安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

森のそば

安曇野で唯一、韃靼そばを食べさせて下さる
「森の蕎麦」に行ってきました。

f0233414_21451360.jpg

ダッタンソバ(韃靼蕎麦)は、タデ科ソバ属の一年草で、
強い独特な苦みがあるため苦蕎麦(にがそば)とも呼ばれます。

f0233414_21483756.jpg

韃靼蕎麦、という名は、モンゴルの遊牧民族である韃靼人(ダッタン人・タタール人)が
好んだことに由来しているそうです。

f0233414_21504516.jpg

韃靼蕎麦は、普通の蕎麦より、少しばかり黄みがかっているのが、特徴で、
そして、やはり、味は、少しばかり、苦味がありました^^;

f0233414_21494114.jpg

お店の前には、韃靼蕎麦を自家栽培している蕎麦畑が広がります。

もう少ししたら、収穫するそうで、今年の新蕎麦はこれからだそうです^^

安曇野産の珍しい韃靼蕎麦を、安曇野で、召し上がってみるのは、いかがですか?
by azumino-macro | 2013-10-10 21:58 | そば三昧
雪が降った翌日、白馬村佐野坂にある姫川源流自然探勝園に行って、
福寿草の写真を撮ってきました^^

f0233414_224303.jpg

GW前ということで、園内はひっそりとしていて、観光客もまばら。
撮影のチャンスですね^^

f0233414_2262226.jpg

白馬村は、まだこの通り、春を迎えたばかり、という感じでした。

f0233414_229062.jpg

姫川は、この親海湿原に源を発し、新潟県糸魚川市で日本海に注ぐ
全長、約60Kmの姫川の一級河川です。

f0233414_22355278.jpg

この水は、環境省の「姫川源流湧水」として、名水百選にも選定されている名水です。

f0233414_22213784.jpg

小川のほとりには、水芭蕉の白い花が咲いていました。

f0233414_22224511.jpg

雪解けの冷たい清流沿いに咲く白い妖精、という感じですね^^

f0233414_22231494.jpg

そして、カタクリ
こちらも、スプリングエフェメラル(春の妖精)の代表ですね^^

f0233414_2224231.jpg

お目当ての福寿草は、前日の雪にやられて、ちょっと元気がありませんでした。

f0233414_22261110.jpg

ちょっと残念^^;

f0233414_22271771.jpg

1時間ほど散策していたら、あまりの寒さに身体が冷え切ってしまったので、
近くにあるお蕎麦屋さんへ入りました。

f0233414_22282061.jpg

温かいお蕎麦を食べたら、体が温まりました^^

f0233414_22295282.jpg

こちらは、そば粉を使った蕎麦饅頭。
きなこがかかっています。
とても、ふわふわして柔らかくて、美味しかったです^^

利根川蕎麦店、お勧めです^^
by azumino-macro | 2013-04-24 22:34 | 信州あれこれ

紅葉の乗鞍高原

このところの寒気で一気に紅葉が進んでいる信州ですが、
乗鞍高原の紅葉を見に行って来ました。

f0233414_21591071.jpg

初冠雪する前に行ったので、乗鞍岳に雪はついていませんが、
今頃は、山頂は、うっすらと白くなっていることでしょう。

f0233414_2202482.jpg

一の瀬園地に一本だけ生えているカエデの木の紅葉の赤が
とても美しかったです。

f0233414_2233495.jpg

有名なカエデのようで、観光客、カメラマンの方々が大勢見に来ていました。

f0233414_225251.jpg

今日は、このカエデが一番の被写体という感じでした^^;

f0233414_2261694.jpg

その後、三本滝を見に行きましたが、
ここの紅葉は、まだという感じで、残念!^^;

f0233414_228130.jpg

この三本滝、どうやっても、三本一緒にカメラに収まりませんねぇー^^;

f0233414_22102352.jpg

帰りに、手打ち蕎麦「御池」で昼食です。

f0233414_22112856.jpg

ここの「そばコロッケ」は絶品です^^
そばコロッケとは、中身がそばがきで、パン粉をまぶし、コロッケのように油で揚げています。
中のそばがきが、トロッとしていて、美味です^^

f0233414_2214186.jpg

お蕎麦も、なかなか美味しいです^^

f0233414_22162191.jpg

今年は、紅葉が2週間位遅れているそうで、
乗鞍高原も、これからがピークといった感じです。

見頃は、11月の三連休のころかもしれませんね。

信州の紅葉を見にお出かけするなら、まだまだ間に合いますよ^^
by azumino-macro | 2012-10-25 22:19 | 信州あれこれ
10月66、7、8日と松本城公園で恒例のそば祭りが開催され、
今年も行ってきました^^

f0233414_22572167.jpg

お天気は曇り空でしたが、会場は、沢山の人で賑わっていました^^
(さすが信州!そば好きは多いようですね^^)

f0233414_21241460.jpg

国宝松本城とはるか遠くにそびえる北アルプス
信州松本ならではの、素晴らしい景色ですね!

f0233414_21254052.jpg

まずは、昨年食べて美味しかった「江戸流手打ち蕎麦 鵜の会」

そして、お次は、今年初めてのトライで「NEXCO中日本グループ」

f0233414_21265594.jpg

鵜の会では、名人がデモストで蕎麦打ちを披露してくれていました。
正確に、細くお蕎麦を切っていく技術に感嘆です!^^

f0233414_2354089.jpg

江戸前は、二八だそうで、二八の美味しいお蕎麦でした^^

f0233414_21275764.jpg

こちらの蕎麦は、「NEXCO中日本グループ」のかけ蕎麦。
NEXCOとは、高速道路公団のことで、蕎麦好きの社員が
今日は、お蕎麦屋さんに変身して、お店を切り盛りしてくれました^^

f0233414_21301347.jpg

そして、3軒目は、とうじそばで有名な奈川のお蕎麦です。

f0233414_2394587.jpg

お~お~、大きな投じ籠で、やってくれていますね^^

f0233414_2131326.jpg

そろそろ温かいとうじそばが恋しくなってくる季節ですね^^;

寒い土地柄の信州ならではの智慧がつまったとうじそば。

f0233414_2316550.jpg

このごろ、めっきり涼しくなり、秋も本番。
冬支度への準備を始める頃となりました。

例年なら、北アルプスが綺麗に見えてくる頃なのですが、
今年は、雲で覆われていることが多く、写真撮影にははずれの年のようです^^;
by azumino-macro | 2012-10-07 23:16 | そば三昧
以前から行ってみたかった乗鞍高原のそば処いがやに行きお蕎麦を食べ、
白骨温泉の白船荘で温泉に浸かってきました^^

f0233414_20435361.jpg

乗鞍岳もよく見えて素晴らしい景色です。

f0233414_20483743.jpg

地元のおばちゃん達が打つ蕎麦が美味しいと評判のお店。
以前から一度食べに来たかった蕎麦屋さんです。

f0233414_20514150.jpg

野沢菜漬けと蕎麦団子

f0233414_20551288.jpg

モロッコインゲンの胡麻和え、ブドウの葉の押し寿司と煮物

f0233414_2143498.jpg

ブドウの葉の押し寿司の中身は、鱒寿司になっていました。

f0233414_21125973.jpg

乗鞍高原でとれたそば粉10割で打った十割蕎麦。

f0233414_21143370.jpg

乗鞍高原は、もうすでに秋がやって来ていました^^

f0233414_21175945.jpg

お蕎麦の後は、白骨温泉まで足を伸ばして、乳白濁のお湯に浸かってきました^^v

f0233414_21555042.jpg

内湯は、こんな感じでした。

f0233414_21565671.jpg

そして、長い長い通路と階段を裸で(^^;)で歩いて行くと、
ひっそりと佇む露天風呂に行き着きました。

f0233414_220083.jpg

お湯は真っ白、源泉かけ流し。
湯の花が固まって、石筍のようになっていますね^^;

f0233414_224368.jpg

山の斜面に作られた小さな露天風呂。
木漏れ日を浴びながら入る乳白濁のお湯は、最高の癒しタイムですね^^

f0233414_2265276.jpg

夏の終わりに見たキベリタテハ。
(何故か、タイヤに止まっていたんですよね^^;)

大好きな蝶を追っていたら、夏も終わり、秋になってしまいました。

安曇野は、まだまだ日中は暑いですが、夜は虫の大合唱です^^;
by azumino-macro | 2012-09-09 22:09 | 信州あれこれ

蕎麦 とりい

穂高神社の入り口で営業されていた天然酵母のパン屋さんの「こっふぇる梅太郎さん」が、
蓑輪町に引っ越されてから、しばらくお店のあった店舗は、しばらく閉まっていましたが、

今日、前を通ったら、新しい暖簾がかかっていました。

f0233414_21372245.jpg

「蕎麦 とりい」
どうやら、後任のお店は、お蕎麦屋さんのようで、
蕎麦好きとしては、これは、素通りする訳にはいきませんね^^;

f0233414_21383752.jpg

焼き菓子もあって、卵、乳製品不使用、とありました。

もしかすると、店主はマクロビオティックの心得がある方かも?^^;
(ますます、これは入らねば^^;)

f0233414_21452233.jpg

こっふぇるさんのお店だった時のパンのショーケースとレジがあった場所は、こんな風になっていました。

f0233414_21462257.jpg

イートインコーナーになっていた場所は、こんな感じです。

f0233414_21482457.jpg

早速、ざるそば、を頼みました^^

f0233414_21493938.jpg

挽きぐるみの細いお蕎麦。
蕎麦粉の香りが、とても良いです^^

f0233414_22262776.jpg

蕎麦猪口と蕎麦汁の徳利も、なかなかのセンスですね^^

f0233414_22273714.jpg

梅酢を使った切り干し大根の箸休め

f0233414_22283461.jpg

そして、小さな蕎麦クッキーのおまけつき^^

f0233414_22294597.jpg

「そばもち」なるものがあると言うので、頼んでみました^^

もち米と蕎麦粉を一緒に搗いて出来たので、「そばもち」だとか^^;
もちもちして、とても美味しかったです^^

f0233414_22322936.jpg

「蕎麦とりい」は、シャロムさんで働いていたことがある若いご夫婦が
初めて安曇野に開店したお店だそうで、

若い感性で溢れた安曇野の新しいお蕎麦屋さんです。

(穂高神社の鳥居のすぐ傍なので、「とりい」なのかもしれませんね^^;)

火、水曜日、定休
11:30~売り切れ次第終了
by azumino-macro | 2012-03-01 22:40 | そば三昧

おそば ふじもり

山麓線沿線の蕎麦店激戦区で、4年間人気店として営業されてきた「ふじもり」さん。

f0233414_2305417.jpg

今までに何度か足を運び、リピートした数少ないお蕎麦屋さんですが^^;
2月いっぱいで閉店されると聞いて、びっくりして行ってきました。

f0233414_23216.jpg

いつも素敵な佇まいの「ふじもり」さん。

f0233414_2325495.jpg

お店の外観ばかりでなく、ちょっとした置物の小物や(これは、楊枝入れです^^)

f0233414_2333138.jpg

箸置きにも、センスが溢れていますね^^

f0233414_234219.jpg

これらは全て、店主の奥さまの作品だそうで、お人柄が出ていて、素敵ですね^^

f0233414_23281889.jpg

そして、ふじもりさんの「そば豆腐」は、いつ食べても絶品^^
(いつも必ず、頼んでしまいます^^;)

f0233414_2329017.jpg

今日は、温かいお蕎麦を頂きました。

安曇野にあるお蕎麦屋さんの中で、
精進だしで頂くことが出来る唯一のお蕎麦屋さんでもあります^^

f0233414_23325247.jpg

お店に、フリマのお知らせが置いてありました。

3月3日10:00~15:00
参加者を募っていたので、
マクロビオティックの焼き菓子を出店させて頂くことにしました^^
(店名は、安曇野マクロビオティック・キッチンです。
 みなさまのお越しをお待ちしております^^)

f0233414_23183488.jpg

この日は、安曇野で「ふじもり」さんが営業される最後の日となるそうで、
お別れはとっても寂しいですが、

新しい別天地で、新しいお店を開店されるとのことですので、
開店のお知らせを、安曇野で楽しみに待つことにいたしましょう^^

(それにしても、こっふぇるさん、といい、ふじもりさん、といい、安曇野はちょっと寂しくなりますね^^;)

※朗報で~す!こっふぇるさんの新しいパン屋さん「ハルハナ堂」のパンを
 「穂高パソコンプラザ」さんで、3月3日より購入できることになったそうです!^^
 その名も「こっふぇる梅太郎安曇野出張所」!
 「こっふぇる梅太郎」という店名を残して下さったのが、とっても嬉しいですね^^)
by azumino-macro | 2012-02-18 23:47 | そば三昧
小谷村にある鎌池まで紅葉狩りに足を延ばしたのは、完全に予定外だったため、
お昼には、白馬辺りでお蕎麦でもと思っていたのが、
目的地を変更したため、お昼は小谷で食べることになってしまいました。

小谷村について事前に何も調べていなかったため、
どこにお蕎麦屋さんがあるか、皆目分からず、ウロウロするしかない、と思っていたら^^;

南小谷駅のすぐ近くに、「おたり名産館」という建物を見つけ、
そこに「手打ちそば」の旗が立っていたので、とりあえず入ることにしました^^;

f0233414_21351249.jpg

名産館のスタッフ全員が、地元の女性達(しかもかなり年配のおばちゃん達)で、
店内は、田舎らしいアットホームな雰囲気でゆったりでき、また、おばちゃん達の接客も非常に丁寧で、
これでお蕎麦も美味しければ、リピート間違いなし、というなかなかのお店でした^^;

f0233414_21421162.jpg

お蕎麦は、石臼で蕎麦殻を混ぜて挽いたいわゆる「田舎そば」。

新蕎麦だったためか、味も香りも良く、歯応えといい、のど越しといい、
おばちゃんが打った蕎麦とは思えないほど(ご免なさい!^^;)、レベルの高いお蕎麦でした^^;

普通盛りで650円、大盛りなら850円、というのも
安曇野のお蕎麦の値段に慣れてしまっているせいか^^;お安く感じられて、嬉しいですね^^

f0233414_21491150.jpg

野菜の天ぷらも、このボリュームで500円。
中には名前の分からない葉っぱもありましたが・・・^^;

f0233414_21541332.jpg

帰りに、せっかく遠くまで来たので、温泉に入っていくことにしました。
これまた、ほとんど事前に調べていなかったので^^;
行き当たりばったりに入ったのが、鎌池の近くにあった「雨飾荘

f0233414_21564236.jpg

実は、この雨飾荘の近くに、村営の無料の開放的な露店風呂があるのですが、
男女混浴なのかどうかよく分からなかったので^^;
男女別になっている「雨飾荘」のお風呂に入ることにしました^^;
(混浴風呂というと、今年の春に知らないで入った白骨温泉泡の湯を思い出します^^;)

f0233414_2272473.jpg

泉質は ナトリウム・炭酸水素塩泉で、源泉掛け流しです。
お湯はぬるめ、入っているとお肌がツルツルとしてくる美肌の湯です^^

f0233414_22274629.jpg

紅葉、新蕎麦、温泉、と、日本の秋は、お楽しみがいっぱいで、ホント嬉しいですね^^

紅葉前線は、一日で20m下りるそうなので、今は、1,000m以上の場所が紅葉ですが、
あっという間に里に下りて来て、安曇野が秋色一色に染まる日ももうすぐです^^
by azumino-macro | 2011-10-21 22:40 | そば三昧
3連休に松本城公園で開催された毎年恒例信州・松本そば祭りに行ってきました^^
昨年と同様、食べられるだけ食べようとパンフ片手にブースを巡りました^^;

f0233414_20324481.jpg

開催3日目ですが、連日お天気が良かったこともあり、昨日は7万2000人もの人が訪れたそうで、
この日も、開始時間から大勢の人が訪れていました^^;

f0233414_20375549.jpg

まずは、滅多に食べられない韃靼そばを頂きました^^

f0233414_2038407.jpg

昨年と同じ、北海道は札幌長命庵のダッタンそばは、
農薬や化学肥料を使用しないで育てたダッタンそば粉で打っているそうで、
普通のそばと比べて、色は黄色で、苦そばと呼ばれるだけあって、少し苦味があります。

f0233414_20445269.jpg

そば湯も、もちろん、黄色いです^^;

f0233414_0345122.jpg

お次は、昨年も食べた大江戸庵

f0233414_0354842.jpg

確か、昨年もとっても美味しかった^^
これぞ、江戸前というお蕎麦でした^^

f0233414_0371252.jpg

地元、信州そばも頂かなくては、ということで信州ゆかり庵

f0233414_0383235.jpg

十割そばだそうで、
打っているところを見ていたら、お水でなくお湯を混ぜていたのが、
そば粉10割で打つコツなのかもしれませんね^^;

f0233414_0402177.jpg

お次は、新そばというので、飛騨朝霧そば
昨年も確か、食べましたね^^

f0233414_0424219.jpg

今年は、天然鮎そばを頂きました。

f0233414_0453896.jpg

今年も何種類かのおそばを食べ歩きましたが、
次第にお腹が一杯になってくると、
美味しい筈のおそばが、あまり美味しいと感じなくなってきてしまうので、

今年は、いい加減に、この辺で止めておくことにしました^^;

f0233414_0494197.jpg

松本そば祭り、年を追うごとに盛況のようで、本当に凄い人出でした@@;

おひさま効果もあってなのか、信州そばの魅力はどうやら定着してきているようですね^^

そばだけで、27ブースもあり、その他の飲食ブースは72というのですから@@;
食いしん坊には、夢のようなお祭りです^^;

食べたかったのに食べることができなかったお蕎麦は、また来年ということで^^;
終わったばかりなのに、もう来年のそば祭りを楽しみにしているという・・・?^^;
by azumino-macro | 2011-10-10 20:25 | そば三昧
安曇野産の蕎麦粉を使ったお蕎麦を食べされてくれるというので、
斉藤農園あぐりすへ行ってみました^^

f0233414_2371631.jpg

斉藤農園は、有機肥料100%、農薬は必要最小限に抑え、
堆肥で健康な土作りを行う農法で農作物を生産し販売している農園です。

f0233414_2395248.jpg

斉藤農園で栽培した蕎麦粉100%で打ったお蕎麦、しかも
まだ本格的な新蕎麦の季節ではないというのに、
早々と新蕎麦が食べられるというので(多分、春蕎麦ですね)
これまた楽しみですね^^

f0233414_23122762.jpg

店内を見回すと、偶然、「おひさま」の主人公、陽子を演じる井上真央さんの直筆のサインを発見!
その他にも、お店の前で撮った多数の芸能人の写真が飾られていて、
メディアにも何回か紹介されている結構有名なお店のようです^^;

f0233414_23174956.jpg

お蕎麦は、つなぎなしの十割そばを頂きました。
一緒に注文した斉藤農園で採れた野菜の天ぷらが、野菜の味がとても濃くて美味しかったです。
(大概の有機農法で作った野菜は、味が濃くて、美味しいですね^^)

お店の人に伺ったところ、お店のすぐ近くに農園があるそうで、見に行ってみることにしました。

f0233414_2321841.jpg

どうやらこの「れんげプロジェクト」という看板の辺りが農園のようですが、
この「れんげプロジェクト」とは、安曇野にレンゲ畑を再生しようという取り組みだそうで、

レンゲ畑というと、
山岳写真家でありギフチョウの研究でも知られる田淵行男が
「安曇野」という写真文集の中で、「消えゆく風物」として
「安曇野のレンゲ畑」の消失を嘆いていたのを、思い出しました。

『今の安曇野にゲンゲ(レンゲ)畑を見つけることはできない。
そればかりかゲンゲの花にさえなかなかめぐりあえない。----
終戦を境に安曇野は次々に 急速に大切なものを失いはじめた 
その中には貴い自然からの贈り物があったし 美しい民族の伝承もあった 
私は今の安曇野を歩くとき 心に甦ってくる昔の安曇野の残像と 
目にする現実との深い断層に突き当たって途方に暮れる』(田淵行男、安曇野回想)

f0233414_23351444.jpg

近くには、「常念道祖神」があり、
この道祖神は、昨年のJR東日本の「大人の休日倶楽部」のCM安曇野編に出てきた道祖神ですね^^

吉永小百合さんが自転車に乗って、横を通り過ぎる道祖神がこの「常念道祖神」でした。

f0233414_2337385.jpg

ここは、二つの道祖神とそれを囲む二本の桜の木とのコラボ写真を撮影できる場所として有名ですが、
今は、周囲はひまわり畑になっていました。

もう安曇野の夏は終息期を迎えようとしていて、ひまわりもご覧の通り^^;
(もう少し早く来れば、満開のひまわりと常念岳のコラボ写真が撮れたかもしれませんね^^;
 ゴメンナサイ、とひまわりも頭を下げているようで・・・?^^;)

f0233414_23435029.jpg

ひまわり畑の向こうに、今年、安曇野でブームの(?)蕎麦の花が満開でした。

春のレンゲの頃、昔の安曇野を彷彿とさせるレンゲ畑の風景を見に、また訪れたいと思います^^
by azumino-macro | 2011-09-03 22:50 | そば三昧