安曇野の美しい自然とゆっくり流れる時間の中でスローライフ

by azumino-macro

<   2011年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

梅雨の晴れ間

過去30年間のデータをみると、梅雨の晴れ間は3日に1度の割合だそうですが、
今年は、梅雨入りしたものの、あまり雨が降らない日が続いています。

f0233414_20214044.jpg

今日は、久しぶりの青空を期待していたのですが、空はこの通り~~;

f0233414_20224161.jpg

この時期、なかなかすっきりとした青空は望めませんねー^^;

梅雨なので仕方のないことなのですが・・・^^;
ついつい、梅雨の晴れ間の晴天を期待してしまいます。

f0233414_2026182.jpg

夏場は、山の稜線に雲がかかることが多くなり、
梅雨が明けると、雪もさらに少なくなり、ダイナミックな写真はしばらくはお預けとなります^^;

f0233414_2035686.jpg

今日は、撮影日和を期待していただけに、この空振りにすっかり気を落としていたところ、
夕飯の支度中、「夕焼け!夕焼け!」という声に、咄嗟にカメラを持って外に出ると、
一日の終わりに、目の前に素晴らしい夕焼け空が広がっていました!^^v

f0233414_2046281.jpg

空気中に湿気が多いと、空が燃えるように赤く染まるそうなので、
梅雨時なので、このような夕焼けを見ることが出来たのかもしれません^^;

f0233414_0211684.jpg

久しぶりに見るダイナミックな夕焼け空に、シャッターを切りながら、
思わず歓声を上げ、この瞬間に立ち会えたことを感謝しました!^^;

f0233414_0272565.jpg

これは、午後7時ちょっと過ぎの空です。山の稜線に太陽が沈んだのは、6時半過ぎ。
その後、しばらく経ってから、地平線に日が沈む頃に空が赤く染まり出したようです。

f0233414_20552276.jpg

梅雨の晴れ間の素晴らしい夕焼け。

久しぶりに目も覚めるような美しい風景に感動し、
茜色の空の下に、いつまでもいつまでも佇んでいたい気持ちで、眺めていました。
(夕飯の支度中だったので、そうもいかず・・・?^^;)
by azumino-macro | 2011-06-15 21:10 | 安曇野あれこれ
今日は、お天気は晴れていましたが、朝のうちは雲が多く、
10時過ぎ頃から、雲が少し切れて、時折、大町以北の北アルプスが顔を覗かせてくれました^^

f0233414_028494.jpg

見えたのは、爺ヶ岳と周辺の山々(すみません。この辺りの山に詳しくないもので・・・^^;)のみで、
常念岳方面は、相変わらず雲の中でした^^;

f0233414_22455429.jpg

一部とは言え、久しぶりの北アルプスの姿に、思わず見とれてしまいますね^^;
(それにしても、随分と雪が融けてしまっていますね^^;)

f0233414_22483274.jpg

大峰高原の大カエデへ行く途中にある、カミツレ研究所のカミツレ(カモミール)が満開になって
見頃だと聞いたので、カミツレ祭りは終わってしまいましたが、行ってみることにしました。

f0233414_22523884.jpg

昨年は、池田町の夢農場へカモミールを見に行きましたが、カミツレ研究所は初めてです。

f0233414_225531.jpg

カモミールからオイルを抽出し、入浴剤などを作っているそうで、
このカモミール畑は、観光用というより農園なんですね。

f0233414_2315364.jpg

撮影している間、ず~と、リラックス効果のあると言われている
林檎に似たカモミールの甘い香りに包まれていました^^

f0233414_2371051.jpg

カモミール畑の中で、アロマの香りに包まれて、何だかとってもしあわせな気分に^^

f0233414_2385327.jpg

その後、ここまで来たのですから、
もう少し先にある大峰高原の大カエデまでは目と鼻の先・・・ということで
行ってみることに^^;

りっぱな観光用の看板が設置されていたことは、以前にも載せましたが、
なんでも、池田町が大カエデを見に来る観光客が年々増えてきたので、
昨年末に所有者より5年契約で借り受け、
大々的に池田町の観光名所としてPRに乗り出したのだそうです。

f0233414_23142941.jpg

それで、こんなに大きな駐車場も整備したのですね^^b
(駐車場代は、多分大丈夫でしょう。余計な心配でした^^;)

f0233414_2324495.jpg

大カエデは、新緑の衣に覆われていました。

f0233414_2322526.jpg

本当は、新芽の頃に来たかったのですが、今年は機会を逸してしまいましたね^^;
それでも、今日は、予想外の良いことが!

f0233414_23254463.jpg

それは、大カエデの花が咲いていたことです^^v

f0233414_23272795.jpg

カエデの花って、子供の頃に竹で作ったタケトンボ(タケコプター?)の形に似ていますね^^

f0233414_23303353.jpg

誰もいない大カエデの周辺で、ゆっくりと写真撮影できるのも、今の時期だからこそ?^^

f0233414_23335782.jpg

これから夏に向かって、さらに緑が濃くなり、秋になり紅葉が始まると、
池田町のPRもあって、きっと多くの人で賑わうことでしょうね。
(そうなると、撮影するのも大変になりそうですね^^;)

まぁ、それまでしばらくの間は、大カエデとゆっくりと対話できそうですが・・・^^

f0233414_0401845.jpg

明日も梅雨休みは続くようなので、すっきりとした青空になってくれると嬉しいですが・・・?^^;
by azumino-macro | 2011-06-14 22:38

我が家のバラと野菜達

去年買ったバラの一年苗が今年は蕾をいくつもつけてくれたので、開花がとても楽しみでした^^

f0233414_21285916.jpg

このピエール・ド・ロンサールは、大きなロゼット咲きの春一季咲きで、香りは微香ですが、
2006年に「薔薇の殿堂入り」を果たしているバラです。
(「バラの栄誉殿堂」とは、3年に一度開催される世界ばら会議で選ばれる、とても名誉ある賞です。)

f0233414_21393955.jpg

昨年は、苗を大きくするために、花は咲かせなかったので、
その分、今年は、大きな蕾をいくつもつけてくれました。

無農薬、無化学肥料でバラを育てるのは難しいそうですが、
今年は、今の所、特別なことはしていませんが、
綺麗に咲いてくれたので、一応、成功と言えます^^v

f0233414_21434330.jpg

これは、ロココ、やはりつる性で、大輪の花が咲きました。
名前の如く、クラシカルな雰囲気のバラです。

今、蕾でまだ咲いていないバラもありますが、咲いたらUPしたいと思います。

f0233414_21512568.jpg

今年は、また、雑草と石ころだらけだった庭を少し手入れして、一部を畑にして、
収穫を楽しめる野菜を植えました^^

野菜も、もちろん、無農薬、無化学肥料で育てています。
(これから、虫の季節になるので、このままで大丈夫なのか少々不安ですが・・・ーー;)

これは、出てきたばかりのバジルです。
(沢山収穫できたら、バジルソースにするつもりです^^)

f0233414_21521798.jpg

かぼちゃ

f0233414_21573052.jpg

ズッキーニ

f0233414_21582590.jpg

昨年、池田町の夢農場で無料摘み取りでもらってきたカモミールの種がこぼれたものが咲きました^^;

f0233414_2204374.jpg

ブルーベリーは、花が終わり、実がついていました^^

f0233414_2215764.jpg

そして、家庭菜園の定番、トマト

f0233414_2223379.jpg

これは、雑草ではありません^^;
トウモロコシです。まだまだこんなに小さいです。

f0233414_2235375.jpg

サツマイモ

f0233414_2241620.jpg

ダイコン

f0233414_2261991.jpg

そして、オクラ

その他にも、枝豆、モロッコインゲン、キュウリ、ニガウリなど、
いろいろ植えてみました。

これから実がついて大きくなり、収穫するのがとても楽しみです^^

f0233414_2295726.jpg

梅雨に入ってから、あまり雨が降らない日が続いていますが、
空は、この通り梅雨空で、雲は厚く、太陽も北アルプスも覆っていて
山並みが見えない日が続いています^^;

そろそろ、北アルプスが望める青空が待ち遠しいこの頃です。
by azumino-macro | 2011-06-13 22:16 | 日々のあれこれ
上田市の山の中にある女神山ライフセンターで開催された
ドイツ人のヒーリングライアー製作者であり提唱者であるアンドレアス・レーマン氏による
ライアーワークショップ「癒しの音・癒しのリズム」に参加してきました。
(昨年の秋ごろから、ライアーにはまってしまい、ブログでも何回かご紹介していますね^^;)

f0233414_22144269.jpg

女神山ライフセンターは、森の中に点在する宿泊棟やアクティビティのための広いスペースがあり、
静かな落ち着いた環境でゆったりと講習を受けることができます。

f0233414_2221011.jpg

ライアーのワークショップでしたが、
まずは、木で作ったいろいろな楽器を手に取り、実際に奏で、
その音の響きや振動・共鳴を自らの耳で聞き、体で感じることから始まりました。

f0233414_22225562.jpg

そして次に、宇宙からの音、金属でできた楽器が奏でる音を自分の耳で聞き、体で感じます。

f0233414_22274639.jpg

そして、5つあるヒーリングライアーの内のひとつ、タオ・ライラーの演奏
(タオ・ライアーのハーモニーは、体と心に良い影響があると言われています)

f0233414_22335457.jpg

タオ・ライアーの微細な響き(振動)は、細胞の隅々まで伝わり、
体の奥深くに変化をもたらすと言われています。

f0233414_22343363.jpg

これは、タリ・タア・ライアーを使っての実験。
皮膚の上を脈動として感じられるほど、その振動は強く体に伝わります。

気になる体の部位にタオ・ライアーを乗せて、直接振動を受けることもできます。

f0233414_22374038.jpg

これは、頭の上にタオ・ライアーを乗せて、頭からの振動を体に取り込んでいる姿です^^;
目を閉じ、体に伝わる振動にも似た音により内部に変化が生じ、
徐々に体が浄化されていくような感じを受けます。

f0233414_22402921.jpg

これまで受けたレッスンを踏まえて、
木の楽器、金属の楽器、そしてライアーを使って、全員で即興演奏をしました。
全体の音を確認しながら、流れに身を任せ、仲間を信じ、一つの音楽を創り上げていきます。

まるで森も鳥も風も空も葉っぱの上の雨の滴さえ、
ライアーの奏でる温かく透明で繊細な音に共鳴し、融合し、
一つとなって癒されていくかのようです。

f0233414_2243234.jpg

そして、最後は、7台のライアーの合奏による即興演奏。
それぞれがそれぞれのライアーを演奏しながらも、全体として調和のとれた音となって、
ひとつの和音を奏で、音と音とが共鳴し、天に向かって音が上昇していく不思議な感じを味わいました。

f0233414_2251467.jpg

ワークショップの最後を飾って下さったのは、
ライアー奏者で、CDも沢山出されていらっしゃる池末みゆきさんによるライアーの特別演奏でした。

f0233414_2304753.jpg

そして、これは緊急ニュースですが、
今週の6月15日(水)13:00~14:30 に、穂高神社の参集殿にて
レーマンさんらによるライアーのチャリティーコンサートが行われます!

入場無料。
志として寄付されたお金は、被災地復興支援のために使われるそうです。

ライアーの音色は聞いたことがないという方には、絶好のチャンスです。
是非この機会に、地球と魂を癒すライアーの響きを、耳と体で体験してみて下さいね^^
by azumino-macro | 2011-06-12 22:06 | 日々のあれこれ

安曇野にじますカップ

昨年も見に行った(最近このケースが多いですね^^;)明科にある龍門渕公園のあやめが
咲いている頃ではないかと思い、行ってみました。

f0233414_21282058.jpg

ところが、

f0233414_21262496.jpg

ということで、お花は、ほとんど咲いていませんでした^^;

f0233414_21322349.jpg

当てが外れて、少々がっかりしていたところ、

f0233414_21303026.jpg

龍門渕のせせらぎで、カヌーを漕いでいる人たちが沢山?

f0233414_21342218.jpg

後で知ったことですが、
安曇野にじますカップ」というカヌーのスラローム大会が明日開催されるのに先立ち、
出場選手達が、競技場で練習していたのでした。

f0233414_21371464.jpg

龍門渕は、カヌーができる場所と聞いてはいましたが、
実際にカヌーをしている人を見たのは、これが初めて^^;

今日の日中の最高気温は、29℃!(そんなにあったんですねぇー@@;)
カヌーを漕いでいるのを見るだけでも、涼しげで、とても気持ちが良かったです^^

f0233414_21541041.jpg

大会は、明日開催されるそうなので、カヌーに興味のある方、
または、涼しい気分になりたい方には、お勧めです^^
(安曇野テレビのカメラマンも待機していたので、大会の様子はTVで放映されるのかも?)
by azumino-macro | 2011-06-10 21:47 | 安曇野あれこれ
昨年もニリンソウの咲く頃に、上高地(神降地へ行ったのですが、
今年もニリンソウのお花畑を見に、行ってきました^^

昨年は、大正池から河童橋を過ぎ、明神池を回って、河童橋へ戻るコースを散策しました。

今年は、明神池より更に奥にある徳沢の周辺にニリンソウの群落があることを知り、
大正池から徳沢まで歩くには距離があり過ぎ大変そうなので、
河童橋を起点に明神池経由で徳沢へ至るコースを歩くことにしました。

f0233414_850546.jpg

梓川に架かる河童橋の向こうにそびえる穂高連峰。

f0233414_923999.jpg

残念ながら、明神岳(2,931m)以外の前穂高岳(3,090m)、奥穂高岳(3,190m)、
西穂高岳(2,701m)は、山頂が雲に覆われていました。

f0233414_8595620.jpg

振り返ると、焼岳(2,455m)にも雲がかかっています。
梅雨時なので、晴れていても雲が重いのは仕方がないことなのでしょう。

f0233414_95444.jpg

上高地の東側にそびえる六百山(2,449m)

f0233414_9124440.jpg

そして、霞沢岳(2,645m)

f0233414_9172684.jpg

河童橋より1時間ほど北へ歩いていくと、明神池の畔に穂高神社奥社が静かに鎮座しています。

f0233414_9152923.jpg

御祭神は穂高見命で、日本アルプスの総鎮守とされていて、
そばにそびえる明神岳はそのご神体だそうです。

f0233414_9273769.jpg

明神橋を渡り、徳沢方面へ向かいます。

f0233414_9322741.jpg

新緑の原生林の中を歩いていくと、

f0233414_935330.jpg

辺り一面、ニリンソウが群生していました!

f0233414_936477.jpg

明神池の辺りにもニリンソウは咲いていましたが、その比ではないほど密生しています^^;

f0233414_9452545.jpg

そして、梓川の対岸には、穂高神社奥宮のご神体、明神岳がまた、違った姿でそびえていました。
(明神岳は、穂高見命が舞い降りたとされる穂高岳の尊称だそうです)

f0233414_946407.jpg

左から、明神岳最南峰、第4峰、河童橋からは見ることができない明神岳主峰。
更に右が、主峰に続く、東崚の頭。

大岩の落石が多く、道も最近は見つけ難くなっていたりと、
山をやってる人でも、岩のガイドを頼んだほうが良い、という、
穂高連峰の中では、登るのが最も難しいとされる難関中の難関の山だそうで、
切り立った稜線を見るだけでも、登山の難易度が伝わってきますね^^;
(ロッククライミングの心得がないと、登れないということです^^;)

f0233414_1014598.jpg

ニリンソウのほかにも、ツバメオモト

f0233414_106545.jpg

コミヤマカタバミ

f0233414_10103542.jpg

シロバナエンレイソウ

f0233414_1011691.jpg

クルマバツクバネソウ

f0233414_1012447.jpg

ラショウモンカズラ

f0233414_101451.jpg

ルイヨウショウマ

f0233414_1023717.jpg

サンカヨウもぎりぎり咲いていました。

f0233414_1015412.jpg

エゾムラサキ

f0233414_10254986.jpg

岩場に咲いていたハクサンシャクナゲ

f0233414_1030121.jpg

ムシカリ

f0233414_13362792.jpg

上高地の代表花、小梨(エゾの小リンゴ)の花が、ほぼ見頃になっていました^^

峠を越えて、リンゴ栽培を試みるために、台木として持ってこられたそうです。
(小梨と言っても、リンゴの木なんですね^^;)

f0233414_10321340.jpg

この他にもいろいろな花が咲いていましたが、まぁ、この辺で止めておきましょう^^;
(この時期、上高地一帯がお花畑となっていて、咲いている花を全てUPできないほどです^^;)

f0233414_10354095.jpg

明神館から約1時間ほど平坦な道を歩いていくと、広く開けた広場に出ます。
そこが、徳沢です。

徳沢には、徳沢ロッジがあり、また、キャンプも出来るようになっていて、
蝶ヶ岳への登山者や、横尾経由で槍ヶ岳や穂高連峰へ向かう人々にはお馴染みの場所です。

f0233414_10392281.jpg

徳沢ロッジ周辺のニリンソウの群生は、それは見事でした!

f0233414_1124568.jpg

一面、ニリンソウで、真っ白になっています!^^;

f0233414_1041376.jpg

このお花畑の景色を見たいがために、ここまで苦労して歩いてきた訳ですから、
その甲斐があったというものです^^v

f0233414_1044261.jpg

こんなにニリンソウが密生して咲いているのを見るのは、生まれて初めてです^^

f0233414_11141947.jpg

ニリンソウが咲き乱れる6月の上高地。
凛々しく聳え立つ明神岳(穂高岳)の神々しい山容に改めて感動し、
梅雨の晴れ間に、素晴らしい風景を堪能することができました^^

来年も、是非この時期にニリンソウを見に、上高地を訪れたいと思います^^
by azumino-macro | 2011-06-09 20:53
4月中旬に、節電キャンペーンのチャレンジ25」に挑戦、と宣言した後の
我が家の電力消費量がどうなっているか、というと、

f0233414_2251497.jpg

5月に関しては、一応100%は達成できました^^v
(と言っても、ギリギリですねぇー^^;
 もうちょっと貯金できるかと思ったのですが、
 後半に梅雨入りしてしまったのが予定外でしたねぇー^^;)

ところが、1月~3月の冬期の使用量があまりに多かったので、
この時期に発電量が消費量を上回らないと、
1年間の自給率100%を達成できる可能性は、かなり低くなってしまいます^^;

そこで、解決策として、世の中、特に都会のビジネス社会では、
サマータイム導入が始まっているということなので、
我が家も真似て、サマータイムを取り入れようかと検討中です。

要は、早寝、早起き、ということですね^^

健康にもいいし、電気の使用量も減らせるし、一石二鳥なんですが・・・?^^;
(完全夜型なので、早寝がネックなんですよね^^;)

言い出したからには、とりあえず、今日から早寝して、
三日坊主にならないように頑張りま~す?^^;

(6月2日にUPした「延命水」の写真が「撮るしん。」に掲載されました^^v)
by azumino-macro | 2011-06-08 22:28 | 日々のあれこれ
今年も豊科近代美術館のバラ園の薔薇が咲きだしたというので、
見に行ってきました。

f0233414_2275218.jpg

いつもながら、建物の雰囲気と薔薇がピッタリとマッチしていますね。

f0233414_2282993.jpg

今年もつるバラが見事です^^

f0233414_2292091.jpg

毎年、これだけの薔薇を咲かせるのは、相当な手入れが必要でしょう。

f0233414_22104080.jpg

多くの人を魅了するローズガーデン

f0233414_22122549.jpg

今年も多くの人で賑わっていました^^

f0233414_22125687.jpg

半剣弁高芯咲き

f0233414_22134540.jpg

ロゼット咲き

f0233414_22142429.jpg

半八重咲き

f0233414_2215782.jpg

剣弁高芯咲き

f0233414_22162220.jpg

カップ咲き
花の形にもいろいろありますね^^

f0233414_2217956.jpg

本来は、野に咲く花が好きですが、薔薇だけは特別^^;

f0233414_22181629.jpg

バラ特有の香りには、抗菌作用、消炎作用、抗鬱作用、鎮痛作用などがあるそうで、
この香りに包まれるだけで、しあわせ~という女性は多い筈^^;

f0233414_22191664.jpg

我が庭にも何本か薔薇がありますが、これほど美しく咲かせるのは至難の業^^;

f0233414_224379.jpg

やっぱり、薔薇はバラ園に見に行くにかぎりますね^^;

豊科近代美術館のバラ園は、観覧無料。
バラ祭りは、もう終わってしまいましたが、
今は、7~8分咲きといったところで、週末辺りが見頃のようです。
by azumino-macro | 2011-06-07 22:57

長峰山から見た夕日

本日の最高気温が26.5℃となった安曇野地方。
すっかり空はぼやけてしまい、ほとんど眺望は望めませんでしたが、
夏山トレーニングの一環として、四賀村にある虚空蔵山(1,139m)に登りました。

f0233414_21335197.jpg

本来なら、山行記録を延々とUPしたいところですが^^;
北アルプスは雲の中、山道にもほとんど花も咲いていない状態で、

東側に広がる四賀村方面の景色がきれいに見えた外は、UPできるものがなく・・・・^^;
(虚空蔵山ファンの方には、申し訳ありませんが・・・^^;)

f0233414_21411991.jpg

あまりに楽な行程でほとんどトレーニングにならなかったことと^^;
天気予報の通り、晴れたはいいのですが、
山頂からは、ご覧の通り、空はガスっていて、北アルプスはほとんど見えませんでしたーー;

(まー、こういうことは結構あることなのですが・・・・^^;)

f0233414_2145064.jpg

昼間は空振りだったので、夕方、気を取り直して、
北アルプスに沈む夕日を撮りに長峰山に行って来ました。

f0233414_22234392.jpg

先客は、3人。
車のナンバーを見ると、松本、横浜、水戸ナンバーでした。

県外ナンバーの車は、この夕日の風景を撮影しに、遠くから来られたのでしょうね。

f0233414_22261134.jpg

これから、北アルプスの山々は、次々と夏山開山式を迎え、
登山者が多く来訪する本格的な夏山シーズンを迎えます。

その一方で、空気は湿ってくるので、すっきりとした青空は少なくなり、
山影も霞んでしまい、きれいな写真は撮れません。

昨年を振り返ると、そんな状態が、10月頃まで続くようです^^;
(山あれば谷あり、ですが、しばらくお預け状態が続くことを思うと、
 溜息が出てしまいますね・・・^^;)
by azumino-macro | 2011-06-06 22:42 | 安曇野あれこれ

林道北沢線

昔から、何故だかわかりませんが、知らない道や通ったことがない道に出会うと、
ついつい、どこに繋がっているのか確認したくなる、という変な癖があります。

安曇野界隈の道路は、ほとんど(車で)通ったつもりでしたが、
この林道北沢線は、まだ一度も走ったことはありませんでした。

地図上では、先日ご紹介した満願寺を通って、
北アルプスの前山である浅川山の山頂近くまで通じているように書かれています。

前々から一度確認したいと思っていたので、
この所、里からは一向に見ることができない北アルプスを、
至近距離からアプローチしてみることにしました。

f0233414_22341717.jpg

道は、砂利道だとすっかり思い込んでいた予想に反して
きちんと舗装されており、道幅もしっかりとあり、林道としてはとても走りやすい道でした。
(どこかの有料スーパー林道より、はるかに良い道でしたよ^^;)

f0233414_2238496.jpg

標高が上がるにつれ、緑がまだ芽吹いたばかりの頃のような淡いグリーンに変わっていきます。

f0233414_2241393.jpg

白樺の木も目立つようになり、そろそろ1,500mを超えたのではないかと思う所で、

f0233414_22434083.jpg

目にも鮮やかなピンク色のツツジ、ムラサキヤシオツツジが群生していました。
(アカヤシオは薄いピンクで、ムラサキヤシオは紫に非ず、濃いピンク色なんですよね^^;)

f0233414_22462392.jpg

そして、紫色が鮮やかなラショウモンカズラ。

f0233414_22483913.jpg

そして高山植物の図鑑に載っているツマトリソウ
直径1cm程度の小さな花ですが、存在感があります。

f0233414_22531727.jpg

そして、期待していた北アルプスの眺め。

こちらは予想通り、迫力ある姿で、横通岳、前常念と常念岳、
そして蝶ヶ岳を間近で見ることができます。

とは言え、今日はこの通りの梅雨空なので、ぼんやりとした姿しか撮れず、
大変申し訳ないですが・・・・^^;

f0233414_22575563.jpg

今日は、里からは、北アルプスは全く見えなかったので、
ここから、薄っすらですが、その姿を写真に収めることができただけでも、
ラッキーだと思うことにいたしましょう!^^v

お天気の良い日に来たら、きっと更に迫力ある常念岳を撮影できそうですね^^

林道は、浅川山の山頂を過ぎた先にゲートがあるため、
それ以上は、車では入っていくことができませんでしたが、
徒歩や自転車なら林道の終点まで行くことはできそうです。

そして、林道の終点は、中房温泉に通じる県道327号線に繋がっているそうです。

平地では、25.7℃まで気温が上がり、梅雨時特有の蒸し暑さを感じましたが、
(里の方では、ハルゼミが鳴き始めていました!)
林道北沢線の上部は、まだまだ春が訪れたばかりのような
季節が逆戻りしたかのような早春の世界でした。
(山頂近くでは、ウグイスがまだ鳴いていました^^;)
by azumino-macro | 2011-06-05 23:17 | 安曇野あれこれ