜は、散り始めていたので、
週末は、桜吹雪が見られることでしょう^^

f0233414_23572693.jpg

北アルプスの雄大な景色をバックに桜吹雪の中を散策するのも
きっと感動的でしょうね^^

松本城の桜をUPしてから約3週間、各地に咲く桜を求めてあちこち見て歩き、
随分と長い間桜を楽しんできました。
でも、そろそろ桜のシーズンは終わりになりそうです(多分・・・?^^;)

また、来年も新たな桜の名所に出会えることを期待したいと思います^^
by azumino-macro | 2011-05-06 23:06

光城山の桜トンネル

昨年も桜の季節に光城山に登り、
山道に植えられている桜の満開になった花を楽しみながら山頂を目指しましたが、
今年も大分遅くなってしまいましたが、お花見登山を楽しむことにしました。
(登山というほどのものではありませんが・・・・^^;)

f0233414_2155573.jpg

天気予報では、午後から雨ということで、案の定の曇り空でしたが、
明日もお天気は雨だそうで、桜を楽しむなら今日しかありません。

f0233414_21195230.jpg

山の下部の桜は、連日の強風ですっかり花びらを落としていましたが、
半分ほど登ると、やっと桜トンネルに突入しました^^

f0233414_21412713.jpg

お天気は、今日も風が強く吹き、体が飛ばされそうでしたが^^;
県内外から多くの人々が訪れ、この時期だけ限定の桜トンネルを楽しんでいました。

f0233414_2145933.jpg

もちろん山頂からは、北アルプスを望むことができ、
桜と北アルプスというこれ以上ない絶景を満喫することができます。

f0233414_215318100.jpg

ただ今日は、お花見にはイマイチのお天気で、
北アルプスが薄曇り空にかすんでしまって残念でしたが、
来年は、イメージ通りの写真が撮れるように、再挑戦したいと思います^^;

f0233414_22123331.jpg

ここしばらく、桜関連の記事が続きましたが、
この光城山の桜が散ってしまうと、安曇野の桜のシーズンは終わりを迎えます。

また来年。
美しく咲く桜を楽しみに、1年間、頑張りましょう^^
by azumino-macro | 2011-04-30 22:34

松本市アルプス公園の桜

GW前半の初日は、うららかな春らしいお天気となり、
絶好の行楽日和となりました。

f0233414_22182437.jpg

今日は、松本市のアルプス公園へ満開の桜を見に出かけました。

f0233414_221914100.jpg

平地の桜は、もう葉桜になってしまっていますが、
標高の高い場所にあるアルプス公園の桜は、丁度、今が見頃です^^

f0233414_22205598.jpg

桜の樹の下で、お弁当を広げる人、バトミントンなどのスポーツを楽しむ人、
多くの人々が、桜のある風景の中で、それぞれにGW初日の休日を楽しんでいました。

f0233414_22214289.jpg

今日は風もなく穏やかなお天気で、絶好のお花見日和で、
公園内を散策するだけでも、とても気持ちがよかったです^^

f0233414_22241635.jpg

公園内には、いろいろな種類の桜の樹があり、
それらを見て歩くだけでも、十分楽しめます。

f0233414_2226137.jpg

もちろん、アルプス公園というくらいですから、北アルプスの眺望も素晴らしいです^^

f0233414_2391596.jpg

今日は、雲は多めでしたが、久しぶりに北アルプスが姿を現してくれました。

f0233414_22305734.jpg

明日は4月最終日。
夕日の沈むポイントも随分と北へ移動してきました。
夕焼け空にも、春の気配が漂います。
by azumino-macro | 2011-04-29 22:59

大町里山の春

今日は、ここ2、3日の雨続きのお天気から一変して
朝から暖かな春らしい陽気なお天気に恵まれました。

安曇野は桜がほとんど終わってしまったので、
今日は、大町の方へ春を求めて行ってみました。

f0233414_23574774.jpg

東の空は春らしい明るい青空でしたが、
西の北アルプス周辺は、まだ雪雲がかかっているような寒々しい雰囲気で、
両者から受ける印象は対照的で、
まるで冬と春が季節の鬩ぎ合いをしているかのようです。

f0233414_0111888.jpg

大町市の桜の名所、山岳博物館前の桜は、5、6分咲きで、
見頃は、5月のGWの頃になりそうです。

f0233414_054768.jpg

大町ダムの方向へ車を走らせながら窓の外を見ると、
山全体が所々白くなっているのを発見!

桜が咲いているのかと、よくよく見ると、

f0233414_03584.jpg

それは、こぶしの花でした。
先日の池田町陸郷は山桜でしたが、
大町ダム周辺の山々はこぶしの花で山全体が白くなるようで、
こぶしの花もなかなか良いですね^^

f0233414_0373226.jpg

黒四ダムへ通じるアルペンラインに沿って流れる籠川の辺りは、
やっと訪れた早春の風景が広がっていて、
安曇野より少しばかり季節を遡ることができます。

f0233414_019277.jpg

今週末から始まる行楽シーズンを目前に、
昨日までの不安定なお天気は、少しづつ落ち着いてきているようで、
明日からのGWは、もう少し安定したお天気となるといいですね^^

今年は、震災の観光業への影響が心配されていますが、
少なくとも、GW期間中は、良いお天気であって欲しいものです。
by azumino-macro | 2011-04-29 00:38 | 信州あれこれ