安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro
今日は、朝から気温が上がり、最高気温は24.5℃を記録!^^;
昨日までの寒さが嘘のような一日となりました。

しかしながら、あまりの強風で
せっかく咲いた桜もこれではたまったものではありません。

あえなく安曇野の桜も散り始めてしまい、
短い春の桜の饗宴もそろそろ終わりを迎えようとしています。

f0233414_2311993.jpg

まずは、明科にある城山公園の桜から。

f0233414_23545243.jpg

ここは、冬に訪れた時に、桜の木があるのを確認していたので、
春になったら、是非訪れたいと思っていたのでした。

f0233414_2337161.jpg

今日は薄く雲がかかってしまい、
池田町陸郷の山々の向こうに広がる北アルプスもぼんやりとしていました。

f0233414_23395317.jpg

桜と北アルプス、この時期ならではの風物詩ですね^^

f0233414_23485341.jpg

そしてお次は、光城山の桜です。
この通り、やっと山頂まで桜のたすきがかかりました!

桜トンネルの中を抜けて、山頂まで歩くことが出来るのも
この時期ならではですね^^

平地の桜はもう散ってしまいましたが、少し標高の高い所の桜は、
まだまだこれからが見頃のようです。

今年は、安曇野の桜の開花は例年より遅かったので、
GWでも場所によってはまだ十分にお花見を楽しむことが出来ます^^
by azumino-macro | 2011-04-27 23:04 | 安曇野あれこれ
旧波田町(現在は松本市)の上海渡にカタクリの群生地があると聞いたので、
今年は、まだカタクリを見ていなかったので、見に行ってみることにしました。

f0233414_2133583.jpg

その途中、しだれ桜で有名な安養寺があり、立ち寄りました。
浄土真宗本派の古刹で、境内には二十数本のシダレ桜の大樹があるそうです。

f0233414_21424869.jpg

雨が降りそうな空模様でしたが、ここではまだ雨は降らずにいてくれました^^

f0233414_21413064.jpg

桜は、数日前が満開だったようで、すでに散り始めていて^^;
なんとか撮影したものの、お天気といい、イマイチの写真になってしまい残念です。
来年は、もっと早い時期に撮影に来ようと思います^^;

f0233414_21523647.jpg

桜は最盛期を過ぎてしまいましたが、
お寺の雰囲気にしだれ桜がビッタリとマッチしていて、絵になる雰囲気ですね。
桜の木もとても幹が太く、年代を感じさせる老木で、見事です。

f0233414_21555577.jpg

こんなお天気だったので、この日は訪れる人も少なく、ひっそりしていましたが、
休日は、臨時駐車場も設けられるほどで、多くの人がしだれ桜を観賞しに来るそうです。

f0233414_22256.jpg

とてもきれいな色の鳥が桜の枝でさえずっていたので、写真に撮ったら、
キビタキでした。(お腹のオレンジ色がとても鮮やかで、かわいい鳥ですね^^)

f0233414_226093.jpg

さて、次は、本日の目的地、上海渡カタクリ園に向かいました。

f0233414_22132631.jpg

地元の有志の方々のご尽力で自然保護に努められた結果、
今日あるような見事なカタクリの群生地に生まれ変わったそうです。

f0233414_22281646.jpg

今まで各地で何カ所かカタクリの群生地を訪ねたことがありますが、
これほどのカタクリが咲いている所は、そうそうありません。

f0233414_23444180.jpg

これだけのカタクリが自生しているのは、見事という他ありません。
地元の方々の日頃のお手入れあってこその成果だと思うと、頭が下がりますね。

f0233414_22185344.jpg

園内には、カタクリだけでなく、キクザキイチゲ

f0233414_22553638.jpg

ヤマエンゴグサ

f0233414_2223261.jpg

ニリンソウ なども咲いていて、
嬉しいことに、スプリングエフェメラルメラルのオンパレードでした^^

f0233414_2333584.jpg

保護地区となっていても
年々、カタクリの群生地は数が少なってしまっているようで、
これほどのカタクリの個体数を有する群生地はとても希少です。

f0233414_22171893.jpg

とうとう撮影中に雨が降ってきてしまいましたが、
晴天下よりも雨の中の撮影の方が、うつむき加減のカタクリには相応しいようです。

来年の春にもまた可憐なカタクリに会えるという楽しみがひとつ増えたので、
とても嬉しいです^^
by azumino-macro | 2011-04-26 23:06
安曇野市のお隣、池田町陸郷に山桜の名所があるというので、
雨にも拘らず、観に行ってきました。

f0233414_22122100.jpg

国道19号を折れて犀川を渡る橋の上からは、
山肌に白く浮き上がるように見える満開の山桜と、
奇勝として知られるその名も恐ろしい「東山ままこ落としの土柱」が小さく見えます。
(写真中央に写っている鋭く尖った槍の先のような奇形地)

f0233414_2245577.jpg

出発した時は、雨が降っていたのですが、
池田町陸郷にある夢農場に到着すると、雨は小雨になってくれました。

f0233414_2263381.jpg

お花見にはイマイチの曇天でしたが、桜は満開でした。

今まで撮影してきたシダレ桜やソメイヨシノの桜並木もきれいでしたが、
山に桜がポツンポツンと咲く里山の風景も風情があっていいですね^^

f0233414_2271592.jpg

昨年ここを訪れた時は、カモミールとポピー畑になっていた所に
菜の花が植えられていて、桜に合わせたかのように満開になっていました^^

f0233414_2214792.jpg

しばらく美しい風景に見とれながら、撮影していると、
雲が切れて、待望の青空が見えてきました^^v

f0233414_2292388.jpg

菜の花と桜と青空と・・。
定番ですが、やはり日本の美しい春の風景ですね^^

f0233414_0124115.jpg

もちろん、ここでも多くのカメラマンが至る所で撮影していたのは言うまでもありません^^;
(カモミール畑の時は、ほとんどいませんでした^^;)

桜を楽しめる期間は、あっという間に過ぎてしまいますが、
美しく咲き誇る桜を見て、多くの日本人が元気をもらったことと思います。

「西の吉野、東の陸郷」と呼ばれた陸郷の山桜は、まだまだ楽しめそうです^^
by azumino-macro | 2011-04-25 22:45

桜、さくら、サクラ

今週やっと見頃になってきた安曇野の桜。

昨年撮影しに行った扇町の桜堤の桜は、枝を切られてしまったので、
安曇野の桜の名所がひとつ減ってしまい、寂しい限りですが、
その他にもまだまだ桜を楽しめる場所はあるので、
咲き具合を確認しに見に行ってみました^^

まずは、しだれ桜の大木から。

f0233414_22504874.jpg

国営アルプスあづみの公園の用地内にあるしだれ桜。

f0233414_083180.jpg

見事ですね。
かなりの老木のようですが、樹齢は不明です。

f0233414_22595457.jpg

次は、多田井の観音堂跡にあるしだれ桜。

f0233414_22572888.jpg

あまりに大きいので、カメラに収まりません^^;

f0233414_2323970.jpg

見上げるのに、首が痛くなってしまうほどで、
安曇野にあるしだれ桜の中で、多分、この木が一番高さがあるのではないかと思います。

f0233414_2383318.jpg

そのしだれ桜の近くにあった、二本のしだれ桜。
実は、これらのしだれ桜は、先祖代々の墓地に植えられています。
その昔、墓地にしだれ桜を植える慣習でもあったのでしょうか。

f0233414_1462016.jpg

お花見をするのに相応しいという場所ではありませんが、
これらの見事なしだれ桜を観ようと、多くの人が訪れます。
(もちろん、カメラマンも沢山いらっしゃいます^^;)

f0233414_23124681.jpg

これは、三郷小倉地区にある樹齢350年と言われているしだれ桜。
350年前は、江戸時代ですね^^;

残念ながら、標高が高い場所にあるせいか、まだ満開とはいきませんでした。

f0233414_23144490.jpg

これは、新田堰の桜並木です。
植えられて間もないようで、木はまだ小さいですが、
北アルプスをバックになかなかの景観作りに一役買っています。

f0233414_13391659.jpg

そして先日も訪れた拾ケ堰沿いのあずみのやまびこ自転車道に植えられた桜並木も
やっと満開になっていました^^

f0233414_13351658.jpg

常念岳をバックに桜並木が美しいこの風景は、誰もが認める
安曇野一の桜と北アルプスの撮影ポイントですね^^

f0233414_23263095.jpg

日中は暖かですが、朝晩はまだまだ冷えるので、
お花見は、しばらくは楽しめそうです^^

f0233414_2328525.jpg

気になる光城山の桜山道ですが、まだ山の中腹までしか開花していませんでした。

光城山の桜の開花が山頂に達するのは、来週になりそうですね。
見事な桜のたすきが山にかかりましたら、またご報告いたしますね^^

(ブログにUPした拾ケ堰の写真がNHK長野放送局の
 とっておきの信州PHOTOアルバム「撮るしん。」に掲載されました)
by azumino-macro | 2011-04-21 22:40 | 安曇野あれこれ

松本城の桜

昨年は、引っ越ししたばかりということもあって、
松本城の桜を見に行きそびれてしまったので、
今年は、必ずや見に行こうと決めていました。

f0233414_2121916.jpg

TVの開花情報で、5分咲きと言っていたので、少し早めですが、見に行ってみることに^^

f0233414_21224261.jpg

松本の本日の最高気温は、23.6℃(安曇野は、25.2℃で真夏日となりました!^^;)
初夏を思わせる暖かさ(暑さ?)の中、桜も一気に開花がすすんだようで、
8分咲きというところでしょうか?

f0233414_2123559.jpg

それでも、朝の最低気温は、松本では6℃、安曇野では、4.1℃でまだまだ肌寒いです。
ということで、梅もまだ咲いていて、松本城の周りでは、梅と桜が同時に楽しめます^^

f0233414_22113310.jpg

すでに関東地方では、桜は散り始めているようですが、
こちらは、これからが見頃です^^

f0233414_21265954.jpg

北側のお堀沿いの桜が、美しいその姿を、水面に映していました。

f0233414_21292095.jpg

3月11日を境に、その後いろいろなことが起こり、今日に至るまで
気の休まることなく時は流れ、それでもやはり桜は今年も咲きました。

f0233414_21275348.jpg

放射能汚染を避けて、多くの外国人が日本から脱出したそうですが、

あの日本文学を欧米に紹介した功績のあるドナルド・キーン氏が
東日本大震災を契機に、大学を退職した後、
日本への感謝の気持ちから日本国籍を取得し、
日本に永住する意思を表明したそうです。

f0233414_23241845.jpg

がんばろう、日本!
世界中からどんな風評被害を受けようとも。
桜咲く日本の美しい風景は、私たちの誇り。

1年後、2年後、3年後は、もっと晴々した気持ちでお花見できると信じて!
by azumino-macro | 2011-04-15 22:19 | 信州あれこれ

ふきのとう摘み

1年前に安曇野に引っ越してきた時に、今年は間に合わなかったけれど、
来年こそは、安曇野で摘んだふきのとうで蕗味噌を作ってみたいと思っていました。

平地では、ふきのとうはもう薹がたってしまい、
食べ頃ではなくなってしまいましたが、

少し標高が高い所なら、まだまだ柔らかい食べ頃のふきのとうが採れるのではないかと思い、
北アルプス常念岳への登山口まで通じている林道一の沢線に行ってきました。
(今は、この道は冬季閉鎖中で、車で入っていくことはできません)

f0233414_22552346.jpg

1時間ほど歩いた登山口に近い所には、まだ雪がところどころ残り、
雪解けしたところから、ふきのとうが頭を出していました。

f0233414_22592219.jpg

地面を割って出てくるその生命力の強さは、春の上昇のエネルギーそのものですね^^

f0233414_2303749.jpg

丁度食べ頃の美味しそうなふきのとうを沢山摘むことができました。
今年は念願叶って、自分で摘んだふきのとうで蕗味噌を作ることができそうです^^

f0233414_2313228.jpg

登山道入り口からは、かろうじて常念岳の上部を見ることができます。
今年は、常念岳登山を実現しようと思っているので、
この登山道入り口は、また来ることになるかもしれません^^;

f0233414_2323428.jpg

蝶ケ岳、常念岳を水源とする安曇野の広大な農地にも引水されている烏川の支流、一の沢の清流。

f0233414_2334960.jpg

ダンコウバイの花も咲いていました。

f0233414_23353375.jpg

遠くで、ツリリリとよく響く声で鳴いているのは、渡り鳥のアカハラ。
日本では繁殖のため本州中部以北に飛来(夏鳥)し、
冬季になると本州中部以西で越冬(冬鳥)するそうで、今はどっちなのかは不明?^^;

f0233414_23465021.jpg

そして、クジャクチョウ。
日本では滋賀県以北に分布し、本州中部では標高の高い山地でしか見られないそうです。

f0233414_23255296.jpg

北アルプスの山麓の早春の風景を楽しみながら、
丸一日かけて、こんなにたくさんのふきのとうを見つけました。

春の自然の恵みに感謝し、山菜狩りを不安なく楽しめる環境であることに感謝し、
ようやく訪れた遅い安曇野の春の味を美味しく頂きたいと思います。

自然に感謝!
by azumino-macro | 2011-04-10 22:23 | 安曇野あれこれ

早春の安曇野

明日で大地震発生から4週間。

この間、想定外(?)のことばかり起こり、
日本列島を震撼させる恐ろしい状況がいまだに続いていますが、

春の遅い安曇野でも、この所、ようやく春らしい雰囲気になってきました。

f0233414_22291788.jpg

犀川の土手の木々も、萌え始めたようです。

もうすでに日本の各地で、桜の開花宣言が聞こえてきていますが、
安曇野は、まだ春が始まったばかりで、
桜の開花は、来週となる模様。

やっと今日、気温もマイナスから解放され(最低気温1.2℃)、
最高気温は、一気に21.8℃に!^^;

f0233414_2233124.jpg

これからGWにかけて、春がどっと押し寄せてきて、
花々が次々と咲き誇り、安曇野が一番美しい季節を迎えます。

f0233414_22361566.jpg

安曇野で一番の観光名所となっている大王わさび農場も、
今日は、すっかり春らしい雰囲気に包まれていました。

f0233414_22401367.jpg

わさびの花も今が満開で「春の小川」を口ずさみたくなるような清流のせせらぎの中で、
白く小さな花をつけて、私たちの目を楽しませてくれます。

f0233414_2228336.jpg

被災地でも怒涛のような混乱は収まり、
少しずつ前へ進みだしている所もあるようですが、

一方では、原発事故の更なる危険も危惧されているようで、
まだまだ予断を許さない状況であることには変わりがありません。

被災地の復興に向け、政府の復興対策が具体的に示されつつありますが、
一日も早く、今は廃墟と化してしまった故郷の町が、
阪神大震災で壊滅状態から見事復興した神戸や淡路島のように、
素晴らしい町となって甦りますように。
by azumino-macro | 2011-04-07 23:14 | 安曇野あれこれ

気がつけば・・・・

今日、久しぶりにすっきりと晴れ上がった青空に姿を見せた北アルプス。

f0233414_2245528.jpg

このところ、震災や原発事故の経過が気になって
なかなか季節の移り変わりや自然の美しい風景に
目を向ける心の余裕がありませんでしたが、
気がつくと、北アルプスの風景も何となく春めいた雰囲気になっています。

f0233414_22183641.jpg

最低気温は、まだマイナス4.4℃という寒い日が続いていますが、
今日の最高気温は、10.2℃と大分暖かくなってきました。

f0233414_22102599.jpg

穂高神社の白梅も、いつの間にか、8分咲きになっていました。

f0233414_2213290.jpg

紅梅は、まだ蕾がほころんだばかりで、見ごろは来週あたりになりそうですね。

今年は寒い日が続いたせいか、
例年より、梅の開花が遅いような気がします。

f0233414_22373754.jpg

日本の至る所で、震災による苦渋の日々が続いていますが、
季節は着実に巡り巡ってくるようです。

あと2週間もすれば、安曇野でも桜が咲き出すことでしょう。
(例年なら、ですが・・・・)

東北地方は、まだまだ寒い日が続きますが、
本格的な春までは、もう一歩。

これから、次々と満開になっていく美しい花々に、
震災で傷ついた心が少しでも癒されることを、心から願います。

(昨日UPした写真が、撮るしん。に掲載されました。)
by azumino-macro | 2011-03-28 22:59 | 安曇野あれこれ
今日、東日本大震災や長野県北部地震の被災者を勇気づけようと、
安曇野市のお隣の松川村にある「道の駅安曇野松川」で
「みんながんばれ!被災地応援フラワー販売会」がありました。

f0233414_2043344.jpg

道の駅の駐車場にパンジーの苗を並べて描かれた大きな応援メッセージ。

「心ひとつに みんなで ガンバロウ」

f0233414_20441171.jpg

19、20日に巨大花絵を描く「花のじゅうたん祭り」を予定していたのが、
震災で中止になり、その代わりにメッセージを描いて苗を販売し、
売上金の一部を義援金として送ることになったそうです。

f0233414_20462363.jpg

1ポット50円ですが、24ポットだと1,000円だそうで、
これで1,000円とは、かなりお買い得ですね^^

販売会は、明日も開催されるそうです。

このように、日本各地で、いろいろな形で
被災者への支援の輪が広がっているようですが、
日本国中が一丸となって、被災地を支えようとしている気運は素晴らしいですね。

被災者の方々の県外への避難も始まっているようですが、
一日も早く、避難所から住み慣れた我が家に帰れるように、
被災地の復興に向けての復旧作業が少しでも前進して欲しいものです。

f0233414_211087.jpg

今夜は、満月。
お月様が、とっても丸く大きく見えました。

今夜のお月様は、今年一番大きく見える満月だそうで、
スーパームーンと呼ばれているそうです。

しかも今回の満月は、19年ぶりに地球と月とが最も近づくために、
Extreme Super Moon(エクストラ・スーパームーン)と呼ばれているのだとか。

f0233414_2112725.jpg

被災地の空にも、このエクストラ・スーパームーンは、まあるく明るく輝いていることでしょう。

次に満月を見る時までには、
今のこの悲惨な状況、危機的状況が少しでも好転してくれることを信じて。

心ひとつに みんなで 頑張りましょう!
by azumino-macro | 2011-03-19 21:22 | 安曇野あれこれ

希望

寒さの中でも芽を出し、花を咲かせる 春を告げる花、スノードロップ 
f0233414_2221643.jpg

花言葉は、希望、慰め、逆境のなかの希望

f0233414_2324780.jpg

今日の安曇野は、最低気温-4.6℃、最高気温は0.9℃で、
もうすぐお彼岸とは思えないほど寒い一日となりました。

雪が降った被災地の厳しい冷え込みの中で、
被災され、避難所での不自由な生活を余儀なくされている方々、
救済活動や援助活動などの作業に従事されている方々、
破損した原発で命の危険と隣りあわせで作業されている方々、

この大災害によって、苦渋の時を過ごされていらっしゃる多くの方々のことを思い、
日本中の、いえ、世界中の人々が胸を痛めています。

地震が起きてから1週間が経ちましたが、
一向に状況は、良くなる兆しがありません。

明日は、今日より、希望の光を見出すことができますように!
(少なくとも、もう少し暖かくなってほしいです!)
by azumino-macro | 2011-03-17 23:20 | 日々のあれこれ