安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro
今朝の安曇野は、昨日の雪がしっかりと積もっていて、白銀の世界でした。
滑って転ばないように、駅へ急ぎ、大糸線に乗って、松本へ。
そして、いつものように特急あずさに乗り換え、東京へ。
雪が降っても、ダイヤの乱れはなく、さすが!と思っていたら、
大町より白馬方面は、不通となっていたそうで^^;(危なかったぁ~^^;)
今回は、雪に慣れている地域でも、大雪で大変だったようです^^
(大学センター入試、電車が不通でも大丈夫だったんでしょうかねぇー?)

f0233414_2257045.jpg

そして、東京方面でも朝方は、雪が降ったそうですが、
その後、よいお天気にはなり、
地和子マクロビオティッククッキングスクール恒例の
KIIX第8期生卒業パーティーは、無事開催の運びとなりました。

f0233414_22582844.jpg

今回は、いろいろな野菜が乗った「宝船」が登場していて、
七福神の代わりに有機野菜が乗っている所が、マクロビオティックらしいですね^^;

そして、お料理は、お正月を意識した、雅な雰囲気に溢れていました^^

f0233414_2303794.jpg

ひじきのサラダと甘酒ドレッシング

f0233414_2314119.jpg

宝袋

f0233414_2321963.jpg

松風焼

f0233414_2334443.jpg

喜布巻き

f0233414_2343856.jpg


f0233414_235081.jpg

宝温野菜

f0233414_2362349.jpg

ハッピー☆ちらし寿司

f0233414_2372560.jpg

三種の豆腐チーズカナッペ

f0233414_2391640.jpg

幸米

f0233414_2381615.jpg

小豆ご飯と土鍋ご飯

f0233414_23105326.jpg

さつまいもとりんごのタルト

f0233414_2312016.jpg

あんこだま

f0233414_23124838.jpg

お年玉クッキー

f0233414_23185934.jpg

8期生の生徒さんのチームワークの良さが、
このような素晴らしいお料理全体の統一されたイメージを
作り上げているのでしょうね^^

f0233414_23143331.jpg

一種類につき一個ずつ食べただけでも、もうかなりお腹がイッパイに^^;

f0233414_2315977.jpg

いつもの「あんこ玉」も金粉で飾ると、食べるのがもったいないほどの
高級和菓子に変身です^^

f0233414_2325554.jpg

それにしても、雪が降って本当に寒かった、と、参加者の方々はおっしゃっていましたが、
安曇野に比べたら、比較にならないほど暖かな気温に、
改めて、安曇野の冬の寒さの厳しさを、再認識したのでした^^;

小正月も過ぎ、お正月気分もすっかり抜けて、
これから、新しい一年が本格的に始動しますね。
伊勢神宮から頂いたというしめ飾りに手を合わせ、新しい年の行く末を祈願しました^^
(宝船も見たし、猿田彦神社の御神酒も頂いたので、パワー充填?来週頑張りま~す?^^;)
by azumino-macro | 2011-01-16 23:36 | Macrobiotic
この1年間、地和子マクロビオティッククッキングスクールに通い、
KIIX(Kushi Institute International Extension)のプログラムを全て終了した
第6期生による卒業記念パーティーに出席して来ました^^

f0233414_23565185.jpg

卒業パーティーは、1年間教室で学んだその成果を披露して下さる楽しい豪華イベントで
地和子マクロビオティッククッキングスクールの恒例行事でもあります^^
(これを楽しみにしている人も多いとか?^^)

12人の生徒さん一人ひとりが数ヶ月前から練りに練ったアイディアで、
(徹夜で?)作って下さった美味しくて美しいマクロビオティックの
パーティー料理がテーブル狭しと並びます^^

f0233414_23571424.jpg

どれもこれも心を込めて作られていて、
創意工夫と素晴らしいアイディアに満ちたお料理の数々!

もちろん、参加者からは、このお料理を見たとたんに歓声があがりました^^

f0233414_021579.jpg

陰陽ロール
二色の玄米ご飯が陰陽マークになっているところが面白いですね^^

f0233414_024430.jpg

クリスマスツリーサラダ
クリスマスツリーに似せて大根でカラフルな野菜を巻いたかわいい演出のサラダ

f0233414_0101149.jpg

根菜ポトフ
無農薬野菜をポトフにして食べやすいように串に刺してくれました^^

f0233414_035873.jpg

蓮根ハンバーグ
マクロではお馴染みの蓮根ハンバーグもこんなに華やかに!^^

f0233414_043545.jpg

車麩のオープンサンド
こちらもお馴染みの車麩のカツをパンにのせてオードブルスタイルに^^

f0233414_044829.jpg

玄米ちらし寿司~星に願いを~
玄米ちらし寿司を星型にかたどったかわいい演出です^^

f0233414_06176.jpg

豆乳クリームグラタン
焼きたてのあつあつをどうぞ召し上がれ^^

f0233414_0282235.jpg

冬のパスタ
ひじきと黒米を使ったユニークなソースのパスタ

f0233414_064886.jpg

サンタの贈り物
中に入っていたのは、星とモミの木の形をしたクッキーでした^^

f0233414_07612.jpg

かぼちゃプリン
カンボジアのスウィーツからヒントを得たというかぼちゃとココナッツミルクの絶品プリン!
かぼちゃも丸ごといただきます^^
(とても美味しかったです^^何個でも食べられそう?^^;)

f0233414_074474.jpg

小豆かぼちゃのマフィン
マクロでは定番の小豆かぼちゃをお菓子に使ったマフィン

f0233414_092792.jpg

ハッピーロールケーキ
生地の抹茶味と中のゆずクリームが絶妙の美味しさ!
(こんなに美味しいマクロのロールケーキは今まで食べたことがありません!
 カットでなく、丸一本ホールで食べたいで~す?!^^;)

f0233414_0382985.jpg

こんなに美味しくて豪華なマクロビオティックのお料理を食べられて
今日は、本当に幸せです^^

f0233414_094871.jpg

一皿に載らないほどのご馳走で、今日は、食べ過ぎです!^^;

f0233414_0384995.jpg

今日は、6期生の皆さんの素晴らしいお料理と演出のお陰で、
一足早く、ステキなクリスマスを迎えることが出来ました^^

f0233414_046294.jpg

いただいたカードの裏に、こんなステキなメッセージが!^^

f0233414_88343.jpg

地和子先生から卒業記念品としていただいたスクールのロゴ(CMCS)が入った
エプロンを着ての記念撮影 (皆さん、いい笑顔ですね~^^)

6期生のみなさん、ご卒業おめでとうございます!
そして、今日はご馳走様でした!^^
素晴らしいお料理と温かいおもてなし、ありがとうございました~!^^
by azumino-macro | 2010-12-12 23:47 | Macrobiotic

はじめのい~っぽ!


病気がきっかけで偶然マクロビオティックを知り、
食事をマクロビオティック食に切り替えて早5年。

3年前に大久保地和子先生に出会い、
茨城県の取手にある地和子マクロビオティッククッキングスクールに通い
一年をかけてKIIX(Kushi Institute International Extension)の初級・中級・上級を終了、
その後インストラクターコースも終了して、
2009年にクシマクロビオティックのクッキングインストラクターの認定をいただいた。

f0233414_22234.jpg

認定証には、久司道夫先生の直筆のサインが。
私にとって、このサインはとても重い。

認定されてまもなく安曇野市へ引っ越すことになり、
引越しのバタバタと見知らぬ土地への気後れからインストラクターとしての活動は休止状態のまま。

それが、健康のためにと7月からヨガを習い始めたら、そのヨガクラスの先生が
マクロビオティックに興味を示してくれ、習いたいので教えて欲しいと言ってこられた。

ヨガの先生は、お若く、今お腹には初めての赤ちゃんを授かっているそうな。
次の世代に続く命のつながりを考えると、
マクロビオティックを子育てや日々の生活に取り入れていくということは、素晴らしい選択だと思う。

それまで、インストラクターとしてやっていくには、いまひとつ前に踏み出せないでいた私。
今回、思いがけず、その初めの一歩を踏み出す時がやって来たということらしい。

それも私にはピッタリの形で!

1対1なら、対人恐怖から怖気づくこともないし、
ある程度は気心が知れている相手でもあるので、気負うこともなく、自然体でできるのが嬉しい。

いろいろ考えてしまい、いつまでもグズグズして一向に動き出せないでいた臆病な私の背中を、
こんな形で、神様がそっと後押しして下さったのかもしれない。

私でお役に立つのなら、微力だとは思うが、「教えることは、最大の学び」と
日ごろから地和子先生がおっしゃっているように、私にとっても、得るものは大きい筈。

私にとっての初めの一歩が、
マクロビオティックを初めて体験する彼女にとっても、
新しい世界への喜ばしい初めの一歩となりますように^^

(とにかく、明日、頑張りま~す!^^)
by azumino-macro | 2010-09-09 22:35 | Macrobiotic
昨日のKIIXインストラクターコースの講習会で講師の松本光司先生がお話下さったお話の内容が、
あまりに興味深く、素晴らしかったので、ここに忘れないように記しておきたいと思います。

f0233414_21343430.jpg

先生は、日本料理店の料理長をされていた25歳の頃、職業から来る暴飲暴食のせいか
肝硬変と心臓肥大で体調を崩し、あわや入院という時に、田中愛子先生(4月29日の記事参照)にお会いし、「玄米で治る」と言われたそうです。

そして、「玄米だけで、10日間過ごしてみなさい」と言われ、入院せずに食事で治るものならと、
いわゆる七号食(6月22日の記事参照)をとりあえずやってみたところ、玄米だけの食事にして4日目、
それまで朝の起床時は、貧血から来る目眩で直ぐには立ち上がれなかったのに、
その朝は、立眩みがなく、普通に起きられたそうで、その時に玄米の持つパワーを体感されたそうで、
その後、田中愛子先生の更なるアドバイスにより、一日に玄米に加えて味噌汁と沢庵2切れで
更に10日間続けた結果、その20日間で、体重は15kgも落ち、体調もかなりよくなり、
結局入院する必要がなくなってしまったそうで、食べ物による身体への影響を実感されたそうです。

その後、マクロビオティックの創始者桜沢如一先生とリマ先生に師事し、
現在まで約49年間、マクロビオティックを実践されていらっしゃいます^^
もちろん、持病は、すっかりよくなられて、74歳の今もお元気に全国各地で精力的に、
マクロビオティックの普及に努めていらっしゃる姿は、本当に素晴らしいです^^

そして、松本先生のお話の中で、
「長い間の経験から、食べ過ぎると胃腸が疲れ、胃腸の疲れから風邪を引く。
疲れている時ほど、小食にし、よく噛んで食べると、体調を崩さない。」とおっしゃっていたのが、
とても印象的でした。
(6月22日にも書きました「健康の七大条件」と同じことをお話されたので、とても嬉しかったです^^!)

そして最後に、昨年の暮れに、松本先生に妖精(天使?)のアンジュリーさんが示されたメッセージを
松本先生が書き留められ、私たちにも見せて下さいましたので、ここに記録しておきたいと思います。
(松本先生、アンジュリーさん、どうぞお許し下さい)

f0233414_071836.jpg


私たちに自由と健康と幸福を授けてくれるマクロビオティックが、更に世界に広まることを願い、
松本先生のような素晴らしい先達が切り開いて下さった道を、
新しい世代が継承していく一助となれるよう、心を新たにした一日でした^^
by azumino-macro | 2010-07-11 22:37 | マクロビオティック料理教室

今日は、地和子マクロビオティッククッキングスクールでKIIXインストラクターコースの最後の講習会でした。
マクロビオティック界では大変有名でいらっしゃいます松本光司先生をお呼びして、
直接ご指導をしていただけるという夢のような講習会となりました^^

f0233414_23434067.jpg

松本先生は、2000年日本CI協会リマ・クッキングスクールの校長に就任され、
同時に、河口湖アルカンシェールの総料理長を務められ、
また、マクロビオティックの名著「穀菜和食」の著者でもいらっしゃいます。

f0233414_234422.jpg

「心と体を癒す食養 文月のおもてなし」という松本先生がたてられた献立のお料理を
デモンストレーションを交えながら参加者全員で作るというプログラムで、
直接、松本先生より細かい調理のご指導をしていただけるとあって、
大変貴重な機会であり、講習生一同いつもより気合が入ります^^;

f0233414_23474577.jpg

元日本料理店の料理長をされていたという松本先生の所作は、
当然の事ながら、大変美しく、無駄な動きがありません!

f0233414_23494088.jpg

雑穀入り南瓜コロッケ (南瓜、きび、パン粉、ミニトマト、キャベツ、レモン)
寿し飯 (アボガド、海苔、炒り胡麻)
香物 (キャベツ、人参、胡瓜、瓜)

f0233414_23501822.jpg

芽ヒジキの白和え (ヒジキ、豆腐、インゲン、練胡麻)

f0233414_23504213.jpg

色紙豆腐 (寒天、豆乳、オクラ、パプリカ)

f0233414_23505979.jpg

お清汁 (そばがき、海苔、人参、三つ葉、根しょうが)

f0233414_23512527.jpg

日本料理に裏打ちされた松本先生の洗練されたマクロビオティックのお料理の数々に、
参加者全員、心から満足し、また、松本先生の大変興味深いお話をお聞きすることが出来て、
大変有意義な実り多い講習会でした^^
(松本先生の面白くてちょっと不思議なお話は明日に続きます^^)
by azumino-macro | 2010-07-10 23:21 | Macrobiotic

今日は、取手市にある地和子マクロビオティッククッキングスクールにて開催された
KIIXの同期生であり、また同じく認定クッキングインストラクターでもある美奈子さんの
「ベジスウィーツでアフタヌーンティー」というデモスト形式のお料理講習会に参加してきました。

f0233414_22285141.jpg


管理栄養士として病院でお仕事をされていたこともあったという美奈子さんの
調理の際の無駄のない動きと手際よさは、認定インストラクターの中でも抜群です^^


f0233414_22344517.jpg


みるみるうちに、おいしそうなスウィーツが次々と出来上がっていきます^^


f0233414_2240469.jpg


          ごぼうのスコーン トウフのクリームとメープルバター添え
          黄色いパプリカのクリームブリュレ
          お豆とにんじんのモンブラン風
          玄米ライスボール (味噌ドライフルーツ)
          彩りトマト (長野産フルーツトマト アメーラ他)
          飲み物 国産紅茶 or 穀物コーヒー

スウィーツといっても、マクロビオティックの場合は、お砂糖はもちろん、甜菜糖も使わず、
メープルシロップや米飴などのからだに優しい甘みを使用しています(でも十分に甘いです!)

その上、今回は、お野菜を使ったちょっと珍しいスウィーツで、彩りも美しいですね^^

f0233414_7415190.jpg



イギリスで発祥したというアフタヌーンティー(ハイティー)風に盛り付けると、このように。

マクロビオティックのスウィーツは、作り方は比較的簡単なものが多いですが、
創意工夫とアイディア次第で、レシピは無限(?^^;)に広がります。

今日は、カロリーが低く、からだに(消化に)優しいスウィーツで
楽しくておいしい三時のお茶(アフタヌーンティー)を存分に愉しむことができました^^

美奈子先生、アシスタントのひさえさん、朝早くから、お疲れ様でした!
(そして、ご馳走さまでした!とってもおいしかったです^^)
by azumino-macro | 2010-06-15 23:05 | Macrobiotic

枇杷葉温圧療法

今日のKIIXインストラクターコースは、
枇杷葉温圧療法の濱田久美子先生をお迎えして、
食事と健康についてのお話、
そして枇杷葉温圧療法についてのお話と実践方法の
講習会がありました。


f0233414_22453482.jpg


いつもお若くてお洒落で、おきれいでいらっしゃる濱田先生。
先生は83歳にして、社交ダンスの競技会にも出場されるほどの
ダンスの名手でいらっしゃいます。
難しいリフトも難なくこなされると聞いて、一堂ビックリ!

背筋がピンと伸びていらっしゃるのも素晴らしいです^^
それもこれも、長年やっていらっしゃる枇杷葉温圧のおかげだそうです。


f0233414_7585738.jpg


枇杷葉温圧療法とは、枇杷の葉を使ったお灸の一種で、
からだのいろいろな体調不良に効果がある自然療法のお手当てです。

私も腰痛や肩こり、関節の痛み、眼精疲労、頭痛、などなど
いろいろな体調不良の際に、枇杷葉温圧のお世話になっています^^


f0233414_23331543.jpg


写真のように枇杷の葉を身体に当てて、
その上からお灸を当てます。(熱くはありません!)

お灸に火をつけた際に、火がついた部分をよく押し固めることが
飛び火をしないコツだそうです。


f0233414_23105588.jpg


濱田先生を囲んで、インストラクターコースの有志が作ってくれたランチで会食です。


f0233414_23113110.jpg


ソバリエ・ルシックのシンさんが打ってくれたお蕎麦。
そば粉は、常陸秋蕎麦の水車小屋挽きのそば粉だそうです!

食べる直前に茹でてくださり、できたてをいただきます^^


f0233414_23341946.jpg


そして、デザート
例の黒ゴマプリンは、こんな形に完成しました^^

いつもは、デザートをお食べにならない濱田先生だそうですが、
胡麻が大好きだそうで、今日は喜んで召し上がって下さいました^^v


f0233414_23355333.jpg


酸塩基平衡の原則に則って食事をとり、
十分な運動をし、悪い思いに捕らわれない心の持ち方が、
健康と美と若さをいつまでも保つ秘訣だとお聞きし、
濱田先生のように素敵に年を重ねたいものだと、思いを新たにした一日でした^^
by azumino-macro | 2010-05-22 23:37 | Macrobiotic
今日は、地和子マクロビオティッククッキングスクールで
KIIX第二期卒業生のエミリーさんのデモスト形式のお料理講習会がありました。

エミリーさんは、長年シンガポールに住まわれた経験から
今回、シンガポールの代表的な郷土料理を
マクロビアンにも食べられるようにアレンジし、ご紹介して下さいました^^

4つのお料理と3つのソースを次々と手早く作っていくその手際のよさは、流石です!


f0233414_1444654.jpg


フライドトーフのベジミートサンド(厚揚げのセイタンとシイタケのはさみ揚げ)


f0233414_2310563.jpg


ドライ・クエティアオ(シンガポール風やきそば)


f0233414_23103921.jpg


フレッシュミントライスペーパーロール
(テンペの生春巻き、ミントを入れるのがシンガポール風!)


f0233414_2311455.jpg


ピーナッツソース、チリソース、スイートチリソース
(スイートチリソースの方が、チリソースより辛かったのが印象的でした!)


f0233414_23113128.jpg


ボボチャチャ
(ココナッツミルクを使った温かいデザートで
 中に、サトイモ、サツマイモ、カボチャの蒸し煮が入っています)


f0233414_23123169.jpg


今日は、シンガポールに行っていないのに、気分はシンガポーリアンそのもの!^^


f0233414_2312091.jpg



これからの暑い季節には、ちょっと辛めのエスニック料理はピッタリですね!

今日は、おいしいシンガポール料理と興味深いシンガポールのお話が満載の
エスニックムードたっぷりの楽しい講習会でした^^

ライスペーパーの上手な戻し方も教えていただいて
これからは失敗なく、生春巻きが作れそうです^^

エミリーさん、アシスタントのくーちゃん、お疲れ様でした!
by azumino-macro | 2010-05-20 23:36 | Macrobiotic

田中愛子先生講演会

今日は、地和子マクロビオティッククッキングスクールにて
田中愛子先生をお迎えしての講演会がありました。

田中愛子先生は、
マクロビオティックの創始者桜沢如一先生の直弟子でいらっしゃいます。

病気のため20歳以上は生きられないだろうというお医者さまの言葉にもかかわらず、
桜沢先生の食養で健康を取り戻され、85歳の今も、
毎朝早朝に木刀で素振りをされるほどお元気でお達者でいらっしゃいます。

先生と参加者のためにインストラクターコースの有志の方々が
ステキなランチを用意してくれました^^


筍の混ぜご飯

f0233414_23474124.jpg


桜色のご飯・青じそ包み

f0233414_2346317.jpg


テンペ入り蓮根ボール・蓮根チップ添え

f0233414_23463428.jpg


ファルファーレと春野菜のサラダ

f0233414_2347958.jpg


筍と根菜類の煮しめ

f0233414_2348513.jpg


よもぎのマフィン・小豆あん入り

f0233414_2348309.jpg


甘酒のブラマンジュ風・苺ソース

f0233414_2349369.jpg


昨日からのご準備ありがとうございました。
どのお料理もとってもおいしかったです^^

f0233414_23492727.jpg


田中愛子先生のお話には、
自由に健康に幸福に生きていくためのヒントが溢れていて、

「本物の食べ物をとることは、本物を見抜く力となります」
という、お言葉はとても印象的でした。

その他、実生活における具体的な陰陽論から、
夢と希望を持って生きることの大切さ、
マクロビオティックを通して実現できる世界平和、などなど

お話は多岐にわたり、

明るくてチャーミングな先生のお話しぶりとお人柄に
参加者はすっかりファンになってしまった様子でした^^

そして津軽三味線の星野道映さんのド迫力ある演奏会

f0233414_0205888.jpg


音楽(音)は、宇宙からの波動であり、
この世の全てのものは、宇宙からの波動が具象化しているにすぎない・・・
との田中愛子先生のお言葉。

今日は、お料理といい、お話といい、音楽といい、
素晴らしい波動をたくさんいただきました^^

まさに「食養3年、真生活7年、無双原理は丸一生よ」という
桜沢如一先生のお言葉を噛み締めた一日でした!謝
by azumino-macro | 2010-04-29 23:38 | Macrobiotic

Spring Indian curry cafe

今日は、
茨城県取手市の地和子マクロビオティッククッキングスクールにて開催された
Eriko Pathak 先生によるマクロビオティック料理講習会
「Spring Indian curry cafe」に行ってきました。


f0233414_23412077.jpg



Eriko先生の旦那様は、インドご出身で、
大阪にインド料理のレストランを出店されています。

本場仕込みのインド料理に、参加者の期待は高まります^^


f0233414_234410100.jpg



メニュー  パニール風パーラックカレー (パニール=チーズ、パーラック=ほうれん草)
       グリーンチャパティー サラダと共に
       チャナ豆サモサ チャツナ添え (チャナ豆=ひよこ豆)
       ブラウンライス
       チャイ

日本にもお馴染みのこれらのインド料理を
動物性のものは一切使わないで、
マクロビオティックのお料理として見事にアレンジされていました!

パニール風といっても、チーズはもちろん使いません。
味噌漬けした水切り豆腐を少量の油で炒めると、
あら不思議!お味も食感もまるでチーズのようです!


f0233414_23532696.jpg



今日は、おしゃれでおいしいインドカレーやサモサを食べながら、
インドに関する興味深いお話を聞くことができて、とても楽しい一日でした。

Eriko先生、簡単でおいしいカレーレシピ、ありがとうございました!
先生の次回の講習会、今から楽しみにしていま~す^^

それにしても、4月も下旬というのに、この寒さ!

暑い暑いと言いながら、汗をかきながらカレーを食べる季節が
なぜか、とっても恋しい今日この頃・・・・です?^^;
by azumino-macro | 2010-04-23 23:28 | Macrobiotic